スタローン in ハリウッド・トラブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタローン in
ハリウッド・トラブル
Kambakkht Ishq
監督 サビール・カーン英語版
脚本 キラン・コートリアニ
イシータ・モイタラ
サビール・カーン
アンヴィタ・ダット・グプタン英語版
製作 サジッド・ナディアワラ英語版
製作総指揮 ワラプラッチ・サダーニ
出演者 アクシャイ・クマール
カリーナ・カプール英語版
アーフターブ・シヴダーサーニー英語版
アムリタ・アローラー英語版
音楽 アヌ・マリク英語版
撮影 ヴィカース・シヴァラマン
編集 ニティン・ローカデー
製作会社 ナディアワラ・グランドサン・エンターテインメント英語版
配給 エロス・インターナショナル英語版
公開 インドの旗 2009年7月3日
上映時間 135分[1]
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
英語
製作費 ₹650,000,000[2]
興行収入 ₹855,630,000[2]
テンプレートを表示

スタローン in ハリウッド・トラブル』(スタローン イン ハリウッド・トラブル、原題:Kambakkht Ishq)は、2009年に公開されたインドロマンティック・コメディ映画。サビール・カーン英語版が監督、サジッド・ナディアワラ英語版がプロデューサーを務めている。2002年公開の『Pammal K. Sambandam』のリメイクであり[3]アクシャイ・クマールカリーナ・カプール英語版アーフターブ・シヴダーサーニー英語版アムリタ・アローラ英語版が出演している。また、シルヴェスター・スタローンデニス・リチャーズブランドン・ラウスホリー・ヴァランスが本人役でカメオ出演している[4]。当初は2008年12月公開予定だったが[5]、製作期間の延長により2009年7月3日に公開された。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

カメオ出演

製作[編集]

2007年11月、サジッド・ナディアワラ英語版アクシャイ・クマールを主役に起用する出演契約を結び[6]、同月下旬にはカリーナ・カプール英語版がヒロイン役の出演契約を結んだ[7]。2人が共演するのは7作目であり、クマールはハリウッドのスタントマンを演じ、カプールは上流社会の女性を演じる[8][9]。ナディアワラは映画について、「豪華なスケールのインターナショナル・ラブストーリーになる」と語っている[7]

当初、2008年1月からロサンゼルスで9人のハリウッド俳優と共に撮影を始める予定になっていた[7]。しかし、大規模なプリプロダクションのために撮影は5月に延期された[10]。映画にはアーノルド・シュワルツェネッガービヨンセが出演すると報じられていた[10]。ラインプロデューサーのプラシャント・シャーは、「ビヨンセとは出演交渉中であり、アーノルドの事務所からは手紙を受け取っています。詳細については、間もなく公式発表があるでしょう」とコメントしている[8]。その後、この2人は映画に出演しないことが発表された[11]

2008年3月、ナディアワラは「この映画はユニバーサル・スタジオで撮影された最初のインド映画になるでしょう」とコメントした[12]。しかし、6月1日にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで火災事故が発生したため撮影が遅れることが予想されたが、ナディアワラは「私たちが撮影するエリアでは火事の影響は出ていないため、予定通りにスケジュールを進めています」とコメントしている[13]。同月後半にドルビー・シアターとユニバーサル・スタジオで重要シーンの撮影が行われた[4]。8月には全体の50-60%の撮影が終了し、ヴェネツィアで撮影が行われることが発表された[14]。海外での撮影終了後、ムンバイで残りの撮影が行われた[15]

プロモーション[編集]

2008年12月、クマールとカプールがカルメン・エレクトラと共に映画のプロモーション用ミュージックビデオに出演することが発表された[16][17]。しかし、2009年2月にナディアワラはエレクトラに代わってRDBが出演すると発表し、「収録するのはミュージックビデオではなく、映画の不可欠な部分に使用される歌です。この歌は映画のインターバルの辺りで使用されます。また、これは最初のプロモーションソングになります」とコメントした[18]。予告編は『Aa Dekhen Zara』の公開と共に発表された[19]

評価[編集]

興行収入[編集]

6月28日からチケット予約が始まり、7月3日から公開された[20][21]。7月2日のプレミア上映では1,000万ルピー以上の収益を上げた[22]。公開初日の興行収入は8,500万ルピーとなり[22]、当時のボリウッド映画史上2番目のオープニング成績を記録した[23]。公開週末には1,400スクリーンで2億4,500万ルピーの興行収入を記録した[23][24]。翌週の月曜日に4,000万ルピー、火曜日には3,000万ルピーの興行収入を記録した[25][26]。公開第1週末には累計興行収入3億5,950万ルピーを記録した[27]。しかし、公開第2週には興行収入は前週比で70%減少し、最終的な興行成績はセミ・ヒットに留まった[28]

エロス・インターナショナルはインド国内の他、海外市場600スクリーン以上の配給も担当した[24]。イギリスでは56スクリーンで公開され29万9,533ポンドの興行収入を記録した[29]。アメリカでは100スクリーンで76万8,542ドル、オーストラリアでは17スクリーンで17万2,626ドルの興行収入を記録した[29][30]。2009年7月29日の時点で、イギリスでは68万1,154ポンド、アメリカでは144万5,739ドルの興行収入を記録している[31]

批評[編集]

AOLインディアのノヨン・ジョティ・パラサラは「この映画には何もありません。心配になるくらい悪いスクリプト、恐ろしい脚本、トラウマになるような対話と不快な音楽しかありません」と批評している[32]CNN-IBNラジーヴ・マサンドは1/5の星を与え、「うるさくて低俗、ひどく醜い映画」と批評している[33]

ボリウッド・ハンガマタラン・アダルシュは映画の脚本とディレクション、キャストの演技を称賛した[34]ニューヨーク・タイムズのレイチェル・サルツは「映画には唯一つの欲求、人を楽しまたいという欲求があります。それは頻繁に入るお粗末なユーモアがあるにも関わらず、大胆な成功を収めました」と批評している[35]

出典[編集]

  1. ^ IANS. “Eat popcorn, forget logic: Akshay Kumar”. The Times of India. オリジナルの2009年6月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090628150044/http://timesofindia.indiatimes.com/Entertainment/Bollywood/Eat-popcorn-forget-logic-Akshay-Kumar/articleshow/4706167.cms 2009年7月11日閲覧。 
  2. ^ a b Kambakkht Ishq”. Box Office India. 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ Mausi, Juicy. “Kambakkht Ishq's release postponed”. CNN-IBN. オリジナルの2009年4月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090417174108/http://ibnlive.in.com/news/gossip-kambakkht-ishqs-release-postponed/90225-8.html 2018年9月23日閲覧。 
  4. ^ a b Bollywood Hungama News Network. “Sylvester Stallone shoots for Kambakht Ishq”. IndiaFM. 2009年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月24日閲覧。
  5. ^ Adarsh, Taran. “Eros' impressive line up for 2008”. IndiaFM. 2008年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月23日閲覧。
  6. ^ IndiaFM News Bureau. “Sajid Nadiadwala's Kambakth Ishq stars Akshay”. IndiaFM. 2009年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月26日閲覧。
  7. ^ a b c Bollywood Trade News Network. “Kareena-Akshay in Sajid's KAMBAKTH ISHQ”. glamsham.com. 2008年1月8日閲覧。
  8. ^ a b IndiaFM News Bureau. “Arnold Schwarzenegger and Beyoncé in Kambakth Ishq”. IndiaFM. 2009年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月8日閲覧。
  9. ^ Screen Weekly. “"I play a high society girl in Kambhakht Ishq" – Kareena Kapoor”. IndiaFM. 2008年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月24日閲覧。
  10. ^ a b TNN (2008年1月8日). “Sajid signs on Arnie & Beyoncé”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2008-01-08/news-interviews/27775621_1_sajid-nadiadwala-magnum-opus-filmfare-power-list 2008年1月8日閲覧。 
  11. ^ Ramani, Nithya. “'Stallone was very impressed with Indians'”. Rediff.com. 2008年8月9日閲覧。
  12. ^ Jha, Subhash K. “Sajid Nadiadwala takes Akshay Kumar to Hollywood”. IndiaFM. 2008年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月26日閲覧。
  13. ^ Jha, Subhash K. “Fire rages at Universal Studios, Akshay's Kambhakt Ishq gets Signed”. ThaIndian.com. 2008年6月26日閲覧。
  14. ^ Bhandari, Rohini. “Kambakkht Ishq 50% complete by 5 Aug; next shoot in Italy”. BusinessofCinema.com. 2008年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月9日閲覧。
  15. ^ Das, Chuman. “Bebo's Bikini Obsession Continues”. Indiatimes. オリジナルの2009年1月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090110150932/http://movies.indiatimes.com/articleshow/3703912.cms 2008年11月14日閲覧。 
  16. ^ Jha, Subhash K (2008年12月1日). “Electric jugalbandi”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2008-12-01/news-interviews/27935180_1_music-video-kambakht-ishq-kareena-kapoor 2008年12月4日閲覧。 
  17. ^ Sharma, Mandvi (2008年12月5日). “It is still an Indian film”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2008-12-05/news-interviews/27946215_1_indian-film-sylvester-stallone-indian-audience 2008年12月4日閲覧。 
  18. ^ Jha, Subhash K. “Sajid Nadiadwala spends 1.5 Crores on a song in Kambakth Ishq”. IndiaFM. 2009年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月3日閲覧。
  19. ^ Adarsh, Taran. “'Kambakkht Ishq' promo rocks”. IndiaFM. 2009年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月27日閲覧。
  20. ^ TNN (2009年6月30日). “A 'kambakkht' hit!”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-06-30/news-interviews/28201045_1_cinema-halls-booking-entertainer 2009年7月7日閲覧。 
  21. ^ TNN (2009年7月6日). “Kambakkht Ishq shatters all records!”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-07-06/news-interviews/28202130_1_kambakkht-ishq-shatters-ki 2009年7月7日閲覧。 
  22. ^ a b Boxofficeindia.Com Trade Network. “Kambakkht Ishq Grosses 8.50 Crore on Day One”. BoxOffice India.com. 2009年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月7日閲覧。
  23. ^ a b Boxofficeindia.Com Trade Network. “Kambakkht Ishq Grosses 24.50 Crore Over Its First Weekend”. BoxOffice India.com. 2009年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月7日閲覧。
  24. ^ a b Datta, Sudipta. “Bollywood takes a gamble, to release Akshay film in 2,000 screens”. The Financial Express. 2009年7月7日閲覧。
  25. ^ Boxofficeindia.Com Trade Network. “Kambakkht Ishq Is Fairly Steady on Monday”. BoxOffice India.com. 2009年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月7日閲覧。
  26. ^ Boxofficeindia.Com Trade Network. “Kambakkht Ishq Has A Decent Tuesday”. BoxOffice India.com. 2009年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月10日閲覧。
  27. ^ Boxofficeindia.Com Trade Network. “Kambakkht Ishq – First Week Circuit Billings”. BoxOffice India.com. 2009年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月14日閲覧。
  28. ^ Boxofficeindia.Com Trade Network. “Jashnn Is Very Poor; Kambakkht Ishq Drops”. BoxOffice India.com. 2009年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月18日閲覧。
  29. ^ a b Adarsh, Taran. “Overseas Box Office: Good start”. IndiaFM. 2009年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月10日閲覧。
  30. ^ Adarsh, Taran. “Overseas Box Office: 'Short Kut' okay in U.K., dull in U.S.”. IndiaFM. 2009年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月20日閲覧。
  31. ^ Adarsh, Taran. “Overseas Box Office: Mixed feedback | Overall it was declared a "Hit" By box office india”. IndiaFM. 2009年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月4日閲覧。
  32. ^ Parasara, Noyon J. “Kambakkht Ishq – Movie Review”. AOL India. 2009年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月7日閲覧。
  33. ^ Masand, Rajeev. “Masand's Movie Review: Kambakkht Ishq vulgar, offensive”. CNN-IBN. 2009年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月7日閲覧。
  34. ^ Adarsh, Taran. “Kambakkht Ishq: Movie Review”. IndiaFM. 2011年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月7日閲覧。
  35. ^ Saltz, Rachel (2009年7月3日). “Movie Review – Kambakkht Ishq – The Bollywood Sign”. The New York Times. https://movies.nytimes.com/2009/07/03/movies/03kamb.html?ref=arts 2009年7月7日閲覧。 

外部リンク[編集]