スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スター・ウォーズ
エピソード3 シスの復讐
Star Wars Episode III
Revenge of the Sith
監督 ジョージ・ルーカス
脚本 ジョージ・ルーカス
製作 リック・マッカラム
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
出演者 ユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
ヘイデン・クリステンセン
イアン・マクダーミド
サミュエル・L・ジャクソン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 ロジャー・バートン
ベン・バート
配給 20世紀フォックス
公開 フランスの旗 2005年5月15日CIFF
アメリカ合衆国の旗 2005年5月19日
日本の旗 2005年7月9日
上映時間 140分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 113,000,000ドル
興行収入 848,460,000ドル 世界の旗
380,260,000ドル アメリカ合衆国の旗
91.7億円 日本の旗
前作 エピソード2/クローンの攻撃
次作 エピソード7/フォースの覚醒
テンプレートを表示

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(スター・ウォーズ エピソードスリー/シスのふくしゅう、原題:STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH)は、2005年に公開されたアメリカ映画

SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の公開第6作品目。シリーズ主要9部作の中では、アナキン・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章『エピソード3』に当たる。

概要[編集]

アナキンがダークサイドに堕ちてしまう悲劇を描き、ダース・ベイダー銀河帝国誕生が主要なテーマとなっている。またアナキン三部作(『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『本作』)とルーク・スカイウォーカー三部作(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)を繋ぐ重要な物語でもある。

アメリカMPAA)では、本シリーズの映画で初のPG-13(13歳未満の鑑賞には、保護者の強い同意が必要)に指定された(後年次作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も指定された)[1]

興行的には成功したものの、1年で最低の映画を選ぶゴールデンラズベリー賞でアナキン役のヘイデン・クリステンセン最低助演男優賞(彼が主演にもかかわらず「助演」扱いされただけでなく、キャスト順ではオビ=ワン・ケノービ役のユアン・マクレガーが先頭に記載された)とされる結果となった。

2005年の間に全世界で関連商品を30ドル以上売り上げ、LIMA(International Licensing Industry Merchandisers Association。国際ライセンシング産業マーチャンダイザーズ協会)から「ベスト・ライセンス賞」に選ばれた[2]

予告編では当時シリーズ最終作を銘打ったこともあり、“The saga is complete”という文字がラストに表示されていた。

2013年デジタル3D版が公開される予定だったが、2012年10月ウォルト・ディズニー・カンパニーが本シリーズの制作会社ルーカスフィルム買収し、『エピソード7』に当たる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を始めとする新たな3部作『エピソード7・8・9』の映画製作の決定に伴いその製作に尽力することとなり、延期になった[3]。しかしその後、2015年4月16日から4月19日にアメリカのカリフォルニア州アナハイムで開催された『スター・ウォーズ』オフィシャルファンイベントの「スター・ウォーズ セレブレーションアナハイム」で初上映された[3][4]

ストーリー[編集]

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

クローン大戦の勃発から約3年が経過し、戦争は銀河共和国優位の情勢にあった。しかしそんな中、パルパティーン最高議長がコルサントに襲来した独立星系連合軍に捕らえられてしまう。コルサント上空で繰り広げられる艦隊戦の中をパルパティーン救出に向かうオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーは、パルパティーンが捕らえられている敵の旗艦インビジブル・ハンドに突入し、再びシスの暗黒卿ダース・ティラナスことドゥークー伯爵と対決、アナキンはこの大戦で力を増し以前は圧倒されたドゥークーの両腕を切り落とし勝利する。パルパティーンはドゥークーに止めを刺せとアナキンを扇動し、アナキンはドゥークーの首をはねてしまう。墜落寸前のインビジブル・ハンドからオビ=ワン、アナキン、パルパティーンは無事生還する一方で、分離主義勢力のリーダー格であるグリーヴァス将軍も無事脱出していた。

帰還したアナキンは妻パドメ・アミダラの妊娠を知るが、やがて彼女が出産で死亡する予知夢にうなされる様になり、かつて母シミ・スカイウォーカーを死なせた悔恨からより強い力を求めようとする。一方、ジェダイ評議会は非常時大権を盾に長年権力の座にあり続けるパルパティーンに疑いの目を向けていた。評議会はパルパティーンと親しいアナキンをスパイとして情報を探ろうとするが、アナキンのジェダイ・マスターへの昇格は認めず、アナキンは自身に対する処遇に不満を抱く様になる。

そんなアナキンに、パルパティーンはフォースの暗黒面(ダークサイド)の力を説き、パドメを救う方法があると囁く。彼こそがすべての黒幕であるシスの暗黒卿ダース・シディアスその人だったのだ。メイス・ウィンドゥにその事を報告したアナキンだったが、パドメを想うがあまりにパルパティーンの誘惑に屈し、パルパティーンを追いつめたメイスを逆に倒してしまう。遂に暗黒面に堕ちたアナキンは、シスの暗黒卿としての新たな名「ダース・ベイダー」を与えられる。

アナキンはクローン・トルーパーを率いて、ジェダイ聖堂に残っていたジェダイ達を幼い訓練生も含めて全員虐殺し、各星系で戦っていたジェダイ・マスター達もパルパティーンが発した極秘命令「オーダー66」により、次々と非業の死を遂げる。難を逃れたジェダイは、オビ=ワンと、チューバッカの助けにより落ち延びたヨーダと一部の者だけだった。親ジェダイ派の元老院議員ベイル・プレスター・オーガナの助けでコルサントに戻ったオビ=ワンとヨーダは、アナキンがシスに堕ちた事を知る。

アナキンは更に火焔の星・ムスタファーヌート・ガンレイら分離主義者の幹部を抹殺し、ジェダイを糾弾して全権を掌握したパルパティーンは銀河帝国皇帝を名乗る。アナキンを追ってムスタファーに到達したパドメは、愛する人のあまりの変貌に絶望する。そこにパドメ艇に密航していたオビ=ワンが現れ、遂に運命の師弟対決が始まった。一方コルサントではヨーダがパルパティーンに一騎打ちを挑んでいた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

本作の冒頭の宇宙戦など過去の『スター・ウォーズ』シリーズの実写版に比べて派手なカメラワークが目立ち、ほかのVFX工房作品の大ヒットで王座を追われつつあるILMにとっては『宇宙戦争』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』と並び、2005年の勝負作といえた。

ムスタファーでのアクションシーンの一部構成をスティーヴン・スピルバーグが担当し、アシスタント・ディレクターとしてクレジットされた。

撮影[編集]

本作で最初に撮影されたのは、オビ=ワンがルーク・スカイウォーカーを、ルークの養父母であるオーウェン・ラーズベル・ホワイトスンの2人に託すラストシーンで、『エピソード2/クローンの攻撃』のタトゥイーンの場面の撮影時に既に撮影されている。

音楽[編集]

過去の実写版5作と同様に、本作の音楽の作曲・編曲・指揮はジョン・ウィリアムズ、演奏はロンドン交響楽団である。

『エピソード4/新たなる希望』の楽曲が幾つも収録された。エンディング曲でも『エピソード4』の楽曲が大きなウェイトを占めており、特に1977年からサウンドトラック盤に収録されていた「王女レイアのテーマ」は、『エピソード4』本編では断片的な使用に留まっているが、本作で初めて曲の半分以上が流された。

修正・変更点[編集]

2005年DVD版の発売、2011年ブルーレイ版の発売に際し、一部内容の修正・変更が行われている。以下に主なものを本編の流れに沿って記述する。

劇場版⇒2005年DVD版[編集]

  • 一部不自然だった戸田奈津子氏による字幕訳(「オフレコの任務」、「掃除が大変だ」、「第一銀河帝国」など)に修正が加わった。
  • ムスタファーの戦いの後、オビ=ワンとC-3POが船のコックピットにいる場面から、アナキンが溶岩の土手を這い上がろうとする場面になるが、この2つのシーンの繋ぎ方が、劇場版では右上からのワイプで切り替わっていたが、DVDではワイプではなく瞬間切り替えになった。

2005年DVD版⇒2011年版[編集]

  • キャッシークのヨーダの司令本部の建物に苔が追加。
  • ウータパウでのオビ=ワンとグリーヴァス将軍の決戦中にクローン軍が乱入する際、クローン・トルーパーらの「Go,go,go,go!」「Move! move!」「Let's go, let's go!」などの掛け声台詞が追加。
  • ムスタファーの決闘の後、オビ=ワンとC-3POが船のコックピットにいる場面から、アナキンが溶岩の土手を這い上がろうとする場面への切り替えが、DVD版での瞬間切り替えから、劇場版での右上からのワイプ切り替えに再び戻った。

公開・反響[編集]

アメリカでは平日に一般公開されたため、仮病などで仕事を休んで映画館に行く観客が続出し、一説には650億9800万ドルの損失をアメリカ経済に与えたといわれている。

日本では本作の公開を記念し、それまでの『スター・ウォーズ』シリーズの「エピソード1・2・4・5・6」(『エピソード3』は別売)と、「エピソード4~6」の特別篇の日本公開時の復刻パンフレットBOXが発売されていた。

日本では2009年2月21日フジテレビで地上波初放送。冒頭にて前作のあらすじを紹介している。

受賞歴[編集]

  • サターン賞
    • 受賞:最優秀作曲賞、最優秀SF映画賞
    • ノミネート:最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演男優賞、最優秀衣装賞、最優秀メイクアップ賞、最優秀特殊効果賞
  • MTVムービー・アワード
    • 受賞:最優秀悪人賞
    • ノミネート:ベストファイト賞、ベストヒーロー賞
  • 毎日映画コンクール
    • 受賞:TSUTAYAファン賞(外国映画部門)
  • サテライト賞
    • 受賞:最優秀音響賞、最優秀視覚効果賞
    • ノミネート:最優秀美術・デザイン賞、最優秀DVD賞
  • ゴールデンラズベリー賞
    • 受賞:最低助演男優賞

字幕問題[編集]

日本ではDVDが2005年11月23日に発売されたが、この際に劇場公開版の字幕(担当戸田奈津子)の意訳に関して非常に多くの苦情が寄せられた結果、ソフト化に際して字幕修正が行われている。これに対し日本語吹き替え版については公開当初から脚本よりも『スターウォーズ』の世界観への忠実さを優先する意訳が目立ち、中にはほとんどアドリブに近いものもある(例:英語・字幕版のオビ=ワンはアナキンの野望に激昂するが、吹き替え版ではアナキンの行為に激昂している)が、こちらは世界観を優先する意訳と受け止められ(誤訳があったが)DVD版でも変更なしであった。2011年以後に製作された映像ソフトでは、オープニングクロールが修正され字幕にも更なる訂正が加わっている。

サウンドトラック[編集]

サウンドトラックCD北米では2005年5月3日、日本では同5月25日に発売された。収録曲数は基本的に15曲だが、日本盤CDにはボーナス・トラックとして、テーマ曲「英雄たちの戦い」(Battle of the Heroes)のセリフ入りヴァージョン(with Dialogue and Effects Mix)も収録されている[6]

北米盤、日本盤ともに、ボーナスDVDが付いており、全6作から選りすぐったリマスター版BGMと名場面を使用した16本のミュージック・ビデオが、「組曲」仕立ての『スター・ウォーズ:ミュージカル・ジャーニー』として、劇中の時系列順に収録されている。進行役はパルパティーン皇帝役のイアン・マクダーミド[7]

なお、「英雄たちの戦い」を使った『A Hero Falls』というミュージック・ビデオもCD発売に合わせて製作され、のちに映画のDVDに特典映像として収録された。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『スター・ウォーズ』最新作、米でPG-13指定 シネマトゥデイ 2015年11月27日
  2. ^ マーチャンダイジングライツレポート2006年9月号。
  3. ^ a b 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映!”. STAR WARS WEBLOG (2015年1月4日). 2016年4月24日閲覧。
  4. ^ 『エピソード2/クローンの攻撃 3D』、『エピソード3/シスの復讐 3D』が「セレブレーションアナハイム」にて上映”. T-SITE NEWS (2015年8月10日). 2016年4月24日閲覧。
  5. ^ 前作まで声を担当していた小林勝彦が死去したため。
  6. ^ セリフ入りヴァージョンは日本独自のシングル盤(2005年5月23日発売)にも収録されている。
  7. ^ イアン・マクダーミドによる解説をカットして、全16本を通して鑑賞することも可能。

外部リンク[編集]