ランビール・カプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランビール・カプール
Ranbir Kapoor
Ranbir Kapoor
『ボンベイ・ベルベット』プロモーション中のランビール・カプール(2015年)
生年月日 (1982-09-28) 1982年9月28日(38歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業 俳優
活動期間 2007年-
著名な家族 カプール家英語版参照
テンプレートを表示

ランビール・カプール(Ranbir Kapoor、1982年9月28日 - )は、インドボリウッドで活動する俳優。インドで最も出演料が高額な俳優の一人であり、これまでフィルムフェア賞を含む多くの映画賞を受賞している。また、フォーブス・インディアインディア・セレブリティ100に度々選出されており、インドを代表するセレブリティの一人でもある。

生い立ち[編集]

『Besharam』プロモーション中のランビール親子(2013年)
ランディール・カプール英語版の誕生日を祝うカプール家(2016年)

1982年9月28日にリシ・カプール英語版ニートゥー・シン英語版の息子としてボンベイ(現ムンバイ)に生まれる[1]。ランビールの生家カプール家英語版ボリウッドの名家であり、俳優のプリトヴィラージ・カプール英語版は曾祖父、俳優・監督のラージ・カプールは祖父に当たる[2]。姉リディマはインテリアデザイナー、ファッションデザイナーであり[3][4]、従姉妹のカリシュマ・カプール英語版カリーナ・カプール英語版は女優として活動している[5]

ランビールはマーヒム英語版ボンベイ・スコティッシュ・スクール英語版で教育を受けたが、彼は勉学に関心を持たなかったため、学業成績は低評価だった[6][7]。その反面、スポーツ分野(特にフットボール)で顕著な成績を残したという[8]。彼は幼少期に受けた両親からの影響について「往々にして、2人の喧嘩は本当に酷いものでした。私は朝の5時か6時まで、頭を両膝の間に挟み、階段に座り込んで喧嘩が終わるのを待っていました」と語り[9]、その上で、この経験により「感情の貯蔵庫を身体の内部に作ること」になり、映画に興味を抱くことを強いられる結果になったと語っている[9]。幼少期は母ニートゥーと親密だったが、その一方で父リシとは険悪な関係だった[6][10]。成長後、ランビールは父リシが監督した『Aa Ab Laut Chalen』で助監督を務め、これ以降カプール父子は良好な関係を構築した[10]

その後はH・R・カレッジ・オブ・コマース&エコノミクス英語版で教育を受け[6]ニューヨークに留学してスクール・オブ・ビジュアル・アーツで映画製作を学び、リー・ストラスバーグ演劇映画学校英語版ではメソッド演技法を学んだ[11][12]。映画学校在籍中には『Passion to Love』と『India 1964』という2本の短編映画を製作し、監督・主演を務めた[11][13]。ランビールが後年「無駄な経験だった」と語っているニューヨークでの孤独な滞在経験は、ボリウッドでのキャリアを追い求めるためのきっかけを彼に与えた[9][14]

ムンバイに帰郷後、ランビールは2005年公開の『Black』でサンジャイ・リーラー・バンサーリーの助監督を務めた。彼はこの時の体験について「午前7時から午後4時まで床を掃除したり照明を修理するなど、あらゆることをやらされ酷い目に遭いましたが、毎日多くのことを学びました」と語っている[11]。彼は後年『Black』の製作に参加した理由について、「バンサーリーから俳優の仕事をもらうために参加した」と語っている[10]

キャリア[編集]

2007年 - 2010年[編集]

『Saawariya』のイベントに出席するサルマン・カーンソーナム・カプール、ランビール・カプール、ラーニー・ムカルジー(2007年)
『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』のイベントに出席するランビール・カプール、カトリーナ・カイフ(2009年)
GQメン・オブ・ザ・イヤー英語版授賞式に出席するランビール・カプール、プリヤンカー・チョープラー(2010年)

『Black』公開後、バンサーリーは2007年公開の『Saawariya』でランビールを主役に起用した。同作で俳優デビューしたランビールはRediff.comのインタビューで、自分が演じた役は祖父プリトヴィラージへの賛辞として描かれたと語っている[15]。同作はハリウッドの製作会社(ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント)が製作した最初のインド映画であり公開前から大きな期待を寄せられたが[16]BBCのジャスプリート・パンドーハルは「大規模な失敗作」と酷評している[17]ラジーヴ・マサンドも映画の内容を「わざとらしいフェイク」と酷評したが、ランビールについては「発掘することが稀なスターの素質を持っている」と高い評価を与えている[18]。『Saawariya』の興行成績は振るわなかったものの[19]、ランビールは演技を高く評価されフィルムフェア賞 最優秀新人男優賞英語版を受賞した[20]。2008年にシッダールト・アナンド英語版の『Bachna Ae Haseeno』で主役に起用された[21]。同作はランビールの最初の商業的成功作であり、ビパシャ・バスーミニーシャー・ラムバー英語版と共演した[22]。ランビールの演技について、ニューヨーク・タイムズのレイチェル・サルツは彼の「子犬のような愛らしさ」は「ボリウッドの主演男優を演じる際に役立つだろう」と批評している[23]

2009年は3本の映画に出演した。9月はアーヤン・ムカルジー英語版の『Wake Up Sid』に出演し、コンコナ・セン・シャルマ英語版演じるジャーナリストとの出会いを経て人生が一変するティーンエイジャーを演じた。映画のタイトルはランビールが考案したものが採用されている[24]。同作はスリーパー・ヒット英語版を記録し、批評家からも絶賛された[25]。ランビールの演技について、ボリウッド・ハンガマタラン・アダルシュは「今日の業界における最高の演技」と批評している[26]。11月に出演したラージクマール・サントーシ英語版の『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』ではカトリーナ・カイフと共演し、同作は2009年のボリウッド映画興行成績第4位となった[27]。批評家ガウラヴ・マラニはランビールのコメディの才能を高く評価したが、彼の「興奮し過ぎたハスキーバリトン」は問題があると批評している[28]。12月はシミット・アミン英語版の『Rocket Singh: Salesman of the Year』に出演した[29]マヤンク・シェーカル英語版はランビールの演技を絶賛したが、同作は興行的には失敗している[30][31]。ランビールは『Rocket Singh: Salesman of the Year』の興行的な失敗に対し、「大きく失望した」と語っている[32]第55回フィルムフェア賞英語版では出演作3本全てで批評家選出最優秀主演男優賞英語版を受賞し、『Wake Up Sid』『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』では最優秀主演男優賞英語版にノミネートされた[33]

2010年にプラカーシュ・ジャー英語版の『Raajneeti』に出演した。同作は『マハーバーラタ』と『ゴッドファーザー』にインスピレーションを得て製作された政治映画であり、ナーナー・パテーカルアジャイ・デーヴガン英語版アルジュン・ラームパールマノージュ・バージパーイー英語版、カトリーナ・カイフ、サラ・トンプソンが主要キャストを務めた[34]。ランビールは父が暗殺されたため、不本意ながら政治家になることになった名門政治一家の末子サマール・プラタープ(アルジュナマイケル・コルレオーネに相当する役)を演じた。彼にとってサマール・プラタープは初めて演じた「複雑な役柄」であり、それまで演じてきた「恋する青年」から脱却する契機となった[29]ザ・タイムズ・オブ・インディアニカート・カーズミー英語版は「この映画はミニマリズムの芸術を完成させたランビール・カプールのものです。彼は文字通り、あなたの目の前で成長し、この噴火する火山は止めることができません」と批評している[35]。一方、ロサンゼルス・タイムズのロバート・アベールは、ランビールの演技を酷評している[36]。当初、『Raajneeti』は製作費6億ルピーの回収すら危ぶまれていたが[37]、興行収入14億3000万ルピーを記録するヒット作となった[38]。ランビールは同作でフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた[20]。同年には『Anjaana Anjaani』でプリヤンカー・チョープラーと共演したが、興行成績は振るわず批評家からの評価も芳しくなかった[39][40]。ラジーヴ・マサンドは「彼は明確な設定のない役柄と戦っていた」、ニューデリー・テレビジョン英語版アヌパマ・チョープラーは「ランビールは映画を救おうと何度もシャツを脱いだが、その愛らしい胸郭でさえ、映画を救うことはできませんでした」と批評している[41][42]

2011年 - 2013年[編集]

『バルフィ! 人生に唄えば』プロモーション中のイリアナ・デクルーズ、プリヤンカー・チョープラー、ランビール・カプール(2012年)
『若さは向こう見ず』プロモーション中のディーピカー・パードゥコーン、ランビール・カプール(2013年)

2011年7月に『チラー・パーティー英語版』でアイテム・ナンバーを務め、同年11月にはイムティアズ・アリ英語版の『Rockstar』ではロックスターのジョーダン役を演じた。ランビールは役作りのためにプリータムプル英語版ジャート族と生活を共にして彼らの生活様式を学び[43]、さらにA・R・ラフマーンの音楽スタジオでギターを学んでいる[44]。また、映画のプロモーションのためにムンバイのライブコンサートに参加した[45]。批評家からの映画の評価は賛否両論だったが、ランビールの評価は絶賛が大半だった[46]。デイリー・ニュース&アナライシスのアニルッダー・グハーは、ランビールの描写を「主演俳優によるボリウッド映画の完成された最高の演技の一つ」と絶賛している[47]。ランビールは第57回フィルムフェア賞英語版で批評家選出最優秀主演男優賞を受賞し、この他にスター・スクリーン・アワード 最優秀主演男優賞英語版国際インド映画アカデミー賞 最優秀主演男優賞英語版を受賞している[20]。また、『Rockstar』は興行収入10億7000万ルピーを記録するヒット作となった[48]

2012年に出演した『バルフィ! 人生に唄えば英語版』は、ランビールにとって国内興行収入が10ルピーを超えた最初の主演映画となった[49][50]。同作はアヌラーグ・バス英語版が監督を務め、ランビールは聴覚障害者の青年バルフィを演じている。彼は役作りのためにロベルト・ベニーニチャールズ・チャップリン、祖父プリトヴィラージの出演作を鑑賞して演技法を学んだ。同作は主演俳優3人(ランビール、プリヤンカー・チョープラー、イリアナ・デクルーズ)の演技が高い評価を受けた[51]バラエティ誌のローニー・シャイブは、ランビールがチャップリンの「調子と影響」を上手く表現した点を評価し、Rediff.comのラジャ・センは「彼は完璧にチャップリンの役柄を会得しており、あらゆる場面で彼の役に心を与えている」と批評している[52][53]。『バルフィ! 人生に唄えば』は第85回アカデミー賞アカデミー外国語映画賞インド代表作品に選出され、マラケシュ国際映画祭英語版釜山国際映画祭で上映された[54][55][56]。ランビールは同作でフィルムフェア賞、スター・スクリーン・アワード、国際インド映画アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞している[20]

2013年5月には『若さは向こう見ず』でディーピカー・パードゥコーンカルキ・ケクラン英語版アディティヤ・ロイ・カプールと共演した。ランビールは彼自身を投影したキャラクターであるカビール役を演じている[57]。ランビールとディーピカーは破局後初めての共演だったため、メディアの注目を集めた[58][59]。同作は29億5000万ルピーの興行収入を記録するヒット作となり、ランビールはフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた[60][61][62]。多くの批評家は映画が「決まり文句だらけ」であると指摘したが、デイリー・ニュース&アナライシスのトゥシャール・ジョーシーはランビールとディーピカーのコンビを「最上級のもの」と絶賛している[63][64]。同年10月には『Besharam』で父リシ、母ニートゥと共演している[65]。同作は批評家から酷評され、ザ・ヒンドゥー英語版のスバーシュ・カマトは「カプールの恥の殿堂」と酷評している[66][67][68]

2014年以降[編集]

『バルフィ! 人生に唄えば』プロモーション中のランビール・カプール、プリヤンカー・チョープラー(2012年)

2014年は『Bhoothnath Returns』『PK』にカメオ出演したのみだった。2015年に『Roy』に出演し、同作はサリタ・タンワルから「退屈でウンザリさせられる映画」と評されている[69]。同年5月にはアヌラーグ・カシャップ英語版の『ボンベイ・ベルベット英語版』でアヌシュカ・シャルマカラン・ジョーハル英語版と共演した[70]。ランビールはボクサーを演じており、キャラクターのタポリ英語版スタイルは『55年夫妻』のジョニー・ウォーカー英語版のキャラクターをモデルにしている[71]。同作は12億ルピーの製作費が投じられ、43億ルピーの興行収入を記録するヒット作となったが、批評家からの評価は分かれた[72]ビジネス・スタンダード英語版のリティカ・バティアは、ランビールは従来演じてきた役柄から脱却したと指摘した上で、「彼の描写は深みに欠ける時がある」と批評している[73]。同作はロカルノ国際映画祭富川国際ファンタスティック映画祭でも上映された[74][75]。同年11月にイムティアズ・アリの『Tamasha』でディーピカー・パードゥコーンと共演した。ランビールは芸術の道を望みながらエンジニアとして暮らす青年ヴェード役を演じている。同作は興行的に失敗し、批評家からの評価も別れた[76][77]。ただし、ランビールの演技は絶賛されており[78]ハリウッド・リポーターのリサ・ツェリングは「カプールはビューティフル・キャストであり、彼のトレードマークである堂々とした演技と繊細な感情は、その役柄に適している」と批評している[79]。また、『Tamasha』でフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた[80]

2016年にカラン・ジョーハルの『心〜君がくれた歌〜英語版』に出演し、失敗作が続いたランビールのキャリアは好転した。同作は報われない男女の恋を描いた恋愛映画であり、アヌシュカ・シャルマ、アイシュワリヤー・ラーイと共演した。また、2016年のボリウッド映画で最も収益を上げた作品の一つとなった[81][82]。バラエティ誌のジョー・レイドン英語版は「カプールは脆弱性と利己性のバランスを取ろうと努力しているが、忌々しいエラーを起こすことが度々ある」と批評している[83]。また、フィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた[84]

2017年にアヌラーグ・バスの『Jagga Jasoos』では共同プロデューサー、主演を務め、ランビールは行方不明の義父を探すティーンエイジャーを演じた[85]。同作の製作は難航し、2014年に撮影が始まったものの数度にわたる脚本の変更や再撮影、共演者で当時交際中だったカトリーナ・カイフとの不和が重なり公開日が度々延期された(撮影終了前にカトリーナとは破局している)[86][87]ファーストポストアンナ・M・M・ヴェティカド英語版はランビールの演技を賞賛したが、彼をティーンエイジャーの学生役にキャスティングした点は批判している[88]。同作は興行的に失敗し、ランビールはプロダクションの失敗について後悔の念を述べている[87][89]

2018年にラージクマール・ヒラーニの『SANJU サンジュ』に出演した。同作はサンジャイ・ダットの半生を描いた伝記映画であり、ランビールはサンジャイ役を演じた[90]。ランビールは映画が聖人伝になることを嫌い、サンジャイの動作を模倣することを避けた。彼は役作りのためサンジャイとの交流を深め、年代ごとのサンジャイを演じるために1か月間かけて肉体改造を施した[91][92]。ニューデリー・テレビジョンのサイバル・チャテルジーは、サンジャイの複雑さを上手く表現できていると述べ、「驚くほどの効果的な方法で、彼の人格をキャラクターに内包させている」と批評している[93]ミント紙英語版のウダイ・バティアは、サンジャイの悪印象にも関わらず、彼が同情的に描かれている点を批判したが、ランビールの演技を賞賛している[94]。同作はランビールのスター俳優としての地位を再確立させ[95][96]、興行収入58億ルピーを記録するヒット作となった[97]。また、彼はフィルムフェア賞最優秀主演男優賞を受賞している[98]

人物[編集]

女性関係[編集]

ランビールは両親の結婚生活を通して、異性との関係構築の難しさを学んだと語っている[9]。彼は7年生の時に初めて女性と交際したが、関係が終わった際に鬱病に悩まされたという[14]。『Bachna Ae Haseeno』撮影中の2008年から共演者のディーピカー・パードゥコーンと交際を始めた[99]。2人の交際はインド国内で大きな注目を集め、メディアからは「結婚間近」という報道が出るようになったものの[100]、1年後にディーピカーとは破局している[101]。ランビールは「円満に別れた」と語っているが、メディアは「ランビールの浮気が原因である」と報じた[102][103]。2015年の時点で2人の関係は修復されており、映画で共演するなど一定の交流がある[104]。ディーピカーと別れて以降、ランビールは自分のプライベートについて口外することを避けるようになった[9][102][105]

『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』撮影中の2009年に共演者カトリーナ・カイフとの交際が報じられた[106][107]。2013年8月にはスペインのビーチでのツーショット写真が、スターダスト誌英語版でスクープされた[108]。ランビールは交際報道についてコメントすることを避けていたが[109]、2015年にカトリーナとの交際を公式に認めている[110]。しかし、2016年2月には2人が破局したと報じられた[111]。2018年からは『Brahmāstra』で共演したアーリヤー・バットと交際を始めた[112]

慈善活動[編集]

「Marks for Sports」のイベントに出席するランビール・カプール(2012年)
第18回インド国際児童映画祭英語版で取材に応じるランビール・カプール、グルザール英語版(2013年)

ランビールはフットボール愛好家としても知られており、慈善団体の援助も行っている。彼は慈善事業の資金調達を目的としたセレブリティ・フットボール・クラブである「オールスターズ・フットボール・クラブ」の副キャプテンを務め[113]、2013年3月に児童支援を行っているNGO団体への支援を目的とした試合を開催した[114]。2014年にビマル・パレークと共同でムンバイ・シティFCの所有権を取得し[115][116]、同時にジオサーヴン英語版のコンテンツ・プログラミング・アドバイザーに就任した[117]。2016年にはドキュメンタリー・シリーズ『Girls with Goals』に出演してジャールカンド州で活動する女子サッカーチームのユーワ・インディア英語版への支援を呼びかけ、援助資金を集めた[118]

女児のエンパワーメントを支援しており、シャバーナー・アーズミーが運営するNGO団体「Mijwan Welfare Society」の親善大使を務めている[119]。また、環境活動にも関心を持ち、2011年にペプシコが運営する「Community Water Initiative」に活動資金を寄付している[120]。2012年にはゾーヤー・アクタルが製作した短編映画に他の著名人と共に出演し、乳癌に関する啓発活動を行った[121]。この他にインド国内の健康促進運動を展開するニューデリー・テレビジョンの「Marks for Sports」のキャンペーン大使も務めている[122]。2013年にeBayのオークションに出品し、最高入札者にはランビールと交流する権利が与えられた。彼はオークションで得た利益をウッタラーカンド州の洪水被害英語版の被災者救援のためにセーブ・ザ・チルドレンに全額寄付している[123]。同年にはインド国立映画開発公社が製作したコマーシャルに他の著名人と共に出演し、子供の教育に関する啓発活動を行った[124]。2014年には再びeBayのオークションで『Rockstar』で使用した衣装を出品し、収益を洪水被害を受けたジャンムー・カシミール州アッサム州の復興支援のために寄付した[125]。また、2015年4月に発生したネパール地震の被災者支援のための募金活動を主催している[126]。2015年にはモンスーンの時期に活動するムンバイ交通警察のために2000着のレインコートを寄付している[127]。2018年にアーミル・カーンの「Paani Foundation」と協力し、マハーラーシュトラ州の干ばつ被害を受けた農村の支援活動を行った[128]

メディア[編集]

インディアン・アイドル英語版』に出演するランビール・カプール(2012年)

ボリウッドの名家に生まれたランビールは、幼少期からメディアの注目を集めていた。ヒンドゥスタン・タイムズ英語版は「彼は常にスター・キッドであり、誰もが大きな期待を寄せていた」と述べている[129]。俳優デビュー作『Saawariya』は興行的な失敗だったが、インド=アジアン・ニュース・サービス英語版は「彼は『Raajneeti』『Rockstar』『バルフィ! 人生に唄えば』などの映画で見せた説得力のある演技によって、映画世界を流星のように駆け上った」と述べている[130]。2013年にダルマ・プロダクション英語版最高執行責任者アプールヴァ・メータは、ランビールの商業的可能性について「10本という短いキャリアの中で、ランビール・カプールはその映画ビジネスで大きなジャンプを成し遂げました」と評価している。同年にはエコノミック・タイムズ英語版から「彼の世代の中で最も利益を生み出す俳優」と評された[131]。しかし、『若さは向こう見ず』が成功して以降の出演作は興行的な不振が続くようになった[78]。これはランビールの実験的映画への出演により、彼の商業的な魅力に悪影響が出たためと分析されている[132]

ランビールはインド国内で最も人気があり、かつ著名な人物の一人である[133]。2012年と2013年にフォーブス・インディアが選ぶインディア・セレブリティ100でトップ20入りを果たしている[134][135]。その後の2年間で、彼は推定年収9億3250万ルピー、8億5000万ルピーでセレブリティ100の第11位にランクインし、インドで最も出演料が高額な俳優の一人になった[136][137]。また、Rediff.comが選ぶ「ボリウッド・ベスト・アクター」に度々ランクインしており、2009年に第2位[138]、2011年に第1位[139]、2012年に第3位[140]、2015年に第6位にそれぞれ選ばれている[141]

また、複数のメディアによってインドで最も魅力的なセレブリティの一人として取り上げられている[142]。2010年から2015年までの間、ザ・タイムズ・オブ・インディアが選ぶ「最も好ましい男性」で毎年トップ10入りしていた[143]。2009年にピープル誌が選ぶ「インドの最もセクシーな男」に選出され[144]、2013年にはフィルムフェアが選ぶ「最もスタイリッシュな若手俳優」で第1位にランクインした[145]。同年にはリムカ公式記録英語版のピープル・オブ・ザ・イヤーに選ばれている[146]。2010年にイースタン・アイの「最もセクシーなアジア人」に選ばれ[147]、2011年から2014年にかけてトップ10入りを果たした[148]。また、ペプシコーラパナソニックルノー・インディア英語版レノボFCバルセロナなど複数の企業のエンドーサーとなっている[149]

フィルモグラフィー[編集]

『Raajneeti』記者会見に出席するランビール・カプール(2010年)
『バルフィ! 人生に唄えば』プロモーション中のイリアナ・デクルーズ、ランビール・カプール、プリヤンカー・チョープラー(2012年)

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Ranbir Kapoor-Happy B'day Ranbir”. The Times of India. (2009年4月8日). オリジナルの2011年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110713025517/http://photogallery.indiatimes.com/articleshow/5062162.cms 2011年3月13日閲覧。 
  2. ^ Jain, Madhu (2006年2月2日). “Bollywood's First Family”. Rediff.com. 2011年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月14日閲覧。
  3. ^ Parande, Shweta (2010年4月25日). “Kapoor kids who stayed away from Bollywood”. CNN-IBN. 2013年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月14日閲覧。
  4. ^ Mirani, Indu (2006年1月7日). “Chintu already has tears in his eyes”. Daily News and Analysis. オリジナルの2013年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130430233726/http://www.dnaindia.com/entertainment/1006129/report-chintu-already-has-tears-in-his-eyes 2013年2月14日閲覧。 
  5. ^ Ranbir, Karisma: Kapoor dance-off”. NDTV. 2013年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月14日閲覧。
  6. ^ a b c Gupta, Priya (2012年10月1日). “I have quit smoking as it also lowers your mojo: Ranbir Kapoor”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-10-01/news-interviews/34178156_1_ranbir-kapoor-mother-raj-kapoor 2013年7月12日閲覧。 
  7. ^ Nagpaul D'Souza, Dipti (2009年10月2日). “I would always get punished by my teachers: Ranbir Kapoor”. The Indian Express. http://www.indianexpress.com/news/i-would-always-get-punished-by-my-teachers-ranbir-kapoor/524190/0 2013年2月14日閲覧。 
  8. ^ Bhardwaj, Vijendra (2018年5月31日). “#GQExclusive: Ranbir Kapoor opens up about reviving the RK banner, his sneaker obsession and Alia Bhatt”. GQ. オリジナルの2018年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180615023330/https://www.gqindia.com/content/ranbir-kapoor-gq-interview/ 2018年6月18日閲覧。 
  9. ^ a b c d e Pradhan, Kunal (2011年10月23日). “Sadda haq”. Mumbai Mirror. オリジナルの2014年2月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222054756/http://www.mumbaimirror.com/others/sunday-read/Sadda-haq/articleshow/16174740.cms 2013年7月12日閲覧。 
  10. ^ a b c Masand, Rajeev (2007年10月1日). “As a kid, I used to be petrified of dad”. CNN-IBN. 2013年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月28日閲覧。
  11. ^ a b c Bamzai, Kaveree (2010年6月11日). “Ranbir Kapoor: The Natural”. India Today. オリジナルの2013年9月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130901135438/http://indiatoday.intoday.in/story/ranbir-kapoor-the-natural/1/101164.html 2013年8月19日閲覧。 
  12. ^ Roy, Gitanjali (2012年9月28日). “Who is Ranbir Kapoor?”. NDTV. 2013年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月12日閲覧。
  13. ^ “The irresistible Ranbir Kapoor”. India Today. オリジナルの2013年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130715161957/http://indiatoday.intoday.in/gallery/ranbir-kapoor/7/9610.html 2013年7月12日閲覧。 
  14. ^ a b Jha, Subhash K. (2009年10月18日). “Ranbir was Raj Kapoor's favourite”. The Times of India. オリジナルの2013年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131227071504/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-10-18/news-interviews/28060719_1_ranbir-kapoor-raj-kapoor-hindi-films 2013年7月12日閲覧。 
  15. ^ 'I'm a bit scared'”. Rediff.com (2007年10月9日). 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月12日閲覧。
  16. ^ Giridharadas, Anand (2007年8月8日). “Hollywood Starts Making Bollywood Films in India”. The New York Times. オリジナルの2013年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131005005003/http://www.nytimes.com/2007/08/08/movies/08boll.html?_r=0 2013年7月12日閲覧。 
  17. ^ Pandohar, Jaspreet (2007年11月11日). “BBC Movies review — Saawariya (beloved)”. BBC. 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月12日閲覧。
  18. ^ Masand, Rajeev (2007年11月11日). “Saawariya fails to strike a chord”. CNN-IBN. 2013年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月12日閲覧。
  19. ^ Box Office 2007”. Box Office India. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月8日閲覧。
  20. ^ a b c d Ranbir Kapoor: Awards”. Bollywood Hungama. 2013年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月4日閲覧。
  21. ^ Ganguly, Prithwish (2008年8月10日). “Though Saawariya flopped, I got offers”. Daily News and Analysis. オリジナルの2013年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004235016/http://www.dnaindia.com/entertainment/1182521/report-though-saawariya-flopped-i-got-offers 2012年1月1日閲覧。 
  22. ^ Box Office 2008”. Box Office India. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  23. ^ Saltz, Rachel (2008年8月16日). “Love in Transition”. The New York Times. オリジナルの2017年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170731090724/http://www.nytimes.com/2008/08/16/movies/16bach.html?_r=0 2014年7月7日閲覧。 
  24. ^ “Ranbir's 'title' role”. Mail Today. (2009年8月23日). オリジナルの2014年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140611052905/http://www.highbeam.com/doc/1G1-206496476.html 2013年8月19日閲覧。 
  25. ^ Wake Up Sid wows critics and masses alike!”. Hindustan Times (2009年10月5日). 2018年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月24日閲覧。
  26. ^ Adarsh, Taran (2009年10月2日). “Wake Up Sid (2009) - Hindi movie critic review by Taran Adarsh”. Bollywood Hungama. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月25日閲覧。
  27. ^ Box Office 2009”. Box Office India. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月28日閲覧。
  28. ^ Malani, Gaurav (2009年11月6日). “Ajab Prem Ki Ghazab Kahani: Movie Review”. The Economic Times. オリジナルの2014年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140724222958/http://articles.economictimes.indiatimes.com/2009-11-06/news/27637022_1_prem-rajkumar-santoshi-katrina-kaif 2012年7月6日閲覧。 
  29. ^ a b “Rajneeti is my first mature role: Ranbir”. India Today. (2009年11月11日). オリジナルの2012年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120127063219/http://indiatoday.intoday.in/story/Rajneeti%20is%20my%20first%20mature%20role%3A%20Ranbir/1/70314.html 2012年5月2日閲覧。 
  30. ^ Shekhar, Mayank (2009年12月12日). “Mayank Shekhar's review: Rocket Singh”. Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/movie-reviews/mayank-shekhar-s-review-rocket-singh/story-EBvb2S3qHf8jcrrRy8Hp8O.html 2010年5月22日閲覧。 
  31. ^ “Rocket Singh falls flat at the box-office”. Hindustan Times. (2009年12月15日). オリジナルの2017年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171030122108/http://www.hindustantimes.com/india/rocket-singh-falls-flat-at-the-box-office/story-isbETa2HV2uyTnSHDMN3RL.html 2010年1月12日閲覧。 
  32. ^ Patel, Devansh (2010年9月18日). “"I don't mind working with Shimit or Siddharth again" - Ranbir Kapoor: Part 2”. Bollywood Hungama. 2014年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月19日閲覧。
  33. ^ Ranbir Kapoor: Awards & nominations”. Bollywood Hungama. 2010年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月23日閲覧。
  34. ^ Lahiri, Tripti (2010年6月4日). “'Rajneeti': 'Mahabharat', 'Godfather', in Bhopal”. The Wall Street Journal. オリジナルの2013年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131015075752/https://blogs.wsj.com/indiarealtime/2010/06/04/rajneeti-mahabharat-godfather-set-in-bhopal/ 2013年8月10日閲覧。 
  35. ^ Kazmi, Nikhat (2010年6月3日). “Raajneeti movie review”. The Times of India. オリジナルの2012年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120820214326/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/movie-reviews/hindi/Raajneeti/movie-review/6007822.cms 2010年6月3日閲覧。 
  36. ^ Abele, Robert (2010年6月3日). “Movie review: 'Raajneeti'”. Los Angeles Times. オリジナルの2013年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130731143406/http://articles.latimes.com/2010/jun/03/entertainment/la-et-movie-review-raajneeti-0604 2013年8月10日閲覧。 
  37. ^ Kotwani, Hiren (2010年6月4日). “Can Raajneeti recover its Rs 60 crore investment?”. Hindustan Times. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月21日閲覧。
  38. ^ Top Lifetime Grossers Worldwide”. Box Office India. 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月9日閲覧。
  39. ^ Box Office 2010”. Box office India. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月14日閲覧。
  40. ^ Agarwal, Vibhuti (2010年10月1日). “Review Roundup: ‘Anjaana Anjaani’”. The Wall Street Journal. オリジナルの2016年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160312000239/https://blogs.wsj.com/indiarealtime/2010/10/01/movie-review-roundup-anjaana-anjaani/ 2016年3月8日閲覧。 
  41. ^ Masand, Rajeev (2010年10月8日). “'Anjaana Anjaani' is deathly boring”. CNN-IBN. 2010年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月10日閲覧。
  42. ^ Chopra, Anupama (2010年10月1日). “Review: Anjaana Anjaani”. NDTV. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月14日閲覧。
  43. ^ Dedhia, Sonil (2011年10月19日). “Ranbir: I want to be India's biggest star”. Rediff.com. 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月8日閲覧。
  44. ^ Udasi, Harshikka (2011年10月21日). “Rock and role”. The Hindu. オリジナルの2012年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120429070740/http://www.thehindu.com/life-and-style/metroplus/article2558678.ece 2012年3月31日閲覧。 
  45. ^ “Rockstar Ranbir rocks at a live concert in Mumbai”. The Economic Times. (2011年11月2日). オリジナルの2013年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004234608/http://articles.economictimes.indiatimes.com/2011-11-02/news/30350143_1_katiyan-karun-kun-faaya-kun-nadaan-parinde 2012年3月31日閲覧。 
  46. ^ “Critics' report: Rockstar gets mixed reviews”. Hindustan Times. (2011年11月11日). オリジナルの2017年4月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170405050619/http://www.hindustantimes.com/bollywood/critics-report-rockstar-gets-mixed-reviews/story-o1QhBqk2FeLrnNtoZikmfK.html 2014年7月10日閲覧。 
  47. ^ Guha, Aniruddha (2011年11月11日). “Review: Rockstar brings music back to our films”. Daily News and Aanlysis. オリジナルの2013年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004230957/http://www.dnaindia.com/entertainment/1610801/review-review-rockstar-is-as-fulfilling-as-an-effective-crescendo 2013年7月12日閲覧。 
  48. ^ Top All Time Worldwide Grossers Updated 11/5/2012”. Box Office India (2012年5月11日). 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月13日閲覧。
  49. ^ Ranbir Kapoor enters the Rs 100 crore club with Barfi!”. CNN-IBN (2012年10月3日). 2012年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月21日閲覧。
  50. ^ Top Ten Worldwide Grossers 2012”. Box Office India (2013年1月17日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月21日閲覧。
  51. ^ “Critics Verdict: Ranbir Kapoor's Barfi! is a must watch”. Hindustan Times. (2012年9月13日). オリジナルの2018年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180708081515/https://www.hindustantimes.com/bollywood/critics-verdict-ranbir-kapoor-s-barfi-is-a-must-watch/story-6M7FQ741q11U4TKdq2YP0N.html 2013年7月12日閲覧。 
  52. ^ Scheib, Ronnie (2012年9月17日). “Review: "Barfi!"”. Variety. オリジナルの2013年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130326084332/http://variety.com/2012/film/reviews/barfi-1117948356/ 2013年1月21日閲覧。 
  53. ^ Sen, Raja (2012年9月14日). “Review: Barfi! is magical but deeply flawed”. Rediff.com. 2012年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月14日閲覧。
  54. ^ Dubey, Bharti (2012年9月22日). “‘Barfi!’ to represent India at Oscars”. The Times of India. オリジナルの2012年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121007075519/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-09-23/news-interviews/34040221_1_rajmouli-s-eega-official-entry-anhey-ghorhey-da-daan 2012年9月23日閲覧。 
  55. ^ “‘Barfi!’ gets standing ovation at Busan”. The Hindu. (2012年10月14日). オリジナルの2012年12月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121218000917/http://www.thehindu.com/arts/cinema/barfi-gets-standing-ovation-at-busan/article3996667.ece 2012年12月15日閲覧。 
  56. ^ Mangaokar, Shalvi. “Priyanka Chopra on a roll at Marrakech Film Festival”. Hindustan Times. オリジナルの2017年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171030122115/http://www.hindustantimes.com/bollywood/priyanka-chopra-on-a-roll-at-marrakech-film-festival/story-oFUfxmwywvoBmcWRYiEKML.html 2012年1月21日閲覧。 
  57. ^ Babar, Ayesha (2013年5月31日). “Behind the scenes: A heartfelt interview with Ranbir Kapoor”. The Express Tribune. オリジナルの2013年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130809005048/http://blogs.tribune.com.pk/story/17502/behind-the-scenes-a-heartfelt-interview-with-ranbir-kapoor/ 2013年8月19日閲覧。 
  58. ^ Joshi, Sonali (2011年9月22日). “Estranged lovers Ranbir Kapoor and Deepika Padukone unite on screen again”. India Today. オリジナルの2012年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121105145836/http://indiatoday.intoday.in/story/ranbir-kapoor-and-deepika-padukone-unite-on-screen/1/152214.html 2013年3月30日閲覧。 
  59. ^ Risbood, Vaibhavi (2013年6月1日). “Younger generation should learn from Ranbir & Deepika: Ayan”. The Times of India. オリジナルの2013年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130618173542/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-06-01/news-interviews/39674323_1_ayan-mukerji-yeh-jawaani-hai-deewani-deepika-padukone 2013年7月12日閲覧。 
  60. ^ Top Worldwide Grossers All Time”. Box Office India. 2018年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月5日閲覧。
  61. ^ “Yeh Jawaani Hai Deewani is Ranbir Kapoor, Deepika Padukone's biggest hit”. The Indian Express. (2013年7月1日). オリジナルの2013年7月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130716115517/http://www.indianexpress.com/news/yeh-jawaani-hai-deewani-is-ranbir-kapoor-deepika-padukone-s-biggest-hit/1127672 2013年7月1日閲覧。 
  62. ^ “59th Idea Filmfare Awards Nominations”. Filmfare. (2013年1月13日). オリジナルの2014年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140115044052/http://www.filmfare.com/news/59th-idea-filmfare-awards-nominations-5138.html 2014年1月14日閲覧。 
  63. ^ “Critics' review: Yeh Jawaani Hai Deewani is riddled with clichés”. Hindustan Times. (2013年5月31日). オリジナルの2015年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151222143942/http://www.hindustantimes.com/bollywood/critics-review-yeh-jawaani-hai-deewani-is-riddled-with-cliches/story-oJ42cqGvHsPaDwUcMS746O.html 2013年6月15日閲覧。 
  64. ^ Joshi, Tushar (2013年5月31日). “Review: Yeh Jawani Hai Deewani will resonate with everyone”. Daily News and Analysis. 2013年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月31日閲覧。
  65. ^ Thakkar, Mehul (2013年8月16日). “Ranbir Kapoor juggling between the Kashyap brothers”. The Times of India. オリジナルの2013年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130819042936/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-08-16/news-interviews/41417354_1_besharam-bombay-velvet-abhinav 2013年8月19日閲覧。 
  66. ^ Kaushal, Sweta (2013年10月2日). “Critics' review: Besharam an experiment for Ranbir in action-comedy genre”. Hindustan Times. オリジナルの2016年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160820122658/http://www.hindustantimes.com/bollywood/critics-review-besharam-an-experiment-for-ranbir-in-action-comedy-genre/story-eo4r7uNrVX2B8C6aWY7okJ.html 2013年10月8日閲覧。 
  67. ^ Kamath, Sudhish (2013年10月5日). “Besharam: Kapoor's hall of shame”. The Hindu. オリジナルの2013年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131008014656/http://www.thehindu.com/features/cinema/cinema-reviews/besharam-kapoors-hall-of-shame/article5204126.ece 2013年10月8日閲覧。 
  68. ^ “Ranbir Kapoor's 'Besharam' flops at box office, collects only Rs 47.31 cr in 5 days”. The Financial Express. (2013年10月8日). オリジナルの2013年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131009212336/http://www.financialexpress.com/news/ranbir-kapoors-besharam-flops-at-box-office-collects-only-rs-47.31-cr-in-5-days/1179418 2013年10月8日閲覧。 
  69. ^ Tanwar, Sarita A. (2015年2月13日). “'Roy' review: Not even a hot Ranbir Kapoor or a sexy Jacqueline Fernandez can save this pretentious snoozefest!”. Daily News and Analysis. オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924222942/http://www.dnaindia.com/entertainment/review-roy-review-not-even-ranbir-or-jacqueline-can-save-this-pretentious-snoozefest-2060670 2015年2月13日閲覧。 
  70. ^ Ranbir Kapoor starrer Bombay Velvet postponed to May 2015”. Bollywood Hungama (2014年8月22日). 2014年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月22日閲覧。
  71. ^ Subramanian, Archana (2015年5月9日). “I know I have to deliver now: Ranbir Kapoor”. The Hindu. オリジナルの2018年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180708081515/https://www.thehindu.com/features/cinema/i-know-i-have-to-deliver-now-ranbir-kapoor/article7188174.ece 2016年1月21日閲覧。 
  72. ^ Malvania, Urvi (2015年5月16日). “Rough start to Bombay Velvet at the box office”. Business Standard. オリジナルの2015年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150519020825/http://www.business-standard.com/article/companies/rough-start-to-bombay-velvet-at-box-office-115051600797_1.html 2015年5月20日閲覧。 
  73. ^ Bhatia, Ritika (2015年5月16日). “Film Review: The Great Gatsby meets the Goodfellas in Anurag Kashyap's Bombay Velvet”. Business Standard. オリジナルの2015年5月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150518050843/http://www.business-standard.com/article/specials/film-review-the-great-gatsby-meets-the-goodfellas-in-anurag-kashyap-s-bombay-velvet-115051501031_1.html 2015年5月20日閲覧。 
  74. ^ Roy, Gitanjali (2015年8月12日). “Bombay Velvet Loved by 8600 People in Locarno, Says Anurag Kashyap”. NDTV. 2016年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月19日閲覧。
  75. ^ Kil, Sonia (2015年6月16日). “Bucheon Festival Shrugs Off MERS Threat, Unveils 200 Genre Film Lineup”. Variety. オリジナルの2016年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160202114611/http://variety.com/2015/film/news/bucheon-festival-lineup-1201520548/ 2016年1月19日閲覧。 
  76. ^ Sarkar, Suparno (2015年11月27日). “'Tamasha' review roundup: What critics have to say about Ranbir Kapoor-Deepika Padukone starrer”. International Business Times. 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月6日閲覧。
  77. ^ Box Office: Tamasha flops”. Rediff.com. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月8日閲覧。
  78. ^ a b Bakshi, Dibyojyoti (2015年12月4日). “Ranbir Kapoor passed, but 'Tamasha' failed: A trade analysis”. Firstpost. 2016年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月8日閲覧。
  79. ^ Tsering, Lisa (2015年11月11日). “'Tamasha': Film Review”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2016年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160326204040/http://www.hollywoodreporter.com/review/tamasha-film-review-844131 2016年3月8日閲覧。 
  80. ^ “Nominations for the 61st Britannia Filmfare Awards”. Filmfare. (2016年1月11日). オリジナルの2016年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160313214719/http://www.filmfare.com/news/nominations-for-the-61st-britannia-filmfare-awards-11809.html 2016年1月13日閲覧。 
  81. ^ “Ae Dil Hai Mushkil: Ranbir Kapoor plays a singer; all songs are sung by Arijit Singh!”. Daily News and Analysis. (2016年9月5日). オリジナルの2016年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160907183928/http://www.dnaindia.com/entertainment/report-ae-dil-hai-mushkil-ranbir-kapoor-plays-a-singer-all-songs-are-sung-by-arijit-singh-2251933 2016年9月7日閲覧。 
  82. ^ Top India Total Nett Grossers 2016”. Box Office India. 2017年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  83. ^ Leydon, Joe (2016年10月28日). “Film Review: ‘Ae Dil Hai Mushkil’”. Variety. オリジナルの2016年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161029110812/http://variety.com/2016/film/reviews/ae-dil-hai-mushkil-review-1201903527/ 2016年1月14日閲覧。 
  84. ^ “62nd Jio Filmfare Awards 2017 Nominations”. Filmfare. (2017年1月9日). オリジナルの2017年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170113122217/http://www.filmfare.com/news/nominations-for-the-62nd-jio-filmfare-awards-17987.html 2017年1月13日閲覧。 
  85. ^ Patel, Devansh (2013年9月27日). “Ranbir Kapoor to play a teenager in Jagga Jasoos”. Hindustan Times. オリジナルの2015年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151023144347/http://www.hindustantimes.com/bollywood/ranbir-kapoor-to-play-a-teenager-in-jagga-jasoos/story-U3IEk1QY65dauv8FuOrvEN.html 2013年10月1日閲覧。 
  86. ^ Jagga Jasoos: Twists, turns and another release date”. Rediff.com (2017年5月24日). 2017年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月3日閲覧。
  87. ^ a b Cain, Rob (2017年7月22日). “'Jagga Jasoos' Jilted By Audience With Devastating 85% Friday-To-Friday Plunge”. Forbes. オリジナルの2017年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170803221730/https://www.forbes.com/sites/robcain/2017/07/22/jagga-jasoos-jilted-by-audience-with-devastating-85-friday-to-friday-plunge/#72ee69ef42b8 2017年8月3日閲覧。 
  88. ^ Vetticad, Anna M (2017年7月14日). “Jagga Jasoos movie review: Ranbir-Katrina’s bow to Broadway is a laudable experiment that zigzags off course”. オリジナルの2017年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170803221714/http://www.firstpost.com/entertainment/jagga-jasoos-movie-review-ranbir-katrinas-bow-to-broadway-is-a-laudable-experiment-that-zigzags-off-course-3812855.html 2017年8月3日閲覧。 
  89. ^ “'My father wanted to protect me' says Ranbir Kapoor on Rishi Kapoor blaming Anurag Basu & Pritam for failure of Jagga Jasoos”. Daily News and Analysis. (2017年8月10日). オリジナルの2017年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170811060819/http://www.dnaindia.com/bollywood/report-my-father-wanted-to-protect-me-says-ranbir-kapoor-on-rishi-kapoor-blaming-anurag-basu-pritam-for-failure-of-jagga-jasoos-2525595 2017年8月10日閲覧。 
  90. ^ “Biopic 'Sanju' spotlights troubled life of Bollywood's Sanjay Dutt”. The Straits Times. (2018年6月28日). オリジナルの2018年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180629211511/https://www.straitstimes.com/lifestyle/entertainment/biopic-sanju-spotlights-troubled-life-of-bollywoods-sanjay-dutt 2018年6月29日閲覧。 
  91. ^ Basu, Nilanjana (2018年6月29日). “Ranbir Kapoor On Transforming Into Sanju: 'Would Call Sanjay Dutt In The Middle Of The Night'”. NDTV. 2018年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月29日閲覧。
  92. ^ Mathur, Kajol (2018年4月27日). “Ranbir Kapoor’s Sanju teaser crosses 30 million on YouTube in 48 hours”. Hindustan Times. オリジナルの2018年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180708081514/https://www.filmfare.com/news/bollywood/ranbir-kapoors-sanju-teaser-crosses-30-million-on-youtube-in-48-hours-27902-1.html 2018年6月29日閲覧。 
  93. ^ Chatterjee, Saibal (2018年6月29日). “Sanju Movie Review: Ranbir Kapoor Dazzles As Sanjay Dutt, Other Actors Scramble To Keep Up”. NDTV. 2018年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月29日閲覧。
  94. ^ Bhatia, Uday (2018年6月29日). “Movie Review: ‘Sanju’”. Mint. オリジナルの2018年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180629115832/https://www.livemint.com/Consumer/jA1MafVd2TiiZ0yhG1TsvO/Movie-Review-Sanju.html 2018年6月29日閲覧。 
  95. ^ Sanju Heading Towards Highest Nett Grosser For Hindi Industry”. Box Office India (2018年7月2日). 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月3日閲覧。
  96. ^ Ranbir Kapoor claims Box Office top spot with Sanju; film mints over Rs 120 crores in the opening weekend”. Zee News (2018年7月2日). 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月3日閲覧。
  97. ^ Box Office: Sanju is now the 6th highest Bollywood grosser worldwide”. Bollywood Hungama (2018年7月27日). 2018年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月28日閲覧。
  98. ^ “Winners of the 64th Vimal Filmfare Awards 2019”. Filmfare. (2019年3月23日). オリジナルの2019年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190323165124/https://www.filmfare.com/news/bollywood/all-winners-of-the-64th-vimal-filmfare-awards-2019_-33004-3.html 2019年3月23日閲覧。 
  99. ^ I've been dating Deepika for a few weeks: Ranbir Kapoor”. Sify.com (2008年3月17日). 2010年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月2日閲覧。
  100. ^ Drum. Drum Publications (East Africa). (2008). p. 98. オリジナルの14 November 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131114120425/http://books.google.com/books?id=_OosAQAAIAAJ 
  101. ^ “My mother was not the reason for break-up with Deepika: Ranbir Kapoor”. India Today. (2013年3月31日). オリジナルの2013年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130601095016/http://indiatoday.intoday.in/story/my-mother-was-not-the-reason-for-break-up-with-deepika-says-ranbir-kapoor/1/277769.html 2013年3月31日閲覧。 
  102. ^ a b I will not keep my personal life open to everyone: Ranbir Kapoor”. CNN-IBN (2013年5月24日). 2013年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。
  103. ^ “He cheated on me: Deepika”. Hindustan Times. (2010年9月28日). オリジナルの2015年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151117171344/http://www.hindustantimes.com/tabloid/he-cheated-on-me-deepika/story-Yb1QlWYJgHy9rIyGhoaWJP.html 2013年9月4日閲覧。 
  104. ^ “Ranbir Kapoor: What I don’t like about Deepika is that she is a flirt”. The Times of India. (2015年11月17日). オリジナルの2015年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151119051913/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ranbir-Kapoor-What-I-dont-like-about-Deepika-is-that-she-is-a-flirt/articleshow/49801768.cms 2015年11月19日閲覧。 
  105. ^ Tanwar, Sarita (2011年10月4日). “I want to be in a relationship: Ranbir Kapoor”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-10-04/news-interviews/30238874_1_ranbir-kapoor-link-ups-rockstar-and-barfee 2013年8月3日閲覧。 
  106. ^ Mirani, Indu (2010年6月2日). “I want to be loved: Katrina”. The Times of India. オリジナルの2016年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160215052806/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news-interviews/i-want-to-be-loved-katrina/articleshow/5997720.cms 2014年6月25日閲覧。 
  107. ^ Pradhan, Bharathi S. (2010年11月14日). “Single Sallu’s a friendly ex”. The Telegraph. オリジナルの2014年7月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714174001/http://www.telegraphindia.com/1101114/jsp/7days/story_13174492.jsp 2014年6月25日閲覧。 
  108. ^ Singh, Harneet (2013年8月2日). “Ranbir, Katrina's holiday photos: The anatomy of leaked pictures”. The Indian Express. オリジナルの2013年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130804222635/http://www.indianexpress.com/news/ranbir-katrinas-holiday-photos-the-anatomy-of-leaked-pictures/1150009/0 2013年8月3日閲覧。 
  109. ^ Gupta, Priya (2013年9月6日). “I can give my life for my family, Ayan and Katrina: Ranbir Kapoor”. The Times of India. オリジナルの2017年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171030122127/https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news-interviews/I-can-give-my-life-for-my-family-Ayan-and-Katrina-Ranbir-Kapoor/articleshow/22334002.cms 2013年7月6日閲覧。 
  110. ^ “Ranbir admits relationship with Katrina, to tie knot next year”. The Times of India. (2015年5月10日). オリジナルの2015年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150513235108/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ranbir-admits-relationship-with-Katrina-to-tie-knot-next-year/articleshow/47223267.cms 2015年12月30日閲覧。 
  111. ^ “Katrina Kaif admits she’s single!”. The Times of India. オリジナルの2016年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160209200106/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/Katrina-Kaif-admits-shes-single/photostory/50880269.cms 2016年2月22日閲覧。 
  112. ^ Sethi, Shikha. “Ranbir Kapoor opens up about reviving the RK banner, his sneaker obsession and Alia Bhatt”. GQ India. オリジナルの2018年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180615023330/https://www.gqindia.com/content/ranbir-kapoor-gq-interview/ 2018年9月11日閲覧。 
  113. ^ Ranbir Kapoor wants world class football stadium in Mumbai”. NDTV (2013年3月28日). 2013年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月2日閲覧。
  114. ^ Singh, Harneet (2013年3月31日). “Cricketers win but Ranbir Kapoor steals the show”. The Indian Express. オリジナルの2013年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130604054034/http://www.indianexpress.com/news/cricketers-win-but-ranbir-kapoor-steals-the-show/1095581/ 2013年8月3日閲覧。 
  115. ^ Basu, Saumyajit (2014年4月14日). “Stars embrace soccer through Indian Super League”. The Times of India. オリジナルの2014年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140609215152/http://timesofindia.indiatimes.com/sports/football/indian-super-league/top-stories/Stars-embrace-soccer-through-Indian-Super-League/articleshow/33712666.cms 2014年7月6日閲覧。 
  116. ^ “Ranbir Kapoor's Mumbai City Football Club to play all home games at D Y Patil Stadium”. Daily News and Analysis. (2014年8月30日). オリジナルの2014年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140903141552/http://www.dnaindia.com/entertainment/report-ranbir-kapoor-s-mumbai-city-football-club-to-play-all-home-games-at-d-y-patil-stadium-2014872 2014年8月31日閲覧。 
  117. ^ “Ranbir Kapoor teams up with online digital music company Saavn”. The Times of India. (2014年8月20日). オリジナルの2014年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140822195315/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ranbir-Kapoor-teams-up-with-online-digital-music-company-Saavn/articleshow/40481251.cms 2014年8月23日閲覧。 
  118. ^ “Inspirational Yuwa girls leave their mark through football”. India Today. (2016年7月8日). オリジナルの2016年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160711094613/http://indiatoday.intoday.in/story/yuwa-foundation-ngo-football-girls-team-jharkhand-ranbir-kapoor-sunil-chhetri/1/710377.html 2016年7月11日閲覧。 
  119. ^ Ranbir supports girl child empowerment”. Hindustan Times (2012年1月7日). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。(Paid subscription required要購読契約)
  120. ^ Save water, urges Ranbir”. Hindustan Times (2011年9月13日). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。(Paid subscription required要購読契約)
  121. ^ “Zoya Akhtar films for breast cancer campaign”. Hindustan Times. (2012年7月12日). オリジナルの2018年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180103073608/http://www.hindustantimes.com/entertainment/zoya-akhtar-films-for-breast-cancer-campaign/story-o1WgpTyyjakB2yBv5c3usJ.html 2013年8月3日閲覧。 
  122. ^ Ranbir Kapoor, other celebs pledge their support for Marks for Sports”. NDTV. 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月2日閲覧。
  123. ^ “Ranbir Kapoor supports charity for Uttarakhand relief”. Daily News and Analysis. (2013年7月30日). オリジナルの2013年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130803080545/http://www.dnaindia.com/entertainment/1867582/report-ranbir-kapoor-supports-charity-for-uttarakhand-relief 2013年8月3日閲覧。 
  124. ^ Ranbir, Katrina, Imran, Anushka's educational anthem”. Bollywood Hungama. 2016年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020-05-07閲覧。
  125. ^ “Ranbir Kapoor, Anushka Sharma auction costumes to raise funds for charity”. The Indian Express. (4 December 2014). オリジナルの27 June 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150627215615/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/ranbir-kapoor-anushka-sharma-auction-costumes-to-raise-funds-for-charity/ 23 April 2016閲覧。 
  126. ^ “Ranbir Kapoor, Anushka Sharma campaign for donations for Nepal”. The Indian Express. (29 April 2015). オリジナルの9 June 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150609040308/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/ranbir-kapoor-anushka-sharma-campaign-for-donations-for-nepal/ 23 April 2016閲覧。 
  127. ^ Mumbai City FC present raincoats to traffic police”. Zee News (25 July 2015). 8 December 2015時点のオリジナルよりアーカイブ。30 July 2015閲覧。
  128. ^ After Ali Bhatt, Ranbir Kapoor Joins Aamir Khan's Paani Foundation As Jal Mitra (PICS, Video)”. india.com. India. 28 May 2018時点のオリジナルよりアーカイブ。28 May 2018閲覧。
  129. ^ Kaushal, Sweta (3 June 2013). “Ranbir Kapoor shakes up Khan hegemony”. Hindustan Times. オリジナルの2017年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171030122137/http://www.hindustantimes.com/bollywood/ranbir-kapoor-shakes-up-khan-hegemony/story-YvJpFxWqCY2fI0mNPr5y4M.html 2013年8月3日閲覧。 
  130. ^ Money has never been a driving factor: Ranbir Kapoor”. NDTV (2013年1月17日). 4 May 2013時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。
  131. ^ Raghavendra, Nandini (2013年7月6日). “Brand Ranbir Kapoor on a roll: Yeh Jawaani Hai Deewani grosses Rs 95 crore”. The Economic Times. オリジナルの21 August 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130821132005/http://articles.economictimes.indiatimes.com/2013-06-06/news/39788748_1_rishi-kapoor-raj-kapoor-barfi 2013年8月3日閲覧。 
  132. ^ Thakker, Namrata (3 December 2015). “Is Ranbir's experimentation hurting his career?”. Rediff.com. 18 March 2016時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月8日閲覧。
  133. ^ Shrivastava, Priyanka (8 July 2013). “Can heartthrob Ranbir Kapoor take on the Khans?”. India Today. オリジナルの14 August 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130814113154/http://indiatoday.intoday.in/story/ranbir-kapoor-will-take-on-khans/1/279160.html 2013年8月3日閲覧。 
  134. ^ “2012 Celebrity 100 List — Forbes India”. Forbes. オリジナルの11 July 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150711071335/http://forbesindia.com/lists/2012-celebrity-100/1395/1 2013年8月3日閲覧。 
  135. ^ “2013 Celebrity 100 List — Forbes India”. Forbes. オリジナルの19 February 2014時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140219072752/http://forbesindia.com/lists/2013-celebrity-100/1439/all 8 February 2014閲覧。 
  136. ^ “2014 Celebrity 100 List — Forbes India”. Forbes. オリジナルの13 December 2014時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141213062618/http://forbesindia.com/lists/2014-celebrity-100/1489/all 13 December 2014閲覧。 
  137. ^ “2015 Celebrity 100 List — Forbes India”. Forbes. オリジナルの13 December 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151213102627/http://forbesindia.com/lists/2015-celebrity-100/1519/all 12 December 2015閲覧。 
  138. ^ Sen, Raja (31 December 2009). “Bollywood's best actors, 2009”. Rediff.com. 3 July 2013時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。
  139. ^ Sen, Raja (31 December 2011). “Bollywood's best actors, 2011”. Rediff.com. 23 October 2013時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。
  140. ^ Sen, Raja (31 December 2012). “Bollywood's best actors, 2012”. Rediff.com. 20 August 2013時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月3日閲覧。
  141. ^ Sukanya Verma's Best Actors of 2015”. Rediff.com (28 December 2015). 2015年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  142. ^ 50 Most Beautiful Indian Faces”. iDiva (9 March 2012). 2013年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  143. ^ “Times 50 Most Desirable Men of 2010: The Winners”. The Times of India. (9 January 2011). オリジナルの10 May 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160510213330/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Times-50-Most-Desirable-Men-of-2010-The-Winners/articleshow/11778138.cms 2015年12月30日閲覧。 
    “Times 50 Most Desirable Men of 2011: The Winners”. The Times of India. (4 February 2012). オリジナルの5 July 2017時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170705192605/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Times-50-Most-Desirable-Men-of-2011-The-Winners/articleshow/11757172.cms 2015年12月30日閲覧。 
    “Times top 50 Most Desirable Men of 2012”. (6 May 2013). オリジナルの12 September 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150912072811/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Times-top-50-Most-Desirable-Men-of-2012/articleshow/19895114.cms 2015年12月30日閲覧。 
    “Mahesh Babu is 2013’s most desirable man”. The Times of India. (23 May 2014). オリジナルの11 July 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150711070534/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Mahesh-Babu-most-desirable-actor-Times-50-Most-Desirable-Men/articleshow/35481316.cms 2015年12月30日閲覧。 
    “Times 50 Most Desirable Men 2014”. The Times of India. (28 April 2015). オリジナルの11 July 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150711070657/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Times-50-Most-Desirable-Men-2014/articleshow/47071834.cms 2015年12月30日閲覧。 
    “Ranveer Singh: The Most Desirable Man of 2015”. The Times of India. (3 May 2016). オリジナルの27 November 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161127055530/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ranveer-Singh-The-Most-Desirable-Man-of-2015/articleshow/52086520.cms 5 May 2016閲覧。 
  144. ^ “Ranbir Kapoor voted 'Sexiest Man Alive'”. Deccan Herald. (4 December 2009). オリジナルの30 May 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130530105747/http://www.deccanherald.com/content/39479/ranbir-kapoor-voted-sexiest-man.html 2013年8月3日閲覧。 
  145. ^ Gangwani, Rahul (29 January 2013). “Poll: Most stylish young actor — Ranbir Kapoor”. Filmfare. オリジナルの4 February 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130204012621/http://www.filmfare.com/features/poll-most-stylish-young-actor-ranbir-kapoor-2235.html 29 January 2013閲覧。 
  146. ^ “Shabana Azmi, Prabhu Deva, Ranbir Kapoor receive 'People of the Year' award”. The Indian Express. (10 April 2013). http://www.indianexpress.com/news/shabana-azmi-prabhu-deva-ranbir-kapoor-receive-people-of-the-year-award/1100408/0 6 August 2013閲覧。 
  147. ^ “Ranbir Kapoor voted Sexiest Asian Man”. The Times of India. (19 December 2010). オリジナルの2018年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180413143842/https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Ranbir-Kapoor-voted-Sexiest-Asian-Man/articleshow/7127472.cms 2015年12月30日閲覧。 
  148. ^ Hrithik Roshan tops Sexiest Asian Men list”. Rediff.com (2 December 2011). 31 December 2016時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
    Hrithik Roshan named sexiest Asian man again”. NDTV (13 December 2012). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
    “Ali Zafar beats Hrithik Roshan to 'Sexiest Asian Man On The Planet' title”. Deccan Chronicle. (12 December 2013). オリジナルの18 March 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160318110444/http://www.deccanchronicle.com/131211/entertainment-bollywood/article/ali-zafar-beats-hrithik-roshan-sexiest-asian-man-planet-title 2015年12月30日閲覧。 
    “World's top 10 sexiest Asian men, Hrithik Roshan rules the chart”. Deccan Chronicle. (12 December 2014). オリジナルの21 April 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160421084656/http://www.deccanchronicle.com/141211/entertainment-bollywood/gallery/top-10-worlds-sexiest-asian-men-hrithik-roshan-rules-chart 2015年12月30日閲覧。 
  149. ^ “Top Bollywood actors & their brand endorsements in 2011”. The Economic Times. (22 December 2011). オリジナルの30 June 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130630094053/http://articles.economictimes.indiatimes.com/2011-12-22/news/30547000_1_endorsements-kwan-entertainment-small-screen-actors-and-actresses 2013年8月3日閲覧。 
    “Renault India ropes in Ranbir Kapoor as brand ambassador”. The Economic Times. (27 July 2015). オリジナルの16 August 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160816105615/http://economictimes.indiatimes.com/industry/services/advertising/renault-india-ropes-in-ranbir-kapoor-as-brand-ambassador/articleshow/48239703.cms 30 July 2015閲覧。 
    “Lenovo S660 seems a good mid-segment choice at Rs 13,999”. The Indian Express. (15 April 2014). オリジナルの2016年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160305210826/http://indianexpress.com/article/technology/mobile-tabs/lenovo-s660-launch/ 27 October 2015閲覧。 

外部リンク[編集]