銀河帝国 (スター・ウォーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀河帝国の国章

銀河帝国(ぎんがていこく、Galactic Empire)は、アメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する国家。首都はインペリアル・センター(旧共和国時代にコルサントと呼ばれていた惑星)。映画を始めとする関連メディアでは共通して「国家テロリズム英語版非人間種族への差別戦力投射、恒常的な恐怖による支配」を行う独裁国家として描かれている[1]

帝国興亡史[編集]

帝国の成立[編集]

貿易摩擦をきっかけに発生した通商連合による惑星ナブー占領を受け、女王パドメ・アミダラジェダイクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービの助力を得て銀河共和国元老院に実情を訴えるが、硬直した官僚制に阻まれた元老院は事態を解決することが出来ずにいた。ナブー選出の元老院議員シーヴ・パルパティーンはパドメをそそのかし、彼女は事態を打開するため最高議長フィニーズ・ヴァローラムの不信任を動議する。不信任の可決に伴い議長選挙が実施され、パルパティーンが同情票を集めて最高議長に就任する。パルパティーンはシスの暗黒卿「ダース・シディアス」として、水面下で共和国乗っ取りの陰謀を進めていった。通商連合を操ってナブーを侵略させたのも彼の仕業だった。

パルパティーンは元ジェダイ・マスターのドゥークー伯爵をダークサイドに転向させ、続けて独立星系連合を組織させて、通商連合、コマース・ギルド、企業同盟、テクノ・ユニオン、インターギャラクティック銀行グループなど、主にエイリアン種を中心とする有力な営利企業や国家勢力を取り込んで、共和国に対する敵対行為を始めさせる。また、同じくドゥークーに命じて、かつての彼の親友サイフォ=ディアスの名でクローン軍を惑星カミーノに発注させる。

ナブーの危機から10年後。元老院は共和国からの分離を求める独立星系連合の脅威に対抗するため、パルパティーンに非常時大権を与える。彼は「銀河に平和が戻った後に大権を返上する」と誓った後、独立星系連合と戦うための軍隊の創設を宣言し、クローン・トルーパーを主軸とする共和国軍に開戦を指示する。これによりクローン大戦が勃発し、パルパティーンは大戦を通して権力を拡大していく。一方、ジェダイのメイス・ウィンドゥヨーダは次第にパルパティーンに不信感を募らせ、彼がシスと繋がっていることを疑い始める。

パルパティーンは、妻パドメを失うことを恐れるアナキン・スカイウォーカーを誘惑してダークサイドに引き込もうとするが、アナキンの報告によりパルパティーンの正体を知ったウィンドゥたちは彼を逮捕しようとする。しかし、ウィンドゥたちはアナキンの裏切りに遭い全滅し、パルパティーンは彼を新たな弟子ダース・ベイダーとして迎え入れ、彼にジェダイ聖堂にいるジェダイたちを粛清させる。同時に、パルパティーンはクローン兵に向けて「オーダー66」を指令し、各地にいるジェダイの騎士たちを粛清する。パルパティーンは緊急議会を招集して「ジェダイの反乱」を報告し、国家の再編と平和を実現するため銀河帝国の成立と自身の皇帝即位を宣言する。

銀河内乱[編集]

帝国成立の直前、パドメやベイル・オーガナ、モン・モスマなど一部の元老院議員はパルパティーンの専横を危険視し、彼に対抗するための会合を開く。帝国の成立とパドメの死後、オーガナとモスマは帝国の支配に対抗するための反乱同盟軍を結成する。同盟軍は20年の歳月を経て勢力を拡大し、帝国に反旗を翻すようになる。パルパティーンは同盟軍を支援する元老院を解散し、グランド・モフ・ウィルハフ・ターキンはオーガナの故郷オルデランをデス・スターで破壊する。しかし、デス・スターは同盟軍基地のあるヤヴィン第4惑星を攻撃直前、ルーク・スカイウォーカーたちの活躍によって破壊される。

パルパティーンは同盟軍を壊滅させるため、第2デス・スターに同盟軍を誘い込むが、その最中にルークをダークサイドに取り込もうとするが失敗する。彼は利用価値のなくなったルークを殺そうとするが、息子を助けようとするベイダーの裏切りによって殺され、第2デス・スターも同盟軍によって破壊される。エンドアの戦いによってパルパティーン以下帝国軍の提督の多くが戦死し、帝国は弱体化する。

パルパティーンを失った帝国は内部分裂を起こし、各地の総督や提督による派閥が形成され勢力が縮小していき、エンドアの戦いの1年後に行われたジャクーの戦いで大敗する。その後、新共和国との間に銀河協定を締結して共存体制が確立するが、代償として莫大な賠償金と大幅な軍縮を強いられる。

ファースト・オーダー[編集]

銀河協定の締結後、帝国軍の主戦派は多くの物資、人員と共に銀河の未知領域へ逃亡した。彼らはそこで軍事組織「ファースト・オーダー」を結成し、レイア・オーガナ率いるレジスタンスとの間に銀河の支配権をかけたファースト・オーダー=レジスタンス戦争を展開する。

統治機構[編集]

皇帝パルパティーン、ダース・ベイダー、インペリアル・ガード(第501軍団英語版のコスプレ)
帝国政府 (Imperial Government)
パルパティーンはクローン大戦時に付与された非常時大権を保持し続けたため、皇帝として絶対的な権力を持っていた。彼は居城インペリアル・パレスに籠り命令を下し、腹心であるベイダーが恐怖支配の執行者として銀河中を巡り、人々から恐れられる存在として君臨した。帝国にはヤヴィンの戦いの直前まで元老院が存在したが実質的な権力は持っておらず、元老院の解散後はモフ(総督)やその上位者であるグランド・モフが各惑星や星系を統治した。
帝国軍 (Imperial Military)
インペリアル・ガード (Imperial Guard)
パルパティーンの護衛兵。赤い装甲服と赤衣を着たストームトルーパーで、高い忠誠心と能力を認められた者の中から選抜される。彼らに命令できるのはパルパティーンだけだが、特別な許可を得ればベイダーも彼らに命令できる。
前身となったのは、共和国末期にパルパティーンが創設した警護兵レッド・ガードで、このころから赤衣を着させていた。元々最高議長の護衛は青衣を着たセネト・ガードが担当していたが、パルパティーンは段階的に元老院の警護兵をクローン・トルーパーに入れ替え、帝国成立時には彼の護衛は完全にインペリアル・ガードが担当するようになった。
宇宙軍 (Imperial Navy)
銀河系の秩序を維持するために編成された帝国軍の主力。パルパティーンの「New Order(新秩序)」に基き、ベイダーの命令で共和国軍から再編され、モフが統率した。反帝国運動の弾圧の他に海賊や密輸業者の取締りを担当し、帝国内の交易の監督も行っていた。
最盛期には2万5,000隻のスター・デストロイヤーを含む数百万隻の軍艦を保有し、パルパティーンの恐怖支配を実現した。宇宙軍は大型艦の攻撃を想定して設計されたため、同盟軍の小型戦闘機による攻撃に苦戦した。パルパティーンの死後は各地のモフが統率下にある艦隊を私兵化して派閥を形成したため、宇宙軍は分裂した。
地上軍 (Imperial Army)
AT-ATなどの兵器を中心に編成され各惑星に駐屯しているが、パルパティーンを守るため首都星コルサントにも大規模な師団が駐屯している。兵力は銀河中での作戦を展開するため膨大な師団が存在し、宇宙軍とも連携して行動する。
ストームトルーパー (Stormtrooper)
帝国軍の歩兵部隊。地上軍に所属して治安維持の任務に就いているが、宇宙軍の揚陸部隊としても活動している。
帝国保安局 (Imperial Security Bureau)
保安問題を担当する諜報機関で、秘密警察の役割を担っている。帝国軍の指揮系統からは独立しており、国民や帝国軍内部の監視・摘発を行っている。
帝国情報部 (Imperial Intelligence)
帝国軍に所属する諜報機関で、パルパティーンや帝国軍本部に情報を報告している。元々は宇宙軍情報部が存在したが、宇宙軍情報部長官が反逆罪で処刑された後、帝国情報部に統合された。別系統の諜報機関である保安局とは対立関係にある。
黒い装甲服を着用したストームトルーパー部隊「デス・トルーパー」を組織している。

非正史(レジェンズ)[編集]

正史(カノン)とは異なる非正史(レジェンズ)での『ジェダイの帰還』以後を描いたスピンオフでも、有力な提督たちによって割拠した「帝国」は同盟軍やその後身である新共和国軍によって撃破され、新共和国との間に講和を結ぶことになる。

  • Jedi Prince series』では、帝国の支配権を握ろうとするバートロフ・ヒッサたちグランド・モフ中央委員会が、三つ目の詐欺師トライオキュラスと手を組み、彼を「パルパティーンの息子」に仕立て上げてる。一方、同盟軍は本物のパルパティーンの息子トライクロップスを保護して帝国に対抗する。
  • 『スローン三部作』では、スローン大提督率いる帝国残存勢力が新共和国を圧倒して旧領を回復していくが、彼が護衛の裏切りで暗殺されると求心力を失い、再び分裂と敗戦を重ねていく。
  • Dark Empire』では、パルパティーンがクローン体として復活し、分裂した帝国を再統合するが、ルークたちの活躍によって倒され帝国も瓦解した。
  • Jedi Academy trilogy』では、女提督ナタシ・ダーラの下で結集した帝国軍が新共和国軍に攻勢をかけ旧領の大半を回復するが、ウェッジ・アンティリーズランド・カルリジアンの活躍によって敗れた。『Darksaber』では、モフたちを粛清したダーラが帝国軍を掌握するが、新共和国に敗北後に指揮権をギラッド・ペレオンに移譲して引退した。
  • ニュージェダイオーダーシリーズ』では、抗戦か講和かで国論は一旦分裂しかかったものの、最終的には帝国艦隊最高司令官ペレオンと新共和国との和平協定により、帝国政府(インペリアル・レムナント)は存続した。その後、銀河系に浸入したユージャン・ヴォングに対抗するため新共和国と連携した。
  • Star Wars: Legacy』では帝国の後継国家・フェル帝国が、新共和国の後継国家・銀河自由同盟との間にシス=帝国戦争を繰り広げている。3年後、銀河自由同盟は崩壊し、フェル帝国は銀河系の支配国家となった。

帝国のモデル[編集]

ジョージ・ルーカスは、銀河帝国をナチス・ドイツに模して作り上げている[2]。ナチス・ドイツと同様に、帝国は前身となる民主政体を解体して絶対的な権力者個人により統治される独裁国家として描かれている[3]。帝国は全体主義体制を敷き、国家を強大な軍事力と暴力によって支配している[4]。機動歩兵ストームトルーパーの名称はナチスの突撃隊に類似しているという指摘もあり[3]、ダース・ベイダーの黒衣は親衛隊を彷彿とさせるという指摘もある[3]。また、帝国軍将校の制服はナチスや19世紀のドイツ・ウーラン、軍帽はドイツやオーストリアのものと類似している[2]

ナチス・ドイツの他にも、ソビエト連邦の要素が含まれている。ルーカスは『ジェダイの帰還』で、第二デス・スターにパルパティーンが到着したシーンの帝国軍の整列は、メーデーにおけるソ連軍のパレードを意識していると述べている[5]。また、ルーカスはウォルター・マーチとの会話の中で、ベトナム戦争におけるアメリカの要素も含まれていることを認めている[6][7]

パルパティーンの権力掌握の過程はガイウス・ユリウス・カエサルアウグストゥスナポレオン・ボナパルトアドルフ・ヒトラーと関連付けられている[8]。彼が元老院を掌握して皇帝を名乗る姿は、アウグストゥスと重ねられている。アウグストゥスもローマ軍の全権を掌握し、元老院から支持されて皇帝の権威を合法化している[8]。また、パルパティーンとベイダーの関係はヒトラーとハインリヒ・ヒムラー、またはヨシフ・スターリンラヴレンチー・ベリヤの関係を模しているとされる[8]

出典[編集]

  1. ^ "Palpatine, Emperor," in Stephen J. Sansweet, Star Wars Encyclopedia (New York: Del Rey, 1998), p. 224, 0-345-40227-8
  2. ^ a b Mary S. Henderson; Mary Henderson (1997). Star Wars: The Magic of Myth. Bantam Books. p. 184. ISBN 978-0-553-37810-8. https://books.google.com/books?id=5wROWR2Wbv8C&pg=PA184. 
  3. ^ a b c Mary S. Henderson; Mary Henderson (1997). Star Wars: The Magic of Myth. Bantam Books. p. 146. ISBN 978-0-553-37810-8. https://books.google.com/books?id=5wROWR2Wbv8C&pg=PA146. 
  4. ^ Mary S. Henderson; Mary Henderson (1997). Star Wars: The Magic of Myth. Bantam Books. p. 153. ISBN 978-0-553-37810-8. https://books.google.com/books?id=5wROWR2Wbv8C&pg=PA153&lpg=PA146&focus=viewport&vq=nazi. 
  5. ^ George Lucas, commentary, Star Wars Episode VI: Return of the Jedi, Special Edition (DVD, 20th Century Fox, 2004), disc 1.
  6. ^ Chris Taylor, How Star Wars Conquered the Universe: The Past, Present Future of a Multibillion Dollar Franchise, New York, New York, USA: Basic Books, 2014-2015. Pp. 87-88.
  7. ^ Michael Ondaatje. The Conversations: Walter Murch and the Art of Editing Film. 2004. p.70.
  8. ^ a b c Star Wars and History. Lucasfilm.

外部リンク[編集]