アケメネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アケメネス(Achaemenes、古代ギリシア語: Ἀχαιμένης アカイメネース古代ペルシア語: 𐏃𐎧𐎠𐎶𐎴𐎡𐏁 Haxāmaniš ハカーマニシュ)は、アケメネス朝の王家の氏族の始祖とされる、半ば伝説中の人物。その事績は伝わっていない。

なお、クセルクセス1世の兄弟(または息子)とされる同名の人物で、エジプトサトラップがいる。

名称[編集]

古代ペルシア語での名前は「ハカーマニシュ」で、通常は「*haxā-」(友、アヴェスター語 haxay-)と「manah-」(心)からなり、「友人の心を持つ」という意味だと伝統的には理解されているが、異論もある[1]。「アケメネス」はギリシア語形をラテン語化した形にもとづく。

人物[編集]

パサルガダエの碑文。上二行に古代ペルシア語で「私はキュロス、アケメネスの王」と記す

ベヒストゥン碑文ではアケメネスをテイスペスの父としている。

ヘロドトスの『歴史』7.11 でクセルクセス1世の家系について述べる箇所では、混乱が見られるものの、やはりアケメネスをテイスペスの父としている。

しかし、キュロス・シリンダーではキュロス2世は自らをテイスペスの子孫と述べているにもかかわらず、アケメネスについては何も記していない。このため、ベヒストゥン碑文に記す系図は、出自の怪しいダレイオス1世による捏造の疑いがある[2]

一般に、アケメネス家の人(Haxāmanišiya)を自称するようになったのはダレイオス1世からである。唯一、パサルガダエのキュロス2世の古代ペルシア語碑文には、自分がアケメネス家の人であることを述べているが、この碑文はキュロス2世ではなくダレイオス1世の時代に作られた可能性が高い[3]

アケメネスが実際にテイスペスの父であったとしても、彼が何をしたかはまったく不明である。

伝説[編集]

プラトンアルキビアデスI』では、アケメネスをペルセウスの子孫としている[4]

アイリアノス『動物の特性について』12.21 では、アケメネスがに育てられたという伝説を伝える[5]

脚注[編集]

  1. ^ Dandamayev (2011)
  2. ^ “Achaemenids (Achaemenians)”. Encyclopedia of the Peoples of Africa and the Middle East. Infobase Publising. (2009). p. 2. ISBN 143812676X. 
  3. ^ Skærvø (2005) p.14
  4. ^ Plato. “Alcimbiades”. Wisdom of Greece, the Middle East, and Rome. 2015年7月25日閲覧。
  5. ^ Aelian A.F. Scholfield訳 (1959). On the Characteristics of Animals. III. Harvard University Press. p. 41. 

参考文献[編集]