テイスペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイスペス
アンシャン
在位 紀元前675年頃 - 紀元前640年

出生 紀元前700年
死去 紀元前640年
子女 キュロス1世
アリアラムネス英語版
王朝 アケメネス朝
父親 アケメネス
テンプレートを表示

テイスペス(Teispes、古代ギリシア語: Τείσπης テイスペースペルシア語: چیشپیشチーシュピーシュ古代ペルシア語:チシュピシュ[1]バビロニア語:シシュピシュ、エラム語:ツィシュピシュ、紀元前700年頃 - 紀元前640年頃)は、アンシャン[2]ベヒストゥン碑文によればアケメネスの息子で、アケメネス朝の二代目にあたる。推定在位期間は紀元前675年頃 - 640年頃。

来歴[編集]

アンシャンの位置

ベヒストゥン碑文およびキュロス・シリンダーなどの楔形文字碑文によれば、ダレイオス1世キュロス2世はその先祖をともにテイスペスとしている。このことから、テイスペスがふたりの息子であるキュロス1世(キュロス2世の祖父)とアリアラムネス英語版(ダレイオス1世の曾祖父)に領土を分与したという説が発生した[3]。この説によれば、アリアラムネスはペルシス地方を、キュロス1世はエラム地方のアンシャンを相続した。

しかし、アンシャンとペルシスは同じ場所を意味した可能性が高く[4]、この説は疑わしい。アリアラムネスが王であった証拠はなく[3]、子孫のダレイオス1世がそう称しているだけかもしれない。

テイスペスの名はヘロドトス『歴史』の7巻に出てくるアケメネス朝の系図にも見えるが、ヘロドトスの記述は混乱しており、テイスペスがふたりになっている。

ベヒストゥン碑文の記す系図は以下の通りである。

 
 
アケメネス
 
 
 
 
テイスペス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュロス1世
 
 
アリアラムネス
 
 
 
 
 
 
 
 
カンビュセス1世
 
 
アルサメス
 
 
 
 
 
 
 
 
キュロス2世
 
 
ヒュスタスペス
 
 
 
 
 
 
 
 
カンビュセス2世
 
 
ダレイオス1世

脚注[編集]

  1. ^ 「チャイシュピシュ」は誤読。Schmitt (2011)
  2. ^ キュロス・シリンダーによる
  3. ^ a b Shahbazi (2011)
  4. ^ Stronach (1974) p.248

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • Heidemarie Koch: Achämeniden-Studien. Harrassowitz, Wiesbaden 1993, ISBN 3-447-03328-2.
  • Texte aus der Umwelt des Alten Testaments. Band 1 - Alte Folge, Gütersloh 1985.
  • Josef Wiesehöfer: Das antike Persien 550 v. Chr bis 650 n. Chr.. Patmos, Düsseldorf 2005, ISBN 3-491-96151-3.


先代:
アケメネス
アンシャン
? - 紀元前640年
次代:
キュロス1世