スニール・ダット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スニール・ダット
Sunil Dutt
A still of the Union Minister for Youth Affairs and Sports, Shri Sunil Dutt in New Delhi on April 15, 2005.jpg
晩年のスニール・ダット(2005年4月15日)
生年月日 1929年6月6日
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国 パンジャーブ管区英語版ナッカ・クルド英語版
没年月日 (2005-05-25) 2005年5月25日(75歳没)
死没地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイバンドラ英語版
所属政党 インド国民会議
称号 パドマ・シュリー勲章
配偶者 ナルギス英語版(1958年-1981年、死別)
子女 サンジャイ・ダット
プリヤー・ダット英語版
ナムラタ・ダット

内閣 第1次マンモハン・シン内閣
在任期間 2004年5月22日 - 2005年5月25日

当選回数 5回
在任期間 1984年 - 2005年
テンプレートを表示

スニール・ダット(Sunil Dutt、1929年6月6日 - 2005年5月25日)は、インド政治家俳優映画監督映画プロデューサー。本名は「バルラージ・ダット(Balraj Dutt)」。マンモハン・シン政権で青年スポーツ大臣英語版を務めた。息子のサンジャイ・ダットは俳優、娘のプリヤー・ダット英語版下院議員を務めた[1]

1968年にインド共和国政府英語版からパドマ・シュリー勲章を授与された。1984年にインド国民会議に入党して政治活動を始め、ムンバイ北西部選挙区から下院議員を通算5期務めた。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1929年にパンジャーブ管区英語版ナッカ・クルド英語版(現在のパキスタンパンジャーブ州パンジャーブ人家庭に生まれ[2][3][4]、5歳の時にディーワーンを務めていた父ラグナート・ダットと死別した。18歳の時にインド・パキスタン分離独立が行われダット家はヒンディー教徒ムスリムの対立に巻き込まれるが、父の友人だったムスリムのヤクブによって救い出され[5]、ダット家はインド・パンジャーブ州ヤムナーナガル英語版ヤムナー川畔にある小村マンダウリ(現在のハリヤーナー州領域)に移住した。その後、スニールは母クルワンティデヴィ・ダットと共にラクナウに移住し、学校を卒業後はアーミナバード・ガリで過ごした。スニールはボンベイジャイ・ハインド・カレッジ英語版に進学し、卒業後はボンベイ市内の交通部門に就職した[6]

キャリア[編集]

俳優時代のスニール・ダット

スニールのキャリアはラジオから始まり、彼は南アジアで最も古いラジオ局ラジオ・セイロンのヒンディー語アナウンサーとして働き、人気を集めた。1955年に『Railway Platform』に出演して俳優デビューした。

1957年に出演した『マザー・インディア英語版』ではナルギス英語版と共演し、彼は同作の成功によってスター俳優となった。同作の撮影中にセットで火災が発生し、その際にナルギスを救ったことで交際が始まったという逸話がある[7]。翌1958年にスニールはナルギスと結婚し、1男2女(サンジャイ・ダットプリヤー・ダット英語版、ナムラタ・ダット)をもうけた。ナムラタは母と『マザー・インディア』で共演したラジェンドラ・クマール英語版の息子クマール・ゴウラヴ英語版と結婚している。

スニールは1950年代から1960年代にかけてボリウッドのスター俳優として活動し、『Sadhna』『Sujata』『Mujhe Jeene Do』『Khandan』『Padosan』などのヒット作に出演した。また、バルデーヴ・ラージ・チョープラー英語版とコンビを組んだ『Gumrah』『Waqt』『Hamraaz』は興行的な成功を収めた。1964年には『Yaadein』で監督を務め、1968年には『Man Ka Meet』でプロデューサーを務め、同作には兄弟のソーム・ダットが出演している。1971年に『Reshma Aur Shera』で監督、プロデューサー、主演を務め興行的な成功を収めた。1970年代には『Heera』『Pran Jaye Par Vachan Na Jaye』『Nagin』『Jaani Dushman』『Muqabla』『Shaan』などのボリウッド映画、『Man Jeete Jag Jeet』『Dukh Bhanjan Tera Naam』『Sat Sri Akal』などのパンジャーブ語映画英語版に出演している[8]。1980年代には『Dard Ka Rishta』『Badle Ki Aag』『Raaj Tilak』『Mangal Dada』『Watan Ke Rakhwale』などのヒット作に出演、または監督を務めた。

『医学生ムンナ・バーイー』プレミア上映に出席するスニールとプリヤー

1981年に『ロッキー英語版』を監督して息子サンジャイを俳優デビューさせたが、公開直前に妻ナルギスを膵臓癌で喪っている。スニールは癌患者の治療のために妻の名前を冠したナルギス・ダット財団を設立しており[9]、同時に顔面奇形の子供を治療するためのインディア・スマイル(オペレーション・スマイル英語版の類似組織)のスポンサーも務めている[10]。1982年にはムンバイ市政府から名誉職であるムンバイ保安官英語版に任命され、1年の任期を務めた[11]

1990年代にはヤシュ・ラージ・チョープラー英語版の『Parampara』、J・P・ダッタの『Kshatriya』に出演したのを最後に映画業界から引退し、政治活動に専念するようになった。しかし、1993年ボンベイ連続爆弾テロ事件英語版に関連して息子サンジャイがAK-56の不法所持及びテロ容疑で逮捕され、息子の釈放に奔走したことでスニールの政治キャリアは停滞した[12]

1995年に俳優活動40年を記念してフィルムフェア賞 特別功労賞英語版を受賞した。2003年に遺作となる『医学生ムンナ・バーイー』で息子サンジャイと共演した。『ロッキー』『Kshatriya』でも共演しているが、両作では出演シーンが別々だったため、同じシーンに出演するのは『医学生ムンナ・バーイー』が初めてとなった。

死去[編集]

2005年5月25日、スニールはムンバイ・バンドラ英語版の自宅で死去した[13]。死去した時点で、彼はインド共和国政府青年スポーツ大臣英語版下院議員を務めていた。マハーラーシュトラ州から最高の栄誉を以て葬儀が執り行われ、サンタクルス火葬場で火葬された。死後に実施された下院補欠選挙では娘プリヤーが当選し、彼女は2014年5月まで議員を務めた。

受賞歴[編集]

国際クリケット評議会議長イフサーン・マニと会談するスニール・ダット(2004年)

出典[編集]

  1. ^ Current Lok Sabha Members Biographical Sketch”. Web.archive.org. 2007年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月12日閲覧。
  2. ^ Zee Premiere- The Triumph of Spirit” (2001年5月). 2001年1月18日閲覧。
  3. ^ Kumar, Shiv (2005年5月25日). “Sunil Dutt is no more”. The Tribune. 2016年3月27日閲覧。
  4. ^ Bollywood legend Sunil Dutt dies”. BBC News (2005年5月25日). 2016年3月27日閲覧。
  5. ^ We all are one, whichever religion we belong to” (2005年5月). 2005年5月25日閲覧。
  6. ^ Sunil Dutt: The Man Stardom Never Dared to Change”. The Quint. 2016年2月28日閲覧。
  7. ^ Dhawan, M. (2003年4月27日). “A paean to Mother India”. The Tribune. http://www.tribuneindia.com/2003/20030427/spectrum/main6.htm 2008年9月7日閲覧。 
  8. ^ A towering personality”. www.afternoondc.in. 2016年2月28日閲覧。
  9. ^ NDMCT - Nargis Dutt Memorial Charatiable Trust”. www.ndmct.org. 2016年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月28日閲覧。
  10. ^ Remembering Sunil Dutt on his 77th Birthday... Contd”. www.filmibeat.com. 2016年2月28日閲覧。
  11. ^ Sunil Dutt appointed new sheriff of Bombay : Signposts - India Today”. indiatoday.intoday.in. 2016年2月28日閲覧。
  12. ^ Sanjay Dutt convicted in 1993 Bombay blasts case, gets 5 years in jail”. NDTV.com. 2016年2月28日閲覧。
  13. ^ “Bollywood legend Sunil Dutt dies”. BBC News. (2005年5月25日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/south_asia/4577963.stm 2019年9月29日閲覧。 
  14. ^ “Sunil Dutt – film star, peace activist, secularist, politician extraordinary”. The Hindu (Chennai, India). (2005年5月26日). http://www.hindu.com/2005/05/26/stories/2005052604031200.htm 2019年9月29日閲覧。 
  15. ^ Phalke award for B.R. Chopra : Happenings News”. ApunKaChoice.Com (2008年4月3日). 2012年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • Mr. and Mrs. Dutt: Memories of our Parents, Namrata Dutt Kumar and Priya Dutt, 2007, Roli Books. 978-81-7436-455-5.
  • Darlingji: The True Love Story of Nargis and Sunil Dutt, Kishwar Desai. 2007, Harper Collins. 978-81-7223-697-7.

外部リンク[編集]