アミターブ・バッチャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アミターブ・バッチャン
Amitabh Bachchan
Amitabh Bachchan
アミターブ・バッチャン(2013年)
本名 Inquilaab Srivastava(誕生時)[1]
生年月日 (1942-10-11) 1942年10月11日(77歳)
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国 連合州英語版イラーハーバード
(現ウッタル・プラデーシュ州
職業 俳優映画プロデューサー、テレビ番組司会者、プレイバックシンガー
活動期間 1969年-
配偶者 ジャヤー・バッチャン英語版(1973年-)
著名な家族 バッチャン家参照
備考
Amitabhbachchanji signature.svg
テンプレートを表示

アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan、1942年10月11日[2] - )は、インド俳優映画プロデューサー、テレビ番組司会者、プレイバックシンガー、元政治家。1970年代からボリウッドで人気俳優の地位を確立し、その役柄から「怒れる若者(angry young man)」と呼ばれた。この他にも「ボリウッドのシャーハーン・シャー(出演作『Shahenshah』が由来)」、「Sadi ka Mahanayak(意味:世紀の大俳優)」、「スター・オブ・ミレニアム(Star of the Millennium)」、「ビッグB(Big B)」とも呼ばれている[3]。2020年時点で個人資産は4億ドルと報じられている[4]

50年以上のキャリアの中で200本以上の映画に出演しており[5]、インド映画史上最も偉大な俳優の一人に挙げられている[6]。また、1970年代から1980年代にかけてインド映画の中心的存在であり、フランソワ・トリュフォーからは「一人だけの産業(one-man industry)」と称された[7]。彼はインド亜大陸だけではなくアフリカ南アフリカ共和国モーリシャス)、中東アラブ首長国連邦エジプト)、イギリスロシアカリブ海地域ガイアナスリナムトリニダード・トバゴ)、オセアニアフィジーオーストラリアニュージーランド)、アメリカ合衆国でも高い人気を集めている[8]

生い立ち[編集]

バッチャン家(左から妻ジャヤー、アミターブ、息子アビシェーク、息子の妻アイシュワリヤー・ラーイ

イラーハーバード出身[9]。父方の祖先は現在のウッタル・プラデーシュ州プラタープガル県英語版バープパッティ英語版の出身である[10]。母テージ・バッチャン英語版は社会活動家であり、ライオールプル出身のパンジャーブ人シク教徒である[11]。父ハリヴァンシュ・ラーイ・バッチャン英語版アワディー人英語版ヒンドゥー教徒の詩人で、アワディー語ヒンディー語ウルドゥー語に堪能だった[11][12]

ハリヴァンシュは息子に「インクイラーブ (Inquilaab)」と名付けた。これはインド独立運動時のスローガンの一つだった「インクイラーブ・ジンダバード英語版(意味:革命万歳)」に由来しているが、詩人仲間のスミトラナンダン・パント英語版の提案で名前を「アミターブ (Amitabh)」に変更した。ザ・タイムズ・オブ・インディアによると、名前は「死ぬことのない光」を意味している[13]。一家の姓は「シュリヴァスタヴァ (Srivastava)」だったが、ハリヴァンシュはペンネームである「バッチャン (Bachchan)」を日常的に名乗っていた[14]。アミターブが俳優デビュー時に名乗ったのも「バッチャン」であり、やがて「バッチャン」はアミターブの近親者が姓として名乗るようになった[15]。アミターブは2003年に父と死別し、2007年には母と死別している[16]

アミターブはナイニタール英語版シェアウッド大学英語版を卒業し、後にデリー大学英語版キロリマル・カレッジ英語版に進んだ[17]。テージは演劇に関心を持ち長編映画にも出演している。彼女は息子が「センターステージに立つべき」と常に主張しており、アミターブのキャリア選択に影響を与えた[18]

アミターブは自分の人生に最も大きな影響を与えた存在としてディリップ・クマール英語版を挙げており、特に『Gunga Jumna』のディリップ・クマールの演技から多くのことを学んだと語っている。アミターブは「イラーハーバードやウッタル・プラデーシュ州出身ではない男」がアワディー語のニュアンスを正確に全て発音できるほどに習得していた点に畏敬の念を抱いたという[19]。彼はディリップ・クマールのメソッド演技法のスタイルを取り入れて再構築し[20][21]、この技法を極めることで彼の最も有名な「怒れる若者」のスタイルを確立した[22]

キャリア[編集]

1969年 - 1972年[編集]

ラームダス・パディエが150年前に製作した人形を発表するアミターブ・バッチャン

1969年にムリナル・セン英語版の『ソーム旦那の話英語版』でナレーションを務め、映画デビューした[23]。初めてキャラクターを演じたのは同年11月の『Saat Hindustani』であり[24]、同作ではウタパル・ダットアンワル・アリー英語版マドゥー英語版ジャラール・アガー英語版と共演した[25][26]

1971年にリシケーシュ・ムカルジー英語版の『Anand』でラジェシュ・カンナー英語版と共演した。アミターブは同作で演技を高く評価され、フィルムフェア賞 最優秀助演男優賞英語版を受賞した。同年6月の『Parwana』で初めて主役に起用され、同年7月に『Reshma Aur Shera』でワヒーダ・レフマン英語版スニール・ダットと共演した。同年9月には『Guddi』にゲスト出演し、後に妻となるジャヤー・バードリー英語版と共演した。1972年3月に『Bombay to Goa』に出演し、同作は一定の興行的成功を収めた[27]。同年7月には『Bawarchi』でナレーションを務めた。初期のアミターブの俳優キャリアは成功作に恵まれなかったが、次第にその状況は変化していった[28]。この時期に興行的な成功を収めた出演作は、マラ・シンハー英語版と共演した『Sanjog』のみだった[29]

1973年 - 1974年[編集]

アミターブ、ジャヤー夫妻
アミターブ・バッチャンとモハンラル
ナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞を受賞するアミターブ・バッチャン

アミターブは30歳までの間に出演した作品のうち12本が興行的に失敗し、成功作は『Bombay to Goa』『Anand』の2本のみであり、映画業界からは「失敗した新人」と認識されていた。こうした不遇のキャリアは、彼の才能を見出したサリーム=ジャーヴェード英語版によって大きな変化を迎えた[30]サリーム・カーン英語版は1973年に脚本・原案を手掛けた『Zanjeer』で主人公に「怒れる若者」の要素を与え、監督のプラカーシュ・メーラ英語版は脚本に可能性を見出して採用し、ジャーヴェード・アクタル英語版が共同脚本を手掛けている[31]。しかし、当時の映画業界で支配的だった「ロマンティック・ヒーロー」から外れた「怒れる若者」の役を受け入れる俳優は存在せず、キャスティングは難航した[30]。そんな中でサリーム=ジャーヴェードが発掘したのがアミターブであり、彼について「他の製作者が発見できなかった彼の才能を見付けました。彼は異例の存在で、出来の悪い映画に出演する天才俳優だったのです」と語っている[32]。また、サリーム・カーンは「私たちはアミターブが『Zanjeer』にとって理想的なキャスティングであると強く感じていた」とも語っている[30]。彼はプラカーシュ・メーラにアミターブを紹介し、サリーム=ジャーヴェードはアミターブを主役に起用するように主張した[30]

『Zanjeer』は暴力的なアクション要素を含むクライム映画であり[30]、それ以前に一般的だったロマンティック要素が含まれた映画とは一線を画し、アミターブをボリウッドの「怒れる若者」として広く知らしめることになった[33]。同作での演技はボリウッド史上最も象徴的な演技の一つとされており、アミターブは同作の演技で初めてフィルムフェア賞 最優秀主演男優賞英語版にノミネートされた[28]。また、同作は1973年公開のインド映画で最も興行的な成功を収めた作品の一つとなり、これによりアミターブの不遇のキャリアは終わりを迎え、彼をスター俳優に押し上げた[34]。『Zanjeer』はアミターブとサリーム=ジャーヴェードの最初のコラボ作品となり、サリーム=ジャーヴェードはこれ以降の脚本の多くを「アミターブ主演」を前提として執筆するようになり、実際に脚本家として参加する際には彼を主役に起用するように製作者に求めた[32]。また、サリーム・カーンは多くの映画でコンビを組んだマンモハン・デサイ英語版にアミターブを紹介している[31]

最終的にアミターブは映画業界で最も成功した主演俳優の一人となった。彼は『Zanjeer』『Deewaar』『Trishul』『Kaala Patthar』『Shakti』などで演じた歪んだ体制と貧困に戦いを挑む「不正義のヒーロー」という描写が、当時の貧困・腐敗・飢餓などの社会的不平等に不満を抱く若者の間で人気を博した。これにより、アミターブはジャーナリストから「怒れる若者」のキャッチフレーズを付けられ、1970年代に流行したアンチ・エスタブリッシュメントの隠喩となった[35][36][37][38]。1973年はアミターブとジャヤー・バードリーが結婚した年でもあり、2人は『Abhimaan』など多くのヒット作で共演している。同年11月には『Namak Haraam』で再びラジェシュ・カンナーと共演し、フィルムフェア賞最優秀助演男優賞を受賞している[39]

1974年は『Kunwara Baap』『Dost』にゲスト出演し、『Roti Kapda Aur Makaan』では助演俳優としてマノージュ・クマール英語版と共演し、同作は1974年公開のインド映画で最も興行的な成功を収めた映画となった。同年12月には『Majboor』では主役を務め、興行的な成功を収めた[40]

1975年 - 1988年[編集]

ラームダス・パディエ夫妻とアミターブ・バッチャン
アミターブ・バッチャンとマンムーティ英語版
アミターブ・バッチャンとヴィディヤー・バラン英語版、リシ・カプール

1975年は『Chupke Chupke』『Faraar』『Mili』など様々なジャンルの映画に出演した。また、この年はサリーム=ジャーヴェードによって描かれたボリウッド史上における重要な映画にキャスティングされた年でもある[32]。一つはヤシュ・ラージ・チョープラー英語版の『Deewaar』であり、共演者にはヤシュ・ラージ・チョープラー英語版シャシ・カプール英語版ニルパ・ロイ英語版パルヴィーン・バビ英語版ニートゥー・シン英語版がいる。同作は1975年公開のインド映画興行成績第4位となり[41]、アミターブはフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた。インディアタイムズ・ムービーズでは同作を「観るべきボリウッド映画トップ25」の一つに選んでいる[42]。もう一つはラメーシュ・シッピーの『英語版』であり、同作は当時のインド歴代最高興行成績を記録している[43]。両作の成功はアミターブをボリウッドのスーパースターの地位に押し上げ、1970年代から1980年代にかけて彼が映画業界の頂点に君臨するきっかけになった[44][45]。1999年にBBCは『炎』を「千年に一度の映画」と評価し、インディアタイムズ・ムービーズでも両作を「観るべきボリウッド映画トップ25」に選んでいる[42]。2005年には第50回フィルムフェア賞英語版で『炎』が特別賞であるベスト・フィルム50イヤーを受賞した[46]

1976年に『Kabhie Kabhie』で主演を務めた。アミターブは詩人アミット・マルホートラ役を演じ、ラキー・グルザール英語版と共演した。同作はボリウッドで主流のロマンティック映画であり、アミターブとしては珍しく「怒れる若者」ではなく「ロマンティック・ヒーロー」を演じている。彼の演技は批評家や観客から好意的に評価され、フィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた。1977年の『Adalat』では一人二役で父子役を演じており、『Amar Akbar Anthony』ではヴィノード・カンナー英語版リシ・カプール英語版と共演して3人目の主要キャラクターのアンソニー役を演じ、最初のフィルムフェア賞最優秀主演男優賞を受賞している。『Amar Akbar Anthony』は1977年公開のインド映画祭興行成績を記録し、この他に『Parvarish』『Khoon Pasina』に出演している[47]。1978年に『Kasme Vaade』(アミット役、シャンカル役)、『ドン英語版』(ドン英語版役、ヴィジャイ役)で一人二役を演じ、『ドン』での演技は高く評価されフィルムフェア賞最優秀主演男優賞を受賞した。さらに『Trishul』『Muqaddar Ka Sikandar』ではフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた。この年はヒット作6本(『Muqaddar Ka Sikandar』『Trishul』『ドン』『Kasme Vaade』『Ganga Ki Saugandh』『Besharam』)に出演し、アミターブのキャリアの中で最も興行的な成功を収めた年となった[48]

1979年に主演を務めた『Suhaag』は、同年公開のインド映画興行成績第1位となった。この他に『Mr. Natwarlal』『黒いダイヤ英語版』『The Great Gambler』『Manzil』でそれぞれ批評的・興行的な成功を収めている。レーカ英語版と共演した『Mr. Natwarlal』で初めて歌声を披露し、同作でフィルムフェア賞最優秀主演男優賞とフィルムフェア賞 最優秀男性プレイバックシンガー賞英語版にノミネートされた。また、『黒いダイヤ』でもフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされた。1980年にラージ・コスラ英語版の『Dostana』でシャトルガン・シンハー英語版ジーナット・アマン英語版と共演し、同作でもフィルムフェア賞最優秀主演男優賞にノミネートされ、1980年公開のインド映画興行成績第1位となっている[49]。1981年にはヤシュ・ラージ・チョープラーの恋愛映画『Silsila』で妻ジャヤー、レーカと共演した。この時期には他に『Shaan』『Ram Balram』『Naseeb』『Laawaris』『Kaalia』『Yaarana』『Barsaat Ki Ek Raat』『Shakti』に出演している。1982年には『Satte Pe Satta』『Desh Premee』で一人二役を演じ、『Namak Halaal』『Khud-Daar』『Bemisal』などのヒット作に出演した[50]。1983年に出演した『Mahaan』では3役を演じており[51]、この他に『Nastik』『Andha Kanoon』に出演し、『Pukar』は平均的な興行成績に終わっている。政治活動に従事していた1984年から1987年の間には『Mard』『Aakhree Raasta』が公開され、両作とも興行的な成功を収めている[52]

撮影中の事故[編集]

『Agneepath』撮影時のアミターブ・バッチャン

1982年7月26日、アミターブは『Coolie』に出演し、バンガルールにある大学のキャンパスでプニート・イッサル英語版とのアクションシーンを撮影中に腹部に重傷を負った[53]。彼はスタントマンを用いず自分でアクションシーンを演じ、テーブルに落下するシーンを撮影していた。しかし、テーブルの角に腹部をぶつけたことで脾臓破裂を起こした。アミターブは脾臓の摘出手術を受けるため緊急入院し、そのまま数か月間生死の境を彷徨うことになった。彼の事故・入院が報じられると、ファンたちは彼の回復を祈るため各地の寺院に殺到し、中には「自分の手足と引き換えにバッチャンを救って欲しい」と申し出るファンも現れた。アミターブが回復するまでの間、入院中の病院前には大勢のファンが押し寄せていた[54]

退院したアミターブは、その年の後半から撮影に復帰した。『Coolie』は1983年に公開されたが、アミターブの事故が大きく報じられたこともあり興行的な成功を収め、同年公開のインド映画興行成績第1位となった[55]。監督のマンモハン・デサイは事故が起きたことで『Coolie』の結末を変更した。当初の脚本ではアミターブが演じるイクバールは映画のラストで殺される予定だったが、完成された映画ではイクバールは生存している。デサイは脚本の変更について、「実際に死の淵から生還したばかりの男がスクリーン上で殺されるのは不適切だと思った」と語っている。また、映画ではアクションシーンが流れる場面で映像が停止し、アミターブの負傷と事故の経過が字幕表示された[56]

この事故が原因でアミターブは重症筋無力症を発症した。これにより精神的・肉体的な影響が出たアミターブは俳優業から離れ、政治活動に乗り出した。彼は病気が原因で悲観的になり、新作映画が公開されるたびに「この映画は失敗だ!」と口にするようになった[57]

1988年 - 1992年[編集]

1984年から1987年にかけて政治活動に従事したアミターブは、1988年の『Shahenshah』で映画業界に復帰して興行的な成功を収めた[58]。しかし、1989年に出演した『Jaadugar』『Toofan』『Main Azaad Hoon』は全て興行的に失敗したため、アミターブのスーパースターの地位は大きく揺らいだ。続けて出演した『Aaj Ka Arjun』『Hum』では成功を収め、アミターブはフィルムフェア賞最優秀主演男優賞を受賞したが、これ以降の出演作は興行的に失敗し、彼のキャリアは低迷を続けた[59][60]。こうした中で1990年に出演した『Agneepath』ではナショナル・フィルム・アワード 最優秀主演男優賞英語版を受賞している。

1992年に『Khuda Gawah』に出演した後、アミターブは5年間新作映画への出演を控えた。この期間中は数本の映画へのゲスト出演やプロデューサーとしての活動を除くと、1994年に出演した『Insaniyat』が唯一の主演作だったが、同作は興行的に失敗している[61]

1996年 - 1999年[編集]

『Lal Baadshah』撮影時のアミターブ・バッチャン

1996年にアミターブ・バッチャン・コーポレーション英語版(ABCL)を設立してプロデューサーに転向した。同社はインドのエンターテインメント業界全般での活動を視野に入れており、映画製作・配給の他にソフト販売やテレビジョン・ソフトウェアの製作、マーケティング、イベントのマネージメント業務などを手掛けた[62]。ABCL設立後に製作した最初の映画は『Tere Mere Sapne』であり、アルシャード・ワールシー英語版シムラン英語版が出演した[63]

1997年にアミターブはABCL製作の『Mrityudata』で俳優業に復帰しようとした。同作は過去のアクション・ヒーローとしてのアミターブ主演作を彷彿とさせる映画だったが、批評面・興行面で失敗した[64]。ABCLはバンガルールで開催されたミス・ワールド・コンテスト英語版のメインスポンサーだったが、イベント開催のため融資を募ったものの返済が困難となり、多額の負債を抱えた。これによりABCLは訴訟を起こされ、同時に経営陣の杜撰な資金管理が明らかとなった[65][66]。訴訟が続く中、1999年にABCLはインド産業金融再生委員会から「経営破綻企業」の宣告を受け、同年4月にボンベイ高等裁判所はアミターブが所有するボンベイとバンガルールの住宅の売却を命じ、カナラ銀行英語版からの融資分の返済に充てられた[65][66]。しかし、アミターブは会社の資金集めのためにバンガルールの住宅を抵当に入れている[67]

アミターブはこうした中で俳優としてのキャリアの復活を目指し、『Bade Miyan Chote Miyan』『Major Saab』で興行的な成功を収め[68]、『Sooryavansham』では批評家から好意的な評価を得たものの[69]、『Lal Baadshah』『Hindustan Ki Kasam』など他の映画は興行的に失敗している[70]

2000年 - 2012年[編集]

『Paa』プレミア上映に出席するアミターブ・バッチャンとヤシュ・ラージ・チョープラー
『The Last Lear』撮影時のアミターブ・バッチャンとリトゥポルノ・ゴーシュ

2000年にアディティヤ・チョープラー英語版の『Mohabbatein』でシャー・ルク・カーンと共演して同作は興行的な成功を収め、アミターブはフィルムフェア賞最優秀助演男優賞を受賞した。これ以降、アミターブは『Ek Rishtaa: The Bond of Love』『家族の四季 -愛すれど遠く離れて-』『Baghban』などのヒット作に出演した。また、『Aks』『ブラインド・ミッション』『Kaante』『Khakee』『Dev』などで批評家から高い評価を受け、『Aks』ではフィルムフェア賞 批評家選出最優秀主演男優賞英語版を受賞している。

2005年にサンジャイ・リーラー・バンサーリーの『Black』に出演して批評家から演技を絶賛され、ナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞、フィルムフェア賞最優秀主演男優賞、フィルムフェア賞批評家選出最優秀主演男優賞を受賞した。同作で俳優としての復活を印象付けたアミターブは様々なブランドのエンドルーザーとして活動を始め、多くのテレビコマーシャルや広告看板に起用された。2005年から2006年にかけて『Bunty Aur Babli』『Sarkar』『さよならは言わないで英語版』で息子アビシェーク・バッチャンと共演し、それぞれ興行的な成功を収めている[71][72]。2006年に『Baabul[73]、2007年に『Eklavya: The Royal Guard』『Nishabd』に出演し、これらは興行的には振るわなかったものの、批評家からは演技を高く評価された[74]

2007年5月に『チーニー・カム英語版』『ラカンドワーラーの抗争英語版』に出演し、両作とも興行的な成功を収めている[75][76][77][78]。同年8月には『炎』をリメイクした『Aag』に出演するが、同作は批評家から酷評され、興行的にも失敗している[78]。また、リトゥポルノ・ゴーシュ英語版の『The Last Lear』にも出演し、これが初の英語映画への出演となった。同作ではアルジュン・ラームパールプリーティ・ジンタと共演し、同年9月にトロント国際映画祭で初上映された。アミターブは同作で批評家から演技を絶賛された[79]。2008年2月からミーラー・ナーイルが監督する『Shantaram』でジョニー・デップと共演する予定だったが、脚本家のストライキが発生したため同年9月に製作が中断された[80]。後に『Shantaram』の企画は無期限に凍結された[81]

2008年5月にヴィヴェーク・シャルマ英語版の『Bhoothnath』で幽霊役を演じ、同年6月には『Sarkar』の続編『Sarkar Raj』に出演して興行的な成功を収めた。2009年12月には『Paa』で息子アビシェークと共演し、批評家から演技を高く評価され、同作は2009年公開のインド映画興行成績上位作品の一つとなった[82]。アミターブは同作でナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞、フィルムフェア賞最優秀主演男優賞を受賞している。2010年にラヴィ少佐英語版の『Kandahar』でモハンラル英語版と共演し、マラヤーラム語映画デビューした[83]。同作はインディアン航空814便ハイジャック事件を題材とした映画であり[84]、アミターブは無償で出演している[85]

2013年以降[編集]

第45回インド国際映画祭英語版開会式に出席するアミターブ・バッチャン
ダーダーサーハバ・パールケー賞を受賞するアミターブ・バッチャン

2013年にバズ・ラーマンの『華麗なるギャツビー』でハリウッドデビューし、レオナルド・ディカプリオトビー・マグワイアと共演した。2014年には『Bhoothnath』の続編『Bhoothnath Returns』に引き続き出演し、2015年には同年最大のヒット作の一つとなった『ピクー英語版』に出演している[86][87][88]。アミターブの演技について、デイリー・ニュース&アナライシスは「『ピクー』でのアミターブの演技は間違いなく、彼の輝けるキャリアのトップ10入りを果たしている」[89]ラジーヴ・マサンドは「バッチャンはバーシュカル役として素晴らしい演技をします。彼はメイドと口論し、ヘルパーを悲しませ、ピクーが結婚せずに彼の世話をすることを望んでいます。あるシーンでは求婚者を追い払うために、ピクーが処女ではなく経済的にも性的にも自立していることを伝えます。バッチャンはキャラクターの多くの特異性を取り込んでおり、彼のコミカルな演技によって映画が風刺映画に陥ることはありませんでした」[90]ガーディアンは「バッチャンは彼が演じるキャラクターの特徴を掴み、彼の演技システムのバックアップのお陰もあによって、カーストと結婚に関する会話を非常に面白いものとしている」と批評している[91]。アミターブは同作の演技を評価されナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞、フィルムフェア賞批評家選出最優秀主演男優賞を受賞している。

2016年に女性の性被害を題材にした『ピンク英語版』で引退した老弁護士ディーパク・セーガル役を演じ、興行的に大きな成功を収めた[92][93][94][95][96]。アミターブの演技も高く評価されており、アヌパマ・チョープラーは「悲壮な威厳をキャラクターに注ぎ込むアミターブ・バッチャンに敬意を表します」[93]、ザ・タイムズ・オブ・インディアのミーナ・アイヤルは「バッチャンのリード・パフォーマンスは隙のない完璧なものです」[97]インド=アジアン・ニュースサービス英語版のトロイ・リベイロはニューデリー・テレビジョン英語版に寄稿し、「アミターブ・バッチャンは老弁護士ディーパク・セーガルを抑え込んでいるものの力強い演技で輝いています。彼の演技は調子の良いバリトン声で感情、そして良く練られた脚本を表現しています」とそれぞれ批評している[98]。2017年には『Sarkar 3』に出演し、同年10月にはアーヤン・ムカルジー英語版の『Brahmāstra』でランビール・カプールアーリヤー・バットと共演することが発表された[99]。2018年2月からアーミル・カーンカトリーナ・カイフファーティマー・サナー・シャイク英語版と共演する『Thugs of Hindostan』の撮影に参加し、同年11月に公開された[100]。同年5月にはウメーシュ・シュクラ英語版の『102 Not Out』で27年振りにリシ・カプールと共演した[101][102][103]

フィルモグラフィー[編集]

出演[編集]

Kochadaiiyaan』プレミア上映に出席するアミターブ・バッチャンとラジニカーント

ボイスオーバー[編集]

俳優以外の活動[編集]

政治[編集]

アミターブ・バッチャンとナレンドラ・モディ
アミターブ・バッチャンとマノハール・パニカル英語版

1984年にアミターブは俳優活動を休止し、長年の友人ラジーヴ・ガンディーをサポートするため政治活動に参加した。彼は第8期ローク・サバー英語版選挙にイラーハーバード選挙区英語版から出馬し、元ウッタル・プラデーシュ州首相英語版ヘムワティ・ナンダン・バフグナ英語版を破り、インド政治史上の最高得票率の一つに挙げられる得票率68.2%で初当選した[104]。しかし、1987年にラジーヴ・ガンディー政権下で発覚したボフォース・スキャンダル英語版への関与を疑われ議員辞職し、無実を訴えるため事件への関与疑惑を報じた新聞社を相手に訴訟を起こした[105]。この疑惑について、2012年に捜査を指揮したスウェーデン警察署長ステン・リンドストロムによってアミターブの関与疑惑は完全に虚偽だったことが明かされ、アミターブの無実が証明されている[106]

アミターブはABCLが経営危機に陥った際に友人のアマール・シン英語版から経済的な支援を受け、これをきっかけに彼が所属するサマジワディ党を支援するようになった。後に妻ジャヤーはサマジワディ党に入党してラージヤ・サバー議員として活動し[107]、アミターブも政党ポスターや政治集会への出演を通して同党を支援している。一方、政治活動中の発言に対して批判を受けることもある[108]1984年反シク教徒暴動英語版が発生した際には「blood for blood」のスローガンを掲げて暴動を扇動したとされている(彼自身はこの報道を否定している)[109]。これに関連して、2014年にロサンゼルスの裁判所から「1984年の暴動を扇動した」として召喚されている[110][111][112][113]

アミターブは映画俳優に対する取材姿勢を巡りスターダスト誌英語版と対立していた。1975年に非常事態宣言英語版が発令された際、アミターブは親交があったガンディー家の影響力を用いてスターダスト誌に圧力をかけたとされている。この結果、他のメディアにも報道規制が課されることになり、スターダスト誌は報復として他の映画雑誌と共にアミターブに関する記事を一切掲載しない協定を結んだ。アミターブもこれに対抗し、主演作の撮影セットに映画雑誌の記者が入ることを禁止した。1982年にアミターブが撮影中に重傷を負った際に一時的な休戦協定が結ばれ事故の記事が掲載されたが、両者の対立は1989年に和解が成立するまで続いた[114]

テレビ[編集]

2000年に『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』のインド版である『Kaun Banega Crorepati』の司会者に就任した[115]。2005年からのシーズン2でも引き続き司会者を務めたが、2006年に病気に罹ったため降板している[116]。2010年のシーズン4で司会者に復帰し[117]、同番組はインドで最も成功したテレビ番組の一つとなり、アミターブと『Kaun Banega Crorepati』は CNN-IBN賞のインディアン・オブ・ザ・イヤー・エンターテインメント・チームを受賞している[118]。アミターブは最終的に2017年まで司会者を務めた。

2009年に『Bigg Boss』シーズン3の司会者に就任した[119]。シーズン6でも司会者を務め、このシーズン中に同番組は最大視聴率を更新した[120]。2014年には『Yudh』で主役に起用され、テレビドラマデビューした[121]

声優[編集]

アミターブは深いバリトンの声で知られており、その声を活かしてナレーターやプレイバックシンガー、イベント司会者として活動している[122][123][124]サタジット・レイはアミターブの声に感銘を受けた一人で、1977年に製作した『チェスをする人英語版』で彼をナレーターに起用している[125]。2001年には『ラガーン』でもナレーターを務め[126]、2005年にはアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した『皇帝ペンギン』のヒンディー語版でナレーターを務めた[127]

人道支援[編集]

「TeachAIDS」のレコーディング中のアミターブ・バッチャンと彼のイラスト

アミターブは様々な人道支援活動も行っている。2012年にアーンドラ・プラデーシュ州の40人近くの貧困農家の債務返済を支援するため110万ルピーを寄付し[128]ヴィダルバの100人近い農家にも債務返済支援のため300万ルピーを寄付している[129]。2010年にコーチの医療センターを支援するためレスル・プークティ財団英語版に110万ルピーを寄付し[130][131][132]2012年インド集団強姦事件の際には抗議デモの対処中に負傷・殉職した警察官スバーシュ・チャーンド・トマールの遺族に25万ルピーを寄付している[133]。2013年には父の名前を冠したハリヴァンシュ・ラーイ・バッチャン・メモリアル・トラストを設立し、ウルジャ財団と共同でインド国内の3000世帯の住宅に太陽光発電での電力供給を実施する[134][135]。2019年6月にはビハール州の2100人の農家が抱える債務を全額返済している[136]

2002年にポリオ撲滅キャンペーンのUNICEF親善大使に就任した[137]。2013年にバッチャン家はインドの若い女性の権利向上のため活動する慈善団体プラン・インディアに250万ルピーを寄付し[138]、同年にマハーラーシュトラ州警察福祉基金に110万ルピーを寄付している[139]。2014年にはスタンフォード大学が開発したAIDS予防教育ツール「TeachAIDS」のヒンディー語版・英語版製作のために声と画像を提供した[140]

アミターブはインドの虎の保護を訴える「Save Our Tigers」のキャンペーンにも参加している[141]。また、PETAコールハープルの寺院で鎖に繋がれていた14歳の象の解放を訴えるキャンペーンを支持している[142]

投資[編集]

アミターブは有望なベンチャービジネスに投資している。2013年にジャスト・ダイアルの株式を10%購入し、4600%の利益を受け取っている。彼は金融市場向けのクラウドコンピューティングを取り扱う企業スタンピード・キャピタルの株式を3.4%所有している。また、バッチャン家はアメリカ合衆国のコンサルティング企業Meridian Techの25万2000ドル相当の株式を所有しており、さらにコンテンツ配信プラットフォームのZiddu.comにも投資している[141][143]。2016年のパナマ文書流出、2017年のパラダイス文書公表によりタックス・ヘイヴンに法人を所有してオフショア投資を行っていたことが報じられた[144][145]。これに対し、アミターブは報道を否定している[146]

受賞歴[編集]

聖火ランナーを務めるアミターブ・バッチャン
パドマ・ヴィブーシャン勲章を授与されるアミターブ・バッチャン

アミターブは長年の俳優活動によってナショナル・フィルム・アワードフィルムフェア賞を始めとした数多くの映画賞や名誉賞を受賞している。1991年に新設されたフィルムフェア賞 生涯功労賞英語版の最初の受賞者となり、2000年にはフィルムフェア賞 スーパースター・オブ・ミレニアム英語版を受賞している[147]。1999年にBBCの「Your Millennium」オンライン投票で「グレイテスト・スター・オブ・ステージorスクリーン」に選ばれ、「西側世界の多くの人々は彼のことを聞いたことがないでしょう……しかし、彼はインド映画の大きな人気を反映しています」と批評している[148]。2001年には映画業界への貢献を認められ、アレクサンドリア国際映画祭英語版で世紀の俳優賞を受賞した[149]。この他にアジア・フィルム・アワードの生涯功労賞など複数の国際映画祭で名誉賞を受賞している[150]

2000年6月、アミターブはマダム・タッソー館に蝋人形が設置された最初のアジア人となった[151]。他の像は2009年にニューヨーク[152]、2011年に香港バンコク[153][154]、2012年にワシントンD.C.[155]、2017年にデリーに設置された[156]。2003年にフランスドーヴィルの名誉市民となった[157]。1984年にはパドマ・シュリー勲章、2001年にパドマ・ブーシャン勲章英語版、2015年にパドマ・ヴィブーシャン勲章英語版インド共和国政府英語版から授与されている。1991年に『Khuda Gawah』を撮影した際には、当時のアフガニスタン大統領からアフガニスタン勲章を授与された[158]。2005年にはフランス共和国政府からレジオンドヌール勲章を授与された[159]。2012年7月27日にはロンドンオリンピック聖火ランナーとしてサザークの最終区間を走った[160]

2002年にアミターブは自伝『Soul Curry for you and me – An Empowering Philosophy That Can Enrich Your Life』を出版している[161]。1980年代にはアミターブ本人の許可を得た漫画『The Adventures of Amitabh Bachchan』で彼をモデルにしたキャラクター「スプレモ英語版」が登場した[162]。2014年5月にはオーストラリアラ・トローブ大学にアミターブの名前を冠した奨学金が創設された[163]。2012年にPETAから「最もホットなベジタリアン」に選ばれ[164]、PETAアジア主催の投票では「アジアで最もセクシーなベジタリアン」に選出された[165]

出身地のイラーハーバードではアミターブの名前を冠したアミターブ・バッチャン・スポーツ・コンプレックス英語版、アミターブ・バッチャン通りが存在する[166][167]。また、サイファイにも彼の名前を冠したアミターブ・バッチャン・ガバメント・インターカレッジが存在する[168][169][170]シッキム州にはアミターブ・バッチャン滝英語版がある[171]コルカタにはアミターブを神として崇拝する寺院がある[172][173]

出典[編集]

  1. ^ James, Anu (2015年2月25日). “Amitabh Bachchan, Kamal Haasan, Katrina Kaif and Other Bollywood Celebs Who Changed Their Names [PHOTOS]”. 2018年7月21日閲覧。
  2. ^ Dedhia, Sonil (2012年10月7日). “Amitabh Bachchan: No resolutions for my birthday”. Rediff. 2019年10月9日閲覧。 “On October 2, the superstar took time out to give interviews to the media, as celebrations for his 70th birthday on October 11[, 2012,] started picking up”
  3. ^
  4. ^ Bhatia, Shreya (2020年1月6日). “Meet the world's richest movie star, an Indian: Shah Rukh Khan”. https://gulfnews.com/photos/entertainment/meet-the-worlds-richest-movie-star-an-indian-shah-rukh-khan-1.1578313981556?slide=15 2019年3月15日閲覧。 
  5. ^ Amitabh Bachchan: A Life in Pictures”. Bafta.org. 2011年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月23日閲覧。
  6. ^
  7. ^ Truffaut labeled Bachchan a one-man industry”. China Daily. 2008年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月1日閲覧。
  8. ^
    • Willis, Andrew (2004). Film Stars: Hollywood and Beyond. Manchester University Press. p. 4. ISBN 9780719056451. https://books.google.com/books?id=_2ZXBaDJ6DUC&pg=PAPA4 
    • “As more satellite TV networks target Asia, the picture is one of confusion and uncertainty”. India Today. (1993年9月30日). https://www.indiatoday.in/magazine/special-report/story/19930930-as-more-satellite-tv-networks-target-asia-the-picture-is-one-of-confusion-and-uncertainty-811618-1993-09-30 
    • Sinanan, Anil (2008年7月23日). “The Bachchans in TNT: it’s dynamite!”. The Times. https://www.thetimes.co.uk/article/the-bachchans-in-tnt-its-dynamite-fpkjvxrkw8k 2020年4月7日閲覧。 
    • “INDIA's biggest superstar Amitabh Bachchan has no interest in celebrating his 77th birthday”. pressreader.com. (2019年10月13日). https://www.pressreader.com/fiji/the-fiji-times/20191013/282522955227391 2020年4月7日閲覧。 
  9. ^ Masih, Archana (2012年10月9日). “Take a tour of Amitabh's home in Allahabad”. Rediff.com. http://www.rediff.com/movies/slide-show/slide-show-1-take-a-tour-of-amitabhs-home-in-allahabad/20121009.htm 2014年2月14日閲覧。 
  10. ^ Jaya inaugurates library in memory of Harivansh Rai Bachchan”. OneIndia.com. Greynium Information Technologies Pvt. Ltd (2006年3月6日). 2015年11月18日閲覧。
  11. ^ a b Mishra, Vijay (2002) (英語). Bollywood Cinema: Temples of Desire. Psychology Press. p. 131. ISBN 9780415930147. https://books.google.com/books/about/Bollywood_Cinema.html?id=N5Z9_ysSgW8C 
  12. ^ West-Pavlov, Russell (2018). The Global South and Literature. Cambridge University Press. p. 167. ISBN 9781108246316. https://books.google.com/books?id=yMdJDwAAQBAJ&pg=PA167 
  13. ^ Amitabh was initially named Inquilaab”. The Times of India (2012年8月28日). 2020年7月12日閲覧。
  14. ^ “I am proud of my surname Amitabh Bachchan”. (2011年7月28日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/I-am-proud-of-my-surname-Amitabh-Bachchan/articleshow/9393354.cms 2017年7月26日閲覧。 
  15. ^ Bachchan, Harivansh Rai (1998). In The Afternoon Time. Viking Pr. ISBN 978-0670881581 
  16. ^ Khan, Alifiya. “Teji Bachchan passes away”. Hindustan Times. 2007年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月10日閲覧。
  17. ^ “Amitabh Bachchan's journey to the top”. India Today. (2009年10月10日). http://indiatoday.intoday.in/story/Amitabh+Bachchan%27s+journey+to+the+top/1/65773.html 2020年7月12日閲覧。 
  18. ^ Reviews on: To Be or Not To Be Amitabh Bachchan – Khalid Mohamed”. 2020年7月12日閲覧。
  19. ^ “Hindi classics that defined the decade: 1960s Bollywood was frothy, perfectly in tune with the high spirits of the swinging times”. The Indian Express. (2017年10月31日). http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/1960s-bollywood-classic-films-mughal-e-azam-guide-4913491/ 2020-07-12←閲覧。 
  20. ^ Raj, Ashok (2009) (英語). Hero Vol.2. Hay House. p. 21. ISBN 9789381398036. https://books.google.com/books?id=2wo9BAAAQBAJ&pg=PT21 
  21. ^ Before Brando, There Was Dilip Kumar, The Quint, December 11, 2015
  22. ^ Kumar, Surendra (2003) (英語). Legends of Indian cinema: pen portraits. Har-Anand Publications. p. 51. https://books.google.com/books?id=AfJkAAAAMAAJ 
  23. ^ Suresh Kohli (2012年5月17日). “Arts / Cinema: Bhuvan Shome (1969)”. The Hindu (Chennai, India). オリジナルの2013年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20130205112700/http://www.thehindu.com/arts/cinema/article3428922.ece 2012年12月11日閲覧。 
  24. ^ Ramnath, Nandini. “Before stardom: Amitabh Bachchan's drudge years are a study in perseverance and persona building”. Scroll.in. 2019年12月20日閲覧。
  25. ^ Avijit Ghosh (2009年11月7日). “Big B's debut film hit the screens 40 yrs ago, today”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-11-07/india/28085479_1_amitabh-bachchan-saat-hindustani-malayalam-actor 2012年12月11日閲覧。 
  26. ^ I felt I did a good job in Black”. Rediff.com (2007年8月9日). 2012年3月24日閲覧。
  27. ^ Box Office 1972”. Box Office India (2012年10月12日). 2012年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  28. ^ a b 80 iconic performances 1/10” (2010年6月1日). 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月29日閲覧。
  29. ^ Lokapally, Vijay (2016年12月22日). “Sanjog (1972)”. The Hindu. https://www.thehindu.com/entertainment/movies/Sanjog-1972/article16926488.ece 2020年3月14日閲覧。 
  30. ^ a b c d e “Revisiting Prakash Mehra's Zanjeer: The film that made Amitabh Bachchan”. The Indian Express. (2017年6月20日). http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/revisiting-prakash-mehra-zanjeer-the-film-that-made-amitabh-bachchan-4714064/ 2020年7月13日閲覧。 
  31. ^ a b “Why Salim Khan was angry with Amitabh Bachchan”. The Times of India. (2013年12月13日). https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Why-Salim-Khan-was-angry-with-Amitabh-Bachchan/articleshow/27245793.cms 2020年7月13日閲覧。 
  32. ^ a b c “Deewaar was the perfect script: Amitabh Bachchan on 42 years of the cult film”. Hindustan Times. (2017年1月29日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/deewaar-was-the-perfect-script-amitabh-bachchan-on-42-years-of-the-cult-film/story-x2hy87zQ0ebVlsVMV59U2I.html 2020年7月13日閲覧。 
  33. ^ “Film legend promotes Bollywood”. BBC News. (2002年4月23日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/1945451.stm 2010年1月15日閲覧。 
  34. ^ Box Office 1973”. Box Office India. 2013年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月12日閲覧。
  35. ^ the angry young man in Hindi cinema – Lal Salaam: A Blog by Vinay Lal”. vinaylal.wordpress.com. 2018年7月21日閲覧。
  36. ^ Narcisa, Maanvi. The 'Angry Young Man' of 'Zanjeer': From Osborne to Bachchan. https://www.academia.edu/10614647 2018年7月21日閲覧。. 
  37. ^ Why Amitabh Bachchan is more than a superstar”. BBC (2012年10月11日). 2018年7月21日閲覧。
  38. ^ Tieber, Claus (2015年8月21日). “Writing the Angry Young Man: Salim-Javed's screenplays for Amitabh Bachchan”. 2018年7月21日閲覧。
  39. ^ Filmfare Awards Winners 1974: Complete list of winners of Filmfare Awards 1974”. The Times of India. 2020年4月2日閲覧。
  40. ^ Box Office 1974”. Box Office India. 2013年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  41. ^ Box Office 1975”. BoxOffice India.com. 2013年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月14日閲覧。
  42. ^ a b Kanwar, Rachna (2005年10月3日). “25 Must See Bollywood Movies”. Indiatimes movies. オリジナルの2007年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071015033756/http://movies.indiatimes.com/Special_Features/25_Must_See_Bollywood_Movies/articleshow/msid-1250837%2Ccurpg-10.cms 2007年12月6日閲覧。 
  43. ^ Sholay”. International Business Overview Standard. 2012年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月6日閲覧。
  44. ^ Top Actor” (2015年1月2日). 2015年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月3日閲覧。
  45. ^ Box Office 1983”. Box Office India (2013年10月29日). 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  46. ^ Sholay: The Star Wars of Bollywood?”. BBC. 2019年6月29日閲覧。
  47. ^ Box Office 1977”. Box Office India. 2012年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月11日閲覧。
  48. ^ rediff.com, Movies: The Towering Inferno: Amitabh Bachchan”. Rediff.com. 2018年7月21日閲覧。
  49. ^ BoxOffice India.com”. BoxOffice India.com. 2010年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月15日閲覧。
  50. ^ Box Office 1981”. Box Office India. 2013年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月15日閲覧。
  51. ^ Box Office 1983”. Box Office India. 2013年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月28日閲覧。
  52. ^ SM, Mitesh Shah aka. “List of 40 All Time Super hit movies of Amitabh Bachchan”. realityviews.in. 2018年4月3日閲覧。
  53. ^ Bachchan injured whilst shooting scene”. Rediff.com. 2007年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月11日閲覧。
  54. ^ Amitabh Bachchan no longer excited about birthdays”. Hindustan Times (2009年10月10日). 2012年12月11日閲覧。
  55. ^ Coolie a success”. Box Office India. 2012年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月11日閲覧。
  56. ^ 30 years after the Coolie accident: Big B's "second birthday"”. Movies.ndtv.com (2012年8月2日). 2013年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月11日閲覧。
  57. ^ Mohamed, Khalid. “Reviews on: To Be or Not To Be Amitabh Bachchan”. mouthshut.com. 2007年3月11日閲覧。
  58. ^ Top Actor”. boxofficeindia.com/topactors.htm. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月15日閲覧。
  59. ^ Box Office 1990”. Box Office India (2013年9月21日). 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月3日閲覧。
  60. ^ Box office 1991”. Box Office India (2013年9月21日). 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  61. ^ Box Office 1994”. Box Office India. 2013年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月15日閲覧。
  62. ^ Amitabh Bachchan – from bankruptcy to crorepati” (2011年9月10日). 2018年7月21日閲覧。
  63. ^ Rediff on the NeT Business News: Businessman Bachchan braves a bad patch as ABCL falls sick”. Rediff.com. 2020年4月2日閲覧。
  64. ^ Collapse of Mrityudaata diminishes Amitabh Bachchan's godlike status”. India Today. 2018年7月21日閲覧。
  65. ^ a b After dream venture ABCL go bankrupt, Amitabh Bachchan faces legal battle with creditors”. India Today. 2018年7月21日閲覧。
  66. ^ a b Rediff on the NeT Business News: Businessman Bachchan braves a bad patch as ABCL falls sick”. Rediff.com. 2018年7月21日閲覧。
  67. ^ Patil, Vimla (2001年3月4日). “Muqaddar Ka Sikandar”. 2020年7月15日閲覧。
  68. ^ Major Saab – Movie”. Box Office India. 2018年8月31日閲覧。
  69. ^ Taliculam, Sharmila. “He's back!”. 2020年7月15日閲覧。
  70. ^ Rediff on the NeT, Movies: A look at the year gone by”. Rediff.com. 2020年4月2日閲覧。
  71. ^ Amitabh and Abhishek rule the box office”. Box Office India. 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月11日閲覧。
  72. ^ Box Office 2006”. Box Office India. 2012年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月11日閲覧。
  73. ^ Films fail at the BO”. Box Office India. 2013年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月15日閲覧。
  74. ^ Adarsh, Taran. “Top 5: 'Nishabd', 'N.P.D.' are disasters”. Bollywood Hungma. 2009年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月26日閲覧。
  75. ^ Shootout at Lokhandwala – Movie”. Box Office India. 2018年7月21日閲覧。
  76. ^ Box Office 2007”. Box Office India (2013年1月15日). 2013年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月3日閲覧。
  77. ^ Cheeni Kum – Movie –”. Box Office India. 2018年7月21日閲覧。
  78. ^ a b Box Office 2007”. Box Office India. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月15日閲覧。
  79. ^ This is Amitabh's best performance after Black” (2007年9月11日). 2009年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月12日閲覧。
  80. ^ Amitabh Bachchan to star with Johnny Depp”. ourbollywood.com. 2007年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月11日閲覧。
  81. ^ Akbar, Arifa (2009年11月13日). “Underworld tale won't see light of day”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/books/features/the-diary-shantaram-film--lumiere-festival-tom-atkinson-hans-holbein-harold-evans-1819450.html 2010年5月23日閲覧。 
  82. ^ Top India Total Nett Gross 2009 –”. Box Office India. 2018年7月21日閲覧。
  83. ^ Major Ravi gets ready to shoot Kandahar: Rediff.com Movies”. Rediff.com (2010年6月8日). 2010年10月2日閲覧。
  84. ^ Big B in 'Kandahaar' along with Sunil Shetty”. indiaglitz.com (2010年4月14日). 2020年7月15日閲覧。
  85. ^ Amitabh to forego fee for sharing screen with Mohanlal”. The Indian Express (2010年4月17日). 2020年7月15日閲覧。
  86. ^ Piku Total Collection – Lifetime Business – Total Worldwide Collection – Box Office Hits” (2015年6月10日). 2018年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  87. ^ Amitabh Bachchan boosts Piku box office collections to over Rs 100 cr, slowly, steadily” (2015年5月11日). 2018年7月21日閲覧。
  88. ^ Mehta, Ankita (2015年5月21日). “'Piku' 13 Days Box Office Collection: Deepika-Amitabh Starrer Grosses ₹100 Crore Worldwide”. 2018年7月21日閲覧。
  89. ^ 'PIKU' Review: Must-watch for the thundering trio of Amitabh Bachchan, Deepika Padukone, and Irrfan Khan” (2015年5月8日). 2018年7月21日閲覧。
  90. ^ Rockstah Media. “Poop dreams – Rajeev Masand – movies that matter : from bollywood, hollywood and everywhere else”. rajeevmasand.com. 2018年7月21日閲覧。
  91. ^ McCahill, Mike (2015年5月18日). “Piku review: Amitabh Bachchan lets it all out in constipation comedy”. The Guardian. 2018年7月21日閲覧。
  92. ^ Pink review: Amitabh Bachchan is still the only boss around” (2016年9月15日). 2018年7月21日閲覧。
  93. ^ a b Pink review by Anupama Chopra: A tale of true grit, grippingly told” (2016年9月16日). 2018年7月21日閲覧。
  94. ^ Pink movie review: Amitabh Bachchan's POWERFUL message is unmissable”. India Today. 2018年7月21日閲覧。
  95. ^ Box Office Verdict 2016 – Hits & Flops of the Year” (2017年1月27日). 2018年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  96. ^ Hungama, Bollywood (2016年9月17日). “Box Office: Worldwide Collections and Day wise breakup of Pink – Bollywood Hungama”. 2018年7月21日閲覧。
  97. ^ Pink Movie Review {4.5/5}: Critic Review of Pink by Times of India”. 2018年7月21日閲覧。
  98. ^ Pink Movie Review: Amitabh Bachchan Shines As Always – NDTV Movies”. 2018年7月21日閲覧。
  99. ^ Karan Johar announces his upcoming film trilogy with Amitabh Bachchan, Ranbir Kapoor and Alia Bhatt – Movies to look forward to | The Times of India”. The Times of India. 2018年3月11日閲覧。
  100. ^ Fatima Sana Shaikh Joins Yash Raj Films' Thugs of Hindostan Along with Amitabh Bachchan and Aamir Khan”. yashrajfilms.com. 2018年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月11日閲覧。
  101. ^ 102 Not Out teaser: Amitabh Bachchan, Rishi Kapoor seen together on-screen after 27 years- Entertainment News, Firstpost” (2018年2月9日). 2018年7月21日閲覧。
  102. ^ Amitabh Bachchan: Teaming up with Rishi Kapoor for '102 Not Out' has been a great joy”. 2018年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  103. ^ Sony Pictures boards Indian comedy '102 Not Out' with Amitabh Bachchan, Rishi Kapoor”. 2018年7月21日閲覧。
  104. ^ Amitabh Bachchan: Stint in Politics”. Hindustan Times. 2006年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2005年12月5日閲覧。
  105. ^ Interview with Amitabh Bachchan”. sathnam.com. 2009年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月17日閲覧。
  106. ^ “Bofors scam: Amitabh, Jaya Bachchan react to whistle-blower's revelations”. (2012年4月25日). https://www.ndtv.com/india-news/bofors-scam-amitabh-jaya-bachchan-react-to-whistle-blowers-revelations-478497 
  107. ^ "Bachchan has no plans for the election." The Hindu.
  108. ^ “Bollywood's Bachchan in trouble over crime claim”. Agence France-Presse. (2007年10月4日). オリジナルの2008年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080116120716/http://afp.google.com/article/ALeqM5iJuYOasTF-bsTo0AQjW96aD2Kr2w 
  109. ^ US federal court summons Amitabh Bachchan in an alleged human rights violation; connects it to the 1984 anti-Sikh riots”. News18 (2015年2月26日). 2019年12月20日閲覧。
  110. ^ “1984 riots: Amitabh Bachchan summoned by US court for 'instigating' violence against Sikhs”. The Times of India. https://timesofindia.indiatimes.com/india/1984-riots-Amitabh-Bachchan-summoned-by-US-court-for-instigating-violence-against-Sikhs/articleshow/44957457.cms 
  111. ^ “Amitabh Bachchan summoned by Los Angeles court”. The National. https://www.thenational.ae/arts-culture/amitabh-bachchan-summoned-by-los-angeles-court-1.584342 
  112. ^ “US court summons Amitabh Bachchan in connection with 1984 anti-Sikh riots”. Deccan Chronicle. https://www.deccanchronicle.com/150225/entertainment-bollywood/article/us-court-summons-amitabh-bachchan-served-his-hollywood-agent 
  113. ^ US court summons Amitabh Bachchan for 'instigating' 1984 anti-Sikh riots”. Dawn (2014年10月28日). 2019年12月20日閲覧。
  114. ^ The 15-year ban on Bachchan!”. bollywoodhungama.com (2007年1月27日). 2009年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月24日閲覧。
  115. ^ Saxena, Poonam (2011年11月19日). “Five crore question: What makes KBC work?”. Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Television/Five-crore-question-What-makes-KBC-work/Article1-771297.aspx 2011年11月24日閲覧。 
  116. ^ “India scraps millionaire TV show”. BBC News. (2006年1月25日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/4648470.stm 2010年5月7日閲覧。 
  117. ^ KBC 4 beats Bigg Boss 4 in its final episode”. One India (2010年12月13日). 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月13日閲覧。
  118. ^ The Indian Telly Awards – 'Kaun Banega Crorepati'” (2001年9月1日). 2020年7月18日閲覧。
  119. ^ Amitabh Bachchan back on TV with 'Bigg Boss 3'”. The Times of India. 2009年9月5日閲覧。
  120. ^ Team, Tellychakkar. “TV News”. Tellychakkar.com. 2019年12月20日閲覧。
  121. ^ “Watch: Amitabh Bachchan battles world, himself in TV show 'Yudh'”. The Indian Express. (2014年5月2日). http://indianexpress.com/article/entertainment/television/watch-amitabh-bachchan-battles-world-himself-in-tv-show-yudh/ 
  122. ^ Amitabh Bachchan to get copyright: Celebrities, News”. India Today (2010年11月8日). 2012年12月11日閲覧。
  123. ^ Amitabh Bachchan lends his voice to animated 'Mahabharat'”. The Indian Express (2012年3月12日). 2012年12月11日閲覧。
  124. ^ Near 70, Amitabh Bachchan still gets mobbed”. The Indian Express (2012年9月29日). 2012年12月11日閲覧。
  125. ^ hindustantimes.in "Amitabh voice for Shatranj Ke Khiladi." Hindustan Times. Archived 6 October 2013 at the Wayback Machine.
  126. ^ “Ashutosh had rejected Big B as Lagaan's narrator”. The Times of India. (2011年6月16日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/bollywood/news-interviews/Ashutosh-had-rejected-Big-B-as-Lagaans-narrator/articleshow/8874233.cms?referral=PM 
  127. ^ Amitabh to get France's highest civilian honour: Bollywood News”. ApunKaChoice.Com (2006年10月12日). 2012年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月14日閲覧。
  128. ^ Big B's secret aspect finally revealed”. The Times of India. 2019年12月20日閲覧。
  129. ^ The Amitabh Bachchan way or the highway – Aditi Prasad – The Sunday Indian”. thesundayindian.com. 2018年7月21日閲覧。
  130. ^ Amitabh Bachchan announces 11 lakh contribution for Resul Pookutty's foundation”. DNA India (2010年2月7日). 2019年12月20日閲覧。
  131. ^ Amitabh Bachchan supports medical centre at Kochi”. dna (2010年2月8日). 2020年7月19日閲覧。
  132. ^ Padmanabhan, Geeta (2011年1月21日). “The Saturday Interview – Sound Sense”. The Hindu. https://www.thehindu.com/features/metroplus/The-Saturday-Interview-mdash-Sound-Sense/article15534067.ece 
  133. ^ Delhi gangrape: Amitabh Bachchan donates Rs 2.5 lakh to Delhi Police constable Subhash Chand Tomar's family”. India Today. 2019年12月20日閲覧。
  134. ^ Amitabh Bachchan opens memorial trust in father's name – Indian Express”. The Indian Express. 2019年12月20日閲覧。
  135. ^ Amitabh Bachan plans to light 3000 homes with Solar Power”. renewindians.com. 2018年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月16日閲覧。
  136. ^ “Amitabh Bachchan pays off loans of 2,100 Bihar farmers, promises to help kin of Pulwama victims”. The Economic Times. (2019年6月12日). https://economictimes.indiatimes.com/magazines/panache/amitabh-bachchan-pays-off-loans-of-2100-bihar-farmers-children-abhishek-and-shweta-accompany-him/articleshow/69752830.cms?from=mdr 2019年9月11日閲覧。 
  137. ^ Amitabh Bachchan launches new Polio Communication Campaign”. UNICEF (2011年12月16日). 2020年7月19日閲覧。
  138. ^ Bachchan's charity side”. Hindustan Times (2013年2月10日). 2019年12月20日閲覧。
  139. ^ Maharashtra police keep Big B 'waiting'”. The New Indian Express. 2020年7月19日閲覧。
  140. ^ Amitabh Bachchan Joins S.F. Bay Area Nonprofit TeachAIDS”. India West. 2015年6月24日閲覧。
  141. ^ a b 20 reasons why we love Amitabh Bachchan”. The Times of India. 2020年7月19日閲覧。
  142. ^ Amitabh Bachchan, Madhuri Dixit back 'Free Sunder' campaign”. NDTV.com. 2020年7月19日閲覧。
  143. ^ Actors turn investors: Bachchans make first ever overseas investment with Ziddu.com”. Firstpost. 2020年7月19日閲覧。
  144. ^ Tandon, Suneera (2017年11月7日). “The Indian superstars of tax haven leaks: Amitabh Bachchan and Vijay Mallya”. Quartz India. https://qz.com/1121170/from-paradise-papers-to-the-panama-leaks-amitabh-bachchan-and-vijay-mallya-are-never-missing/ 2017年11月9日閲覧。 
  145. ^ “Amitabh Bachchan, Family May Be Summoned in Panama Papers Case”. NDTV. (2017年9月27日). https://www.ndtv.com/india-news/amitabh-bachchans-family-may-be-summoned-in-panama-papers-case-1756057 2017年11月10日閲覧。 
  146. ^ ボリウッドスター「私の名前が悪用された」 資産隠しを否定”. 産経新聞. 2020年7月19日閲覧。
  147. ^ Amitabh Bachchan named Star of the Millennium”. India Today. 2019年3月24日閲覧。
  148. ^ “ENTERTAINMENT | Bollywood star tops the poll”. BBC News. (1999年7月1日). オリジナルの2010年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100910010951/http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/381017.stm 2010年10月2日閲覧。 
  149. ^ The Tribune, Chandigarh, India – World”. The Tribune (2001年9月4日). 2013年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月2日閲覧。
  150. ^ Actor Amitabh Bachchan | Film Paa – Oneindia Entertainment”. Entertainment.oneindia.in (2010年3月25日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月2日閲覧。
  151. ^ Art of cinema is a small contribution: Amitabh Bachchan”. Screenindia.com (2009年4月1日). 2009年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月2日閲覧。
  152. ^ Amitabh Wax figure in New York”. Whatslatest.com. 2012年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月2日閲覧。
  153. ^ “Amitabh's wax statue unveiled at Hong Kong Tussauds”. The Hindu (Chennai, India). (2011年3月25日). http://www.thehindu.com/arts/cinema/article1570825.ece 2012年10月11日閲覧。 
  154. ^ Unveils wax figure of India's all-time superstar: Amitabh Bachchan”. madametussauds.com/Bangkok (2011年8月24日). 2012年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月12日閲覧。
  155. ^ Big B, SRK, Aishwarya's wax figures at Washington Tussauds”. The Indian Express (2012年12月5日). 2012年12月5日閲覧。
  156. ^ Amitabh Bachchan misunderstands his wax statue at Madame Tussauds, Delhi as his photo”. The Times of India (2017年1月13日). 2017年1月13日閲覧。
  157. ^ “'Shahenshah' of Bollywood”. The Hindu (Chennai, India). (2003年7月4日). オリジナルの2010年10月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101014135148/http://hindu.com/thehindu/fr/2003/07/04/stories/2003070400980100.htm 2010年10月2日閲覧。 
  158. ^ Indian film star Amitabh Bachchan cherish Afghanistan memories” (2013年8月27日). 2020年7月20日閲覧。
  159. ^ Pandey, Geeta (2007年1月27日). “South Asia | French honour for Bollywood star”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/6306201.stm 2010年10月2日閲覧。 
  160. ^ Bhushan, Nyay (2012年7月26日). “Amitabh Bachchan Carries Olympic Torch”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/amitabh-bachchan-carries-olympic-torch-355100 
  161. ^ Soul Curry for you and me – An Empowering Philosophy That Can Enrich Your Life by Amitabh Bachchan”. Indiaclub.com (1942年10月11日). 2010年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月2日閲覧。
  162. ^ Remembering Amitabh, the Supremo superhero”. Rediff.com (2009年11月10日). 2012年12月11日閲覧。
  163. ^ La Trobe University of Australia names scholarship after Amitabh Bachchan”. news.biharprabha.com. 2014年5月2日閲覧。
  164. ^ “Amitabh Bachchan, Vidya Balan named hottest vegetarians”. Hindustan Times. (2013年1月3日). http://www.hindustantimes.com/tabloid/amitabh-bachchan-vidya-balan-named-hottest-vegetarians/article1-984421.aspx 
  165. ^ “Faye Wong is Asia's sexiest vegetarian”. The Times of India. (2008年6月19日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/english/hollywood/news/Faye-Wong-is-Asias-sexiest-vegetarian/articleshow/3142261.cms 
  166. ^ Amitabh Bachchan Sports Complex”. 2016年8月15日閲覧。
  167. ^ Rename Clive Road as Amitabh Bachchan Marg” (2017年4月8日). 2020年7月20日閲覧。
  168. ^ Neighbours' Envy: Remarkable growth of Saifai has left other villages feeling left out” (2014年1月18日). 2018年7月21日閲覧。
  169. ^ An oasis in undeveloped Yadav belt”. 2018年7月21日閲覧。
  170. ^ The Telegraph – Calcutta : Nation”. The Telegraph. 2018年7月21日閲覧。
  171. ^ Shriaya Dut (2019年8月31日). “Been to Amitabh Bachchan waterfall in Sikkim, even Big B is shocked”. The Tribune. https://www.tribuneindia.com/news/archive/lifestyle/been-to-amitabh-bachchan-waterfall-in-sikkim-even-big-b-is-shocked-825810 
  172. ^ “These are the 7 most unusual temples in India”. India Today. http://indiatoday.intoday.in/gallery/these-are-the-7-most-unusual-temples-in-india/6/15687.html 2016年10月4日閲覧。 
  173. ^ “Amitabh Bachchan's Kolkata Temple”. Business Insider. http://www.businessinsider.in/Shah-Rukh-Khans-home-spray-painted-Here-are-a-few-absurd-cases-of-fans-showing-love-for-their-favourite-celebrities-/Amitabh-Bachchans-Kolkata-Temple/slideshow/48002834.cms 2016年10月4日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]