テオス (ファラオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テオス
Djedhor, Djedher, Tachos, Takhos
テオスの名が刻まれた彩釉陶器の破片(ロンドン、ピートリー博物館蔵)
テオスの名が刻まれた彩釉陶器の破片(ロンドン、ピートリー博物館蔵)
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前361/0年 - 紀元前359/8,エジプト第30王朝
共同統治者 ネクタネボ1世(3年間)
前王 ネクタネボ1世
次王 ネクタネボ2世
子息 ケデブネイトルビネト2世?
ネクタネボ1世

テオス古代ギリシア語: Τέως、Teos)、ないしタコス古代ギリシア語: Τάχως、Tachos)は、古代エジプト語で「ジェドー (Djedhor, Djedho)」 と呼ばれていたエジプト第30王朝2代目のファラオの、古代ギリシア語における名である。その治世は、ファラオに即位して以降紀元前360年から紀元前359年とされる。テオスの父ネクタネボ1世は、自らの治世の途中で、紀元前363年ないし紀元前362年にはテオスを摂政とする共同統治を始めていた。一部のエジプト学の記述では、この共同統治期間をテオスの治世に含めている[2]。テオスの治世に試みられた硬貨金貨Nefer-nub)の導入は失敗した。

テオスは、第26王朝アプリエス (ウアフイブラー)以来2世紀ぶりに、シリアやパレスチナ地域へのエジプト勢力の拡張を計画し、これに着手した。テオスは、トトメス3世の前例に則り、レテヌ一帯(カナン歴史的シリアに相当)への外部勢力の脅威に対する攻撃に成功した[3]

ペルシア帝国の脅威からの防衛策の完成が見えてきた、フェニキアへの進出を目前にした時点で、テオスは自国で起きた反乱によって王座から追われ、代わってネクタネボ2世がファラオとなった。エジプト人のファラオがペリシアに対して対外的な攻勢に出たのは、これが最後の例となった[3]

先代:
ネクタネボ1世
エジプト第30王朝ファラオ
紀元前360年 - 紀元前359年
次代:
ネクタネボ2世

脚注[編集]

  1. ^ Late Period Dynasty 30: Teos accessed January 22, 2007
  2. ^ デモティックの年代記ドイツ語版』は、ネクタネボ1世の統治を「16年間」としており、3年間の共同統治期間があったことを間接的に示唆している。エジプト学の文献の中には、ネクタネボ1世の治世は紀元前378年から紀元前360年ネクタネボ2世の治世は紀元前359年から紀元前341年とするものもあれば(Madeleine DellaMonica: Les derniers pharaons: Les turbulents Ptolémées, d'Alexandre le Grand à Cléopâtre la Grande. Les temples ptolémaïques. Maisonneuve et Larose, Paris 1998, ISBN 2-7068-1272-9, S. 6、Miriam Lichtheim: Ancient Egyptian Literature: A book of readings. Bd. 3: The late Period. University of California Press, Berkeley 2006, ISBN 0-520-24844-9, S. 41)、テオスの治世を紀元前361年から紀元前359年までとするもの(Peter T. Daniels: From Cyrus to Alexander: A History of the Persian Empire. S. 663)、紀元前361/360年から紀元前359/358年とするディーター・アーノルト (Dieter Arnold) やヨナ・レンダリング (Jona Lendering)らの見解もある。また、ネクタネボ1世の治世第16年を紀元前343年とし、ネクタネボ2世の治世第1年を紀元前359/358年とする記述もある(Friedhelm Hoffmann, Joachim Friedrich Quack: Anthologie der demotischen Literatur. S. 162; John Ray: The Reflections of Osiris: Lives from ancient Egypt (The Magician Pharaoh Nectanebo II, reigned 359/358–343/342 BC). University Press, Oxford 2002, ISBN 0-19-515871-7, S. 127)。Thomas Schneider, Werner Huß und Jürgen v. Beckerath は、テオスの治世を紀元前362年から紀元前360年としている。
  3. ^ a b Werner Huß: Ägypten in hellenistischer Zeit: 332-30 v. Chr. S. 48.