スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Galaxy's Edge logo.png

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジStar Wars: Galaxy's Edge)とは、ディズニーランドディズニー・ハリウッド・スタジオに存在し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークに建設予定のスター・ウォーズシリーズをテーマとしたテーマランド

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジがあるパーク[編集]

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジが建設予定のパーク[編集]

概要[編集]

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジは、2015年8月に行われたD23エキスポで、ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOボブ・アイガーによって「スター・ウォーズのテーマランド」として初めて発表された。エリアの広さは14エーカー(5.6ヘクタール)で、これはディズニーパークの歴史の中で最も大きなテーマランドの拡張となる[1]。この広大なエリアの中に、ミレニアム・ファルコンを操縦することができるアトラクションと、ファースト・オーダーとの戦いを体験できるアトラクションの2つが設置されている[2]

2018年11月17日のミッキーマウスの生誕90周年を祝うイベントでアトラクションの名称が正式に発表された。ミレニアム・ファルコンを操縦できるアトラクションは「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン (Millenium Falcon:Smugglers Run)」、ファースト・オーダーとの戦いを体験できるアトラクションは「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス (Star Wars:Rise of the Resistance)」という名称になる[3]

このテーマランドは映画のシーンの再現を目的としておらず、舞台となる惑星は映像作品に未登場であり、エリア内の建物、アトラクション、出来事などは全てスター・ウォーズの物語の中に新たに組み込まれる。舞台は銀河の辺境の惑星バトゥーのブラック・スパイア・アウトポストで、時系列は『最後のジェダイ』と『スカイウォーカーの夜明け』の間である[4]

各施設の紹介[編集]

ディズニーランド[編集]

ディズニーランドでは、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジはフロンティアランドの北に建設される。ここには「ビッグ・サンダー・ランチ」という動物園に似たアトラクションがあったが、テーマランド建設のため2016年1月11日にクローズした。さらに同日、フロンティアランドとクリッターカントリーに位置するいくつかのアトラクション・ショーが工事のため一時的に休止した。これらは全て2017年7月には復活したが、その中のディズニーランド鉄道は開業以来初めてルートが大幅に変更される形となった。

アトラクション[編集]

ショップ[編集]

  • サヴィのワークショップ (Savi’s Workshop) – ゲスト専用のライトセーバーを作って購入することができるショップ
  • ドク=オンダルのアンティーク部屋 (Dok-Ondar’s Den of Antiquities) – ジェダイやシスにまつわる工芸品を購入できるショップ
  • ムボーのドロイド・デポ (Mubo’s Droid Depot) - ゲスト専用のドロイドを作って購入することができるショップ
  • ビナのクリーチャー・ストール (Bina’s Creature Stall)
  • トイダリアン・トイショップ (Toydarian Toyshop)

レストラン[編集]

  • オーガのカンティーナ (Oga's Cantina)[5]
  • ドッキング・ベイ7・フード・アンド・カーゴ (Docking Bay 7 Food and Cargo)
  • ロント・ロースターズ (Ronto Roasters)
  • カット・サカのケトル (Kat Saka’s Kettle)

ディズニー・ハリウッド・スタジオ[編集]

ディズニー・ハリウッド・スタジオでは、元々ストリーツ・オブ・アメリカというテーマランドが位置していた場所に建設される。スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジの建設のためストリーツ・オブ・アメリカは、マペットビジョン3D周辺だけを残して2016年4月2日に全てクローズし、残されたエリアは「マペッツ・コートヤード」と名前が変更された。さらにディズニー・ハリウッド・スタジオではテーマランドだけでなくスター・ウォーズのホテルも共に建設される[6]

アトラクション[編集]

  • ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン (Millenium Falcon:Smugglers Run)
  • スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス (Star Wars:Rise of the Resistance)

ショップ[編集]

  • サヴィのワークショップ (Savi’s Workshop) – ゲスト専用のライトセーバーを作って購入することができるショップ
  • ドク=オンダルのアンティーク部屋 (Dok-Ondar’s Den of Antiquities) – ジェダイやシスにまつわる工芸品を購入できるショップ
  • ムボーのドロイド・デポ (Mubo’s Droid Depot) - ゲスト専用のドロイドを作って購入することができるショップ
  • ビナのクリーチャー・ストール (Bina’s Creature Stall)
  • トイダリアン・トイショップ (Toydarian Toyshop)

レストラン[編集]

  • オーガのカンティーナ (Oga's Cantina)[7]
  • ドッキング・ベイ7・フード・アンド・カーゴ (Docking Bay 7 Food and Cargo)
  • ロント・ロースターズ (Ronto Roasters)
  • カット・サカのケトル (Kat Saka’s Kettle)

ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク[編集]

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の導入が予定されているが、詳細は未定である。[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ Ittousai (2015年8月17日). “ディズニーに『スター・ウォーズ ランド』建設。空前規模で多数のアトラクション追加”. Engadget. http://japanese.engadget.com/2015/08/16/sw/ 2017年8月11日閲覧。 
  2. ^ 宮田健 (2017年7月16日). “2019年オープンのディズニーランドの新エリア、正式名称「Star Wars: Galaxy’s Edge」に決定”. ねとらぼ. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/16/news012.html 2017年8月11日閲覧。 
  3. ^ “Exciting Star Wars: Galaxy’s Edge news from Destination D”. (2018年11月17日). https://disneyparks.disney.go.com/blog/2018/11/exciting-star-wars-galaxys-edge-news-from-destination-d/ 2020年1月5日閲覧。 
  4. ^ “「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、ディズニーのテーマランドづくりの集大成だ”. WIRED. (2019年7月13日). https://wired.jp/2019/07/13/star-wars-galaxys-edge-worldbuilding/ 2020年1月5日閲覧。 
  5. ^ https://disneyparks.disney.go.com/blog/2018/08/ogas-cantina-coming-to-star-wars-galaxys-edge-in-2019/
  6. ^ 鴇田崇 (2017年8月9日). “2019年誕生『スター・ウォーズ』ランド詳細発表! 目玉は2種のアトラクション、SWホテルも併設【D23レポート1】”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/09/D23/ 2017年8月11日閲覧。 
  7. ^ https://disneyparks.disney.go.com/blog/2018/08/ogas-cantina-coming-to-star-wars-galaxys-edge-in-2019/
  8. ^ DISNEYLAND Paris is getting a huge £1.8billion makeover.”. The Sun (2018年4月1日). 2018年2月27日閲覧。
  9. ^ 【パリ・ディズニー】アナ雪、スターウォーズ、マーベルの新エリアを導入決定、2021年以降オープン”. tdrnavi (2018年4月1日). 2018年2月28日閲覧。