グッド・オーメンズ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Good Omens
グッド・オーメンズ
原作 テリー・プラチェット、ニール・ゲイマン共著『グッド・オーメンズ
原案 ニール・ゲイマン
脚本 ニール・ゲイマン
監督 ダグラス・マッキノン英語版
出演者
音楽 デヴィッド・アーノルド
国・地域
  • アメリカ合衆国
  • イギリス
言語 英語
シーズン数 1
話数 6(各話リスト)
各話の長さ 51–58 分
製作
製作総指揮
  • ニール・ゲイマン
  • キャロライン・スキナー
  • クリス・サスマン
  • ロブ・ウィルキンズ
  • ロッド・ブラウン[注釈 1]
製作
放送
放送チャンネル
放送期間 2019年5月31日配信(Amazonプライム) - 放送中
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

グッド・オーメンズ』(: Good Omens)は、ニール・ゲイマンテリー・プラチェット共著の同名小説に基づくテレビドラマシリーズである。アマゾン・スタジオとBBC Studiosによって共同製作され、監督はダグラス・マッキノン英語版が、脚本はニール・ゲイマンが務めた。6話からなるシリーズは2019年5月31日にAmazonビデオで配信され、その後BBC Twoで放送されることになった。

あらすじ[編集]

現代のイギリスを舞台とする。天使と悪魔たちはともにハルマゲドンの準備を進める。だが天使のアジラフェルと悪魔のクロウリーは6000年前の世界創造以来地上の生活に馴染み、世界の破壊を避けようとして結託する[1]。悪魔たちはイギリス在住のアメリカ外交官ダウリング家に生まれた息子を、反キリストの子とすり替えようとするが、誤ってヤング家の息子アダムとすり替えてしまう。

11年後、アダムは成長し、ヨハネの黙示録の四騎士が集まり、天使と悪魔の軍団はともにハルマゲドンの実現を図る。アジラフェル、クロウリー、かつての魔女と魔女狩り軍の子孫は破滅を避けようとする。アダムはハルマゲドンを拒否し、父サタンの怒りにも従わず、世界の平和は守られる。アジラフェルとクロウリーは友情を継続する。

登場人物[編集]

メイン[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

その他[編集]

エピソード[編集]

通算
話数
タイトル監督脚本放送日
1"天使と悪魔"
"In the Beginning"
ダグラス・マッキノンニール・ゲイマン2019年5月31日 (2019-05-31)
11年後に起こるハルマゲドンのために、悪魔たちはイギリス在住のアメリカ外交官ダウリング家に生まれた息子ウォーロックを反キリストの子とすり替えようとする。しかし悪魔崇拝者の修道女が誤って、関係のないヤング家の息子アダムとすり替えてしまう。地上の生活に馴染み、世界の終りをもたらすハルマゲドンを避けたい天使のアジラフェルと悪魔のクロウリーは密かに結託してウォーロックを悪にも善にも偏らないように見守ることにし、それぞれがナニーと庭師としてダウリング家に勤めることに。しかしその6年後になってはじめて、2人は違う子供を見守っていたことに気が付く。解き放たれた地獄の番犬はウォーロックではなくアダムのもとへ来て主人の命令を聞こうとするが、アダムが「ドッグ」と名付けたことで小型犬に姿を変える。
2"予言書"
"The Book"
ダグラス・マッキノンニール・ゲイマン2019年5月31日 (2019-05-31)
天使たちと悪魔たちは、それぞれハルマゲドンを求めてアジラフェルとクロウリーをせかす。ヨハネの黙示録の四騎士の"戦争"は世界の終りが近いとのメッセージを受け取る。17世紀、予言者のアグネス・ナッターは魔女狩り軍に火あぶりにされるが、子孫に予言書を残す。現在、アグネスの子孫のアナセマ・デヴァイスはアメリカに住んで予言書を研究し、イギリスに来て反キリストを探す。一方、かつてアグネスを殺したパルシファー少佐の子孫のニュートン・パルシファーは魔女狩り軍のシャドウェル軍曹に勧誘される。ニュートンはシャドウェルの家を訪ねて家主のマダム・トレーシーに会う。アジラフェルとクロウリーはほんとうの反キリストを捜すために彼が生まれた病院に行くが、かつて起こった火事のために出産記録は失われ、現在はサバイバルゲーム場と化していた。アダムと友人たちは近所に住むアナセマと知り合う。アジラフェルとクロウリーの車はアナセマを轢く。アジラフェルはアナセマの置き忘れたアグネス・ナッターの予言書から”反キリスト”アダム・ヤングの名前と住所を知る。
3"不和"
"Hard Times"
ダグラス・マッキノンニール・ゲイマン2019年5月31日 (2019-05-31)
6000年前の楽園追放、ノアの箱舟、キリストの処刑、アーサー王の時代、フランス革命、ロンドン空襲などの歴史上の出来事を通じて、アジラフェルとクロウリーの友情が描かれる。現在、アダムは本をなくしたアナセマを慰める。アジラフェルは反キリストを見失ったことをガブリエルらに報告するが無視され、疑いを招く。アジラフェルとクロウリーはそれぞれシャドウェル軍曹にアダムの調査を依頼し、ニュートンが送りこまれる。四騎士の"飢饉"はメッセージを受け取る。夜、アダムの力で原子炉が消えてレモン飴に変わる。
4"遊びの時間"
"Saturday Morning Funtime"
ダグラス・マッキノンニール・ゲイマン2019年5月31日 (2019-05-31)
アダムは強大な力を発揮し始める。彼が信じたことが現実となり、アトランティスが浮上し、宇宙人が着陸し、クラーケンが現れ、アダムは友達を支配する。四騎士の"汚染"と"死"もメッセージを受け取る。アジラフェルは戦争を避けるようガブリエルを説得しようとして失敗し、クロウリーと会っていたことを知られてしまう。ニュートンはアダムの町タッドフィールドに来て事故を起こし、アナセマの家で手当てを受けてアダムが反キリストであると打ち明け、二人は結ばれる。地獄の公爵のハスターはメギドでウォーロック・ダウリングに会い、彼が反キリストではないことを知る。ハスターとリガーは裏切られたことに気づいてクロウリーを襲うが、クロウリーはアジラフェルから貰った聖水でリガーを殺しハスターを閉じ込める。アジラフェルはメタトロンを召喚して戦争を避けることを相談するが取り合ってもらえない。シャドウェル軍曹はアジラフェルの書店に来て彼の悪魔祓いを試み、アジラフェルは天に上らされ、書店は火事になる。
5"世界は私に懸かってる"
"The Doomsday Option"
ダグラス・マッキノンニール・ゲイマン2019年5月31日 (2019-05-31)
世界の破滅が迫る。クロウリーは燃え落ちたアジラフェルの書店でアグネスの予言書を拾う。アジラフェルは霊の姿でタッドフィールドのアメリカ空軍基地に向かうようクロウリーに言う。クロウリーは炎の輪と化した高速道路M25を抜けて基地に向かう。アジラフェルはマダム・トレーシーに憑依し、シャドウェルとともに基地に向かう。ニュートンとアナセマも基地に向かう。アダムは反キリストの力を発揮するが、友達が脅えるのを見て自分を取り戻し、友達とともに基地に入る。四騎士は基地に入り、世界の通信網を支配して戦争と汚染を始めようとする。
6"2つの顔"
"The Very Last Day of the Rest of Their Lives"
ダグラス・マッキノンニール・ゲイマン2019年5月31日 (2019-05-31)
アダムの3人の友人は炎の剣で死を除く3騎士を倒す。ニュートンとアナセマは核戦争を回避する。ガブリエルとベルゼブブはハルマゲドンの再開をアダムに求めるが拒否される。サタンが地上に現れるが、アダムに拒否されて消え去る。アダムは世界を元に戻し、アジラフェルの書店もクロウリーの車も無事となる。天使たちと悪魔たちは裏切り者のアジラフェルとクロウリーを裁いてそれぞれ炎と聖水による消去刑に処するが、予言に従って外見を交換していた二人は生き延びて解放される。シャドウェルとマダム・トレーシーは二人で新生活を始めることにする。アナセマはアグネスの予言書の続編を受け取るが、焼却して予言を忘れることにする。アジラフェルとクロウリーは昼食を共にして友情を確認する。

原作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Neil Gaiman, Caroline Skinner, Chris Sussman, Rob Wilkins, Rod Brown

出典[編集]

  1. ^ a b Allen, Ben (2017年10月2日). “Jon Hamm joins David Tennant and Michael Sheen in Neil Gaiman's Good Omens”. Radio Times. 2019年1月20日閲覧。
  2. ^ a b Schwartz, Dana (2017年9月18日). “'Good Omens:' Everything You Need to Know About Amazon's Neil Gaiman Series” (英語). http://ew.com/tv/2017/09/18/what-is-good-omens/ 2017年12月6日閲覧。 
  3. ^ White, Peter. “"Succession" Star Brian Cox Joins Neil Gaiman's "Good Omens" As The Voice Of Death”. deadline.com. 2019年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]