イウォーク物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イウォーク物語』(原題:Ewoks または Star Wars: Ewoks)は1985年から1987年までルーカスフィルムによって制作されたスター・ウォーズシリーズのスピンオフ作品[1]である。

概要[編集]

『イウォーク物語』は、スター・ウォーズシリーズに組み込まれたアニメーションTVシリーズである。

このシリーズは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場したイウォークのキャラクターたちに焦点が当てられている。ルーカスフィルムに代わってネルヴァーナが制作したイウォーク物語は、1985年から1986年にかけてABCによって放映された。

シーズン1は単に「イウォーク」として紹介されている。

時系列[編集]

『イウォーク物語』はエンドアの戦いの直前、すなわち『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の前の時代におけため、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の間のストーリー[1]となっている。

森林衛星エンドアでのウィケット・W・ウォリックとその友人たちの冒険談[1]となっている。

スター・ウォーズシリーズを通しての主要な悪役は、部族の呪い師「ログレイ」に私恨を抱くタルガーの魔女、モラーグである。また、イウォークの近縁種にあたるライバル種族、デュロックも登場する。

声の出演[編集]

メイン[編集]

イウォーク[編集]

デュロック[編集]

ゲスト[編集]

  • モラーグ[8] - 不明(VHS吹き替え版) / 真山亜子(DVD吹き替え版) / ジャッキー・バロウズ(原語版)
  • カインク - 不明(VHS吹き替え版) / 西村ちなみ(DVD吹き替え版) / ポーリーン・レニー(原語版)
  • チュカ・トロック - 不明(VHS吹き替え版) / 西村知道(DVD吹き替え版) / ドン・マクマナス(原語版)
  • マーグーブ - 不明(VHS吹き替え版) / 後藤敦(DVD吹き替え版) / エリック・ピーターソン(原語版)
  • アーファム - 不明(VHS吹き替え版) / 西川幾雄(DVD吹き替え版) / アンソニー・パー(原語版)
  • ムリング - 不明(VHS吹き替え版) / 真山亜子(DVD吹き替え版) / ロン・ジェームス(原語版)
  • アーシャ[9] - 不明(VHS吹き替え版) / 水樹奈々(DVD吹き替え版) / タバサ・セント・ジェルマン(原語版)
  • ボンドー - 不明(VHS吹き替え版) / 西村知道(DVD吹き替え版) / ドン・マクマナス(原語版)
  • ザット - 原語のみ(VHS吹き替え版) / 堀内賢雄(DVD吹き替え版) / ジョー・マセソン(原語版)
  • ドバー - 原語のみ(VHS吹き替え版) / 高乃麗(DVD吹き替え版) / ダイアン・エリザベス・マクミラン(原語版)
  • ナーキー - 原語のみ(VHS吹き替え版) / 高木渉(DVD吹き替え版) / ジョージ・ブザ(原語版)
  • フーム - 原語のみ(VHS吹き替え版) / 渡部猛(DVD吹き替え版) / ジョン・ストッカー(原語版)

作品[編集]

シーズン1[編集]

  1. 森の泣き声
  2. 太陽の実
  3. 大きな迷い子
  4. ディージを救え!
  5. ラターラを探せ
  6. 光の木
  7. ジンダ族の呪い
  8. ガピン族の謎
  9. サンスターVSシャドウストーン
  10. ウィケットの戦車
  11. 三つの教訓
  12. 秋祭り
  13. アーシャねえさん

シーズン2 すべてが新しいイウォーク[編集]

  1. 魔法のマント
  2. 願いのかなう花
  3. ウィケットの家出
  4. プリンセス・ラターラ
  5. 森の魔物レイチ退治
  6. 不思議なトーテムポール
  7. ママへの贈り物
  8. 闇の精・悪魔の襲来
  9. ミンフと共に去りぬ
  10. ログレイの弟子
  11. 押し売り
  12. 戦士と敗者
  13. 凍ったエンドア星
  14. 金の船飾り
  15. バーガのライバル
  16. ”こわい夢” 吸いとり機
  17. ラターラの宝物
  18. みんなの夢
  19. 意地悪ノーキー君
  20. 秘宝”太陽の星”を守れ!
  21. ニーサのパーティ
  22. 戦士マラーニ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c イウォーク物語”. mixi. 2019年5月3日閲覧。
  2. ^ DVD版では「ラタラ」と呼ばれていた。
  3. ^ DVD版では「マラニ」と呼ばれていた。
  4. ^ 「ウィケットの戦車」収録ミスのみ緒方賢一が担当。
  5. ^ DVD版では「ウィリー」と呼ばれていた。
  6. ^ DVD版では「ウルガ」と呼ばれていた。
  7. ^ DVD版では「シャマン」と呼ばれていた。
  8. ^ DVD版では「モラグ」と呼ばれていた。
  9. ^ DVD版では「アシャ」と呼ばれていた。

外部リンク[編集]