ブーミー・ペードネーカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブーミー・ペードネーカル
Bhumi Pednekar
Bhumi Pednekar
ブーミー・ペードネーカル(2019年)
生年月日 (1989-07-18) 1989年7月18日(32歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業 女優
活動期間 2015年-
テンプレートを表示

ブーミー・ペードネーカル(Bhumi Pednekar、1989年7月18日 - )は、インドボリウッドで活動する女優。代表作には『Toilet: Ek Prem Katha』『Shubh Mangal Saavdhan』『Bala』『Pati Patni Aur Woh』がある[1]

生い立ち[編集]

1989年7月18日にムンバイで生まれる[2][3]。ペードネーカルはマラーターとハリヤーンヴィ系の血を引いており、父サティーシュはマハーラーシュトラ州政府の元労働大臣、母スミトラは反煙草運動家(夫が口腔癌で死去したことがきっかけ)だった[4][5]。ペードネーカルはジュフー英語版のアーリヤ・ヴィディヤ・マンディルで教育を受け[6]、両親は彼女が15歳の時にホイッスリング・ウッズ・インターナショナル英語版で演技を学ぶための進学ローンを組んだが、彼女は出席率が低かったため退学処分となった[4]。その後、ペードネーカルはヤシュ・ラージ・フィルムズに就職して助監督として働き、1年半以内に進学ローンを完済した[4]。彼女は同社のシャノー・シャルマの下で6年間勤務した[6][7]

キャリア[編集]

2015年 - 2018年[編集]

ブーミー・ペードネーカル(2017年)

2015年にシャラット・カタリヤ英語版の『ヨイショ! 君と走る日英語版』で女優デビューし、アーユシュマーン・クラーナーと共演した。同作では肥満女性の役を演じるため、役作りとして12キログラム体重を増やした[8]ラジーヴ・マサンドは彼女の演技について、「ペードネーカルは自信のある演技で映画を盗んだ」と批評している[9]。彼女は撮影終了後に減量を始め、ソーシャルメディアを通して減量方法を紹介した[7]。公開直前には体重をほとんど元の状態に戻している[10]。『ヨイショ! 君と走る日』はスリーパー・ヒット英語版となり、ペードネーカルはフィルムフェア賞 最優秀新人女優賞英語版を受賞した[11][12]。同年にはYフィルムズ英語版のミニ・ウェブシリーズ『Man's World』に出演した[13]。同作はジェンダーの不平等を題材にした4部構成のシリーズで、YouTubeで配信された[14][15]

2017年に屋外排泄の問題を題材にした『Toilet: Ek Prem Katha』でアクシャイ・クマールと共演した[16]ニューデリー・テレビジョン英語版サイバル・チャテルジーは映画を酷評したが、ペードネーカルの演技は絶賛している[17]。同作の興行収入は30億ルピーを超え、ボリウッド映画史上最も興行的に成功した作品の一つになった[18][19]。同年9月には『Shubh Mangal Saavdhan』でアーユシュマーン・クラーナーと再び共演した[20]インディアン・エクスプレス英語版のシューブラ・グプタは、恋人の愛を求め続ける純真な女性を演じたペードネーカルの演技を高く評価している[21]。同作は興行収入7億9000万ルピーを記録するヒット作となり、ペードネーカルはフィルムフェア賞 最優秀主演女優賞英語版にノミネートされた[22][23]。2018年にNetflixの短編映画『慕情のアンソロジー英語版』のゾーヤー・アクタル監督パートに出演した[24]ラジャ・センはニューデリー・テレビジョンに批評を寄稿し、ゾーヤー・アクタルの監督パートが最も素晴らしかったと批評し、同時にペードネーカルの演技を「忘れられない良さ」と絶賛している[25]

2019年以降[編集]

タープシー・パンヌとブーミー・ペードネーカル(2019年)

2019年3月にアビシェーク・チョーベー英語版の『Sonchiriya』でスシャント・シン・ラージプートマノージュ・バージパーイー英語版と共演した。ペードネーカルは役作りのため2か月半かけてトレーニングを行い格闘技や射撃を学んだ[26]。フィルム・コンパニオンのラーフル・デサイは映画の繊細なストーリーとペードネーカルの演技を高く評価している[27]。同年10月には伝記映画『Saand Ki Aankh』でタープシー・パンヌ英語版と共演し、最高齢射撃手のチャンドロ・トマール英語版役を演じた。2人は役作りのため、映画のモデルになったチャンドロ・トマールとプラカーシ・トマール英語版と交流し、射撃の訓練を受けた[1]。撮影中、ペードネーカルは補綴メイクによる皮膚アレルギーに悩まされた[28]ミント紙英語版のウディタ・ジュンジュンワーラーは2人の演技を絶賛しており[29]、彼女たちはスター・スクリーン・アワード 批評家選出最優秀主演女優賞フィルムフェア賞 批評家選出最優秀主演女優英語版を受賞した[30][31]

2019年末には『Bala』『Pati Patni Aur Woh』に出演した[1]。『Bala』ではアーユシュマーン・クラーナーと3度目の共演を果たし、黒い肌のために偏見を受ける女性役を演じた。黒い肌の女性を色白の肌をしたペードネーカルが演じることに対して批判が起きたが、彼女は「女優はどんな役を演じることも許されるべき」と反論している[32][33]。『Pati Patni Aur Woh』ではカールティク・アールヤン英語版アナニヤ・パーンデー英語版と共演し、夫に不倫されている妻ヴェディカ役を演じた。アヌパマ・チョープラーは「映画をワンランク上に押し上げたのは、ブーミー・ペードネーカルの元気の良いヴェディカです。ブーミーは映画のいくつかの愚かしいシーン、特にクライマックスシーンを救う知性を持っていました」と批評している[34]。両作はそれぞれ興行収入10億ルピーを超え、興行的な成功を収めた[35]

メディア[編集]

ザ・テレグラフ英語版のプリヤンカー・ロイは、ペードネーカルの演技について「強い道徳心と不屈の精神を持つ、小さな町の出身の女性」を得意としていると論評している[36]。2018年にフォーブス・インディアの「フォーブスが選ぶ30歳未満の30人」の一人に選ばれている[37]

2019年には環境保護と地球温暖化に関する意識を高めるためのキャンペーンを始めた[38]。また、ボリウッドにおける男女の賃金格差について改善を訴えている[36]。2020年にはMTVインディア英語版と共同で、リプロダクティブ・ヘルス・ライツを含む若者の健康問題についての意識向上を目的としたキャンペーンを実施している[39]

フィルモグラフィー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Dubey, Rachana (2019年10月16日). “Bhumi Pednekar: I don't mind being the face of small-town India, it is home to beautiful stories”. The Times of India. https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/bhumi-pednekar-i-dont-mind-being-the-face-of-small-town-india-it-is-home-to-beautiful-stories/articleshow/71607615.cms 2019年12月27日閲覧。 
  2. ^ “Bhumi Pednekar is not throwing a big bash for her 30th birthday. Here is why”. India Today. (2019年7月17日). https://www.indiatoday.in/movies/celebrities/story/bhumi-pednekar-is-not-throwing-a-big-bash-for-her-30th-birthday-here-is-why-1570512-2019-07-17 
  3. ^ 15 women of courage share their inspiring stories”. India Today (2015年6月11日). 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月4日閲覧。
  4. ^ a b c Khandekar, Omkar (2019年12月27日). “Bhumi Pednekar: 'As I get more successful, I realize how sexist the world is'”. Mint. https://www.livemint.com/mint-lounge/features/bhumi-pednekar-as-i-get-more-successful-i-realize-how-sexist-the-world-is-11577442342303.html 2019年12月27日閲覧。 
  5. ^ Raja, Aditi (2012年10月5日). “Ex-minister's wife takes on gutka manufacturers”. India Today. https://www.indiatoday.in/india/west/story/maharashtra-minister-satish-pednekar-wife-takes-on-gutka-manufacturers-117873-2012-10-05 2019年12月27日閲覧。 
  6. ^ a b Presenting Dum Laga Ke Haisha's leading lady Bhumi Pednekar, the slim-fit version”. 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月19日閲覧。
  7. ^ a b ‛Lose it' like Bhumi Pednekar!”. 2015年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月19日閲覧。
  8. ^ My Cinderella Story: Bhumi Pednekar”. DNAIndia. 2015年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月18日閲覧。
  9. ^ Think Big!”. RajeevMasand.com (2015年2月27日). 2017年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月15日閲覧。
  10. ^ 7 things you don't know about Bhumi Pednekar. 6th is shocking”. India Today. 2015年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月19日閲覧。
  11. ^ “Filmfare Awards 2016: Ranveer Singh bags Best Actor in leading role for Bajirao Mastani”. ibtimes. (2016年1月16日). オリジナルの2016年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160118021501/http://www.ibtimes.co.in/filmfare-awards-2016-live-winners-photos-663389 2016年1月22日閲覧。 
  12. ^ Singh, Prashant (2015年3月17日). “NH10 and more: Sleeper hits, a new trend in Bollywood”. Hindustan Times. オリジナルの2017年8月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170815175457/http://www.hindustantimes.com/bollywood/nh10-and-more-sleeper-hits-a-new-trend-in-bollywood/story-W2pPjAo5y1Zs8ZJ0Zo6cBO.html 2017年8月15日閲覧。 
  13. ^ Man's World”. www.yashrajfilms.com. 2018年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月22日閲覧。
  14. ^ Basu, Nilanjana (2015年9月27日). “Parineeti, Kalki, Richa Show it is So Not a Man's World in Trailer”. NDTV. 2015年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月18日閲覧。
  15. ^ “Bollywood celebs bat for gender equality with 'Man's World'”. The Indian Express. (2015年9月26日). オリジナルの2015年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151028052901/http://indianexpress.com/article/entertainment/bollywood/bollywood-celebs-bat-for-gender-equality-with-mans-world/ 2015年10月18日閲覧。 
  16. ^ Iyer, Meena (2017年8月11日). “Toilet: Ek Prem Katha Movie Review”. Times of India. オリジナルの2017年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170811215305/http://m.timesofindia.com/entertainment/hindi/movie-reviews/toilet-ek-prem-katha/movie-review/59901542.cms 2017年8月12日閲覧。 
  17. ^ Saibal, Chaterjee (2017年8月11日). “Toilet: Ek Prem Katha Movie Review - Akshay Kumar's Film Stinks To High Heaven”. NDTV. 2017年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月12日閲覧。
  18. ^ Toilet Ek Prem Katha Emerges a Blockbuster”. Box Office India (2017年8月14日). 2017年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月15日閲覧。
  19. ^ MK, Surendhar (2018年6月18日). “Toilet: Ek Prem Katha trumps Baahubali 2 in China; becomes Akshay Kumar's first film to cross Rs 300 cr mark worldwide”. Firstpost. オリジナルの2018年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180628111022/https://www.firstpost.com/entertainment/toilet-ek-prem-katha-trumps-baahubali-2-in-china-becomes-akshay-kumars-first-film-to-cross-rs-300-cr-mark-worldwide-4530341.html 2018年7月11日閲覧。 
  20. ^ Ayushmann Khurrana, Bhumi Pednekar in Anand L Rai's Next Film”. NDTV (2015年10月22日). 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月13日閲覧。
  21. ^ Gupta, Shubhra (2017年9月1日). “Shubh Mangal Saavdhan movie review: The Ayushmann Khurrana and Bhumi Pednekar film suffers from a sagging climax”. The Indian Express. オリジナルの2018年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612144106/http://indianexpress.com/article/entertainment/movie-review/shubh-mangal-saavdhan-movie-review-ayushmann-khurrana-bhumi-pednekar-star-rating-4821927/ 2018年6月9日閲覧。 
  22. ^ Shubh Mangal Saavdhan”. Box Office India. 2018年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月3日閲覧。
  23. ^ “Nominations for the 63rd Jio Filmfare Awards 2018”. Filmfare. (2018年1月19日). オリジナルの2018年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612140437/https://www.filmfare.com/features/nominations-for-the-63rd-jio-filmfare-awards-2018_-26161-19.html 2018年6月9日閲覧。 
  24. ^ Bhumi Pednekar on 'Lust Stories': 'I was wiping floors at home for weeks. My mom loved it'”. 2018年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月26日閲覧。
  25. ^ Lust Stories Movie Review: 4 Directors Explore The Idea Of Lust, Without Caution”. NDTV (2018年7月29日). 2018年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月3日閲覧。
  26. ^ “Vidya Balan in Ishqiya, Alia Bhatt and Kareena Kapoor in Udta Punjab, Bhumi Pednekar in Sonchiriya: Abhishek Chaubey's cinematic world of women and the actors who inhabit them”. Mumbai Mirror. (2019年2月27日). https://mumbaimirror.indiatimes.com/entertainment/bollywood/vidya-balan-in-ishqiya-alia-bhatt-and-kareena-kapoor-in-udta-punjab-bhumi-pednekar-in-sonchiriya-abhishek-chaubeys-cinematic-world-of-women-and-the-actors-who-inhabit-them/articleshow/68174335.cms 2019年3月1日閲覧。 
  27. ^ Sonchiriya Movie Review: Mind Transcends Gun In Abhishek Chaubey's Haunting Bandit Tale”. Film Companion (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  28. ^ “Bhumi Pednekar gets blisters on her face during Saand Ki Aankh shoot, calls them her 'battle scars'”. Hindustan Times. (2019年4月18日). https://www.hindustantimes.com/bollywood/bhumi-pednekar-gets-blisters-on-her-face-during-saand-ki-aankh-shoot-calls-them-her-battle-scars/story-2wS8Ueidky4YqUHVet9XRP.html 2019年12月27日閲覧。 
  29. ^ Jhunjunwala, Udita (2019年10月25日). “Film review: 'Saand Ki Aankh' mostly hits the mark”. Mint. https://www.livemint.com/industry/media/film-review-saand-ki-aankh-mostly-hits-the-mark-11571978742806.html 2019年12月27日閲覧。 
  30. ^ “Star Screen Awards: Deepika Padukone, Ananya Panday add glam as Alia Bhatt, Ranveer Singh win top awards. Read complete winners list”. Hindustan Times. (2019年12月9日). https://www.hindustantimes.com/bollywood/star-screen-awards-deepika-padukone-ananya-panday-add-glam-as-alia-bhatt-ranveer-singh-win-top-awards-read-complete-winners-list/story-wxcAy5E1LqYOcCwJkB6OtM.html 2019年12月27日閲覧。 
  31. ^ “65th Amazon Filmfare Awards 2020 live updates”. The Times of India. (2020年2月15日). https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/65th-amazon-filmfare-awards-2020-live-updates-and-filmfare-awards-winners/liveblog/74145715.cms 2020年2月15日閲覧。 
  32. ^ Chatterjee, Rohini (2019年12月11日). “Bhumi Pednekar's Brownface In 'Bala' Is Infuriating To Watch As A Dark-Skinned Woman”. HuffPost. https://www.huffingtonpost.in/entry/bhumi-pednekar-brown-face-bala-infuriating_in_5dca4370e4b0fcfb7f6bdf71 2019年12月27日閲覧。 
  33. ^ Bhumi Pednekar Justifies Playing Dark Skinned Character in Bala, Says 'Will Transform When Required'”. News18 (2019年11月5日). 2019年12月27日閲覧。
  34. ^ Chopra, Anupama (2019年12月6日). “Pati Patni Aur Woh Movie Review: Fun, But Too Lightweight And Low IQ To Carry Complex Ideas”. Film Companion. 2019年12月6日閲覧。
  35. ^ Bollywood Top Grossers Worldwide: 2019”. Bollywood Hungama. 2019年12月20日閲覧。
  36. ^ a b Roy, Priyanka (2020年1月12日). “Bhumi Pednekar: The shape shifter”. The Telegraph. https://www.telegraphindia.com/entertainment/the-many-faces-personas-and-roles-of-the-versatile-bhumi-pednekar/cid/1734930 2020年1月16日閲覧。 
  37. ^ “30 Under 30 2018”. Forbes India. http://www.forbesindia.com/lists/30-under-30-2018/1679/1 2018年9月5日閲覧。 
  38. ^ “All about Bhumi Pednekar's impressive Climate Warrior campaign”. Filmfare. (2019年11月13日). https://www.filmfare.com/news/bollywood/all-about-bhumi-pednekars-impressive-climate-warrior-campaign-37365-1.html 2020年1月16日閲覧。 
  39. ^ “Viacom18 and the MTV Staying Alive Foundation collaborates with partners for the launch of MTV Nishedh campaign”. Financial Express. (2020年1月16日). https://www.financialexpress.com/brandwagon/viacom18-and-the-mtv-staying-alive-foundation-collaborates-with-partners-for-the-launch-of-mtv-nishedh-campaign/1825189/ 2020年1月16日閲覧。 

外部リンク[編集]