ダレイオス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダレイオス3世
داریوش
ペルシア諸王の王
Darius III.jpg
在位 紀元前336年 - 紀元前330年
別号 エジプトのファラオ
出生 紀元前380年
ペルシア
死去 紀元前330年
バクトリア
配偶者 スタテイラ1世英語版
子女 スタテイラ2世
ドリュペティス
王朝 アケメネス朝
父親 アルサメス
母親 シシュガンビス
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

ダレイオス3世英語:Darius III、ペルシア語:داریوش、紀元前380年? - 紀元前330年)は、アケメネス朝ペルシアの最後の王(在位:紀元前336年 - 紀元前330年)。

母はシシュガンビス、妻はスタテイラ1世英語版。娘にのちにアレクサンドロス3世の妃となったスタテイラ2世(母子同名)、ヘファイスティオンの妻になったドリュペティスがいる。

なお、ダレイオス3世の画として有名なこの参考画像は、火山の噴火によって埋没したポンペイから出土したものである。



生涯[編集]

宦官バゴアス英語版を中心とした宮廷陰謀により王位継承適格者が相次いで死去し、前王アルセスも即位3年目に殺害されてしまい、傍系(アルタクセルクセス2世の兄弟の子孫)の王族の彼が即位して伝統的アケメネス朝王名であるダレイオス(よきものを保持する者を意味する古代ペルシア語、ダーラヤワウ)を名乗った。即位前の初名はギリシア側の伝承からコドマンノスと伝えられていたが、近年になってバビロンから発掘された天文日誌によって古代ペルシア語における即位前の名前はアルタシャタであることが明らかになった。

ディオドロスの記録によればバゴアスは結局ダレイオス3世をも排除しようとしたが、これを察知したダレイオス3世は逆にバゴアスを毒殺してその地位を守ったとされている。

間もなくマケドニアアレクサンドロスの侵攻を受け、これを迎撃するために紀元前333年にアレクサンドロス軍の背後のイッソス英語版市近郊に進出し、後方に残されていたマケドニア軍の負傷兵を殺戮した。生存者によってアレクサンドロスにこの報せが伝わると、アレクサンドロスは直ちに軍を戻し、ピナロス川近郊で両者は対峙した(イッソスの戦い)。

イッソスの戦いでは劣勢に陥ったダレイオス3世は逃亡し、これを見たペルシア軍の将兵も壊走したためペルシア軍の大敗に終わった。この時ダレイオス3世の家族もアレクサンドロスに捕らえられている。マケドニア軍がフェニキアエジプトに向かっている間に体勢を立て直したダレイオス3世は、メソポタミア中流域のガウガメラドイツ語版に大軍を擁して布陣し、アレクサンドロスを迎撃した(ガウガメラの戦い、又はアルベラの戦い)。

ダレイオス3世は夜襲を警戒して軍に武装したまま夜警を行わせ、却って士気を損なったという逸話が残されている。この時アレクサンドロスの陣中にも夜襲を勧めた将軍がいたが、アレクサンドロスはこれを採用しなかった。ペルシア軍は鎌戦車戦象兵なども用意していたが、これらはダレイオス3世が期待したほどの戦果は上がらなかったようである。結局、ペルシア軍はこの戦いでも敗れてダレイオス3世は再び逃走した。

これらの相次ぐ敗北によって、ダレイオス3世がアレクサンドロスに対抗することは困難となった。そして逃走中にバクトリア総督(サトラップ)のベッソスに殺害され、アケメネス朝は滅亡した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Prevas, John. Envy of the Gods: Alexander the Great's Ill-fated Journey across Asia. Da Capo Press, 2004.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
アルセス
アケメネス朝の王
前336 - 330
次代:
滅亡
先代:
アルセス
古代エジプト王
第211代:前336 - 332
次代:
アレクサンドロス3世