ヘマ・マリニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘマ・マリニ
Hema malini bhungama1.jpg
ローク・サバー(下院)
就任
2014年5月14日
選挙区マトゥラー
ラージヤ・サバー(上院)
任期
2011年3月4日 – 2012年4月2日
選挙区カルナータカ州
任期
2003年11月16日 – 2009年11月15日
選挙区上院からの推挙
個人情報
生誕 (1948-10-16) 1948年10月16日(72歳)[1]
インド連邦,マドラス州, アマンクディ
(現:インドタミル・ナードゥ州
市民権インド人
政党インド人民党
配偶者
子供イーシャ・デオルを含め2人
継子はサニー・デオルボビー・デオルを含め4人
職業
  • 女優
  • プロデューサー
  • 政治家
受賞パドマ・シュリー勲章 (2000)

ヘマ・マリニ (ヒンディー語:हेमा मालिनी,英:Hema Malini、1948年10月16日-)は、インドの映画女優政治家で、他にも作家、監督、プロデューサー、踊り手など多岐にわたる[2]ヒンディー語映画史上、最も成功した女優の一人と見なされている[3]

1963年、彼女はタミル語映画『Idhu Sathiyam』で俳優デビューを果たした。1968年の『Sapno Ka Saudagar』で初の主役を演じると、以後は専ら主演女優として数多くのボリウッド映画に出演した。彼女の映画の大半は、夫ダルメンドラを相手役に主演を務めた[4]。当初マリニは「ドリームガール」として名が知れ渡り、1977年の同名映画 (Dream Girl (1977 film)に主演した[4]。彼女はコミカルな役柄とドラマチックな役柄の双方を演じるほか、踊り手もこなす[5][6][7]。1976年から1980年まで、彼女は出演料の最も高額なインド女優の一人だった[8]

彼女はこれまでにフィルムフェア賞の主演女優賞に11回ノミネートされており、同賞を1973年に受賞した[9]。2000年、マリニはフィルムフェアの生涯功労賞を受賞し、インド政府より民間人栄誉として4番目に高いパドマ・シュリー勲章を叙勲された[10]。2012年、サー・パダンパット・シンハニア大学がインド映画における彼女の貢献を認めてマリニに名誉博士号を授与した[11]。マリニはインド国立映画開発公社の会長も務めた。2013年、インド映画への貢献でアーンドラ・プラデーシュ州政府からNTRナショナル・アワードを受賞した[12]

2003年から2009年まで、マリニはインド人民党の代議員として、インド議会の上院ラージヤ・サバーに選出された[13]。2014年、マリニは下院のローク・サバーに選出された。マリニは慈善活動やソーシャルベンチャー[注釈 1]に携わっており、現在はクリシュナ意識協会の生涯会員でもある[15]。彼女は踊りと演技で批評家から賞賛されている。

前半生と家族[編集]

マリニは、タミル系アイーアンガー[注釈 2][16]というバラモン家系のジャヤ・ラクシュミ(Jaya Lakshmi) とVSRチャクラヴァーティ(VSR Chakravarti)の子供として生まれた[17][18]。彼女はチェンナイにある教育施設(Andhra Mahila Sabha)に通い、得意科目は歴史だった[19]。彼女は11学年(日本でいう高校2年)までニューデリーの中等教育機関(DTEA Mandir Marg)で学び、その後彼女は演技の職種を追求した[20]

ダルメンドラと共演した最初の映画が1970年の『Tum Haseen Main Jawaan』で[21]、この二人が1980年に結婚した[22][23]。当時ダルメンドラは既婚者で子供もいた[注釈 3]。マリニとダルメンドラの間には、イーシャ・デオル(1981年)とアハナ・デオル(1985年)という子供2人を授かった[25][26][27][28]

映画『Phool Aur Kaante』『Roja』『Annayya』で女性主人公の一人を演じたマドゥー・ラグナートはマリニの姪である。

2015年6月11日、二女アハナ・デオルが第1子を出産して、マリニは祖母になった。2017年10月20には長女イーシャ・デオルが子供を授かり、2人目の孫ができた[29]

映画経歴[編集]

1960年代[編集]

マリニは、1961年の『Pandava Vanavasam』と62年の『Idhu Sathiyam』で端役を演じた。1968年の『Sapno Ka Saudagar』でラージ・カプールの相手役を務め、ドリーム・ガールとして名が知れ渡っていった[30]

1970年代[編集]

マリニは、1970年の『Johnny Mera Naam』で主役の一人を演じた。その後71年の映画『Andaz』『Lal Patthar』で[30]、彼女は主役級としての役割を確立した。1972年、彼女は『Seeta Aur Geeta』でダルメンドラの相手役とサンジーヴ・クマールの相手役という二役を演じ[31]、この映画でフィルムフェア賞の主演女優賞を受賞した[32]。他にも『Sanyasi』『Dharmatma』『Pratigya』『Sholay』『Trishul』などが彼女の主演した人気映画となった。

70年代の最も象徴的な二人組マリニとダルメンドラは、上述の『Sholay』を含む映画28作品で共演した。

ラジェシュ・カーナとの掛け合いでは『Andaz』『Prem Nagar』で好評を博した。

1980年代と1990年代[編集]

80年代、マリニは『Kranti』『Naseeb』『Satte Pe Satta』『Rajput』など大掛かりな予算の映画に主演し続け、その大半が興行収入で成功を収めた。母親になってからも彼女は『Aandhi Toofan』『Durgaa』『Jamai Raja』などの映画でヒロイン中心の役を演じ続けた[30]

この時期、夫ダルメンドラと共演した映画には 『Alibaba Aur 40 Chor』『Baghavat』『Samraat』『Razia Sultan』『Raaj Tilak』などがある。ラジェシュ・カーナとの共演も 『Dard』『Bandish』『Paap Ka Ant』などで続いており、その幾つかはある程度の成功を収めた。

90年代、彼女は映画『Dil Aashna Hai』(1992)の監督およびプロデューサーを務めた。また、姪のマドゥーが主演した2作目の長編映画『Mohini』(1995)の監督およびプロデューサーも務めた。その後、彼女は踊りやテレビの仕事に焦点を当て、時々映画に出演するようになった[30]

2000年以降[編集]

何年も映画を休んだ後、マリニは2003年の『Baghban』で復帰し[30]、フィルムフェア賞の主演女優賞にノミネートされた。また、2004年の『Veer-Zaara 』や2007年の『Laaga Chunari Mein Daag』にもゲスト出演した。2010年、彼女は『Sadiyaan』で仲間の往年女優レカと共演した。2011年、彼女は夫ダルメンドラと娘イーシャ・デオルの両方を主人公にした3作目の長編映画『 Tell Me O Khuda』の監督およびプロデューサーを務めたが、興行収入は振るわなかった[33][34]。 2017年、グワーリヤルヴィジャヤ・ラジェ・シンディア[注釈 4]役で映画『Ek Thi Rani Aisi Bhi』に出演した。本作はグル・バハール・シン[注釈 5]の監督作品で、残念なことに夫役を演じたヴィノード・カンナの遺作となった。最近の出演作は、主役ではないが2020年1月3日に劇場公開された『Shimla Mirchi』である[35]

政治家歴[編集]

1999年、マリニはパンジャブ州グルダスプールの下院ローク・サバー選挙でインド人民党(BJP)の候補者ヴィノード・カンナ(元ボリウッド俳優)の応援活動を行った。2004年2月、マリニは正式にBJP党員となった[36]。2003年から2009年まで、彼女は当時のインド大統領アブドゥル・カラームに指名されて上院ラージヤ・サバーの議員を務めた。2010年3月、マリニがBJPの事務総長に就任すると、2011年2月にはアナンス・クマールから党幹事長を推薦された[37]。2014年の下院総選挙で、マリニはマトゥラー全国ローク・ダル党現職候補を33万票差で破って[38]、ローク・サバーに選出された[36][37]

社会的大義との関連[編集]

マリニは動物の権利運動団体PETAインドの支持者である。2009年、彼女はムンバイ市の行政長官に手紙を書き、交通量の激しい同市内の通りから馬車を禁止するよう促した[39]。 2011年、彼女は環境・森林・気候変動省の大臣ジャイラム・ラメシュに手紙を書き、闘牛(Jallikattu)を禁止するよう促した[40]。彼女は「PETAの私の友人がjallikattu大会の調査を実施して、雄牛が鼻輪で乱暴に引っ張られたり、殴られ、鋭い棒で打たれ、動くのが精一杯ほどトラックにぎゅうぎゅう詰めにされたことが文書化された」と語った[41]。同年マリニは「PETAの今年の人物(Person of the Year)」の称号を獲得した[42]。彼女は菜食主義者として「自分の食べ物の選択が地球や動物をも助けていると分かることが、私を幸せにしてくれる」と発言した[43]

他の仕事[編集]

舞踊[編集]

コンサートで舞踊を披露するマリニ

マリニは熟練したバラタナティヤム[注釈 6]の踊り手である。娘イーシャ・デオルとアハナ・デオルは熟練したオディシイ(オリッサ州の古典舞踊)の踊り手である。彼女達は慈善イベントでマリニと共演した[45][46]。彼女はまたカジュラーホーの舞踊フェスティバルでも娘達と共演した[47]

マリニは、クチプディ(アーンドラ・プラデーシュ州の古典舞踊)やモヒニアッタム(ケララ州の古典舞踊)も習った。彼女は、トゥルシーダースの『ラームチャリットマーナス』に出てくる幾つもの役(ナラシンハラーマなど)を踊り演じている[48]。2007年、彼女はダシェラー[注釈 7]前夜にマイスールで舞踊を披露し、そこでは焼身自殺するサティー役やパールヴァティーなど1人三役を演じた。[50]

マリニは自身のダンススクールNatya Vihar Kala Kendraを所有している[51]

テレビ[編集]

マリニは『Jai Mata Ki』 (2000)などの連続テレビ番組に出演している。彼女はここで女神ドゥルガー役を演じた[52]。他の連続テレビ番組には、彼女が双子の姉妹を演じた『Kamini Damini』や、マリニ本人が監督を務めバラタナティヤムの踊り手を演じた『Noopur』などもある。また、インド独立戦争の戦士達とインドの自由を勝ち取るための彼らの闘いを描いた連続テレビ小説『Yug』でも主演した。

制作・宣伝[編集]

マリニは、ヒンディー語女性誌『New Woman』と『Meri Saheli』の編集者だった[53][54]。2000年、マリニは女性初となるインド国立映画開発公社の会長に任命された[20][55]

2007年、マリニはミネラル浄水器メーカーのKent RO Systemsと宣伝契約を結んだ[56]。マリニはチェンナイの服飾企業Pothysの広告塔にもなった[57]

出演作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 寄付などの外部資金に頼らず、事業収益を得ながら社会的課題(貧困や環境問題等)の解決に取り組む革新的事業のこと[14]
  2. ^ タミル語を話すヒンドゥー教司祭階級で構成される民族宗教団体の一派。詳細は英語版en:Iyengarを参照。
  3. ^ インドでは、ムスリムであれば一夫多妻制が合法であるため、ダルメンドラは一旦イスラム教に改宗することで離婚することなくマリニと結婚した[24]。継子のうち2人は、後にボリウッド俳優のサニー・デオルボビー・デオルになった。
  4. ^ インドの著名な女性政治家かつラジマタ(王族の家長の母)。現地インドでは切手の肖像や100ルピー記念硬貨にもなった人物。詳細は英語版en:Vijaya Raje Scindiaを参照。
  5. ^ インド最大の映画賞ナショナル・フィルム・アワードを6度獲得している映画監督。
  6. ^ インド四大古典舞踊のうち最古の伝統を有する、インド南部タミルナードゥ州発祥の古典舞踊[44]
  7. ^ インド三大祭りの中でも最も盛大な祭り。残る二つがホーリー祭(水掛け祭)とディワーリー(女神ラクシュミーを招く祭り)で、いずれの祭りもインドで祝祭日指定される[49]

出典[編集]

  1. ^ rediff.com: A dream called Hema Malini”. Rediff.com (1958年10月16日). 2011年6月14日閲覧。
  2. ^ “Hemaji @ Hemamalini, ever dream girl turned 65”. cinemanewstoday.com. (2013年10月17日). http://www.cinemanewstoday.com/hemaji-hemamalini-ever-dream-girl-turned-65/ 
  3. ^ “Hema Malini: Lesser known facts”. The Times of India. https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/photo-features/hema-malini-lesser-known-facts/hema-malini-lesser-known-facts/photostory/44801148.cms 2020年11月22日閲覧。 
  4. ^ a b A dream called Hema Malini. Rediff.com. Accessed 24 September 2009.
  5. ^ Abhinetri (1970) The Hindu 3 December 2010. Accessed 30 June 2011.
  6. ^ Friday Review Chennai / Tribute : Bollywood's macho man bids goodbye. The Hindu 1 May 2009 Accessed 14 June 2011.
  7. ^ Top Box Office Draws of Indian Cinema. IBOS. Accessed 24 September 2009.
  8. ^ “Hema Malini was one of the highest-paid actresses in 1976-1980 - Times of India” (英語). The Times of India. (2015年7月30日). https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/did-you-know/Hema-Malini-was-one-of-the-highest-paid-actresses-in-1976-1980/articleshow/48280475.cms 2019年9月27日閲覧。 
  9. ^ Filmfare Awards”. imdb (1973年). 2017年7月20日閲覧。
  10. ^ Padma Vibhushan, Padma Bhushan, Padma Shri awardees. The Hindu 27 January 2000 Accessed 14 June 2011.
  11. ^ Here comes Dr. Hema Malini! Archived 17 October 2012 at the Wayback Machine. The Times of India 2 October 2012. Accessed 2 October 2012.
  12. ^ Correspondent, Special (2017年4月5日). “S.P. Balasubrahmanyam, Hema Malini bag NTR awards”. The Hindu. http://www.thehindu.com/news/national/andhra-pradesh/spb-hema-malini-bag-ntr-awards/article17821614.ece 
  13. ^ Smt. Hema Malini, Member of Parliament (Rajya Sabha)- Bio Data Press Information Bureau of India. Archived 22 June 2008 at the Wayback Machine.
  14. ^ 日本経済新聞「ソーシャルベンチャーとは」2019年11月30日
  15. ^ Janmashtami 2019: BJP MP Hema Malini sings bhajan, offers prayer at ISKCON temple; video goes viral” (英語). CatchNews.com. 2020年7月11日閲覧。
  16. ^ India Today International. Living Media International Limited. (2004). p. 23.
    "I'm a pukka Iyengar Brahmin...". https://books.google.com/books?id=8L8aAQAAIAAJ&q=iyengar
     
  17. ^ My dad opposed my marriage: Hema”. IBNLive.com. 2016年2月21日閲覧。
  18. ^ Hema Malini. Living Media International Limited 2004 p23.
  19. ^ My Fun Days. Telegraph India 29 June 2011. Accessed 6 July 2011.
  20. ^ a b Detailed Profile, Smt. Hema Malini, Members of Parliament (Rajya Sabha), Who's Who, Government: National Portal of India. India.gov.in Accessed 6 July 2011.
  21. ^ Hema Malini-Biography, Career, Awards and Net Worth” (2017年5月20日). 2016年6月18日閲覧。
  22. ^ “Hema Malini Drives into Mathura Nagari”. New Indian Express. (2014年4月2日). http://www.newindianexpress.com/states/karnataka/Hema-Malini-Drives-into-Mathura-Nagari/2014/04/02/article2144667.ece 2016年6月18日閲覧。 
  23. ^ “From Hema Malini-Dharmendra, Rekha-Vinod Mehra to Aamir Khan-Reena: Bollywood's most controversial and secret marriages”. Daily News and Analysis. (2014年1月3日). http://www.dnaindia.com/entertainment/report-from-hema-malini-dharmendra-rekha-vinod-mehra-to-aamir-khan-reena-bollywoods-most-controversial-and-secret-marriages-1944902 2016年6月18日閲覧。 
  24. ^ Celebrities who converted to Islam”. The Times of India. 2015年8月23日閲覧。
  25. ^ Times of India 30/6/12
  26. ^ Joshi T. Ahana Deol and boyfriend VJ Aditya working together in Guzaarish. Mid-day.com 26 May 2009 Accessed 6 July 2011.
  27. ^ Metro Plus Mangalore, Cinema : Sister act! The Hindu 10 October 2009 Accessed 6 July 2011.
  28. ^ Next in line. The Telegraph, Kolkota. 3 March 2011. Accessed 6 July 2011.
  29. ^ “First Child”. Times Of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/celebs-who-made-headlines-in-2016/hema-malinis-daughter-esha-deol-pregnant-with-her-first-child/photostory/58336281.cms 2017年10月25日閲覧。 
  30. ^ a b c d e Hema Malini: Bollywood's dreamgirl. Rediff.com 25 October 2002. Accessed 1 July 2011
  31. ^ Revisiting Seeta Aur Geeta. Rediff.com 25 May 2009 Accessed July 2011
  32. ^ The Winners - 1972- The 51st Filmfare Awards. The Times of India. 14 June 2011.
  33. ^ Kalyani Prasad Keshri (2010年7月26日). “Dream Girl | Esha Deol”. Entertainment.oneindia.in. 2011年12月4日閲覧。
  34. ^ “Hema Malini's Diwali wish for Tell Me O Khuda”. Hindustan Times. (2011年10月25日). http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Hema-Malini-s-Diwali-wish-for-Tell-Me-O-Khuda/Article1-761404.aspx 2011年12月4日閲覧。 
  35. ^ Shimla Mirchi trailer: Rajkummar Rao romances Hema Malini, Rakul Preet in Ramesh Sippy's comeback directorial” (英語). www.timesnownews.com (2019年12月26日). 2019年12月29日閲覧。
  36. ^ a b Hema Malini joins BJP. The Hindu 20 February 2004 Accessed 14 June 2011.
  37. ^ a b Karnataka News : BJP picks Hema Malini for RS. The Hindu 19 February 2011 Accessed 14 June 2011.
  38. ^ Hema Malini makes dream debut in Mathura. Zeenews 2014.
  39. ^ Hema Malini campaigns for being vegetarian Zee News 8 October 2013
  40. ^ Ban Tamil Nadu's jallikattu: Hema Malini. Times of India 4 July 2011.
  41. ^ Hema Malini urges ban on Tamil Nadu's Jallikattu.[リンク切れ] IBN Live 1 July 2011.
  42. ^ Hema Malini named PETA Person of the Year. Deccan Herald 19 December 2011.
  43. ^ Hema Malini stars in PETA ad. Times of India 9 October 2013.
  44. ^ モガリ真奈美「バラタナティヤムについて」2021年1月29日閲覧
  45. ^ Star daughter awaits a big hit, The Hindu 16 June 2002 Accessed 14 June 2011.
  46. ^ Friday review Hyderabad / Dance : Goddess of valour. The Hindu 25 March 2011 Accessed 14 June 2011.
  47. ^ Hema Malini mesmerises at Khajuraho Dance Festival. The Hindu 3 February 2011. Accessed 6 July 2011.
  48. ^ Friday review Hyderabad / Dance : Hema's celestial dance recital. The Hindu 7 April 2006 Accessed 14 June 2011.
  49. ^ JTBインドの全国共通の祝日」2020年3月6日
  50. ^ Kumar K. Hema Malini presents 'Durga' to a standing ovation. The Hindu 22 October 2007. Accessed 6 July 2011.
  51. ^ Hema Malini enthrals audience. The Hindu 13 September 2010. Accessed 25 June 2016.
  52. ^ Godly choices. The Sunday Tribune 30 March 2003. Accessed 10 January 2012.
  53. ^ India as a writer's market. Writing-world.com Accessed 1 July 2011.
  54. ^ Which business family owns Outlook? Rediff.com 1 July 2011.
  55. ^ Are You surprised? Rrtd.nic.in 15 October 2000. Accessed 6 July 2011.
  56. ^ Business : Kent RO aims to consolidate market position. The Hindu 20 February 2009. Accessed 6 July 2011.
  57. ^ Tamil Nadu / Chennai News : Prizes distributed to winners of 'Pothys Pattu Parisu'. The Hindu 31 December 2010. Accessed 6 July 2011.

外部リンク[編集]