シャー・ルク・カーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャー・ルク・カーン
Shah Rukh Khan
シャー・ルク・カーンShah Rukh Khan
2012年
生年月日 (1965-11-02) 1965年11月2日(52歳)
出生地 ニューデリー
国籍 インドの旗 インド
活動期間 1988年 - 現在
配偶者 Gauri Khan (1991-)
カーンとその妻(2012年)
カーンのサイン

シャー・ルク・カーン(Shah Rukh Khan; アラビア文字表記:شاه رخ خان; デーヴァナーガリー表記: शाहरुख़ ख़ान / 1965年11月2日 - )はインドニューデリー出身の俳優。愛称は「SRK」もしくは「King Khan」。

経歴[編集]

ニューデリーの St. Columba's High School からデリー大学の Hans RajCollege に進み、後にジャーミヤー・ミリヤー・イスラーミヤー大学で経済学の修士号を取得。学生時代には学業もスポーツも抜群の成績を修め、優等学生として表彰されている。特にスポーツの分野では、比較的小柄でありながらサッカークリケットに才能を発揮し、故障しなければスポーツ選手になりたかったと語っているほど。

学業を終えるとジョン・バリー主催の演劇グループに所属、現代演劇の俳優として舞台に出演する。1988年に出演したテレビの連続ドラマ「Fauji फ़ौजी」(フォウジー:「兵隊」)で人気がブレイク、ボンベイ(現在のムンバイー)に移住し、映画スターとしてのキャリアをスタートする。

私生活[編集]

15歳で父タージを、25歳で母ファーティマーを亡くす。映画俳優としてデビュー直後の26歳で学生時代からつきあっていた5歳年下のガウリー・チッバーと結婚。ガウリーはヒンドゥー教徒でシャー・ルク・カーンはイスラーム教徒。結婚後も互いの宗教を尊重し、子どもたち(長男アーリヤン、長女スハーナー)はヒンドゥー教とイスラームの両方の儀礼に親しんで育つ。

TVで活躍後、1992年「ラジュー出世する」でジュヒー・チャーウラーと共演し映画デビュー。既に60本近い映画に出演し、1990年代からヒンディー映画界で圧倒的な人気を博し、アジア各国やアメリカ、ドイツ、イギリス、日本にも根強いファンがいる。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]