フォースタス博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォースタス博士の悲劇
Faustus-tragedy.gif
『フォースタス博士』1620年の印刷のための扉絵。メフィストフィリスを召喚するフォースタスが描かれている。「Histoy」という綴りは誤植であるとされている。[1]
脚本クリストファー・マーロウ
登場人物ジョン・フォースタス博士

口上役
ワグナー
善天使
悪天使
ヴァルディーズ
コーニーリアス
三人の学者
ルーシファー
メフィストフィリス
ロビン
ベルゼバブ
七つの大罪
ローマ教皇エードリアン
レーモンド、ハンガリー国王
ブルーノー
フランスの枢機卿
リームズ大司教
パデュアの枢機卿
修道士たち
酒場の主人英語版
マーティーノー
フレデリック
ベンヴォーリオ
チャールズ(カルロス)五世
サクソニー公爵
兵士たち
馬商人
御者
酒場のおかみ
ヴァンホールト公爵とヴァンホールト公爵夫人
従者たち

老人
無言ペルシア国王ダリウス

アレキサンダー大王
アレキサンダー大王の妃英語版
ヘレン
悪魔たち

笛吹き
初演日1592年頃
オリジナル言語初期近代英語
ジャンル悲劇
舞台設定16世紀ヨーロッパ
ウィキポータル 関連ポータルのリンク

フォースタス博士』(フォースタスはかせ、The Tragical History of Doctor Faustus)は、クリストファー・マーロウ戯曲ファウスト博士の伝説を下敷きにした悲劇である。1592年頃に初演され、1604年に出版された。『フォースタス博士』は1589年から1592年の間のいつ頃かに執筆され、おそらく1592年から、1593年のマーロウの死までの間に上演された。2つの異なるバージョンの戯曲が数年後、ジャコビアン時代に刊行された[2]

『フォースタス博士』の初期の上演の強烈な上演効果は、「上演の最中に本物の悪魔達が舞台に現れて俳優と観客が非常に仰天したことがあり、その光景のせいで一部の観客が正気を失ったと言われている」という伝説が周囲でただちに発生したことが示唆している[3]

あらすじ[編集]

学問に行き詰まったフォースタスは魔術を学ぶことにし、メフィストフェレスと、魂を引き渡す代わりに24年間メフィストがフォースタスの命に従うという契約を交わす。フォースタスを救おうとする善天使と、魔術に引き入れようとする悪天使との葛藤があった後、メフィストはフォースタスに見せ物として七大罪に対面させる。

まずローマ教皇庁に潜り込み、枢機卿に化けて一騒動を起こし、次に姿を消して教皇の食べ物や飲み物を奪い取り、はては教皇を殴打する。次に神聖ローマ皇帝アレクサンドロス3世(大王)とその妃の姿を見せて、寵を得る。それを妬むものから不意打ちをかけられるが難なきを得、かえって彼らの頭に角を生えさせて復讐する。最後にトロイ戦争のきっかけとなったヘレンを愛人にする。

期限が切れると、契約を守り神に許しを乞うことなく、地獄に落ちてゆく。学者たちは、学生たちとともにフォースタスを手厚く葬ることにする。

初演[編集]

海軍大臣一座英語版は『フォースタス博士』を1594年10月から1597年10月までの3年間に24回上演した。1602年11月22日、フィリップ・ヘンズロウ英語版の日記には、戯曲への加筆のためサミュエル・ローリー英語版とウィリアム・バードに4ポンドを支払ったことが記録されており、この日からすぐ後の再演を示唆している[3]

『フォースタス博士』の初期の上演の強烈な上演効果は、ある伝説が周囲でただちに発生したことが示唆している。ウィリアム・プリンは1632に執筆した演劇批判『ヒストリオマスティクス英語版』の中で、「俳優と観客が非常に仰天したことには」本物の悪魔達が『フォースタス博士』の上演中に舞台に現れたことがあるという話を記録している。一部の人々は「その恐ろしい光景に取り乱し」正気を失ったと伝えられている。ジョン・オーブリーは、海軍大臣一座の主演俳優エドワード・アレン英語版はこの事件の責任を直接的に果たすため、晩年、ダリッジ・カレッジの設立といった慈善活動に専念したという、関連した伝説を記録している[3]

テクスト[編集]

関連する記録の混乱により、戯曲に対する権利をめぐる衝突が示唆されているものの、『フォースタス博士』はおそらく1592年の12月18日に書籍出版業組合記録に登録された。後の1601年1月7日付けの書籍出版組合記録の記載は『フォースタス博士』1604年の最初のバージョンの出版者である書店主、トーマス・ブッシュネルにこの劇の権利を帰している。1610年7月13日、ブッシュネルは劇に関する権利をジョン・ライトに移譲した[4]

2つのバージョン[編集]

『フォースタス博士』には2つのバージョンが存在する:

  1. トーマス・ロウのためにヴァレンティン・シムズ英語版によって印刷された1604年の四つ折り版; 一般的にAテクストと呼ばれるものである。表題紙は作者名を「Ch. Marl.」としている。このバージョンの第2版(A2)は1609年、ジョン・ライトのためにジョージ・エルド英語版が印刷した。
  2. 加筆修正を加え、ジョン・ライトによって出版された1616年の四つ折り版; 一般的にBテクストと呼ばれる。この二つ目のテキストは1619年、1620年、1624年、1631年、そして後年の1663年に増刷された。加筆と修正はマイナーな劇作家であり作家のサミュエル・ローリー英語版と、ウィリアム・ボーン(あるいはバード)によって行われ、マーロウ自身が加わった可能性もある[5]

1604年のバージョンは単純により古いという理由で、マーロウの生前に最初に上演された劇により近いと考えられていたこともあった。1940年代、レオ・キルシュバウム[6]W・W・グレッグ英語版[7] による重要な研究の後、1604年のバージョンは省略版であり、1616年のバージョンはマーロウのより完全なオリジナルに近いものとみなされるようになった。キルシュバウムとグレッグはAテクストを「バッド・クォート英語版[8]」(主にシェイクスピア作品の無許可版出版物を指す語)のようなものとみなし、Bテクストはマーロウ自身に関連づけられると考えていた。その後、学界の潮流は変化し、大多数の学者は現在、チャールズ・ニコル英語版によれば「短縮と改悪」がされているものであっても、Aテクストはより権威あるバージョンだと考えている[9]

AテクストとBテクストの間の相違点の一つはフォースタスによって召喚される悪魔の名前である。Aテクストではたいてい「Mephistopheles」と書かれている[10]のに対し、Bテクストのバージョンでは普通「Mephostophilis」と書かれている[11] 。それぞれの場合においてこの悪魔の名前は、1588年頃に英語訳が出版された資料である『ファウストブーフ英語版』のメフィストフェレスを出典としている[12][13]

テクスト同士の関係は定かではなく、多くの現代の版では両方を印刷している。エリザベス朝時代の劇作家の常として、マーロウは刊行に関与しておらず劇の上演に対する管理権限も持たなかったため、場面の削除や短縮、新しい場面の追加は起こりうることだった。そのため、成立した印刷物は元の原稿を修正したバージョンである可能性も存在する[14]

喜劇的な場面[編集]

過去には、『フォースタス博士』の喜劇的な場面は他の作家による加筆だと推量されてきた。しかし、今日ほとんどの研究者は、作者が誰であるかにかかわらず喜劇的な場面はこの劇に必須の部分であると考えているため、この部分はなお出版時に残されている。[15][16]

材源[編集]

『フォースタス博士』はより以前の物語に基づいており、ファウスト伝説の最初の演劇化だと考えられている。[12] 。一部の学者は、マーロウは一般にThe English Faust Bookと呼ばれる、広く普及した1592年の翻訳から物語を発展させたと考えている[17][18]。これより前にHistoria von D. Johann Faustenという、1587年に刊行されたが失われたドイツ語の版があったと考えられており、これじたいが同様にまともな形で残っていないより以前のラテン語のパンフレットから影響を受けている可能性がある[19]

15世紀末の数人の占い師や魔術師は、「恵まれた」「幸運な」というラテン語に基づくFaustusという名前を用いた。典型的な例は、占星術師手相占い師と自称し、その営業によってインゴルシュタットから追放されたゲオルギウス・ファウストゥス・ヘルムステテンシスである。後の注釈者はこの人物を伝説上のファウストの原型であるとみなしている[20]

構成[編集]

『フォースタス博士』は13場(1604年版)もしくは12場(1616年版)の戯曲で、ブランクヴァース散文で書かれている。研究者達はこの戯曲の構成を、その歴史と文体に沿って論評・分析してきた。レオナード・H・フレイは、主に開幕と終幕でのフォースタスの独白に焦点を当てた論考を執筆した。フレイは「独白は、あるいは他のどんな演劇的仕掛けよりも、舞台上の出来事への想像的関心に観客を没頭させる」と述べ、『フォースタス博士』の中の独白の重要性を強調している[21]

また、冒頭と終幕の独白はコンセプト上で対比されている。冒頭の独白で、フォースタスは彼の人生の運命と、どのようなキャリアを望むかについて熟考し始める。彼は自分の魂を悪魔に与えるという解決を決断して独白を終える。同様に終幕の独白でも、フォースタスは熟考を始め、最終的に自ら定めた運命を受け入れる。フレイはまた、「終幕の独白の全体的なパターンは開幕の独白の残酷なパロディーとなっており、そこでは決定が概観の前ではなく後で下される」と説明している[21]

批評[編集]

『フォースタス博士』は魔界との怪しげな交流を描いたことによって多くの論争を生み出した[22] 。マーロウ以前はこうした試みは少なかったが、『フォースタス博士』以後、他の作家達も超自然的な世界へと目を向け始めた[23]

フォースタスは法学論理学科学神学のいずれにも満足できず、魔術に「魅了」 (1.1.112)されて邪悪な術に没頭する。チャールズ・ニコル英語版によれば、このことは『フォースタス博士』を魔術の問題(「解放か破滅か」)が議論の対象となっていたエリザベス朝時代、さらにルネサンス・オカルティズム英語版が科学上の進歩を目的としていた時代のものとしてはっきりと位置付けている。「学問の職人」(1.1.56)であるフォースタスからパラケルススによって推進された「実地経験」を連想するニコルは、彼にパラケルススの追随者である「技術者たる魔術師」を見ている[24]

スーザン・スナイダーによれば、メフィストフィリスはフォースタスが自らの計画を遂行した場合に耐えねばならない苦痛を予告している[25]

翻案[編集]

『フォースタス博士』の最初のテレビ番組としての翻案は1947年にBBCによって放送された。フォースタスを演じたのはデイヴィッド・キング・ウッド英語版、メフィストフェレス役はヒュー・グリフィスだった。1958年に放映された別のBBCのテレビ版はロナルド・エア英語版による学校教材用の翻案で、ウィリアム・スクワイア英語版がフォースタスを演じた。1961年、BBCは2エピソードから成るテレビ番組として『フォースタス博士』を翻案し、アラン・ドビー英語版がフォースタスを演じた。この作品も学校教材用を想定されていた[26]

『フォースタス博士』は1967年にリチャード・バートンネヴィル・コグヒル英語版によって映画として翻案された(『ファウスト悪のたのしみ英語版』)。この映画は、エリザベス・テイラー演じるトロイヘレンの相手役としてバートンがフォースタスを演じたオックスフォード大学演劇協会の公演に基づいていた[27][28]

日本語訳[編集]

  • 松尾相訳『フォースタス博士』(岩波文庫、1929)[29]
  • 細川泉二郎訳『フォースタス博士の悲話』(愛育社、1948)[30]
  • 平井正穂訳『フォースタス博士の悲劇』、『世界文学大系14』収録(筑摩書房、1961)[31]
    • その後、『筑摩世界文学大系18』など複数の作品集に再録[32]
  • 千葉孝夫訳『マルタ島のユダヤ人・フォースタス博士』(中央書院、1985)[33]
  • 小田島雄志訳『マルタ島のユダヤ人・フォースタス博士』(白水社、1995)[34]

脚注[編集]

  1. ^ CLASSIC POETRY for Christopher Marlowe's Deathday: The Survival of "Doctor Faustus"”. 2020年10月8日閲覧。
  2. ^ Logan, Terence P., ed (1973). The Predecessors of Shakespeare: A Survey and Bibliography of Recent Studies in English Renaissance Drama. Lincoln, NE: University of Nebraska Press. p. 14. ""No Elizabethan play outside the Shakespeare canon has raised more controversy than Doctor Faustus. There is no agreement concerning the nature of the text and the date of composition... and the centrality of the Faust legend in the history of Western world precludes any definitive agreement on the interpretation of the play..."" 
  3. ^ a b c Chambers, Vol. 3, pp. 423–4.
  4. ^ Chambers, Vol. 3, p. 422.
  5. ^ Bevington and Rasmussen 72-73.
  6. ^ Kirschbaum, Leo (1943). “Marlowe's Faustus: A Reconsideration”. The Review of English Studies 19 (75): 225–41. JSTOR 509485. 
  7. ^ Greg, W. W. (1950). Marlowe's Doctor Faustus 1604-1616: Parallel Texts. Oxford: Clarendon Press. ISBN 978-0198124023 
  8. ^ bad quarto” (英語). Oxford Reference. doi:10.1093/oi/authority.20110803095440524. 2020年11月5日閲覧。
  9. ^ Nicholl, Charles (1990年3月8日). “'Faustus' and the Politics of Magic”. London Review of Books: pp. 18–19. http://www.lrb.co.uk/v12/n05/charles-nicholl/faustus-and-the-politics-of-magic 2015年5月11日閲覧。 
  10. ^ Kendell, Monica (2003). Doctor Faustus the A text (A text ed.). United Kingdom: Longman. p. 1. ISBN 978-0-582-81780-7 
  11. ^ Bevington and Rasmussen xi.
  12. ^ a b Christian, Paul (1952). The History and Practice of Magic. 1. Nichols, Ross (trans). London: Forge Press. p. 428. OCLC 560512683. "The name has many forms: Marlowe writes Mephistophilis..." 
  13. ^ Jones, John Henry (1994). The English Faust Book, a critical edition. Cambridge, UK: Cambridge University Press. pp. 1. ISBN 978-0-521-42087-7 
  14. ^ Bellinger, Martha Fletcher (1927). A Short History of the Theatre. New York: Holt. pp. 207–13. http://www.theatrehistory.com/british/bellinger001.html 2017年1月14日閲覧。 
  15. ^ Tromly, Frederic (1998). “Damnation as tantalization”. Playing with desire: Christopher Marlowe and the art of tantalization. University of Toronto Press. p. 135. ISBN 978-0-8020-4355-9 
  16. ^ Cantor, Paul A (2004). “The contract from hell”. In Heffernan, William C.. Private and public corruption. Lanham, MD: Rowman & Littlefield. p. 98. ISBN 978-0-7425-3492-6 
  17. ^ Leo Ruickbie, Faustus: The Life and Times of a Renaissance Magician (The History Press, 2009), p. 15
  18. ^ The History of the damnable life, and deserved death of Doctor Iohn Faustus by P.F., Gent,
  19. ^ Lohelin, James N. (2016). Marlowe: Doctor Faustus. The Shakespeare Handbooks: Shakespeare's Contemporaries. London: Palgrave. p. 3. ISBN 9781137426352. https://books.google.com/?id=lc00CwAAQBAJ&pg=PA3&dq=lost+german+edition+faust+1587#v=onepage&q=lost%20german%20edition%20faust%201587&f=false 
  20. ^ Marlowe, Christopher (2007). Keefer, Michael. ed. The Tragical History of Doctor Faustus: A Critical Edition of the 1604 Version. Peterborough, Ontario: Broadview Press. pp. 67–8. ISBN 9781551115146. LCCN 2008-378689 
  21. ^ a b Frey, Leonard H. (December 1963). “Antithetical Balance in the Opening and Close of Doctor Faustus” (英語). Modern Language Quarterly 24 (4): 350–353. doi:10.1215/00267929-24-4-350. ISSN 0026-7929. 
  22. ^ Hamlin, William M. (2001). “Casting Doubt in Marlowe's 'Doctor Faustus'”. SEL: Studies in English Literature 1500–1900 41 (2): 257–75. doi:10.2307/1556188. JSTOR 1556188. 
  23. ^ Hamlin 258.
  24. ^ Nicholl, Charles (1990年3月8日). “'Faustus' and the Politics of Magic”. London Review of Books: pp. 18–19. http://www.lrb.co.uk/v12/n05/charles-nicholl/faustus-and-the-politics-of-magic 2015年5月11日閲覧。 
  25. ^ Snyder, Susan (July 1966). “Marlowe's 'Doctor Fausus' as an Inverted Saint's Life”. Studies in Philology 63 (4): 565–577. JSTOR 4173538. 
  26. ^ Deats, Sara Munson, ed (2012). Doctor Faustus: A Critical Guide. London: Bloomsbury. pp. 69. ISBN 9781441188571. https://books.google.com/books?id=Zm8SBwAAQBAJ&lpg=PR3&dq=Alan%20Dobie%20as%20Faustus&pg=PR4#v=onepage&q=Alan%20Dobie%20as%20Faustus&f=false 
  27. ^ ファウスト悪のたのしみ : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年10月8日閲覧。
  28. ^ Burton, Richard; Coghill, Nevill (1967-10-19), Doctor Faustus, Elizabeth Taylor, Richard Burton, Andreas Teuber, Ram Chopra, Nassau Films, Oxford University Screen Productions, Venfilms, https://www.imdb.com/title/tt0062898/ 2020年10月8日閲覧。 
  29. ^ フォースタス博士”. 国立国会図書館. 2020年12月15日閲覧。
  30. ^ フォースタス博士の悲話”. 国立国会図書館. 2020年12月15日閲覧。
  31. ^ 世界文学大系14”. 国立国会図書館. 2020年12月15日閲覧。
  32. ^ 筑摩*世界文学大系 18”. 国立国会図書館. 2020年12月15日閲覧。
  33. ^ マルタ島のユダヤ人・フォースタス博士”. 国立国会図書館. 2020年12月15日閲覧。
  34. ^ マルタ島のユダヤ人・フォースタス博士”. 国立国会図書館. 2020年12月15日閲覧。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]