ビリー・ラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビリー・ラード
Billie Lourd
Billie Lourd
本名 Billie Catherine Lourd
生年月日 (1992-07-17) 1992年7月17日(27歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 2015年 -
著名な家族 エディ・フィッシャー(祖父)
デビー・レイノルズ(祖母)
キャリー・フィッシャー(母)
主な作品
スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ
テンプレートを表示

ビリー・ラード英語: Billie Lourd、本名 Billie Catherine Lourd、1992年7月17日[1] - )は、アメリカ合衆国女優

来歴[編集]

女優キャリー・フィッシャータレント・エージェントブライアン・ラード英語版の娘としてカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる[2][3][4][5]ニューヨーク大学に進学して宗教学と心理学を専攻し、2014年に卒業した[6]

2015年2月に放送された『スクリーム・クイーンズ』に出演し、女優としての活動を始める[7]。同作ではセイディ・スウェンソン役を演じ、母フィッシャーがスター・ウォーズシリーズで演じたレイア・オーガナの髪型をイメージした耳あてを着けている[8][9]

2014年6月に『ザ・サン』が、「キャリー・フィッシャーが演じたレイア・オーガナの青年時代役として、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にラードが出演する」と報じた[10]。報道に対して、ラードは2015年5月に「レイア役や彼女の娘役ではなく、マイナーな役として出演した」と明かした[11][6]。同作でラードは端役のコニックス中尉役として出演している[12][13]。また、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にもコニックス中尉役として引き続き出演した[14]

2015年12月には、『バラエティ』が『Billionaire Boys Club英語版』にロザンナ役としてキャスティングされたことを報じた[15]

2016年12月27日に母・フィッシャー、翌28日には祖母レイノルズをほぼ同時に亡くしている。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Carrie Fisher and Billie Lourd”. PEOPLE.com (2016年12月28日). 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月29日閲覧。 “In 1999, Fisher and daughter Billie (born July 17, 1992) attend a Rugrats-themed benefit for the Children Affected by AIDS Foundation.”
  2. ^ Byrne, James Patrick. Coleman, Philip. King, Jason Francis. Ireland and the Americas: Culture, Politics, and History: A Multidisciplinary Encyclopedia. Volume 2. P. 804. ABC-CLIO, 2008. ISBN 978-1-85109-614-5.
  3. ^ de Vries, Hilary (1994年4月24日). “Q & A Hollywood Times Three Debbie Reynolds and Carrie Fisher discuss Hollywood families, not-so-fictional novels—and baby Billie's there to chaperone”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1994-04-24/entertainment/ca-49820_1_debbie-reynolds?pg=1 2010年3月7日閲覧. "I was raised Protestant but I'm half-Jewish—the wrong half." 
  4. ^ Carrie Fisher's Wild Ride, Baltimore Jewish Times Archived February 3, 2012, at the Wayback Machine.
  5. ^ 'Jewish Sinatra' tells all Archived 2012年11月20日, at Archive.is, Jewish News of Greater Phoenix, October 15, 1999
  6. ^ a b Kelsey, Colleen (2015年6月8日). “Film: Billie Lourd”. Interview. 2015年12月14日閲覧。
  7. ^ Andreeva, Nellie (2015年2月2日). “Billie Lourd Joins Fox’s Scream Queens”. Deadline.com. 2015年10月25日閲覧。
  8. ^ Bui, Hoai-Tran (2015年9月25日). “The royal reason for Scream Queens earmuffs”. USA Today. 2015年10月25日閲覧。
  9. ^ Wieselman, Jarett (2015年9月25日). “Princess Leia’s Daughter Is Reprising That Iconic Star Wars Look”. BuzzFeed. 2015年10月25日閲覧。
  10. ^ Chester, Jason (2015年6月20日). “Carrie Fisher's daughter Billie Lourd, 21, to play young Princess Leia in Star Wars: Episode VII”. Daily Mail. 2015年10月25日閲覧。
  11. ^ Crossan, Ashley (2015年5月11日). “Carrie Fisher’s Daughter Billie Lourd Confirms She’s Not Young Princess Leia in The Force Awakens”. Entertainment Tonight. 2015年10月25日閲覧。
  12. ^ Breznican, Anthony (2015年12月18日). “Star Wars: The Force Awakens: A collection of cameos and Easter eggs: Friend of the General”. Entertainment Weekly. 2015年12月27日閲覧。
  13. ^ Though Lourd is credited as Lieutenant Connix in the film's credits, the official companion book Star Wars: The Force Awakens: The Visual Dictionary by Pablo Hidalgo (2015) identifies the character with Lourd's photo as Kaydel Ko.
  14. ^ Topel, Fred (2016年3月13日). “Billie Lourd Will Return With A Larger Role In Star Wars Episode 8”. /Film. 2016年3月14日閲覧。
  15. ^ McNary, Dave (2015年12月15日). “Billie Lourd, Bokeem Woodbine, Jeremy Irvine Join Billionaire Boys Club (EXCLUSIVE)”. Variety. 2015年12月15日閲覧。
  16. ^ Billie Lourd Will Return With A Larger Role In ‘Star Wars Episode 8’
  17. ^ 『スター・ウォーズ エピソード9』出演者発表!ルーク再登場、レイア役キャリー・フィッシャーは未公開映像で ─ 8月撮影開始へ”. THE RIVER (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]