ラメーシュ・シッピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラメーシュ・シッピー
Ramesh Sippy
Ramesh Sippy
ラメーシュ・シッピー(2012年)
本名 Ramesh Sipahimalani
生年月日 (1947-01-23) 1947年1月23日(72歳)
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国 シンド州英語版カラチ
職業 映画監督映画プロデューサー
配偶者 キラン・ジュネジャ英語版
著名な家族 G・P・シッピー英語版(父)
ローハン・シッピー(息子)
主な作品
英語版
テンプレートを表示

ラメーシュ・シッピー(Ramesh Sippy、1947年1月23日 - )は、インド映画監督映画プロデューサー。『英語版』の監督として知られ、2013年にパドマ・シュリー勲章を授与されている[1]。父G・P・シッピー英語版は映画プロデューサー、息子ローハン・シッピーは映画監督として活動している。

キャリア[編集]

ラメーシュは6歳の時に父が製作した『Sazaa』の撮影現場を訪れ映画業界に触れた。1953年に父が製作した『Shahenshah』に子役として出演し、成長後はI・S・ジョーハル英語版の『Johar-Mehmood in Goa』や父が製作した『Mere Sanam』に製作スタッフとして参加した。彼は数年間製作スタッフを務めた後、1971年にシャンミー・カプール英語版を主演に迎えた『Andaz』で監督デビューし、同作は興行的な成功を収めた。翌1972年に『Seeta Aur Geeta』を監督し、同作も興行的な成功を収め、主演を務めたヘマ・マリニ英語版をスター女優の地位に押し上げた[2][3]

1975年にダルメンドラ英語版アミターブ・バッチャンサンジーヴ・クマール英語版アムジャド・カーン英語版を主要キャストに迎えて『英語版』を製作した。同作はボリウッドの歴史上最大のヒット作となり、ラメーシュのキャリアの中で最高傑作と評価されている。またボリウッドを象徴する作品とされており、世界中のボリウッド映画ファンの間でも高く評価されている。2005年に『炎』はフィルムフェア賞ベスト・フィルム・オブ50イヤーを受賞した[4]

ラメーシュは『炎』を超える成功作を製作することが出来なかった[5]。彼は『炎』で西部劇をオマージュし、1980年に製作した『Shaan』ではジェームズ・ボンドをオマージュしたが、興行的には平均的な結果に終わっている。1982年にディリップ・クマール英語版、アミターブ・バッチャンを迎えて製作した『Shakti』はフィルムフェア賞 最優秀作品賞英語版を受賞したものの、興行成績は芳しいものではなかった[6]。1985年にリシ・カプール英語版カマル・ハーサン英語版ディンプル・カパディア英語版を主要キャストに起用して『Saagar』を製作した。1987年にインド・パキスタン分離独立を題材にしたテレビシリーズ『Buniyaad』を監督し、同作は人気番組となった。その後『Bhrashtachar』(1989年)、『Akayla』(1991年)、『Zamaana Deewana』(1995年)を監督したものの全て興行的に失敗しており、ラメーシュは以後20年間監督業から遠ざかった。2015年にラージクマール・ラーオ英語版ラクル・プリート・シン英語版、ヘマ・マリニを主要キャストに起用して『Shimla Mirchi』を監督した[7]。しかし、同作は2018年7月時点で未公開の状態となっている[8]

プロデューサーとしては息子ローハンの監督作品『Kuch Naa Kaho』(2003年)、『Bluffmaster!』(2005年)、『Dum Maaro Dum』(2011年)などを製作している。この他にミラン・ルトリア英語版の『Taxi No. 9211』、クナール・ロイ・カプール英語版の『The President Is Coming』、ニキル・アドヴァーニー英語版の『チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ』も製作している。

フィルモグラフィ[編集]

監督作品[編集]

ラメーシュ、キラン夫妻

プロデュース作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ Padma Awards”. Ministry of Home Affairs, Government of India (2015年). 2015年7月21日閲覧。
  2. ^ Seeta Aur Geeta: A rollicking entertainer”. Rediff. 2019年6月29日閲覧。
  3. ^ (Chopra 2000)
  4. ^ Sholay: The Star Wars of Bollywood?”. BBC. 2019年6月29日閲覧。
  5. ^ Remembering Sholay”. Khaleej Times. 2019年6月29日閲覧。
  6. ^ Was Shaan a mistake after Sholay? Here's what Ramesh Sippy has to say”. Cinestaan. 2019年6月29日閲覧。
  7. ^ “Rajkummar Rao Wraps up Shoot For Shimla Mirchi – NDTV Movies”. NDTVMovies.com. (2015年5月12日). http://movies.ndtv.com/bollywood/rajkummar-rao-wraps-up-shoot-for-shimla-mirchi-762455 2018年5月27日閲覧。 
  8. ^ “Ramesh Sippy's comeback film Shimla Mirchi starring Hema Malini has no buyers”. deccanchronicle.com/. (2016年3月28日). https://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/280316/ramesh-sippy-s-comeback-film-simla-mirch-starring-hema-malini-has-no-buyers.html 2018年7月3日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Chopra, Anupama (2000). Sholay: The Making of a Classic. Penguin Books, India. ISBN 0-14-029970-X. 

外部リンク[編集]