書籍出版業組合記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

書籍出版業組合記録 (しょせきしゅっぱんぎょうくみあいきろく、 Stationers' Register)とは、ロンドン書籍出版業組合 (Stationers' Company) によって記録された登記簿である。この組合は出版業に携わるさまざまな職業を管理するために1557年勅許を与えられたギルドであり、イングランドの印刷業者、製本業者、書店、出版業者などがそこに含まれる。この登録そのものは、それぞれの出版業者にある特定の印刷物を制作する権利を保障するものであり、著作権法の先駆けとなるものであった。組合の勅許状は、海賊版を差し押さえたり認可のない書籍の出版を禁止したりする権利を組合に付与した。

16世紀17世紀英文学エリザベス朝ジェームズ朝チャールズ朝、とりわけイギリス・ルネサンス演劇)の研究をするうえで、この出版業組合記録は非常に重要かつ必須の資料となる。というのも、他から見出すことのできない事実にもとづいた情報と確実なデータをこの記録から得ることができるためである。宮廷祝典局長の記録(これは出版よりはむしろ演劇の公演に関するものである)と並び、出版業組合記録は学者たちがウィリアム・シェイクスピアベン・ジョンソン、さらにはその先駆者や同時代人、後継者にあたるすべての文学者に関して知りうる、疑いの余地のない情報の供給源となっている[1]

書籍商は4ないし6ペンスを支払うことによって、所定の作品の出版権を登録することができた。一例として、出版業組合記録に記載された次のようなケースがある。1607年11月26日、書籍商ジョン・バズビーとナサニエル・バッターが「巨匠ウィリアム・シェイクスピアによるリア王の伝記と呼ばれる本で、普段はバンクサイドのグローブ座で活動している臣下たちによって、先年のクリスマスの聖スティーブンの日ホワイトホール宮殿において国王の御前で公演が行なわれた作品」を出版する権利を主張している(彼らは6ペンスを支払っている)[2]

この時代の法令は、現代世界ほど厳密に施行されてはいなかった。そのため登録のない本もときおり出版され、それ以外にも不正のなされることは多かった。場合によっては、劇団が書店の協力のもとに戯曲の登録を行なったが、その目的は明らかに自分たちに権益のない形でその戯曲が出版されることを未然に防ぐためであった[3]

1710年、著作権法またの名をアン条例 (Statute of Anne) が制定され、登録に関連する組合の規定に取って代わることとなった。出版業組合は2000年2月まで作品に関する何らかの登録をつづけていた。

脚注[編集]

  1. ^ Chambers, "Elizabethan Stage", Vol. 3, pp. 164-77.
  2. ^ Halliday, "Shakespeare Companion", pp. 265, 474.
  3. ^ 空騒ぎ』、『ヘンリー五世』、『お気に召すまま』、『十人十色』が1600年8月4日に登録されたのも、目的は明らかにそのようなもの(押さえておくため)であった。とはいえ、この解釈が正しいとしても、不法出版を防ぐ戦略の成果は限られていた。この4作のうち最初の2作は1600年に、最後のものは1601年に海賊出版が出回り、残っていたのは『お気に召すまま』だけだったのである。Chambers, "Elizabethan Stage", Vol. 3, p. 359; Halliday, "Shakespeare Companion", pp. 216, 326.

参考文献[編集]

  • Chambers, E. K. "The Elizabethan Stage". 4 Volumes, Oxford, Clarendon Press, 1923.
  • Halliday, F. E. "A Shakespeare Companion 1564-1964". Baltimore, Penguin, 1964.

外部リンク[編集]