サザーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サザーク
Southwark
サザーク大聖堂
サザーク大聖堂
行政
イギリス
 国 イングランド
 行政区 大ロンドン
 地域 ロンドン
 特別区 サザーク・ロンドン特別区
サザーク

サザーク(Southwark [ˈsʌðək])は、ロンドン中心部サザーク・ロンドン特別区にある地区。都心部の南側、テムズ川の石岸に位置する。

テムズ川にかかるサザク橋は、アーネスト・ジョージとバシル・モットによって計画され、1921年に開通した。

地区内にサザーク大聖堂バラ・マーケットグローブ座ザ・シャード及び、ロンドン市庁舎がある。

サザク大聖堂[編集]

イングランド国教会のサザク大聖堂起源は7世紀の尼僧院で、テムズ川の渡し守の娘メアリーがその創始者ということである。サクソン時代のセント・メアリー・オーヴァリー修道院にさかのぼる。16世紀にセント・セイヴィアという教区教会となり、1905年に今日のサザく大聖堂となった。

現在大聖堂の内陣は1213年から1238年の間に建てられた。翼廊は13世紀末の作であり、外陣は19世紀に再建されたものである。19世紀の改修工事を行ったのは建築家アーサー・ブロムフィールドであった。

内陣の北側周歩廊にハーバード・チャペルがある。宣教師ジョン・ハーバードは近いのバラ・ハイ・ストリートに生まれ, 1607年にこの教会で洗礼を受けた。ハーバードは1637年にアメリカに移住、ハーバード大学にとって最初の寄付者となった。

ジェフリー・チョーサーの時代から文人と縁が深い。大聖堂には、シェイクスピアの末弟で16歳年下のエドマンドの墓がある。

バラ・マーケット[編集]

1024年の記録に残るロンドン最古の果物・野菜市場。

交通[編集]