スーリヤ (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーリヤ
Suriya
Suriya
スーリヤ(2011年)
本名 Saravanan Sivakumar
生年月日 (1975-07-23) 1975年7月23日(46歳)
出生地 インドの旗 インド タミル・ナードゥ州チェンナイ
職業 俳優映画プロデューサー、テレビ司会者
活動期間 1997年-
配偶者 ジョーティカー英語版(2006年-)
著名な家族 シヴァクマール英語版(父)
カールティ英語版(弟)
ブリンダ・シヴァクマール英語版(妹)
テンプレートを表示

スーリヤ(Suriya、1975年7月23日[1][2] - )は、インドタミル語映画で活動する俳優映画プロデューサー、テレビ司会者[3]。俳優としてタミル・ナードゥ州映画賞を2回、フィルムフェア賞 南インド映画部門を4回、エジソン賞英語版を2回、シネマ・エクスプレス・アワード英語版を1回[4]CineMAA賞英語版を1回、ヴィジャイ・アワードを1回受賞している。また、フォーブス・インディアの「セレブリティ100」には6回選ばれている。

G・ダナンジャヤン英語版は、スーリヤがテルグ語圏の観客からも高い人気を集めていることから、彼を「タミル語映画最大のスター」と評価している[5]

生い立ち[編集]

1975年、シヴァクマール英語版とラクシュミーの息子としてチェンナイに生まれ、「サラヴァナン (Saravanan)」と名付けられた。スーリヤはパドマ・セシャドリ・バーラ・バワン英語版セント・ベーディズ・アンジェロ・インディアン・ハイアー・セカンダリー・スクール英語版で教育を受け[6][7]ロヨラ大学チェンナイ校英語版で商学士号を取得した[8]

弟妹にはカールティ英語版ブリンダ・シヴァクマール英語版がいる[9]。2006年9月11日にジョーティカー英語版と結婚し[10]、2子をもうけた[11][12]

キャリア[編集]

1997年 - 2002年[編集]

第42回インド国際映画祭英語版閉会式でスピーチするスーリヤ

スーリヤは俳優になる前は、衣装品の輸出工場で8か月間働いていた。彼は縁故主義による待遇を避けるため、シヴァクマールの息子という事実を隠して働いていたが、最終的に上司に事実が漏れてしまう[13][14]。このころ、ヴァサント英語版から『Aasai』への出演を持ちかけられたが、「俳優業に興味がない」と出演を辞退している[8]。しかし、22歳の時にヴァサントの『Nerrukku Ner』で俳優デビューし、同名の俳優サラヴァナン英語版との混同を避けるため、プロデューサーのマニ・ラトナム英語版から「スーリヤ (Suriya)」の芸名を名付けられた。マニ・ラトナムは自身の監督映画で「スーリヤ」という名前のキャラクターを頻繁に登場させていた[15]。同作ではヴィジャイ英語版と共演している[16]

1990年代後半はヒット作に恵まれなかった。1998年に『Kaadhale Nimmadhi』『Sandhippoma』に出演し、1999年にはS・A・チャンドラシェーカル英語版の『Periyanna』でヴィジャヤカーント英語版と共演した。『Poovellam Kettuppar』『Uyirile Kalanthathu』ではジョーティカーと共演し、シッディーキー英語版の『Friends』ではヴィジャイと共演している。スーリヤは初期のキャリアについて「自信や記憶力、アクションやダンスのスキルが欠けていたため苦労した」と語っており、このころにラグヴァラン英語版から「自分のアイデンティティを確立するように」と助言を受けている[17]

2001年にバーラ英語版の『Nandha』でタミル・ナードゥ州映画賞 最優秀主演男優賞英語版を受賞し、俳優としての知名度を上げた[18]。2002年にはヴィクラマン英語版の『Unnai Ninaithu』、アミール英語版の『Mounam Pesiyadhe』に出演した。

2003年 - 2007年[編集]

スーリヤとジョーティカー夫妻

2003年にゴータム・メーノーン英語版の『Kaakha Kaakha』で警官役を演じた。同作はスーリヤにとって最初のブロックバスターとなり、Rediff.comからは「スーリヤのアンブーセルヴァン役は役柄にぴったりで、彼のキャリアにとって最高の作品となった」と批評された[19]。バーラの『Pithamagan』ではヴィクラムと共演してフィルムフェア賞 最優秀タミル語助演男優賞英語版を受賞し、興行的にも成功を収めた[20]

2004年には『Perazhagan』で一人二役を演じ、「スーリヤの演技は賞賛に値する。彼はユーモアでもアクションでも最高の演技をしている。この俳優はハットトリックを成し遂げた」と演技を絶賛された[21]。同作は興行的な成功を収め[22]フィルムフェア賞 最優秀タミル語主演男優賞英語版を受賞した[23]。同年にはマニ・ラトナムの政治映画『Aaytha Ezhuthu』でR・マーダヴァン英語版シッダールト英語版と共演して学生運動リーダー役を演じ、高い評価を得た。同年11月にAR・ムルガダースの『Ghajini』で前向性健忘症のビジネスマン役を演じた。同作は同年のタミル語映画年間興行成績第3位となるブロックバスターを記録し、Sifyは「映画はスーリヤの魅惑的な演技によって牽引されている」と批評している[24]

2005年にハリ英語版の『Aaru』に出演した。同作は平均的な興行成績を収め[25]、スーリヤは「スーリヤはあなたを座席に釘付けにした」と演技を評価された[26]。2006年に『Sillunu Oru Kaadhal』でジョーティカー、ブーミカー・チャウラー英語版と共演した。同作の評価は平均的な者だったが[27][28]、スーリヤは演技を高く評価されている[29]。2007年に『Vel』でアシン・トーットゥンカルと共演し、興行的な成功を収めた[30]

2008年 - 2013年[編集]

『Rakta Charitra 2』製作会見に出席するヴィヴェーク・オベロイ、スーリヤ、プリヤマニ英語版
『Rakta Charitra 2』撮影現場でのスーリヤ、ラーム・ゴーパール・ヴァルマ

2008年11月、スーリヤはゴータム・メーノーンの『Vaaranam Aayiram』で一人二役を演じ、同作を「ユニーク」で「心に響く」と語っている[31]。彼は8か月間かけて減量した[32][33]。同作にはシムラン英語版サミーラ・レッディディヴィヤ・スパンダナ英語版が出演し、興行的な成功を収め、スーリヤの演技も高い評価を得ている。批評家からは「彼の演技によって映画が成り立っている」「完全なるスーリヤ・ショー」と批評されており[34][35][36]、彼はフィルムフェア賞最優秀タミル語主演男優賞、タミル・ナードゥ州映画賞 特別賞英語版ヴィジャイ・アワード 最優秀主演男優賞英語版を受賞した[37]。また、同作もナショナル・フィルム・アワード 最優秀タミル語長編映画賞英語版を受賞している[38]

2009年にK・V・アーナンド英語版の『Ayan』でプラブ英語版タマンナーと共演した。同作はタンザニアナミビアマレーシアインドで撮影が行われ、スーリヤはボディダブルを使わずにアクションシーンを撮影している[39]。公開後は興行的な成功を収め、ヴィジャイ・アワード エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー英語版を受賞した[40]。『Ayan』の成功によってスーリヤは最も収益性の高いタミル俳優となり、同作は2009年タミル語映画年間興行成績第1位となった[41][42]。続いて出演したK・S・ラヴィクマール英語版の『Aadhavan』でも高い評価を受け、Sifyは「完全なるスーリヤ・ショー」「この映画は俳優の魔法にかかっており、彼のおどけた悪ふざけだけでも一見の価値がある」、Rediff.comは「完全にスーリヤの映画です」と批評している[43][44]。2010年にハリの『Singam』で田舎から都会に出稼ぎに行く警官役を演じた。スーリヤの演技は高い評価を受け[45][46]、フィルムフェア賞最優秀タミル語主演男優賞にノミネートされ、2010年の年間興行成績第2位となった[47]。同年にラーム・ゴーパール・ヴァルマ英語版の『Rakta Charitra 2』でテルグ語映画ヒンディー語映画デビューし[48]、『Manmadan Ambu』『Ko』『Avan Ivan』ではゲスト出演している。

2011年にAR・ムルガダースの『7aum Arivu』でシュルティ・ハーサン英語版と共演し、サーカス団員と達磨の二役を演じた。同作の評価は賛否両論となったが、興行的には成功を収めた[49][50]。2012年にはK・V・アーナンドの『Maattrraan』で結合双生児役を演じた。同作の評価は賛否両論となったが[51]、スーリヤの演技はVFX技術と共に高い評価を得ている[52]。同年1月にスター・ヴィジャイ英語版の『Neengalum Vellalam Oru Kodi』の司会者に起用され、2月27日から7月12日にかけて放送された[53]。2013年には『Singam II』に出演し、当時のタミル語映画歴代興行成績第1位英語版となった[54]。スーリヤの演技は高い評価を受け[55]、興行的にも成功を収めた[56]。また、ゴータム・メーノーンの『Dhruva Natchathiram』への出演を決めていたが、スケジュールの遅れやメーノーンとの意見相違を理由に2013年10月に降板した[57]

2014年以降[編集]

第42回インド国際映画祭閉会式でのスーリヤ、アレハンドロ・ランデス英語版、フランシソ・アリュール

2014年8月15日にN・リンガサーミ英語版の『Anjaan』に出演し、同作は混合的な評価となった[58]。続けて出演したヴェンカット・プラブ英語版の『Massu Engira Masilamani』も混合的な評価となったが、スーリヤの演技は高い評価を受けた[59]

2016年5月6日にヴィクラム・クマール英語版の『24』に出演した[60][61]。同作はタイムトラベルを題材としており[62]、スーリヤは一人三役を演じ、サマンタ・ルス・プラブ英語版ニティヤ・メーノーン英語版と共演した。同作についてザ・ヒンドゥー英語版バラドワジ・ランガン英語版は「SFとマサラ神話をミックスした知的で楽しい作品」[63]ファーストポストのスリーダル・ピラーイは「上品な商業エンターテインメント」と批評している[64]。同作は公開18日間で興行収入10億ルピーを記録し[65]、スーリヤはフィルムフェア賞 批評家選出最優秀南インド主演男優賞英語版を受賞した。

2017年2月9日にハリの『Si3』に出演し、10億ルピー超えの興行収入を記録した。2018年に『Thaanaa Serndha Koottam』でキールティ・スレーシュと共演し、2019年にはセルヴァラーガヴァンの『NGK[66]、K・V・アーナンドの『Kaappaan』に出演している。『Kaappaan』の評価は賛否両論となったが、10億ルピー超えの興行収入を記録するヒット作となった[67]。2020年には『Soorarai Pottru』で主演・プロデューサーを務めた。同作はエア・デカンの創設者G・R・ゴーピナート英語版を題材としており、スーリヤの所有する2Dエンターテインメント英語版が製作を手掛けている[68]

俳優以外の活動[編集]

ティーチAIDS英語版のアニメーション収録中のスーリヤ

2004年にR・マーダヴァンと共にタミル・ナードゥ州内のペプシコーラのブランド大使に任命され[69]、この他にTVSモーターSunfeast Biscuitsエアセル英語版のエンドーサーとなっており、2010年以降はサラヴァナ・ストア英語版[70]エマミ英語版のエンドーサーにもなっている[71]。2011年にはネスカフェクローズアップ英語版と契約を結び、同年5月にはザンドゥ・バラムの広告でマライカ・アローラと共演した。2012年には大手ジュエリーグループのマラバル・ゴールドと契約を結び、エアセルとネスカフェのコマーシャルでは妻のジョーティカーと共演した[72]。2013年にはエジソン賞英語版のベスト南インド男性エンドーサーを受賞し[73]、2014年にはコムプラン英語版と契約を結んだ[74]。2015年にクイクル英語版インテックス・モバイル英語版のブランド大使に任命された[75][76]。スーリヤはフォーブス・インディアの「フォーブス・インディア・セレブリティ100」に複数回選ばれており(2012年、2013年、2015年、2016年、2017年、2018年)[77][78][79][80][81]、2013年は第33位(推定収入4億8500万ルピー)[82]、2017年は第25位(推定収入3億4000万ルピー)となっている[80]

2007年、スーリヤはタンケル財団のブランド大使に任命され、AIDS啓蒙英語版のための短編映画に出演した[83]。2006年にアガラーム財団英語版を設立し、タミル・ナードゥ州内で学校を中退した児童の支援活動を行っている[84]。スーリヤは活動を始めたきっかけとして、1980年代に父が運営していたシヴァクマール・エドゥケーショナル・トラストでの活動経験を挙げている。彼はタミル・ナードゥ州教育省と連携し、児童の貧困・労働・教育問題を啓蒙するためのコマーシャル・ビデオ『Herova? Zerova?』を製作している[85]。同作はスーリヤがプロデューサー、シヴァクマールが脚本を務め、ヴィジャイ、R・マーダヴァン、ジョーティカーが出演している。2010年にアガラーム財団は貧困学生159人が高等教育を受けるための支援を行い、彼らに無料で宿泊施設などを提供している[86]

スーリヤと彼の家族はスリランカのタミル人英語版の児童の教育支援も行っている[84]。また、インドの虎を保護する「Save The Tigers」キャンペーンや結核患者の投薬治療を無償で支援する「REACH」などの活動も行っている[87]。彼は自身の誕生日に毎年タミル・ナードゥ州内でチャリティー活動を行っている[88]

フィルモグラフィー[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Davis, Maggie (2016年7月23日). “Surya birthday: Vaaranam Aayiram star turns 41 today!”. India.com. 2021年4月1日閲覧。
  2. ^ Surya's special birthday with fans”. Indiaglitz (2016年7月23日). 2017年1月6日閲覧。
  3. ^ A career high film for Surya”. Rediff (2003年8月11日). 2012年5月31日閲覧。
  4. ^ “'Kannathil Muthamittal' bags 6 Cinema Express awards”. The Hindu. (2002年12月22日). オリジナルの2014年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140607071034/http://www.hindu.com/2002/12/22/stories/2002122206330300.htm 2012年3月13日閲覧。 
  5. ^ Rajini's Enthiran is still the top grosser in South”. Bangalore Mirror (2013年11月11日). 2021年4月1日閲覧。
  6. ^ Emulate Suriya's example of hard work, students told”. The Hindu (2006年8月25日). 2009年10月22日閲覧。
  7. ^ Alumni invited to St. Bede's centenary celebrations”. The Hindu (2007年11月24日). 2009年10月28日閲覧。
  8. ^ a b A chip off the old block. The Hindu (24 July 2002). Retrieved 26 December 2013.
  9. ^ Celebrity profiles: Suriya: Tamil Actor, pics, biography, family, movies list. Celebprofile.blogspot.in. Retrieved 12 August 2016.
  10. ^ Highlights of Suriya-Jyothika wedding”. Behindwoods (2006年9月11日). 2009年10月22日閲覧。
  11. ^ Shankar, Settu (2007年8月20日). “Bright light falls on Surya-Jyothika”. One India. 2012年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月22日閲覧。
  12. ^ Actor Surya – Actress Jyothika – Newly Born Son – Named As Dev – Baby Boy”. OneIndia (2010年7月22日). 2012年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月26日閲覧。
  13. ^ One-on-one with. Upperstall.Com. Retrieved 8 January 2013.
  14. ^ Suriya's meager 1200 Rupees salary, Suriya, Venkat Prabhu. Behindwoods.com (24 December 2012). Retrieved 8 January 2013.
  15. ^ Mee Star : Surya”. MAA TV. 2014年4月24日閲覧。
  16. ^ 1997–98 Kodambakkam babies Page”. Indolink.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月3日閲覧。
  17. ^ Raghuvaran was Surya's mentor”. chennaionline (2013年6月28日). 2014年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月31日閲覧。
  18. ^ Actor Surya: Big break with "Nandha"”. chennaionline.com. 2009年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月30日閲覧。
  19. ^ A career high film for Surya”. Rediff (2003年8月11日). 2012年5月31日閲覧。
  20. ^ Pithamagan sweeps FilmFare Awards”. IndiaGlitz (2004年6月5日). 2012年5月31日閲覧。
  21. ^ Perazhagan – Surya strikes a hat-trick”. IndiaGlitz (2004年5月8日). 2012年5月31日閲覧。
  22. ^ Gilli heads the weekly Top Five followed by Perazhagan”. IndiaGlitz (2004年6月16日). 2012年5月31日閲覧。
  23. ^ Surya shines, Cheran sizzles”. IndiaGlitz (2005年7月9日). 2012年5月31日閲覧。
  24. ^ Tamil box-office 2005”. Sify (2005年12月22日). 2015年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月12日閲覧。
  25. ^ Suriya power!”. Sify (2005年12月21日). 2012年5月31日閲覧。
  26. ^ Aaru – Surya is sincere”. IndiaGlitz (2005年12月9日). 2012年5月31日閲覧。
  27. ^ Extraordinary opening!”. Sify (2006年9月7日). 2012年5月31日閲覧。
  28. ^ Chennai box-office”. Sify (2006年10月4日). 2012年5月31日閲覧。
  29. ^ Movie review: Sillunu Oru Kaadhal”. Sify. 2012年5月31日閲覧。
  30. ^ Gautham buys back VA from Gemini!”. Sify (2007年10月15日). 2012年5月31日閲覧。
  31. ^ Kumar, Ashok (2006年11月28日). “Hit duo gets together again”. The Hindu. 2011年1月7日閲覧。
  32. ^ Abs you like it!”. The Hindu (2008年5月12日). 2011年1月7日閲覧。
  33. ^ Pillai, Sreedhar (2008年5月4日). “Power packed”. The Times of India. 2011年1月7日閲覧。
  34. ^ Srinivasan, Pavithra (2008年11月14日). “It's Surya all the way”. Rediff. 2011年1月7日閲覧。 “It might be just a feather in Gautam's hat. As for Surya, it's an ostrich plume, a justified triumph.”
  35. ^ Review: Vaaranam Aayiram”. Sify (2008年11月14日). 2011年1月7日閲覧。
  36. ^ Vaaranam Aaayiram Review”. Behindwoods (2008年11月14日). 2011年1月7日閲覧。
  37. ^ Ramanujam, Srinivasan (2009年8月2日). “The glowing filmfare night!”. The Times of India. 2011年1月7日閲覧。
  38. ^ Gautham Menon bags National Award for 'Varanam Aayiram'”. Deccan Chronicle (2010年1月24日). 2010年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月26日閲覧。
  39. ^ The logic of it all”. The Times of India (2009年3月27日). 2011年1月7日閲覧。
  40. ^ Srinivasan, Pavithra (2009年4月3日). “ayan is a must-watch!”. Rediff. 2011年1月7日閲覧。
  41. ^ Ramnath, Nandini (2009年10月2日). “Suriya: Bollywood's hottest six-pack” (英語). Livemint. 2020年5月19日閲覧。
  42. ^ Pillai, Sreedhar (2009年4月14日). “Unstoppable Surya”. The Times of India. 2011年1月7日閲覧。
  43. ^ Aadhavan is clean fun”. Rediff (2009年10月17日). 2012年8月2日閲覧。
  44. ^ Movie Review:Aadhavan”. Sify. 2012年8月2日閲覧。
  45. ^ Movie Review:Singam- Review”. Sify. 2012年8月2日閲覧。
  46. ^ Malathi Rangarajan (2010年6月3日). “Arts / Cinema : Singam: This lion emerges king”. The Hindu. 2012年8月2日閲覧。
  47. ^ SifyTop 10 Kollywood Hits of 2010”. Sify (2010年12月23日). 2011年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月26日閲覧。
  48. ^ Surya's busy making his Bollywood debut. The New Indian Express. Retrieved 12 August 2016.
  49. ^ 7 Aum Arivu spells magic at box office, Suriya excited”. Ndtv.com (2011年11月8日). 2012年2月26日閲覧。
  50. ^ Top 10 Tamil grossers of 2011”. Sify. 2011年12月31日閲覧。
  51. ^ Maattrraan (Maatran) Movie Review – 7aum Arivu's second part?”. Oneindia.in (2014年3月10日). 2021年4月1日閲覧。
  52. ^ Kajal breaks the jinx!”. Sify (2012年11月19日). 2015年3月12日閲覧。
  53. ^ Suriya to host Tamil version of kaun banega crorepati”. Sify Movies (2012年12月22日). 2012年12月23日閲覧。
  54. ^ Box Office: Vikram's 'I' and Rajini's 'Lingaa' Among Top 10 South Films of All Time”. International Business Times (2015年1月20日). 2021年4月1日閲覧。
  55. ^ Singam 2 completes 50 days”. The Times of India. 2021年4月1日閲覧。
  56. ^ Seshagiri, Sangeetha (2015年1月20日). “Box Office: Vikram's 'I', Rajini's 'Lingaa' and Vijay's 'Kaththi' Among Top 10 South Films of All Time” (英語). International Business Times, India Edition. 2020年5月19日閲覧。
  57. ^ Suriya dumps Gautham Menon”. The Times of India (2013年10月11日). 2021年4月1日閲覧。
  58. ^ Anjaan FDFS Review – Suriya misses target. moviecrow.com. 15 August 2014
  59. ^ Suriya-Lingusamy film from Nov 15”. The Times of India (2013年10月12日). 2021年4月1日閲覧。
  60. ^ Suriya's 24 to release on May 6”. The Indian Express (2016年4月16日). 2016年4月17日閲覧。
  61. ^ Suriya and Samantha to team up”. Deccan Chronicle (2015年2月13日). 2021年4月1日閲覧。
  62. ^ Gopinath, Avinash. (26 November 2015) '24': Suriya To Take On His Own Family in This Time Travel Revenge Drama?. Filmibeat. Retrieved 23 July 2017.
  63. ^ “24: An intelligent, joyous mix of sci-fi and masala-myth”. The Hindu. (2016年5月6日). ISSN 0971-751X. http://www.thehindu.com/features/cinema/cinema-reviews/24-review-an-intelligent-joyous-mix-of-scifi-and-masalamyth/article8566328.ece 2016年5月8日閲覧。 
  64. ^ '24' review: Watch this racy thriller especially for Suriya's performance(s) – Firstpost”. Firstpost (2016年5月7日). 2016年5月8日閲覧。
  65. ^ '24' worldwide box office collection: Suriya-starrer grosses Rs. 100 crore”. International Business Times, Indian Edition (2016年5月24日). 2016年6月14日閲覧。
  66. ^ Suriya 36 first look and title surprises Tinsel Town”. Top10Cinema. 2018年3月5日閲覧。
  67. ^ Suriya-Mohanlal's Kaappaan earns Rs 100 crore”. The Times of India (2019年10月11日). 2021年4月1日閲覧。
  68. ^ Suriya's next with director Sudha Kongara titled 'Soorarai Pottru'”. The News Minute (2019年4月13日). 2019年4月18日閲覧。
  69. ^ The Brightest Star: Suriya – brand ambassador”. Sensational-Surya.blogspot.com (2007年1月6日). 2015年7月13日閲覧。
  70. ^ சரவணா ஸ்டோர்ஸ் சட்டையைத்தான் இனி சூர்யாவும் போடுவாரா?”. sivajitv.com. 2010年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月15日閲覧。
  71. ^ Surya New Navaratna Oil Ads”. SuriyaOnline.Com (2011年4月2日). 2012年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月3日閲覧。
  72. ^ 'close Up' Suriya – Suriya”. Behindwoods (2011年4月29日). 2011年12月3日閲覧。
  73. ^ ::: Edison Awards :::. Edisonawards.in. Retrieved 26 December 2013.
  74. ^ Suriya is the new brand ambassador of Complan”. The Times Of Inida (2014年2月16日). 2015年7月17日閲覧。
  75. ^ Suriya Quikr Ad – Suriya Photos, Surya Stills”. Tamil Cinema 360 (2015年8月12日). 2015年8月12日閲覧。
  76. ^ Surya – Brand Ambassador for Intex Mobiles”. Jollyhoo.com (2015年8月3日). 2015年8月12日閲覧。
  77. ^ Suriya - Forbes India Magazine” (英語). Forbes India. 2020年5月19日閲覧。
  78. ^ Suriya - Forbes India Magazine” (英語). Forbes India. 2020年5月27日閲覧。
  79. ^ Suriya - Forbes India Magazine” (英語). Forbes India. 2020年5月27日閲覧。
  80. ^ a b 2017 Celebrity 100. Forbesindia.com. Retrieved 30 December 2017.
  81. ^ 2018 Forbes India Celebrity 100 list: Rajinikanth, Thalapathy Vijay among the wealthiest South Indian stars! | Entertainment News” (英語). www.timesnownews.com. 2020年5月27日閲覧。
  82. ^ 2013 Celebrity 100. Forbesindia.com (1 February 2013). Retrieved 26 December 2013.
  83. ^ Suriya does his bit for charity”. Indiaglitz (2007年8月2日). 2015年7月13日閲覧。
  84. ^ a b About Us”. Agaram Foundation (2006年). 2011年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月22日閲覧。
  85. ^ Events – Herova? Zerova? Educational Awareness Campaign”. IndiaGlitz (2008年5月16日). 2011年2月26日閲覧。
  86. ^ T. Saravanan (2015年11月4日). “The other side of Suriya”. The Hindu (Madurai). http://www.thehindu.com/features/metroplus/society/the-other-side-of-suriya/article7841604.ece 2015年12月24日閲覧。 
  87. ^ Surya Voices his Roar to Save Our Tigers. Tiger.ndtv.com. Retrieved 12 August 2016.
  88. ^ Suriya celebrates birthday with Maatran unit. Sify.com. Retrieved 12 August 2016.

外部リンク[編集]