アメリカン・グラフィティ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アメリカン・グラフィティ2』(More American Graffiti)は、1979年製作のアメリカ映画。B・W・L・ノートン監督。

概要[編集]

ジョージ・ルーカス監督の大ヒット作『アメリカン・グラフィティ』の後日談。1962年の晩夏を舞台にした前作に対し、1964年1965年1966年1967年大晦日の出来事を中心に描いた構成となっている。ジョージ・ルーカスは製作総指揮に回り、監督はB・W・L・ノートンが努めた。

前作のラストにテロップ表示された、登場人物たちのその後の運命を映像によって描いた物語となっているが、主人公だったカート・ヘンダーソンは登場せず、そのテロップの中で悲惨な運命を予告されていたジョン・ミルナー(ポール・ル・マット)とテリー・フィールズ(チャールズ・マーティン・スミス)の2名と、前作で結ばれたスティーブ(ロン・ハワード)とローリー(シンディ・ウィリアムズ)の夫婦、そしてテリーの元彼女デビー(キャンディ・クラーク)を、4年間の各時代の主人公として描いていく。

作風としては前作の「幸せな一時」の感覚から一転し、ベトナムの戦場や学園紛争など、混迷のただ中に陥った当時のアメリカを舞台にした『いちご白書』タッチの展開となっている。また本作は、4年間の出来事を時系列を無視した編集によって繋ぎ、さらにスクリーンサイズを時代によって切り替えたり、マルチアングル風に1画面に幾つものショットを同時に写し出したりと、実験的な要素が強く出ている。

ストーリー[編集]

こぼれ話[編集]

スタッフ/キャスト[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

外部リンク[編集]