アクシャイ・クマール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクシャイ・クマール
Akshay Kumar
Akshay Kumar
アクシャイ・クマール(2013年)
本名 Rajiv Hari Om Bhatia
生年月日 (1967-09-09) 1967年9月9日(53歳)
出生地 インドの旗 インド パンジャーブ州アムリトサル
国籍 カナダの旗 カナダ[1][2]
職業 俳優映画プロデューサー
活動期間 1991年-
配偶者 トゥインクル・カンナー英語版(2001年-)
テンプレートを表示

アクシャイ・クマール(Akshay Kumar、1967年9月9日 - )[3]は、インドボリウッドで活動する俳優映画プロデューサーマーシャルアーツ指導者。1990年代に最も成功を収めたボリウッド俳優の一人であり、100本以上の映画に出演し、そのうち52本の映画が興行的な成功を収めている[4][5][6]。この実績により、彼はボリウッドで最も人気のある俳優の地位を確立している[7][8]。また、スタント俳優としても活動しており、出演作の多くで危険なスタントを行うことから「インドのジャッキー・チェン」と呼ばれている[9][10]

2009年にハリ・オーム・エンターテインメント英語版、2012年にグレイジング・ゴート・ピクチャーズ英語版という2つの映画製作会社を設立している[11]。2019年に世界で4番目に出演料が高額な俳優に選ばれており[12]、インドで最も出演料が高額な俳優にも選ばれた[13]

生い立ち[編集]

アクシャイ・クマールとナレンドラ・モディ

パンジャーブ州アムリトサルパンジャーブ人ハリ・オーム・バティアとアルナ・バティアの息子として生まれる[14][15]。父はインド陸軍の将校だった[16]。アクシャイは幼少期からスポーツに興味があり、父もレスリングを好んだ。彼は幼少期をチャンドニー・チョーク英語版で過ごし、父がUNICEFの会計士として活動するため退役したのに合わせてムンバイに移住した[17]。直後に妹が生まれ、一家はムンバイ中心部のパンジャーブ人居住地域グル・テーガ・バハードゥル・ナガル英語版に移った[14]。アクシャイはドン・ボスコ高等学校英語版に入学し、同時期に空手を学んだ。その後、グル・ナナック・カースラ芸術・科学・商業大学英語版に進学したものの、勉学に興味が持てずに退学している。アクシャイは父にマーシャルアーツを学びたいと伝え、父はアクシャイをタイ王国に留学させるために資金を工面した。その後、彼はバンコクに5年間留学してムエタイを学んだ[14][18]。妹にはアルカ・バティアがいる[19]。アクシャイは10代のころ、父から将来の夢について聞かれ、その時点で俳優になることを伝えていた[20]

インドにいる間にテコンドー黒帯を取得しており[21]、バンコクでムエタイを学んだ後はシェフ・ウェイターとして働いた[22]。タイ王国で働いた後、アクシャイはコルカタの旅行代理店、ダッカのホテル、デリーなどでジュエリーを販売した。ムンバイに帰郷後はマーシャルアーツの指導を始めた[17]

この間、門下生の父親であるモデル・コーディネーターがモデリングの候補としてアクシャイを推薦し、彼は家具のショールームのモデルに抜擢された。彼は撮影に参加した2日間で、マーシャルアーツ指導者としての月給を上回る収入を得たことで、モデルの仕事を選んだ。彼は最初の撮影のためにジャーヤシュ・シス英語版の助手として18か月間働き[23][24]、同時に映画のバックグラウンドダンサーとしても働いた[25]。ある日、アクシャイはバンガロールでの広告撮影に向かう飛行機に乗り損ね、失望した彼はそのままポートフォリオを携えて映画スタジオに向かった。その夜にプラモード・チャクラボルティー英語版の『Deedar』の主役に起用された[26][27][28]

キャリア[編集]

1991年 - 1999年[編集]

アーミル・カーンとアクシャイ・クマール

1991年に『Saugandh』で主役に起用され、ラキー・グルザール英語版シャンティプリヤー英語版と共演した。同年8月には『Dancer』に出演し、同作は批評家から酷評された[29]。1992年にアッバス=ムスタン英語版の『Khiladi』に出演し、同作で演じたラージ・マルホートラは彼にとってのブレイクスルー・ロール英語版となった[30][31][32]。同年4月には『007シリーズ』に基づいたラージ・N・シッピー英語版の『Mr. Bond』で主役を務め[33]、8月には『Deedar』に出演するが興行成績は振るわなかった[34]。1993年には『Vishnu Vijaya』でヴィシュヌヴァルダンアシュウィニー・バーヴェ英語版アーシュトーシュ・ラーナー英語版と共演したが、この年に出演した作品(『Dil Ki Baazi』『Kayda Kanoon』『Waqt Hamara Hai』『Sainik』)は全ても興行的には振るわなかった[35]。1994年は『Main Khiladi Tu Anari』(『ハード・ウェイ』のリメイク)、『Mohra』で警察官を演じ、『Mohra』は同年最も興行的に成功した映画の一つとなった[36]。同年5月に『Yeh Dillagi』でカジョールと共演し、フィルムフェア賞 最優秀主演男優賞英語版スター・スクリーン・アワード 最優秀主演男優賞英語版にノミネートされた[37][35]。この他にも『Suhaag』『Elaan』でも成功を収め、アクシャイはこの年最も成功を収めた俳優の一人となった[38]。1994年に出演した長編映画作品の本数は11本だった[39]

1995年にウメシュ・メーラ英語版の『Sabse Bada Khiladi』で1人2役を演じ、興行的な成功を収めた[40]。1996年には『Khiladiシリーズ』の第4作『Khiladiyon Ka Khiladi』でレーカ英語版ラヴィーナ・タンドン英語版と共演し、興行的な成功を収めた[41]。しかし、アクシャイは同作の撮影中に負傷し、アメリカ合衆国で治療を受けている[42]。1997年にヤシュ・ラージ・チョープラー英語版の『Dil To Pagal Hai』でシャー・ルク・カーンマドゥリ・ディークシットカリシュマ・カプール英語版と共演し、フィルムフェア賞 最優秀助演男優賞英語版にノミネートされた[43]。同年10月にデヴィッド・ダワン英語版の『Mr. and Mrs. Khiladi』でジューヒー・チャーウラーと共演したが、同作は過去の『Khiladiシリーズ』と比べて興行的に大きく失敗した[44]。次の出演作も興行的に失敗し、アクシャイのキャリアは大きく後退した[45]。1999年には『International Khiladi』でトゥインクル・カンナー英語版と共演したが、興行成績は平均的な結果に終わっている[32]。続いて出演した『Sangharsh』『Jaanwar』では、演技を批評家から絶賛された。『Sangharsh』の興行成績は振るわなかったが『Jaanwar』は興行的に成功を収め、アクシャイのキャリア復活の契機となった[46][47][48]

2000年 - 2006年[編集]

『Aitraaz』撮影現場でのプリヤンカー・チョープラー、アクシャイ・クマール、カリーナ・カプール
『Welcome』撮影現場でのアクシャイ・クマール、カトリーナ・カイフ
ミス・インド英語版のイベントに出席するアクシャイ・クマール

2000年にプリヤダルシャン英語版の『Hera Pheri』でパレーシュ・ラーワルスニール・シェッティ英語版と共演した。同作はマラヤーラム語映画Ramji Rao Speaking』のリメイクであり[49]、興行的に大きな成功を収めたことでアクシャイのキャリアのターニングポイントになった[50][51]。同年8月にはダルメシュ・ダルシャン英語版の『Dhadkan』した。同作の興行成績は平均的な結果だったが[50]、アクシャイの演技は高く評価された。Rediff.comはアクシャイを「ディレクターズ・アクター」と評し、「彼が自分の役に必死に取り組んだことは明らかである」と批評している[52]。同年12月に出演したニーラジ・ヴォラ英語版の『Khiladi 420』では滑走する飛行機に飛び乗り、1000フィート上空を飛行する飛行機の翼に立ち熱気球に飛び乗るスタントを行った[53]。2役を演じたアクシャイの演技について、タラン・アダルシュは「彼は暗い影のある役を見事に演じたが、後半は軟派なものになりました。それにも関わらず、『Khiladi 420』は彼にとって最高のパフォーマンスの一つです」と批評している[54]。2001年にスニール・ダルシャン英語版の『Ek Rishtaa: The Bond of Love』に出演し、演技を高く評価された[55]。同年9月に出演したアッバス=ムスタンの『Ajnabee』では悪役を演じ[56][57]、サリタ・タンワルは「彼はバッドガイを見事に演じた」と批評している[58]。アクシャイは同作の演技でフィルムフェア賞 最優秀悪役賞英語版国際インド映画アカデミー賞 最優秀悪役賞英語版を受賞した[15][59][60]

2002年にダルメシュ・ダルシャンの『Haan Maine Bhi Pyaar Kiya』に出演し、同年4月には『ブラインド・ミッション』でアミターブ・バッチャンアルジュン・ラームパールアディティヤ・パンチョリ英語版スシュミタ・セン英語版、パレーシュ・ラーワルと共演し、アクシャイは演技を高く評価された[61][62][63]。同年6月にヴィクラム・バット英語版の『Awara Paagal Deewana』に出演し、Rediff.comは『Hera Pheri, Ek Rishtaa – The Bond of Love』『ブラインド・ミッション』の演技で見られた誠実さと迫力が「欠けているように見える」と批評している[64]。同年8月にラージクマール・コーリ英語版の『Jaani Dushman: Ek Anokhi Kahani』でマニーシャ・コイララ、スニール・シェッティ、サニー・デーオール英語版アーフターブ・シヴダーサーニー英語版アルシャード・ワールシー英語版、アディティヤ・パンチョリ、アルマーン・コーリと共演した。同作はラージクマール・コーリが1976年に製作した『Nagin』のリメイクであり、批評家からは酷評された[65][66]。タラン・アダルシュは「ムニシュ(アルマーン)・コーリとアクシャイ・クマールのみがインパクトを残した」と批評している[67]。2003年にスニール・ダルシャンの『Talaash: The Hunt Begins...』でカリーナ・カプール英語版と共演した。タラン・アダルシュは「アクシャイ・クマールは平凡な凡人です。その役は、彼に他の異なる事柄を試す余地を与えなかった」と批評している[68]。同年5月にラージ・カンワル英語版の『Andaaz』でプリヤンカー・チョープラーララ・ダッタと共演した。同作は賛否両論となったが[69][70]、興行的に大きな成功を収めた[71][72]

2004年にラージクマール・サントーシ英語版の『Khakee』でアミターブ・バッチャン、アジャイ・デーヴガン英語版アイシュワリヤー・ラーイと共演した。アクシャイの演技は高く評価され[73][74][75]、フィルムフェア賞 最優秀助演男優賞にノミネートされた[76]。同年5月に『Police Force: An Inside Story』でラヴィーナ・タンドン、アムリーシュ・プリーラージ・バッバル英語版と共演したが、主演女優のラヴィーナ・タンドンとアクシャイが意見対立したため製作が遅れた[77]。同作は批評家から酷評された[78]。同年6月にマドゥール・バンダルカル英語版の『Aan: Men at Work』で警察官を演じ[79]、7月にはデヴィッド・ダワンの『Mujhse Shaadi Karogi』でサルマン・カーン、プリヤンカー・チョープラーと共演し、同作は肯定的な評価を得た[80]。タラン・アダルシュは「アクシャイ・クマールは天啓である……彼は以前の作品を凌ぐ仕事をした。彼のタイミングは素晴らしく、彼の悪を運び去るパーソナリティは今後数日の間に人々に語られるだろう」と批評しており[81]、アクシャイはフィルムフェア賞 最優秀助演男優賞、フィルムフェア賞 最優秀コメディアン賞英語版にノミネートされた[82]。この他に『Aitraaz』『Meri Biwi Ka Jawaab Nahin』に出演している。『Aitraaz』ではプリヤンカー・チョープラー演じる女性上司に無実のセクハラの罪で訴えられる男性を演じた。同作はコービー・ブライアントのレイプ・スキャンダルに着想を得て製作されており[83][84]、アクシャイは出演した映画の中で最も大胆な作品だったと語っている[85]。『Meri Biwi Ka Jawaab Nahin』ではシュリデヴィと共演しており、1994年に撮影が始まり2004年に公開された。

2005年にダルメシュ・ダルシャンの『Bewafaa』でカリーナ・カプールと共演した。同作は賛否両論となったが、アクシャイの演技は高く評価された。アヌパマ・チョープラーは「カリーナ・カプールとアクシャイ・クマールが突出していた」、タラン・アダルシュは「アクシャイ・クマールはグローブのように彼にフィットした役を上手く演じている」と批評している[86][87]。同年中旬に『Waqt: The Race Against Time』『Garam Masala』に出演した。『Waqt: The Race Against Time』ではアクシャイの演技は賛否両論となったが、興行的には成功を収めた[88]。『Garam Masala』でも興行的な成功を収め[89][90]、フィルムフェア賞 最優秀コメディアン賞を受賞している[15]。同月下旬には『Deewane Huye Paagal』『Dosti: Friends Forever』に出演し、両作とも好意的な評価を得ている[91][92]

2006年初旬は『Family』『Mere Jeevan Saathi』『Humko Deewana Kar Gaye』に出演し、同月6月には『Phir Hera Pheri』に出演し、興行的な成功を収めた[93]。同年10月に『Jaan-E-Mann』でサルマン・カーン、プリーティ・ジンタと共演した。同作は批評家から高く評価されたものの、興行的には振るわなかった[93]。同年12月には『Bhagam Bhag』に出演し、Rediff.comはアクシャイを「リアルなヒーロー」と批評しており[94][95]、興行的にも成功を収めた[93]

2007年 - 2011年[編集]

『オーマイゴッド 〜神への訴状〜』撮影現場でのパレーシュ・ラーワル、アクシャイ・クマール
『Rowdy Rathore』プロモーション中のソーナークシー・シンハー、アクシャイ・クマール、プラブ・デーヴァ
Nach Baliye 5』プロモーション中のカージャル・アグルワール、アクシャイ・クマール

2007年はアクシャイのキャリアの中で最も成功した年であり、興行収入アナリストは「4本の記録的ヒット作と失敗作ゼロを記録し、恐らく俳優のキャリアの中で最高の年である」と指摘している[96][97][98][99][100]。この年最初に出演したヴィプル・アムルトラール・シャー英語版の『Namastey London』は興行的な成功を収め、アクシャイはフィルムフェア賞 最優秀主演男優賞にノミネートされた。タラン・アダルシュは「映画の凄まじい描写により、数百万人の心を掴むことは間違いないでしょう」と批評している[101]。また、カトリーナ・カイフとの掛け合いも高く評価されており、ザ・タイムズ・オブ・インディアのニカト・カーズミーは2人の掛け合いを「爽快」と表現している[102]。続いて出演した『Heyy Babyy』『Bhool Bhulaiyaa』も興行的な成功を収めた[103][104]。アクシャイは両作でヴィディヤー・バラン英語版と共演している。同年12月に出演したアニーズ・バズミー英語版の『Welcome』はブロックバスターを記録し、アクシャイ主演作の5本続けてのヒット作となった[105]。また、この年に公開されたアクシャイ主演作は全て海外市場でも興行的に成功している[106]。同年11月にはファラー・カーン英語版の『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』にゲスト出演した[107]

2008年にヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤの『Tashan』で11年振りにヤシュ・ラージ・フィルムズ製作作品に出演した。同作はボリウッド・ハンガマの世論調査では「今年最も期待される映画」に選ばれ[108]、国内興行収入は2億7900万ルピーを記録した[109]。同年8月にアニーズ・バズミーの『Singh is Kinng』でカトリーナ・カイフと共演した。同作は興行的に大きな成功を収め、公開初週の興行成績は『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』が維持していた記録を更新した[110]。同年12月にはアニメーション映画Jumbo』で声優を務めた。同年7月からはテレビ番組『Fear Factor: Khatron Ke Khiladi』で司会に選ばれ、2009年の第2シーズンまで務めた[111][112]

2009年にニキル・アドヴァーニー英語版の『チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ』でディーピカー・パードゥコーンと共演したが、同作は批評家から酷評され、興行的にも失敗している[113][114][115]。同年4月にナゲシュ・ククノール英語版の『8 x 10 Tasveer』に出演した。同作は興行的には失敗したが、アクシャイの演技は高く評価されスターダスト・アワード 最優秀主演男優賞英語版を受賞した。同年7月にはサビール・カーン英語版の『スタローン in ハリウッド・トラブル』に出演した。同作はロサンゼルスユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで撮影された最初のインド映画となった[116]。批評家からは酷評されたものの、興行収入は8億5000万ルピーを記録している。同年10月に出演した『Blue』も批評家からは酷評されたが、興行収入は4億2000万ルピーを記録している[117][118][119]。同年11月にプリヤダルシャンの『De Dana Dan』に出演し、同作は賛否両論となった[120][121][122]

2010年にサジード・カーン英語版の『ハウスフル英語版』に出演し、同作は当時の歴代オープニング週末興行成績第2位を記録した[123]。同年7月にプリヤダルシャンの『Khatta Meetha』に出演したが、批評家からは酷評され、興行収入も平均的な結果に終わっている[124]ラジーヴ・マサンドは同作を「統合失調症映画」と表現している[125]。同年11月に出演した『Action Replayy』は興行的に失敗し、批評家からも酷評されている[126][127][128]。同年12月に出演した『Tees Maar Khan』も興行的に失敗し、批評家からも酷評された[129][130][131]

2011年初旬は『Patiala House』『Thank You』に出演し、11月にはローヒト・ダワンの『Desi Boyz』でジョン・エイブラハムチトランガダー・シン英語版、ディーピカー・パードゥコーンと共演した。また、同月公開の『Breakaway』ではプロデューサーを務め[132]、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のヒンディー語吹替版ではオプティマス・プライムを演じた[133]

2012年 - 2015年[編集]

『Rowdy Rathore』プロモーション中のアクシャイ・クマール、ソーナークシー・シンハー

2012年に『ハウスフル』の続編『ハウスフル2英語版』に出演した。同作は賛否両論となったが、興行的に大きな成功を収めた[134]。また海外市場でも成功を収め、ニュージーランドではボリウッド映画史上最高額の興行成績を記録した[135]。同年6月にプラブ・デーヴァ英語版の『Rowdy Rathore』でソーナークシー・シンハーと共演した[136]。同作は13億ルピー以上の興行収入を記録するブロックバスター映画となり、両作とも興行収入10億ルピー以上を記録した[137]。『ハウスフル2』ではアクシャイの演技が高く評価された[138]。同年8月に『Joker』に出演した。同作はアクシャイの100本目の出演作と宣伝されたが[139][140][141][142]、彼自身は100本目は別の映画だったと語っている[143]。同年9月には『オーマイゴッド 〜神への訴状〜英語版』でパレーシュ・ラーワルと共にプロデューサー・主演を務めた[136]。同作は口コミで人気を集め、スーパーヒットを記録した[144]。同年12月に出演した『Khiladi 786』は批評家から酷評されたが、国内興行収入7億ルピーを記録するセミヒットとなった[145]

2013年に『スペシャル26英語版』に出演し、同作は好意的な評価を集め興行的にも成功している。同作は批評的・興行的に成功を収めたが、トレード・アナリストは映画の良質なコンテンツとアクシャイの知名度を考慮すれば、より良い成績を残せただろうと分析している。同年8月公開の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ムンバイ2英語版』では、監督のミラン・ルトリア英語版から名指しでショーアイブ・カーン(ダウード・イブラヒム英語版を基にしたキャラクター)役に起用された。しかし、同作の興行成績は平均以下となり、Box Office Indiaでは「失敗」と判定されている[146]。批評家からは賛否両論となったが、アクシャイの演技は大多数の批評家から絶賛され、ジー・シネ・アワード 最優秀悪役賞英語版にノミネートされた[147]。同年8月に『Boss』でシヴ・パンディット英語版アディティ・ラーオ・ハイダリー英語版と共演した。同作は比較的好意的な評価を得ており[148][149][150]、国内興行収入は5億4,000万ルピーを記録した[151]。2014年にAR・ムルガダースの『Holiday: A Soldier Is Never Off Duty』に出演し、同作は10億ルピー以上の興行収入を記録した[152]。また、批評家からも高く評価されている。同年11月に『The Shaukeens』で本人役で出演した[153]。2015年初旬に『Baby』『ガッバル再び』に出演した[154][155]。同年8月に『ブラザーズ英語版』、10月に『Singh Is Bliing』に出演している[156][157]

2016年以降[編集]

『ロボット2.0』予告編公開イベントに出席するラジニカーント、アクシャイ・クマール、シャンカール
『ロボット2.0』撮影時のアクシャイ・クマール

2016年1月に出演した『エアリフト 〜緊急空輸〜英語版』は興行的な成功を収め[158]、同月6月には『ハウスフル3英語版』に出演した[159]。同年8月に『ルストムの裁判英語版』に出演して複数の映画賞にノミネートされ、20億ルピーを超える興行成績を記録した[160]。同作ではナショナル・フィルム・アワード 最優秀主演男優賞英語版を受賞している[161]。2017年8月にはインドの屋外排泄問題を題材にした『Toilet: Ek Prem Katha』でブーミー・ペードネーカルと共演した。アクシャイはマディヤ・プラデーシュ州でトイレを設置するプロモーションを行った[162]。2018年2月に『パッドマン 5億人の女性を救った男』でソーナム・カプールラーディカー・アープテーと共演した[163]。同年11月に『ロボット2.0』でタミル語映画デビューし、ラジニカーントと共演した[164][165][166][167]

2019年3月にはサラガリの戦い英語版の題材にした『KESARI/ケサリ 21人の勇者たち』でパリニーティ・チョープラー英語版と共演し、20億ルピー以上の興行成績を記録した[168][169]。同年8月にはマーズ・オービター・ミッションに関わったインド宇宙研究機関の科学者たちを題材にした『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画英語版』でヴィディヤー・バラン、タープシー・パンヌ英語版ニティヤ・メーノーン英語版シャルマン・ジョーシー英語版、ソーナークシー・シンハーと共演した[170]。同年10月に『ハウスフル4英語版』に出演し[171]、同年12月には『Good Newwz』でカリーナ・カプールと共演した[172]

人物[編集]

アクシャイ・クマール、トゥインクル・カンナー夫妻

2001年1月17日、アクシャイは2度の婚約を経てトゥインクル・カンナー(ラジェシュ・カンナー英語版ディンプル・カパディア英語版の娘)と結婚した。彼女との間に1男1女をもうけている[173][174]。アクシャイは「普通の子供として育って欲しい」という考えから、子供たちをメディアの取材から遠ざけている[175]

アクシャイは体型維持のためにキックボクシング、バスケットボール、水泳、パルクールを併用して行っている[176]。また空手の指導のために武道学校の開設を目指しており、マハーラーシュトラ州政府からバヤンダールの土地を学校開設のために割り当てられた。2004年にはナショナルジオグラフィックでテレビ番組「Seven Deadly Arts with Akshay Kumar」を開設した[177]。2005年には剛柔流の黒帯を取得している。

カナダと密接な交流をしており、ウィンザー大学英語版から名誉博士号を授与され、同国の市民権も取得している[178]。ただし、インドでは二重国籍が禁止されているため在印カナダ人という扱いになっており[179]、カナダのオリンピック聖火ランナーの一人に選ばれている[180]。2019年12月にカナダ市民権を放棄する意思を表明した[2]。彼はこれについて「私はインドのパスポートを申請しました。私はインド人であり、毎回そのことを証明するように言われるのは辛いのです。私の妻と子供はインド人です。私はインドで納税し、私の人生はインドにあるのです」と語っている[2][1]

敬虔なシヴァ派ヒンドゥー教徒であり、ヴィシュノ・デヴィ・マンディア寺院英語版などのインド各地の寺院を定期的に訪れている[181][182][183][184]。また、絶対禁酒主義者英語版でもあるが、かつては特定の酒類ブランドを愛好していた。受け取っている出演料の大半はダーナに費やしており[184]、サルマン・カーンが設立した慈善団体に500万ルピーを寄付している[185]。2013年時点で、アクシャイはボリウッドで6年連続高額納税者に選ばれていた[186]

フィルモグラフィー[編集]

『ルストムの裁判』でナショナル・フィルム・アワード 最優秀主演男優賞を受賞するアクシャイ・クマール(右端)
『パッドマン 5億人の女性を救った男』でナショナル・フィルム・アワード その他の社会問題に関する最優秀映画賞英語版を受賞するアクシャイ・クマール(右端)

受賞歴[編集]

これまでにフィルムフェア賞を2回受賞、13回ノミネートされており、ナショナル・フィルム・アワードを1回受賞している[187][161]。2009年にインド政府からパドマ・シュリー勲章を授与され[188]、2011年にはアジアン・アワード英語版の特別功労賞を受賞している[189][190]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Akshay Kumar On Canadian Citizenship: Got It When I felt My Career Was Over; Have Applied For Indian Passport”. Outlook India (2019年12月7日). 2019年12月7日閲覧。
  2. ^ a b c Akshay Kumar: I've applied for an Indian passport but I'm hurt that I have to prove my nationality”. India Today (2019年12月7日). 2019年12月7日閲覧。
  3. ^ Britannica Book of the Year 2010. Encyclopædia Britannica, Inc.. (2010). ISBN 978-1-61535-366-8. OCLC 799040256. https://books.google.com/books?id=QeKbAAAAQBAJ&pg=PA95 
  4. ^ “Success Count Actor All Time”. boxofficeindia.com. (2016年7月15日). http://boxofficeindia.com/success-count-actor.php 2016年7月15日閲覧。 
  5. ^ “Hit Count Actor All Time”. (2016年7月15日). http://boxofficeindia.com/hit-count-actor.php 2016年7月15日閲覧。 
  6. ^ “Rustom Is Akshay Kumar Silver Jubilee HIT”. (2016年9月29日). http://boxofficeindia.com/report-details.php?articleid=2353 2016年9月29日閲覧。 
  7. ^ “Akshay Kumar might well be the new king of Bollywood. Here is why”. The Indian Express. (2016年8月31日). http://indianexpress.com/article/entertainment/opinion-entertainment/akshay-kumar-might-well-be-the-new-king-of-bollywood-here-is-why-3005752/ 2016年8月31日閲覧。 
  8. ^ “10 years, 37 films: Akshay Kumar's ridiculously high success rate in graphs”. Hindustan Times. (2017年8月12日). https://www.hindustantimes.com/bollywood/every-6-out-of-10-akshay-kumar-films-are-hits-his-ridiculously-high-success-rate-in-graphs/story-4N0PaZpzZHwmm6fEjdKpyM.html 2017年8月12日閲覧。 
  9. ^ “Akshay Kumar meets Jackie Chan in Hong Kong”. Bollywood Hungama. (2004年5月20日). オリジナルの2008年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081210042549/http://www.bollywoodhungama.com/news/2004/05/20/1112/index.html 2011年4月11日閲覧。 
  10. ^ Mahipal, Nikita (2012年7月19日). “Will Akshay Kumar's 100th Film Make 100 Crores?”. Koimoi. 2014年7月31日閲覧。
  11. ^ “Main bhi producer!”. The Times of India (The Times Group). (2009年10月9日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-10-09/news-interviews/28090093_1_akshay-kumar-producer-taare-zameen-par 2010年11月18日閲覧。 
  12. ^ https://www.forbes.com/celebrities/#44c2f5595947
  13. ^ Akshay Kumar only Bollywood star in Forbes highest paid celebrities list” (2019年7月11日). 2019年12月27日閲覧。
  14. ^ a b c Mohammad, Khalid (2007年3月22日). “Akshay Kumar is a Punjabi by nature”. Hindustan Times (Mumbai). オリジナルの2013年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131225000554/http://www.hindustantimes.com/News-Feed/Entertainment/Akshay-Kumar-is-a-Punjabi-by-nature/Article1-211213.aspx 2014年6月17日閲覧。 
  15. ^ a b c Verma, Sukanya (2007年9月5日). “40 things you didn't know about Akki”. Rediff.com. 2008年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  16. ^ Ritika Handoo (2015年9月8日). “Lesser known facts about Akshay Kumar”. Zee News. http://zeenews.india.com/entertainment/celebrity/lesser-known-facts-about-akshay-kumar_1668704.html 2016年5月5日閲覧。 
  17. ^ a b S, Irfan (2014年6月3日). “Guftagoo with Akshay Kumar”. Rajya Sabha TV 
  18. ^ Gupta, Priya (2013年8月13日). “I've got more than what I had ever dreamt of: Akshay Kumar”. The Times of India (The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ive-got-more-than-what-I-had-ever-dreamt-of-Akshay-Kumar/articleshow/21776783.cms 2015年8月19日閲覧。 
  19. ^ “Akshay, Twinkle at pre-Karva Chauth bash”. NDTV. オリジナルの2013年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130524134015/http://www.ndtv.com/photos/entertainment/akshay-twinkle-at-pre-karva-chauth-bash-8460 2013年3月9日閲覧。 
  20. ^ “Unplugged: Akshay Kumar”. The Times of India (The Times Group). (2009年9月21日). http://timesofindia.indiatimes.com/life-style/people/Unplugged-Akshay-Kumar/articleshow/4328069.cms 2014年10月9日閲覧。 
  21. ^ AS, Sashidhar (2012年9月8日). “Akshay obtained a black belt in Taekwondo”. The Times of India. 2015年11月29日閲覧。
  22. ^ Lesser known facts about Akshay Kumar” (ラテン語). Zee News (2015年9月8日). 2015年11月29日閲覧。
  23. ^ “Akshay before he became a star”. Rediff.com. http://www.rediff.com/movies/2009/jan/07slide1-jayesh-on-akshay-kumar.htm 2016年5月5日閲覧。 
  24. ^ Upala KBR (2010年10月12日). “There and back again for Akshay”. mid-day. http://www.mid-day.com/articles/there-and-back-again-for-akshay/98013 2016年5月5日閲覧。 
  25. ^ “So what if I play Akshay Kumar's dad?: Jackie Shroff”. Daily News and Analysis (Mumbai: Diligent Media Corporation). (2014年10月8日). http://www.dnaindia.com/entertainment/report-so-what-if-i-play-akshay-kumar-s-dad-jackie-shroff-2024216 2014年11月6日閲覧。 
  26. ^ Star of the Week – Akshay Kumar”. Rediff.com. 2014年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月29日閲覧。
  27. ^ Singh, Prashant (2014年1月10日). “Karisma Kapoor is Akshay Kumar's lucky charm?”. Hindustan Times (Mumbai). オリジナルの2014年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140405101732/http://www.hindustantimes.com/entertainment/bollywood/karisma-kapoor-is-akshay-kumar-s-lucky-charm/article1-1171327.aspx 2014年7月29日閲覧。 
  28. ^ Singh, Prashant (2012年7月8日). “Akshay Kumar offers to act in student's film”. Hindustan Times (Mumbai). オリジナルの2012年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120812102655/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Akshay-Kumar-offers-to-act-in-student-s-film/Article1-885198.aspx 2014年7月29日閲覧。 
  29. ^ Verma, Sukanya (2011年11月28日). “The Ten Worst Films of Akshay Kumar (Dancer)”. Mumbai: Rediff.com. http://www.rediff.com/movies/slide-show/slide-show-1-worst-of-akshay-kumar/20111128.htm#1 2014年11月8日閲覧。 
  30. ^ “Movie review: Khiladi 786 is a leave-your-brains-at-home kinda comedy”. Firstpost (Network 18). (2012年12月8日). http://www.firstpost.com/bollywood/movie-review-khiladi-786-is-a-leave-your-brains-at-home-kinda-comedy-550305.html 2014年7月31日閲覧。 
  31. ^ “Akshay Kumar- The Khiladi superstar”. Zee News. http://zeenews.india.com/entertainment/slideshow/akshay-kumar-the-khiladi-star_203.html 2014年8月2日閲覧。 
  32. ^ a b Khel Khiladi Ka – Akshay Kumar Strikes Back with Khiladi 786”. Koimoi (2012年11月3日). 2014年10月4日閲覧。
  33. ^ “Bombay Bond – Akshay Kumar to play lead in Raj Sippy's film Mr Bond”. India Today. (1991年9月30日). http://indiatoday.intoday.in/story/akshay-kumar-to-play-lead-in-raj-sippy-film-mr-bond/1/318818.html 2014年11月8日閲覧。 
  34. ^ Srinivasan, V S (1998年8月11日). “Akki up front”. Rediff.com. http://www.rediff.com/entertai/1998/aug/10akki.htm 2014年11月8日閲覧。 
  35. ^ a b Akshay Kumar, the Entertainment Khiladi, Turns 47 (Slide 6)”. NDTV. 2014年10月6日閲覧。
  36. ^ Box Office 1994”. Box Office India. 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  37. ^ “The nominations-1994”. The Times of India. http://filmfareawards.indiatimes.com/articleshow/articleshow/368622.cms 2014年8月27日閲覧。 
  38. ^ Top Actor”. Box Office India. 2008年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  39. ^ “After 20 years, Akshay to set new record with Special Chabbis”. Bollywood Hungama. オリジナルの2013年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131203064510/http://www.bollywoodhungama.com/celebrities/features/type/view/id/4327 2012年12月22日閲覧。 
  40. ^ Box Office 1995”. Box Office India. 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月11日閲覧。
  41. ^ Box Office 1996”. Box Office India. 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  42. ^ “Akshay Kumar, the Entertainment Khiladi, Turns 47 (Slide 8)”. NDTV. http://movies.ndtv.com/photos/akshay-kumar-the-entertainment-khiladi-turns-47-15948/slide/8 2014年10月6日閲覧。 
  43. ^ “The Nominations – 1997”. The Times of India. オリジナルの2012年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120709173248/http://filmfareawards.indiatimes.com/articleshow/articleshow/368659.cms 2014年6月18日閲覧。 
  44. ^ Box Office 1997”. Box Office India. 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  45. ^ “I started my career with B-grade films: Akshay Kumar”. Oneindia.in. (2012年6月5日). オリジナルの2014年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140715043640/http://entertainment.oneindia.in/bollywood/news/2012/akshay-kumar-b-grade-films-096240.html 2014年6月17日閲覧。 
  46. ^ Akshay Kumar”. Koimoi. 2014年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月17日閲覧。
  47. ^ “Happy Birthday Akshay Kumar: Bollywood's Khiladi turns 46”. The Indian Express (Indian Express Group). http://indianexpress.com/photos/entertainment-gallery/happy-birthday-akshay-kumar-bollywoods-khiladi-turns-46/#b_id_417845_akshaysangharshjanwar 2014年7月31日閲覧。 
  48. ^ Box Office 1999”. Box Office India. 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  49. ^ “Siddique's not teaming up with Priyadarshan for Hera Pheri 3”. The Times of India (The Times Group). (2013年1月17日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/malayalam/movies/news-and-interviews/Siddiques-not-teaming-up-with-Priyadarshan-for-Hera-Pheri-3/articleshow/18046718.cms 2014年8月28日閲覧。 
  50. ^ a b Box Office 2000”. Box Office India. 2008年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  51. ^ Jha, Subhash K. (2014年5月23日). “Akshay Kumar teams up with Priyadarshan again”. Bollywood Hungama. http://www.bollywoodhungama.com/news/2508177/Akshay-Kumar-teams-up-with-Priyadarshan-again 2014年8月28日閲覧。 
  52. ^ The Dhadkan review”. Rediff.com. 2014年8月27日閲覧。
  53. ^ “Akshay Kumar's Top 5 Stunts”. DesiHits. オリジナルの2013年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131202230148/http://www.desihits.com/news/view/akshay-kumar-s-top-5-stunts-20100616 2011年4月11日閲覧。 
  54. ^ Movie review: Khiladi 420”. Bollywood Hungama (2000年12月30日). 2014年8月28日閲覧。
  55. ^ Movie review: Ek Rishtaa: The Bond of Love”. Rediff.com (2001年5月18日). 2014年8月28日閲覧。
  56. ^ “Akshay Kumar: 'I want to do more villain roles'”. Digital Spy. (2014年5月23日). http://www.digitalspy.co.uk/bollywood/news/a572942/akshay-kumar-i-want-to-do-more-villain-roles.html 2014年7月31日閲覧。 
  57. ^ “Happy Birthday Akshay Kumar: Bollywood's Khiladi turns 46”. The Indian Express (Indian Express Group). http://indianexpress.com/photos/entertainment-gallery/happy-birthday-akshay-kumar-bollywoods-khiladi-turns-46/#b_id_417843_akshayaankheinajnabee 2014年8月3日閲覧。 
  58. ^ Tanwar, Sarita. “The Rediff Review: Ajnabee”. Rediff.com. 2009年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月23日閲覧。
  59. ^ IIFA 2002”. 2012年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月21日閲覧。
  60. ^ “The Winners – 2001 – The 51st Filmfare Awards”. The Times of India. オリジナルの2012年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120709023301/http://filmfareawards.indiatimes.com/articleshow/368739.cms 2014年8月28日閲覧。 
  61. ^ Aankhen”. Bollywood Hungama (2002年4月5日). 2014年8月27日閲覧。
  62. ^ Aankhen takes you on a roller-coaster ride”. BBC (2002年4月12日). 2014年8月27日閲覧。
  63. ^ Movie review: Aankhen”. Rediff.com (2002年4月5日). 2014年8月28日閲覧。
  64. ^ Anjum, N (2002年6月21日). “Akshay, Sunil, Aftab's star power fails, Paresh Rawal steals the show”. Rediff.com. 2014年8月28日閲覧。
  65. ^ Jaani Dushman – Ek Anokhi torture”. Rediff.com (2002年8月17日). 2014年8月28日閲覧。
  66. ^ Movie Review: Jaani Dushman – Ek Anokhi Kahani”. Sify. 2014年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月28日閲覧。
  67. ^ Movie review: Jaani Dushman”. Bollywood Hungama (2002年8月16日). 2014年8月28日閲覧。
  68. ^ Movie review: Talaash... The Hunt Begins”. Bollywood Hungama (2003年1月3日). 2014年8月28日閲覧。
  69. ^ 'Andaaz': Flight to boredom”. Rediff.com (2003年5月24日). 2014年8月30日閲覧。
  70. ^ Andaaz: Old story, fresh faces”. Sify. 2014年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  71. ^ Box Office 2003”. Box Office India. 2011年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  72. ^ 'Andaaz' Celebrations: Rocking”. Bollywood Hungama (2003年8月29日). 2014年8月30日閲覧。
  73. ^ “The Hindu : "Khakee"”. The Hindu (The Hindu Group). (2004年2月6日). http://www.thehindu.com/fr/2004/02/06/stories/2004020601230302.htm 2014年8月30日閲覧。 
  74. ^ Khakee is money's worth. What more do you want?”. Rediff.com (2004年1月24日). 2014年8月30日閲覧。
  75. ^ Review: 'Khakee'”. Variety (2014年1月31日). 2014年8月30日閲覧。
  76. ^ 10 Best Action Movies of Akshay Kumar (Slide 1)”. MensXP.com. 2014年10月5日閲覧。
  77. ^ Akki, Raveena join forces!”. Rediff.com (2004年2月16日). 2014年8月30日閲覧。
  78. ^ Movie review : Police Force”. Bollywood Hungama (2004年5月28日). 2014年8月30日閲覧。
  79. ^ Akshay: It's payback time!”. Rediff.com (2004年5月27日). 2014年8月30日閲覧。
  80. ^ 'Mujhse Shaadi Karogi' is another 'Main Hoon Na'”. Rediff.com (2004年7月30日). 2014年8月30日閲覧。
  81. ^ Mujhse Shaadi Karogi”. Bollywood Hungama (2004年7月28日). 2014年8月30日閲覧。
  82. ^ Nominees of 50th Filmfare Awards- The 51st Filmfare Awards”. The Times of India. 2012年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月27日閲覧。
  83. ^ Akshay Kumar plays a rapist!”. Sify (2004年7月13日). 2016年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  84. ^ Akshay has a lot of experience: Abbas-Mustan”. Sify (2004年11月8日). 2014年8月30日閲覧。
  85. ^ Jha, Subhash K (2004年11月12日). “'Aitraaz' is my boldest film: Akshay Kumar”. Sify. 2016年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  86. ^ Old refashioned”. India Today (2005年3月14日). 2014年9月7日閲覧。
  87. ^ Movie Review : Bewafaa”. Sify. 2014年9月7日閲覧。
  88. ^ Waqt: The Race Against Time (2005)”. BBC (2005年4月14日). 2009年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  89. ^ Box Office 2004”. Box Office India. 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  90. ^ Box Office 2005”. Box Office India. 2008年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  91. ^ Deewane Hue Paagal: Good fun”. Rediff.com (2005年11月25日). 2014年9月7日閲覧。
  92. ^ Movie Review : Dosti – Friends Forever”. Sify. 2014年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月7日閲覧。
  93. ^ a b c Box Office 2006”. Box Office India. 2008年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  94. ^ Bhagam Bhag: Akshay top, Govinda flop”. Rediff.com (2006年12月22日). 2014年9月7日閲覧。
  95. ^ Kazmi, Nikhat (2006年12月22日). “Bhagam Bhaag”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/movie-review/Bhagam-Bhaag/movie-review/903798.cms 2014年9月7日閲覧。 
  96. ^ “The Toppers of 2007”. Box Office India. オリジナルの2008年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080115082127/http://www.boxofficeindia.com/npages.php?page=shownews&articleid=42&nCat=news 2007年3月14日閲覧。 
  97. ^ “I am kind to everyone, but trust no one: Akshay Kumar”. The Times of India (The Times Group). (2011年8月29日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/I-am-kind-to-everyone-but-trust-no-one-Akshay-Kumar/articleshow/9779766.cms 2014年8月21日閲覧。 
  98. ^ Mishra, Somen (2008年1月2日). “Akshay Kumar crowned 2007 King of Bollywood”. Mumbai: CNN-IBN. http://ibnlive.in.com/news/akshay-kumar-crowned-2007-king-of-bollywood/55446-8.html 2014年11月6日閲覧。 
  99. ^ Singh, Mauli; Shah, Jigar (2008年8月15日). “Khiladi is King”. The Hindu (The Hindu Group). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-features/tp-cinemaplus/khiladi-is-king/article3023231.ece 2014年11月6日閲覧。 
  100. ^ “Akshay- the undisputed king of Bollywood, bags Rs 72 crore deal”. Mumbai: Zee News. (2008年8月22日). http://zeenews.india.com/entertainment/bollywood/akshay-the-undisputed-king-of-bollywood-bags-rs72-crore-deal_8541.html 2014年11月6日閲覧。 
  101. ^ Adarsh, Taran (2007年3月23日). “Review of Namastey London”. IndiaFM. オリジナルの2007年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070405202710/http://www.indiafm.com/movies/review/12835/index.html 2007年4月5日閲覧。 
  102. ^ Kazmi, Nikhat (2007年3月24日). “Namastey London”. The Times of India (The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/movie-reviews/hindi/Namastey-London/movie-review/1802925.cms 2014年8月21日閲覧。 
  103. ^ Adarsh, Taran (2007年9月15日). “Top 5: 'Dhamaal' average, 'Darling' slumps!”. IndiaFM. 2007年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  104. ^ Adarsh, Taran (2007年11月10日). “Top 5: 'J.W.M.' steady, despite pre-Diwali dull phase”. IndiaFM. 2007年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月10日閲覧。
  105. ^ Adarsh, Taran (2008年1月1日). “Midweek: 'Welcome', 'TZP' continue to rock!”. IndiaFM. 2008年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月1日閲覧。
  106. ^ Overseas Earnings (Figures in Ind Rs)”. Box Office India. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月14日閲覧。
  107. ^ Saikia, Priyankee. “Top 10 Cameos in Bollywood”. MensXP.com. http://www.mensxp.com/entertainment/bollywood/9378-top-10-cameos-in-bollywood.html 2014年8月28日閲覧。 
  108. ^ Bollywood Hungama News Network (2008年2月8日). “The Most Awaited movies of 2008”. Bollywood Hungama. オリジナルの2009年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090126145213/http://www.bollywoodhungama.com/features/2008/02/08/3550/index.html 2009年5月19日閲覧。 
  109. ^ Box Office 2008”. Box Office India. 2012年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月20日閲覧。
  110. ^ “Box Office 2008”. Box Office India. オリジナルの2008年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080115083431/http://www.boxofficeindia.com/showProd.php?itemCat=215&catName=MjAwOA%3D%3D 2009年1月28日閲覧。 
  111. ^ Khanna, Niyati (2014年1月31日). “Tracing The Journey of Fear Factor – Khatron Ke Khiladi; Season 5 Back with a Bang”. Business of Cinema. http://businessofcinema.com/tele/tracing-journey-fear-factor-khatron-ke-khiladi-season-5-back-bang/131637 2014年8月28日閲覧。 
  112. ^ “Priyanka Chopra to host 'Fear Factor, Season 3'”. The New Indian Express (Express Publications). (2010年8月8日). http://www.newindianexpress.com/entertainment/television/article202006.ece 2014年8月28日閲覧。 
  113. ^ Kazmi, Nikhat (2009年1月15日). “Chandni Chowk to China”. The Times of India (The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/movie-review/Chandni-Chowk-to-China/movie-review/3985572.cms 2014年9月8日閲覧。 
  114. ^ Sen, Raja (2009年1月16日). “Hindi Chini Why Why?”. Rediff.com. http://www.rediff.com/movies/2009/jan/16review-chandni-chowk-to-china.htm 2014年9月8日閲覧。 
  115. ^ “Ten Releases Five Disasters”. Box Office India. オリジナルの2009年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090213174227/http://boxofficeindia.com/npages.php?page=shownews&articleid=791&nCat=news 2009年3月5日閲覧。 
  116. ^ “Nadiadwala takes Akshay Kumar to Hollywood”. Hindustan Times. Indo-Asian News Service. (2008年3月14日). オリジナルの2013年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131023121936/http://www.hindustantimes.com/news-feed/archived-stories/nadiadwala-takes-akshay-kumar-to-hollywood/article1-282116.aspx 2012年5月27日閲覧。 
  117. ^ Pal, Chandrima (2009年10月16日). “Blue: Blistering Barnacles!”. Mumbai: Rediff.com. http://www.rediff.com/movies/review/movie-review-blue/20091016.htm 2014年9月8日閲覧。 
  118. ^ Chopra, Anupama (2009年10月16日). “Blue”. NDTV. http://movies.ndtv.com/movie-reviews/blue-442 2014年9月8日閲覧。 
  119. ^ Review: Blue is a damp squib”. Sify. 2014年9月8日閲覧。
  120. ^ De Dana Dan”. Bollywood Hungama (2009年11月27日). 2014年9月8日閲覧。
  121. ^ De Dana Dan”. NDTV (2009年11月27日). 2014年9月8日閲覧。
  122. ^ Kazmi, Nikhat (2009年11月26日). “De Dana Dan”. The Times of India (The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/movie-review/De-Dana-Dan/movie-review/5272173.cms 2014年9月8日閲覧。 
  123. ^ Vinod Marani (2010年5月3日). “Housefull gets biggest opening since 3 Idiots”. Rediff.com. 2010年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月17日閲覧。
  124. ^ Khatta Meetha”. Sify. 2014年9月8日閲覧。
  125. ^ Masand, Rajeev (2010年7月31日). “Masand: 'Khatta Meetha', a schizophrenic film”. CNN-IBN. http://ibnlive.in.com/news/masand-khatta-meetha-a-schizophrenic-film/127366-47.html 2014年9月8日閲覧。 
  126. ^ Boxofficeindia.com”. Box Office India (2010年11月8日). 2012年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月9日閲覧。
  127. ^ Kazmi, Nikhat (2010年11月4日). “Action Replayy”. The Times of India (The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/movie-review/Action-Replayy/movie-review/6871125.cms 2014年9月8日閲覧。 
  128. ^ Shekhar, Mayank (2010年11月4日). “Mayank Shekhar's review: Action Replayy”. Hindustan Times. オリジナルの2014年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140116144133/http://www.hindustantimes.com/entertainment/reviews/mayank-shekhar-s-review-action-replayy/article1-622338.aspx 2014年9月8日閲覧。 
  129. ^ Rao, Renuka (2010年12月23日). “Review: Tees Maar Khan is not worth even a free ticket”. Daily News and Analysis (Mumbai: Diligent Media Corporation). http://www.dnaindia.com/entertainment/review-review-tees-maar-khan-is-not-worth-even-a-free-ticket-1485367 2014年9月8日閲覧。 
  130. ^ Kazmi, Nikhat (2010年12月23日). “Tees Maar Khan”. The Times of India (The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/movie-review/Tees-Maar-Khan/movie-review/7149954.cms 2014年9月8日閲覧。 
  131. ^ “Akshay Kumar will woo Katrina Kaif on-screen for the seventh time”. NDTV. (2013年1月14日). http://movies.ndtv.com/bollywood/akshay-kumar-will-woo-katrina-kaif-on-screen-for-the-seventh-time-317005 2014年8月21日閲覧。 
  132. ^ “Akshay Kumar, Russell Peters' Breakaway Gets Media Attention”. Sawfnews.com. (2011年6月6日). オリジナルの2011年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110608185615/http://www.sawfnews.com/Bollywood/67040.aspx 2011年6月9日閲覧。 
  133. ^ “Bollywood Superstar, Akshay Kumar Superhero for his Son”. Dubai Chronicle. オリジナルの2011年10月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111001073104/http://www.dubaichronicle.com/2011/07/29/bollywood-superstar-akshay-kumar-superhero-for-his-son/ 2011年7月29日閲覧。 
  134. ^ Housefull 2 Crosses 400 Crore Nett in 17 days”. Box Office India. 2013年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月6日閲覧。
  135. ^ “Housefull 2 Is All Time Blockbuster in New Zealand”. Box Office India. (2012年4月30日). オリジナルの2012年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120626143416/http://www.boxofficeindia.com/npages.php?page=shownews&articleid=4364&nCat= 2014年9月6日閲覧。 
  136. ^ a b “Rowdy Rathore gets thumbs up from critics”. Hindustan Times. (2012年6月1日). オリジナルの2012年6月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120602064158/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Rowdy-Rathore-gets-thumbs-up-from-critics/Article1-864444.aspx 
  137. ^ “Barfi! joins INR1 billion club”. The Express Tribune (Lakson Group). (2012年10月4日). http://tribune.com.pk/story/446981/barfi-joins-inr1-billion-club/ 2014年7月29日閲覧。 
  138. ^ “Housefull 2: Times of India Review”. The Times of India (The Times Group). (2012年4月6日). http://timesofindia.indiatimes.com/movie-review/12544440.cms 2014年7月30日閲覧。 
  139. ^ “First Look: Akshay Kumar's 100th film 'Joker'”. CNN-IBN. (2012年7月11日). オリジナルの2013年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131208202123/http://ibnlive.in.com/photogallery/6933.html 2012年11月22日閲覧。 
  140. ^ Joker trailer to release with Cocktail”. Sify (2012年7月9日). 2014年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月22日閲覧。
  141. ^ “'Joker' trailer to release with 'Cocktail'”. Mid Day. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120710075757/http://www.mid-day.com/entertainment/2012/jul/090712-Joker-trailer-to-release-with-Cocktail.htm 2012年11月22日閲覧。 
  142. ^ Akshay Kumar's 'Joker' trailer to release with Saif's 'Cocktail'”. Jagran (2012年7月9日). 2013年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月22日閲覧。
  143. ^ “Akki's back in the game”. Deccan Chronicle (Deccan Chronicle Holdings). (2012年9月19日). オリジナルの2012年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120920002835/http://www.deccanchronicle.com/channels/showbiz/bollywood/akki%E2%80%99s-back-game-842 2012年9月19日閲覧。 
  144. ^ Box Office Earnings 28/09/12 – 04/10/12”. Box Office India. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月22日閲覧。
  145. ^ Box-Office Verdicts of Major Bollywood Releases of 2012”. Koimoi. 2012年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月27日閲覧。
  146. ^ “Satyagraha Average Opening Chennai Express Hits 200 Crore”. Box Office India. オリジナルの2013年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130903073357/http://www.boxofficeindia.com/boxdetail.php?page=shownews&articleid=6017&nCat= 2014年10月6日閲覧。 
  147. ^ Mudi, Aparna (2014年2月6日). “Zee Cine Awards 2014: Complete list of nominations”. Zee News. http://zeenews.india.com/entertainment/zee-cine-awards-2014/zee-cine-awards-2014-complete-list-of-nominations_150384.html 2014年10月18日閲覧。 
  148. ^ Boss: Critic Review”. Bollywood Hungama (2013年8月15日). 2013年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月27日閲覧。
  149. ^ Review: Akshay Kumar's Boss: All title, no thunder!”. Rediff.com (2013年10月16日). 2014年6月17日閲覧。
  150. ^ “Movie review: Boss is all about masala and Akshay Kumar”. Hindustan Times. (2013年10月16日). オリジナルの2014年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140808060318/http://www.hindustantimes.com/entertainment/bollywood/movie-review-boss-is-all-about-masala-and-akshay-kumar/article1-1135845.aspx 2014年7月31日閲覧。 
  151. ^ “Box-Office Verdict 2013-Box Office Collection of all 2013 Releases”. Koimoi. オリジナルの2014年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140803012622/http://www.koimoi.com/box-office-bollywood-films-of-2013/ 2019年12月27日閲覧。 
  152. ^ “Akshay's Holiday Beats Lifetime Collections of Salman's Jai Ho”. Koimoi. (2014年6月29日). オリジナルの2014年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140804105938/http://www.koimoi.com/box-office/akshay-holiday-beats-lifetime-collections-of-salmans-jai-ho/ 2014年8月23日閲覧。 
  153. ^ Tarannum, Asira (2014年9月27日). “Akshay Kumar doesn't want to over-promote himself for 'The Shaukeens'”. Mid Day. http://www.mid-day.com/articles/akshay-kumar-doesnt-want-to-over-promote-himself-for-the-shaukeens/15639156 2015年5月1日閲覧。 
  154. ^ Press Trust of India (2014年12月4日). “Akshay Kumar's 'Baby' trailer released”. The Indian Express (Mumbai: Indian Express Group). http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/akshay-kumars-baby-trailer-released/ 2015年5月1日閲覧。 
  155. ^ “Watch: Sholay style teaser of Akshay Kumar's 'Gabbar Is Back'”. Daily News and Analysis (Mumbai: Diligent Media Corporation). (2015年3月13日). http://www.dnaindia.com/entertainment/report-watch-sholay-style-teaser-of-akshay-kumar-s-gabbar-is-back-2068549 2015年5月1日閲覧。 
  156. ^ Indo-Asian News Service (2015年4月18日). “Akshay Kumar wraps up 'Brothers' shooting”. The Economic Times (Mumbai). http://economictimes.indiatimes.com/magazines/panache/akshay-kumar-wraps-up-brothers-shooting/articleshow/46969888.cms 2015年5月1日閲覧。 
  157. ^ Akshay Kumar’s ‘Singh is Bliing’ mints Rs.54.44 crore in three days. The Indian Express. 5 October 2015
  158. ^ Dani, Arti (2015年4月2日). “Akshay Kumar shooting in Ras Al Khaimah”. Khaleej Times (Dubai: Galadari Printing and Publishing). http://www.khaleejtimes.com/citytimes/inside.asp?xfile=/data/citytimes/2015/April/citytimes_April6.xml&section=citytimes 2015年5月1日閲覧。 
  159. ^ “Akshay, Riteish, Abhishek begin shooting Housefull 3”. The Times of India. Press Trust of India. (2015年8月17日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Akshay-Riteish-Abhishek-begin-shooting-Housefull-3/articleshow/48511330.cms 2015年10月6日閲覧。 
  160. ^ Akshay Kumar 's romantic thriller ‘Rustom’ to release on I-Day weekend – The Times of India. The Times of India. (9 September 2015). Retrieved 29 September 2015.
  161. ^ a b Jha, Subhash K. (2017年4月7日). “Akshay Won National Award For 'Rustom' & 'Airlift': Priyadarshan”. The Quint. https://www.thequint.com/entertainment/bollywood/akshay-kumar-won-national-award-for-both-rustom-and-airlift-says-priyadarshan 2019年2月19日閲覧。 
  162. ^ Akshay Kumar Toilet ek Prem katha first look, HD Wallpapers story, star cast, released date”. santabantawallpaper.co.in (2017年5月11日). 2017年7月30日閲覧。
  163. ^ “Pad man Official Theatrical Trailer”. Bollywood Hungama. (2017年12月15日). http://www.bollywoodhungama.com/news/bollywood/akshay-kumars-next-r-balki-titled-pad-man/ 2017年12月23日閲覧。 
  164. ^ Akshay Kumar plays the villain in 'Robot 2'”. The Times of India. 2019年12月27日閲覧。
  165. ^ “Rajinikanth's 2.0 first look to be out on November 20”. The Hindu. (2016年10月10日). http://www.thehindu.com/features/cinema/rajinikanths-20-first-look-to-be-out-on-november-20/article9206701.ece 
  166. ^ Bureau, City. “2.0 is set to go where no Indian film has gone before”. The Hindu. http://www.thehindu.com/news/cities/chennai/2.0-is-set-to-go-where-no-Indian-film-has-gone-before/article16738922.ece 2017年5月13日閲覧。 
  167. ^ Rajnikanth's 2.0 vs Aamir Khan's Thugs of Hindostan – There Could Be A Clash This Diwali!”. BookMyShow. 2018年2月27日閲覧。
  168. ^ Bollywood Top Grossers Worldwide Bollywood Hungama”. Bollywood Hungama. 2019年4月20日閲覧。
  169. ^ “BREAKING: Parineeti Chopra signed opposite Akshay Kumar for Karan Johar's Kesari”. Bollywood Hungama. (2018年1月10日). http://www.bollywoodhungama.com/news/bollywood/breaking-parineeti-chopra-signed-opposite-akshay-kumar-karan-johars-kesari/ 2018年1月11日閲覧。 
  170. ^ “Akshay Kumar's Mission Mangal will star Vidya Balan, Taapsee Pannu, Nithya Menen, Sonakshi Sinha, Manish Borundia”. Hindustan Times. (2018年11月5日). https://www.hindustantimes.com/bollywood/akshay-kumar-signs-three-new-projects-to-start-shooting-for-mission-mangal-this-month/story-SJRWDHneqcNvDEBRBgHXMO.html 2018年11月5日閲覧。 
  171. ^ Basu, Nilanjana (2018年7月10日). “Housefull 4 Begins. Akshay Kumar, Bobby Deol, Riteish Deshmukh Have A Warning For You”. NDTV. 2018年8月29日閲覧。
  172. ^ 'Good News'! That's the title of Kareena Kapoor Khan's next with Akshay Kumar”. DNA India (2018年7月31日). 2019年2月14日閲覧。
  173. ^ “CONGRATS! Akshay Kumar-Twinkle Khanna blessed with a baby girl”. Hindustan Times. オリジナルの2012年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120925195430/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Tabloid/CONGRATS-Akshay-Kumar-Twinkle-Khanna-blessed-with-a-baby-girl/Article1-935239.aspx 2012年9月25日閲覧。 
  174. ^ “Akshay, Twinkle set to welcome their second child”. The Times of India (The Times Group). (2012年6月18日). オリジナルの2012年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120715063233/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-06-18/news-interviews/32298040_1_twinkle-akshay-kumar-aarav 
  175. ^ “Better to keep children away from limelight, says Akshay Kumar”. India Today (Mumbai). (2014年6月15日). http://indiatoday.intoday.in/story/akshay-kumar-children-limelight-holiday-father/1/367011.html 2014年8月21日閲覧。 
  176. ^ Ruhani, Faheem (2014年6月17日). “Akshay Kumar lends glamour to kabaddi, buys a team”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/story/akshay-kumar-kabaddi-buys-team-maharashtra-government-world-kabaddi-league/1/367298.html 2014年8月21日閲覧。 
  177. ^ Fernandes, Vivek (2004年4月26日). “Akshay Kumar: Winning hearts with martial arts!”. Mumbai: Rediff.com. http://www.rediff.com/movies/2004/apr/26akshay.htm 2014年11月6日閲覧。 
  178. ^ “The Q&A: Akshay Kumar, Bollywood ambassador”. The Economist. https://www.economist.com/blogs/prospero/2010/10/indian_cinema 2017年6月23日閲覧。 
  179. ^ “Like Commander Nanavati, Akshay Kumar is Canadian – a bit of mystery when he changed citizenship”. NewsCrunch. http://www.newscrunch.in/2016/08/commander-nanavati-akshay-kumar-canadian-bit-mystery-when-he-changed-citizenship.html 2017年6月19日閲覧。 
  180. ^ “Akshay Kumar's fitness mantra”. The Times of India (The Times Group). (1970年1月1日). オリジナルの2011年12月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111224195125/http://timesofindia.indiatimes.com/life-style/health-fitness/fitness/Akshay-Kumars-fitness-mantra/articleshow/9440429.cms 2011年8月2日閲覧。 
  181. ^ Akshay Kumar Proclaims He’s A 'Shiv Bhakt' As Well As His Grandfather – IndiaWest Reporting
  182. ^ Akshay Kumar Signs Deal At Lord Shiva Temple – Times of India Reporting
  183. ^ Akshay Kumar Sending Out Mahashivratri Wishes – Indian Express Reporting
  184. ^ a b Akshay Kumar Speaks on Religious Philosophy – Mid-Day Reporting
  185. ^ Thakkar, Mehul S (2012年11月21日). “Teetotaller Akshay endorses alcohol but for 'charity'”. The Times of India (Mumbai: The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Teetotaller-Akshay-endorses-alcohol-but-for-charity/articleshow/17304750.cms 2014年11月6日閲覧。 
  186. ^ Dubey, Bharti; Pandey, Piyush (2013年3月20日). “Akshay Kumar Bollywood's top advance taxpayer”. The Times of India (Mumbai: The Times Group). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Akshay-Kumar-Bollywoods-top-advance-taxpayer/articleshow/19083337.cms 2014年11月6日閲覧。 
  187. ^ 64 th National Film Awards, 2016”. Directorate of Film Festivals (2017年4月7日). 2017年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月7日閲覧。
  188. ^ “Overwhelmed Akshay Kumar dedicates Padmashri to fans”. The Economic Times (India: The Times Group). (2009年1月26日). オリジナルの2009年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090130230845/http://economictimes.indiatimes.com/ET_Cetera/Akshay_dedicates_Padmashri_to_fans/articleshow/4032826.cms 2009年1月26日閲覧。 
  189. ^ “Akshay Kumar honoured at Annual Asian awards”. CNN-IBN. オリジナルの2014年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140228113223/http://ibnlive.in.com/news/akshay-kumar-honoured-at-annual-asian-awards/194882-8-66.html 2014年9月7日閲覧。 
  190. ^ “Superstars who have never won awards”. The Times of India (The Times Group). オリジナルの2014年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140417023500/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/Superstars-who-have-never-won-awards/photostory/30284558.cms 2014年9月7日閲覧。 

外部リンク[編集]