レイ (スター・ウォーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レイ
スター・ウォーズシリーズのキャラクター
初登場フォースの覚醒』(2015年)
デイジー・リドリー
ケイリー・フレミング[1] (幼年期、『フォースの覚醒』)
デイジー・リドリー (『ディズニー インフィニティ3.0レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー英語版』、『スター・ウォーズ バトルフロントII』)[2][3]
ヘレン・サドラー (『LEGO スター・ウォーズ/たたかえ!レジスタンス英語版』、『スター・ウォーズ バトルフロントII』)[4][5]
プロファイル
種族 ヒューマノイド
性別
職業 スカベンジャー
地位 ジェダイのパダワン
母星 ジャクー
所属 レジスタンス
テンプレートを表示

レイRey)は、『スター・ウォーズ』シリーズに登場するキャラクターである。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でメインキャラクターとして初登場した[6][7][8][9]。レイは幼い頃から惑星ジャクー英語版で独りで暮らすスカベンジャーであったが、レジスタンスのエースパイロットのポー・ダメロン英語版のドロイドのBB-8ファースト・オーダー英語版から脱走したストームトルーパーフィン英語版と出会い、ファースト・オーダーと戦うレジスタンスに加わる。

英国人女優デイジー・リドリーが演じる。日本語吹き替え永宝千晶が担当。

創造とキャスティング[編集]

デイジー・リドリー

脚本家マイケル・アーント2012年中頃にルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディから『スター・ウォーズ』続編三部作の脚本執筆を依頼され、彼は女性ジェダイのオリジンを描く物語であると説明されて関心を抱き、ジョージ・ルーカスと面会した[10]。製作初期段階でキャラクターはキラ(Kira)という名前の女性キャラクターであり、アーントは彼女を「孤独で、短気で、メカオタクで、攻撃的」と説明した[11]。アーントは彼女がルーク・スカイウォーカーとの早期の出会いの後に影を落とさないようにしつつ物語の主人公として若い女性を紹介するのに苦労したと述べた[10]

新三部作に向けて女性主人公を創造するにあたり、監督・脚本のJ・J・エイブラムスは脚本のローレンス・カスダンとの最初の会談から女性を物語の中心に置くというコンセプトに興奮していたと述べた。彼は「我々は常にレイを中心的なキャラクターとして書こうと思っていた」、そして物語の他の女性の表現もまた重要だと語った[6]。ケネディは「レイは次世代のルーク・スカイウォーカーだ」と述べた[12]。レイのスカベンジャーとしての背景は彼女を「究極の余所者かつ究極の除け者」として描写しようとする制作陣の試行の一部であり、彼らは同時にそのような性質の人物は他のタイプの人々と比べて長い旅を経験する可能性が高いという考えた[13]

レイ役にキャスティングされる以前のデイジー・リドリーはほぼ無名であった。リドリーは約7ヶ月にわたってこの役のために何度もオーディションを受け、3ヶ月にわたってキャスティングされたことを秘密にしなければならなかったと述べた[14]。2014年4月末、彼女はキャストの一部として発表された。この時点で彼女はテレビ番組の脇役の経験があるのみであった。彼女の経験不足と露出の少なさはエイブラムスがリドリーの起用を確信させた理由の重要な部分であった[15]。エイブラムスはデイジーを「とても楽しく、凄い煌きを持ち」、感情的な場面を演出できたと述べ、「最初のテイクでそれを釘付けにした」と宣言した。エイブラムスはリドリーを「彼女は一瞬のうちにそれを自分のものにする才能を持って生まれた。彼女は内面と外面の両方で同時に動いている」と賞賛した[16]。ケネディは「デイジーは私たちが探していたキャラクターにとって非常に重要な体つきと持ってを持っていた。彼女は何でも可能なその楽天主義を典型的に示している」と述べた [16]。リドリーがゲスト出演していた英国のテレビドラマ『法医学捜査班 silent witness英語版』の監督のディサン・ラザレビッチは彼女の演技範囲を賞賛した上で「彼女は弱さと強さを組み合わせて表現することで複雑さをもたらし、彼女の目にはかなり複雑な部分を演じられる指標となる知性があった」と述べた[15]。幼年期のレイ役でさらにケイリー・フレミングがキャスティングされた[1]

リドリーは自身が「疑いや不安でいっぱいだった」と告白したが、彼女はレイの期待はレイの中で自分と最も関連性が高いものであり、「それは私が想像していた中で非常に光っていると感じたにもかかわらず、オーディションを通して私を追いやるものだった」と述べた[17]。リドリーはエイブラムスから最初の数テイクが「ぎこちなかった」と伝えられ、自身の撮影経験の浅さを思い返した[18]。しかしながらリドリーとエイブラムスはレイを創造する過程で「信じられないほど協力的」であった。リドリーはキャラクターが「私たちが最初に始めた時からよりソフトに変化した。そしておそらく私の考えでは、アメリカ人に私は理解されない傾向にあると思われるので、そうならないように、台詞と全ての速度を落とし、本来の私よりソフトした」と語った[17]。レイのキャラクター像についてリドリーは「女の子のやり方何らかの影響を与えるだろう」と述べ、さらにキャラクターが「必ずしも映画で女性を具体化するためのものではない。彼女は女性だけど、性別を超越している。彼女は男性とも女性とも話す」と付け加えた[19]。雑誌『ELLE』のインタビューでリドリーはキャラクターについて「彼女はとても強い。彼女はクールでスマートで、自分自身を見守ることができる」、そして「若い女の子は彼女を考察し、望めばズボンを履けるのだと知ることができる。彼女らはその体を誇示する必要はないということだ」と説明した[16]

エイブラムスはレイのラストネームと生い立ちを『フォースの覚醒』で意図的に明かさなかったと述べた[20]。彼はカイロ・レンの正体のみが自身の映画で明かされる唯一のものであると考え、レイの正体についても「かなり」知っているが、何も言わないことで『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の監督のライアン・ジョンソンに礼儀を示すことができると述べた[10][21]。当初『エピソード9』を監督する予定であったコリン・トレヴォロウはレイの正体についての答えは「深く、ずっしり満足する」ものであり、レイは「『フォースの覚醒』の文脈だけでなく、この世界、銀河系全体で重要な存在だ。彼女はそれに値する」と述べた[22]。リドリーはレイの両親の正体を知っていると述べている[14]

作曲家のジョン・ウィリアムズはすぐにリドリーを気に入り、レイのテーマ曲を興味深い挑戦として作り上げたと述べた。彼は彼女のテーマ曲が愛のテーマを示唆しておらず、むしろフォースが注ぎ込まれた強い女性の冒険者のキャラクターなので、成熟した、思慮深いテーマであると述べた[23]

経歴[編集]

映画[編集]

『フォースの覚醒』(2015年)[編集]

惑星ジャクー英語版に独りで住むレイは廃船から取った部品を売って生計を立てつつ、幼少期に別れた家族との再会を待ち望んでいた。そんな中で彼女はアストロメク・ドロイドBB-8を助け、さらに脱走したストームトルーパーフィン英語版と遭遇する。ファースト・オーダー英語版の軍隊に襲われたレイたちはミレニアム・ファルコン号を奪ってジャクーから脱出する。ファルコン号は密輸業者のハン・ソロとその相棒のチューバッカにより貨物船に拿捕される。貨物船内でハンが危険なギャング団と対峙するとレイは誤ってハンの厄介な貨物を解き放ってしまう。レイはフィンを助け、一同はファルコン号で脱出する。ハンはジェダイの伝説は真実であると告げ、ブラスターを与え、多くのことを学ばなければならないという。レイの腕前に感銘を受けたハンはファルコン号の航海士として雇おうとするが、彼女はジャクーに帰らなければならないと言って断る。

BB-8をレジスタンスに届けるために惑星タコダナのマズ・カナタ英語版の城に集まった後、ファースト・オーダーは彼らの存在を知らされる。レイは戦いから逃れるために一同から離れると言うフィンに失望する。彼女はマズが保管し、かつてはルーク・スカイウォーカー、それ以前は彼の父が所有していたライトセーバーによって城の地下室に引き寄せられる。ライトセーバーに触れた彼女はカイロ・レンが指揮する虐殺、ジャクーに置き去りにされた幼い自分自身、行方不明となっている銀河最後のジェダイマスターのルークのビジョンを目にする。マズはレイに彼女をジャクーに置き去りにした者たちは二度と戻らないだろうと諭し、フォースを学ぶのが唯一の選択肢であると告げる。しかし圧倒されたレイはライトセーバーを拒絶し、森へと逃げる。

ファースト・オーダーがマズの城を襲うとカイロ・レンはレイを捕らえ、その後レジスタンスが到着する。レンは彼女をスターキーラー基地へと連行し、BB-8が示したルークの居所を記す地図の内容を尋問する。レンはフォースを使ってレイの心を読み、彼女がハンを父親のように思っていることを知る。レイは抵抗して逆にレンの感情を読み、彼がダース・ベイダーのように強くはなれないのではないかと恐れていることを露呈させる。ファースト・オーダーの最高指導者スノークはレンからレイの能力について報告を受けると彼女を連れてくるように命じる。看守のストームトルーパー1人と共に拘束されているレイはジェダイのマインド・トリックを使って自身を解放させる。脱出の方法を探すために基地の中を走るレイは助けに来たフィン、ハン、チューバッカと合流する。彼らはカイロ・レンが父であるハン・ソロを殺害するのを見て驚愕する。

彼らは森を通って基地を脱出しようとするがレンが立ちふさがり、レイとルークのライトセーバーを持ったフィンとの戦いになる。レンはフィンに重傷を負わせ、彼からルークのライトセーバーを取り上げようとするが、レイはフォースによってそれを奪い、彼女と負傷したレンの戦いとなる。当初苦戦するレイはレンから修行の誘いを受けるが拒絶し、ライトセーバーとフォースを使って彼を倒す。レイはミレニアム・ファルコン号でチューバッカと負傷したフィンと共に崩壊する惑星から脱出し、レジスタンス基地へと戻る。レジスタンスが勝利を祝う中、レイはレイアと共にハンの死を嘆き、まだ意識が戻らないフィンを見舞う。レイはBB-8と再起動したR2-D2から提供された情報を使ってルークの居場所を探し当てる。レイ、チューバッカ、R2はファルコン号で海洋惑星オク=トゥを訪れ、ルークを発見したレイはライトセーバーを渡そうとする。

関連作品及び商品[編集]

若年層の読者を対象としたグレッグ・ルッカ英語版著のアンソロジー本『STAR WARS フォースの覚醒前夜 〜ポー・レイ・フィン〜』(Star Wars: Before the Awakening, 2015年)では『フォースの覚醒』以前のポー、レイ、フィンらの動向が描写されている[24]。ジェイソン・フライ著の『レイのサバイバル日記』(Rey's Survival Guide, 2015年)はレイの一人称視点から彼女自身と故郷の惑星ジャクーが描写される[25]アラン・ディーン・フォスターによる『フォースの覚醒』の2015のノベライズ版英語版でもまたレイは視点となるキャラクターである[26]

テレビゲーム『ディズニー インフィニティ3.0』と『レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でもレイは登場し、どちらもリドリーが声優を務めている[27]。同様にストラテジーゲームスター・ウォーズ: フォース・アリーナ英語版』にも登場する[28]

当初、レイがフィーチャーされた玩具が存在しないことがファンから指摘されていた[29]ハズブロは『フォースの覚醒』を基にしたモノポリーを発売したが、レイはその中から排除されていた。批判を受けたハズブロはネタバレを防ぐためにレイを除いたのであり、今後発売予定の玩具にはレイは含まれると発表した[30]。ルーカスフィルムのライセンスを受けているポール・サザンは彼らから「レイのフォースの覚醒」とライトセーバーを持つ彼女を秘密にするように要望されたと述べた[31]。彼はまたレイの商品の需要は過小評価されていると述べた[32][33]。エイブラムスは「私は映画の主人公が明らかにスター・ウォーズ界の巨大な商品であるのにうまく対応していないのは不条理で間違っていると言いたい」と語った[8]。『スター・ウォーズ』商品におけるレイの相対的な欠如に関してCBBCのプレゼンターで声優のクリス・ジョンソン英語版は「今日まだまだいくらかの玩具会社は女の子が『スーパーヒーロー』の玩具で遊ぶとは考えておらず、また男の子は女性キャラクターに興味を持っていないと考えていることは私を落胆させる」と語った[34]

『最後のジェダイ』(2017年)[編集]

『フォースの覚醒』の続編である『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でもレイが登場し、引き続きリドリーが彼女を演じる[35]

テレビ[編集]

『フォース・オブ・デスティニー』(2017年)[編集]

レイはミクロシリーズ『スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー英語版』に登場し、リドリーが声優を務めた[36]

キャラクター像[編集]

レイとBB-8

『フォースの覚醒』でのレイは19歳の女性と設定されている[37]。レイは頑固で、頭がよく、勇敢で、楽観的で、友人との信義に厚い。『ヴォックス英語版』のマシュー・イグレシアス英語版はルークと彼女を比較し、「レイはルークほど未熟者ではない」と評した[38][39]

ジ・アトランティック英語版』のメイガン・ガーバーはレイが「非常に迅速で、ファイターとして非常に熟達していると証明している」と述べた[40]。レイは非常にフォースに敏感であり、アナキン・スカイウォーカーが最初に所有し、その後息子のルーク・スカイウォーカーに受け継がれたライトセーバーを彼女が手にした時にそれが明らかとなる[41]。訓練を受けていない時点でも彼女は高度なフォースの技能を使うことが出来、さらに負傷中で暗黒面の力を使って痛みを弱めて戦っていたカイロ・レンを倒した[42]

MSNBC』のアダム・ヒューズは「この映画での最も愉快なサプライズの1つは主役の女性キャラクターの強さである」と指摘し、レイが「新たなフェミニスト・アイコン」に繋がっていると付け加えた[43]。それに関連して『ヒットフィックス英語版』のエミリー・ローマはレイが「『スター・ウォーズ』の女性キャラクターの中で私たちが求めていた全て」であると主張し、そのキャラクター像が「独立し、熟練し、スクラッピーで、タフで、助けを必要としない」ものであることを賞賛した[44]。しかしながらローマは「レイがジェダイのマインド・トリックとライトセーバーでの戦い方を訓練なしで習得したスピードはファン・フィクション的なものだ。レイはオタクなフェミニストの願望だ」とも指摘した[44]。『ザ・ヴェルゲ英語版』のタシャ・ロビンソンはレイが「標準的な問題を抱えるDIDシチュエーションに陥り、それから可能な限り自分自信を救済する」と指摘した[45]

評価[編集]

キャラクターとリドリーの演技は概ね賞賛された。『ウォール・ストリート・ジャーナル』のジョー・モーゲンスターンはレイは「カンフー・スターのスタイリッシュな獰猛さを持つ女戦士」であると評し、「(リドリーは)イングランドで育つ若手女優として獲得していかなければならない技能を持って生まれたに違いない」と賞賛し、さらに「もしも彼らが間違った人物をキャスティングした際、映画やその続編がどうなったかを想像するのは難しいが、ここではデイジー・リドリーが控えめな栄光に満ちており、すべて銀河は事もなしだ」と続けた[46]リチャード・ローパーはリドリーによるレイの演技を「躍動的なパフォーマンス」と説明し、続けてキャラクターを「タフで才能があり、スマートで勇敢だ」と評した[47]。『エンターテインメント・ウィークリー』のニコール・スペリングは映画を鑑賞後に自身のエッセイに「彼らはレイがどれほど可愛らしいかについてコメントしない。レイは権力の中にある男の性的な対象だったので、彼らは怯むこどはなかった。彼らはただ強さを感じた。同等だ」と書いた[48]

ファンの一部からはレイが『フォースの覚醒』内で経験に乏しいにもかかわらずあまりにも熟達しているので、彼女が「メアリー・スー」タイプのキャラクターになってしまっていると指摘された[49]。『ザ・ヴェルゲ』のタシャ・ロビンソンは「それを直視すれば、レイ メアリー・スー・キャラクターの一種だ」と認めた。しかしながらロビンソンは「彼女は規格外の能力、非人間的な反応速度、あらゆる疑問に対する巧妙な返答を持つ幻想的な幸せなキャラクターである、だが他の主要な『スター・ウォーズ』のヒーローたちもそうである」と続けた[45]。一方でまたこの用語は固有のジェンダー的偏見があると指摘されており[50]、レイを「メアリー・スー」に分類して、旧三部作の男性キャラクターが同様の批判に晒されないのはダブルスタンダードであると指摘された[51]。『ヴォックス』のキャロライン・フランクは「レイ批判への私の無条件反射はそれが完全に間違いであったが、私は彼女の長所を疑うことが本来の女嫌いではないと認めなければならない。本当の問題は舞台の中に否定できない偽の平等が存在することだ」と書いた[50]

レイのユニークな髪型は『フォースの覚醒』公開前後から注目を集めており[52]、オリジナル三部作のレイアのそれと比較され、人気になるかどうか論争を巻き起こした[53]

リドリーはレイを演じたことにより第42回サターン賞英語版主演女優賞にノミネートされた[54]

レイには架空のキャラクターを対象とするReel Women in Technology Awardの1人目の受賞者となった[55]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b Favre 2016.
  2. ^ Breznican, Anthony (2017年4月13日). “Star Wars highlights female heroes in Forces of Destiny – first look”. Entertainment Weekly. http://ew.com/movies/2017/04/13/star-wars-female-heroes-forces-of-destiny-stories/ 2017年4月13日閲覧。 
  3. ^ Mroz, Guillaume [@guillaume_mroz] (5 October 2017). "It is. Well spotted :)" (ツイート). 13 October 2017閲覧Twitterより. 
  4. ^ Sadler 2016.
  5. ^ Sadler, Helen [@helensadler] (August 24, 2017). "Beyond excited to announce I'm voicing REY (and Captain Phasma) in the New @starwars BATTLEFRONT 2!! 🙇‍♀️#Battlefront2 #EAstarwars #Rey" (ツイート). September 3, 2017閲覧Twitterより. 
  6. ^ a b Pulver 2015.
  7. ^ Garis 2015.
  8. ^ a b Goldman 2016.
  9. ^ Kamp 2017.
  10. ^ a b c "Waking the Giant" 2015.
  11. ^ Szostak 2015.
  12. ^ Turner 2015.
  13. ^ McKnight 2016.
  14. ^ a b Siegel 2015.
  15. ^ a b Saner 2015.
  16. ^ a b c Plattner 2015.
  17. ^ a b Prudom 2015b.
  18. ^ Bartleet 2015.
  19. ^ Yamato 2015a.
  20. ^ Prudom 2015a.
  21. ^ Galuppo 2016.
  22. ^ Boone 2016.
  23. ^ Greiving 2016.
  24. ^ "A Galaxy of" 2015.
  25. ^ Fry 2015.
  26. ^ Foster 2015.
  27. ^ Liebl 2015.
  28. ^ Kylo Ren and Rey Finally Join Mobile Game Star Wars: Force Arena”. Screen Rant (2017年11月9日). 2017年11月22日閲覧。
  29. ^ Yamato 2015b.
  30. ^ Gettell 2016.
  31. ^ Fritz 2016.
  32. ^ Breznican 2016.
  33. ^ Patnaik 2016.
  34. ^ Lambie 2016.
  35. ^ "Star Wars: Episode VIII Now Filming" 2016.
  36. ^ Breznican, Anthony (2017年4月13日). “Star Wars highlights female heroes in Forces of Destiny — first look”. Entertainment Weekly. http://ew.com/movies/2017/04/13/star-wars-female-heroes-forces-of-destiny-stories/ 2017年4月13日閲覧。 
  37. ^ "Rey, Kylo Ren, and More" 2016.
  38. ^ Yglesias 2015.
  39. ^ Watkins 2016.
  40. ^ Garber 2015.
  41. ^ Lawler 2015.
  42. ^ Cusamano 2015.
  43. ^ Howard 2015.
  44. ^ a b Rome 2015.
  45. ^ a b Robinson 2015.
  46. ^ Morgenstern 2015.
  47. ^ Roeper 2015.
  48. ^ Sperling 2015.
  49. ^ Anders 2015.
  50. ^ a b Framke 2015.
  51. ^ Lang 2015.
  52. ^ Kim 2015.
  53. ^ Bryant 2015.
  54. ^ Nakamura 2016.
  55. ^ "Star Wars and CodeGirl" 2016.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]