ワージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワージング
Worthing
イングランドの旗
Worthing sea front from the pier - geograph.org.uk - 413383.jpg
ワージングの市章
タウンかつバラ
位置
ワージングの位置の位置図
ワージングの位置
座標 : 北緯50度48分52秒 西経00度22分16秒 / 北緯50.81444度 西経0.37111度 / 50.81444; -0.37111
行政
イギリスの旗 イギリス
 連合王国 イングランドの旗 イングランド
 リージョン サウス・ウェスト・イングランド
 カウンティ ウェスト・サセックス
 タウンかつバラ ワージング
地理
面積  
  タウンかつバラ 32.48 km2 (12.54 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  タウンかつバラ 104,600人
    人口密度   3,232人/km2(8,370人/mi2
その他
等時帯 西ヨーロッパ時間 (UTC+0)
夏時間 西ヨーロッパ夏時間 (UTC+1)
Postcode BN11、BN12、BN13、BN14、BN99
市外局番 01903
公式ウェブサイト : www.adur-worthing.gov.uk

ワージングWorthing)は、イングランド南部ウェスト・サセックスにある海に面したタウンかつバラである。ブライトンの西16km、チチェスターの東29kmに位置し、推定人口は104,600人、面積は32.37km2である。

歴史[編集]

ワージングの中心部から7マイル(11km)以内にはイギリス国内14あるうち4つの火打石採石場が集まっており、少なくとも6,000年以上前から人々が生活していた[1][2]。過去の発掘調査では青銅器時代の遺跡が出土しており、町の西端のハイダウン・ヒル英語版には同時代の重要な砦が残されている。

鉄器時代には、イギリス最大の丘陵砦のひとつが築かれた。その後ローマ・ブリトン時代には、レグネンセスの支配地に含まれている。域内のいくつかの道路はこの時代のもので、「センチュリー」と呼ばれる碁盤目状の配置になっている。5世紀から6世紀にかけてはサセックス王国に組み込まれ、この時代にワージングという名称が定着した。

その後何世紀にもわたって何の変哲もない村だったが、1750年代から富裕層の観光地として発展を始めた。1798年にはイギリス王女のアミーリア・オブ・ザ・ユナイテッド・キングダムもこの地を訪れ、1803年にはタウンに昇格した。町の発展に伴いクレッセント公園英語版などの公共施設も開発された。一方で19世紀には密輸業者の拠点ともなり、1880年代には骸骨軍英語版による暴動も発生した。

詩人オスカー・ワイルド1893年とその翌年にこの町で休暇を過ごし、2度目の訪問で『真面目が肝心』を執筆した。そのほかにもノーベル文学賞受賞者のハロルド・ピンターをはじめ、多くの文学者がこの町を訪れている。

1934年10月9日にはサウス・ストリートの戦い英語版と呼ばれる暴動が発生した[3] 。これはオズワルド・モズレー率いるファシスト連合とその反対者との間で起きた暴動である。第二次世界大戦が発生すると連合軍が駐留し、この地からノルマンディー上陸作戦へと向かっていった。

人口動態[編集]

国家統計局による2019年時点での推計人口は110,570人[4]。人口密度は3,383人/km2で、これはサセックスの自治体において2番目に高い[4]

1801年以降の人口動態(ワージング)
人口 人口
1801 2,151 2151
 
1921 37,906 37906
 
1811 3,824 3824
 
1931 45,905 45905
 
1821 4,922 4922
 
1939 55,584 55584
 
1831 5,654 5654
 
1951 67,305 67305
 
1841 6,856 6856
 
1961 77,155 77155
 
1851 7,615 7615
 
1971 88,467 88467
 
1861 9,744 9744
 
1981 90,686 90686
 
1871 11,873 11873
 
1991 98,066 98066
 
1881 14,002 14002
 
2001 97,540 97540
 
1891 19,177 19177
 
2011 104,640 104640
 
1901 24,479 24479
 
2019 110,570 110570
 
1911 31,301 31301
 
2031 122,200 122200
 

出典: A Vision of Britain Through Time[5], Office for National Statistics

交通[編集]

鉄道

スポーツ[編集]

ゆかりのある人物[編集]

ハロルド・ピンター旧邸

詩人・作家[編集]

出身人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Drewett, Peter L., David Rudling and Mark F. Gardine (1988). The South East to Ad 1000. Longman Publishing Group. p. 48. ISBN 978-0-582-49271-4. https://archive.org/details/southeasttoad1000000drew 
  2. ^ Russell, Miles. “The Neolithic Flint Mines of Sussex: Britain's Earliest Monuments”. Bournemouth University. 2013年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月30日閲覧。
  3. ^ Friend of the Nazis who fate left behind”. The Argus (2003年1月23日). 2018年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月6日閲覧。
  4. ^ a b Office for National Statistics (2019年6月28日). “Population Estimates for UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland, Mid-2018”. 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月4日閲覧。
  5. ^ Worthing District through time”. A Vision of Britain Though Times. 2022年1月2日閲覧。
  6. ^ Edmonds 2013
  7. ^ Halperin, John, "Jane Austen's Anti-Romantic Fragment: Some Notes on Sanditon", 1983, University of Tulsa
  8. ^ Hare 1991, p. 1
  9. ^ Crafter, Cate (2021年7月14日). “9 things you probably didn't know about Worthing” (英語). Great British Life. 2021年7月20日閲覧。
  10. ^ Elleray 1998
  11. ^ Lahr, John. “Harold Pinter, Demolition Man, from the New Yorker, December 2007”. 2010年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月27日閲覧。
  12. ^ Elleray 1998, p. 28
  13. ^ Sutherland, John (2004). Stephen Spender: a Literary Life. London: Penguin Books. ISBN 0-19-517816-5. https://archive.org/details/stephenspenderli00suth 
  14. ^ Wojtczak, Helena (2008), Notable Sussex Women, Hstings Press, ISBN 978-1-904109-15-0 

参考文献[編集]

  • Edmonds, Antony (2013). Jane Austen's Worthing: The Real Sandition. Amberley: Amberley Publishing Limited. ISBN 9781445619835 
  • Elleray, D. Robert (1998). A Millennium Encyclopaedia of Worthing History. Worthing: Optimus Books. ISBN 0-9533132-0-4 
  • Hare, Chris (1991). Historic Worthing: The Untold Story. Adlestrop: The Windrush Press. ISBN 0-900075-91-0 

外部リンク[編集]