ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハン・ソロ/
スター・ウォーズ・ストーリー
Solo: A Star Wars Story
Solo-a-star-wars-story-tall-A (cropped).png
監督
脚本 ジョナサン・カスダン英語版
ローレンス・カスダン
原作 キャラクター創造
ジョージ・ルーカス
製作
製作総指揮
出演者
音楽 ジョン・パウエル
ジョン・ウィリアムズ
撮影 ブラッドフォード・ヤング
編集 ピエトロ・スカリア
製作会社 ルーカスフィルム
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年5月25日
日本の旗 2018年6月29日[1]
上映時間 135分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $250,000,000[3][4]
興行収入 世界の旗 $392,924,807[5]
日本の旗 21.4億円[6]
テンプレートを表示

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(原題:Solo: A Star Wars Story)は、2018年アメリカSFアクション映画。監督はロン・ハワードが務め、オールデン・エアエンライクウディ・ハレルソンエミリア・クラークドナルド・グローヴァータンディ・ニュートンが出演している。「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品「アンソロジー・シリーズ」の第2作で、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の10 - 13年前を舞台とする。映画のテーマはスペース・ウェスタンであり[7]、過去のシリーズでハリソン・フォードが演じたアウトローな密輸業者ハン・ソロの若かりし頃が明らかになり、彼の愛機ミレニアム・ファルコンとその所有者ランド・カルリジアン、相棒チューバッカとの初めての出会いが描かれる[8][9]

ストーリー[編集]

惑星コレリアでギャングの下っ端として暮す孤児のハンとキーラはハイパー燃料であるコアクシウムを賄賂に使ってコレリアを脱出しようと試みるが、出国ゲートでキーラは捕まってしまう。ハンはパイロットになってコレリアに戻りキーラを救い出す事を誓った。パイロットになるため帝国軍へ志願したハンに、徴兵官は家族のいない一匹狼"ソロ"という名字を与えた。

3年後、ハンは命令不服従で帝国飛行学校を退学になり、惑星ミンバンの機甲師団でいち歩兵として泥沼の戦争に明け暮れていた。ふとしたことからハンは上官のトバイアス・ベケット大尉達が兵士に変装したギャングである事に気付く。ハンは現在の境遇を抜け出すために自分も仲間に入れるようベケット達を恐喝したが、逆に脱走兵だと告発されて牢屋に放り込まれてしまう。入れられた牢でウーキー族のチューバッカに会ったハンは片言のウーキー語でなんとか意思疎通し、チューバッカと共謀して脱走に成功する。脱出した二人を見たベケットはハン達を仲間に加え、惑星ヴァンドアで大量のコアクシウムを盗む手伝いをさせる。だがエンフィス・ネスト率いる盗賊団「クラウド・ライダーズ」の妨害にあって仲間たちを失った上、コアクシウム強奪に失敗してしまう。。

ベケットは巨大な犯罪シンジケート、クリムゾン・ドーンのボスのドライデン・ヴォスの命令でコアクシウムを盗もうとしたと話す。任務失敗の弁明のためベケット、チューバッカ、ハンはヴォスのヨットに赴き、ハンはヴォスの右腕となっていたキーラに再会する。ヴォスはコアクシウム強奪に失敗した三人を処刑しようとするが、ハンは惑星ケッセルから未精製のコアクシウムを盗む計画を提案し、それを認めたヴォスは条件として三人にキーラを同行させる。キーラは任務に必要な高速宇宙船を調達するため一行を貨物船ミレニアム・ファルコンを所有する密輸業者ランド・カルリジアンのもとに連れて行く。ハンはファルコンを賭けてランドにサバックの勝負を挑むが、ランドのイカサマに引っ掛かり負けてしまう。結局キーラの交渉でランドは分け前と引き換えに強奪作戦に参加する事になる。ランドと彼の相棒のドロイドL3-37を加えた一行はファルコンに乗ってケッセルへと向かう。

ケッセルに到着した一行はVIPを装って鉱山に侵入し、L3の扇動で鉱山のドロイドや労働者の大反乱を起こす。チューバッカは労働に従事させられるウーキー達を見つけ混乱の中で開放するが、彼らの誘いを断ってハンのもとに戻る。混乱の中でハン達はなんとかコアクシウムを確保するが、被弾したL3は甚大な損傷を負ってしまう。精製前の不安定なコアクシウムを載せ帰路を急ぐハン達だが、不安定な宙域の中で帝国軍の攻撃を受け追い詰められる。L3をファルコンに接続することで彼女の航路データを船と一体化させると、ハンはチューバッカと共にファルコンを巧みに操縦して追撃を振り切り、わずか12パーセクでケッセル宙域を突破する。ファルコンは損傷を受けながらもコアクシウムの爆発する前になんとか精製施設のある惑星サヴァリーンに着陸する。

コアクシウムを精製し爆発の危険から逃れたハン達だが、ヴァンドアから追って来たエンフィス・ネストが彼らの前に立ちふさがり、危険を感じたランドは一行を見捨ててファルコンで逃走してしまう。エンフィス・ネストはハンに、自分たちが犯罪集団ではなく、帝国と犯罪シンジケートに対抗する反乱軍であると語る。エンフィス・ネストに共感したハンは彼女に協力してヴォスに偽物のコアクシウムを渡そうと画策するが、ハンを裏切ったベケットはこれをヴォスに密告する。密告を受けたヴォスはエンフィス・ネストらクラウドライダースを殺そうと手下を送り込むが、それはハンの策略だった。待ち伏せしていたクラウド・ライダーズの逆襲でヴォスの手下は全滅し、状況は一転する。状況の変化を見て取ったベケットはヴォスを裏切り、チューバッカを人質にしてコアクシウムを持ち去る。残されたハンとヴォスは激しく戦うが、キーラの裏切りによってヴォスを倒すことに成功する。キーラはハンに愛を告げたものの組織を抜けることはできないと悟り、彼を守るため組織の本当の首領であるシスのダース・モール卿にハンの事を隠して報告する。ベケットにヴォスが殺されたというキーラの言葉を受けたモールはダソミアに会いに来るようキーラに命じる。

先回りしたハンはベケットを待ち受け、一瞬の早撃ちでベケットに勝利する。ベケットは迷わず引き金を引いたハンを称賛し、かつて仲間に語った故郷でヴァラコードの弾き方を学びたいという夢が真実であったことを告げると息絶える。キーラの乗ったヨットが去っていく様を見たハンは過去と決別し、二人はコアクシウムをエンフィス・ネストに渡す。エンフィス・ネストは彼に反乱軍への参加を誘うがハンはそれを断り、そんなハンにエンフィス・ネストは餞別として一瓶のコアクシウムを渡す。ハンとチューバッカはランドのもとを訪れると、再びファルコンを賭けたサバックの勝負を挑む、ランドのイカサマを逆手に取って勝利したハンは見事ファルコンを手に入れる。念願の操縦席に座ったハンはベケットの言い残した犯罪王が仕事を用意していると言う惑星タトゥイーンに向かうことを決め、ファルコンはハイパースペースへとジャンプする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

製作[編集]

企画[編集]

2013年2月、ウォルト・ディズニー・カンパニーCEOのロバート・A・アイガーは2本の『スター・ウォーズシリーズ』外伝映画の製作を確認し、それぞれローレンス・カスダンサイモン・キンバーグに脚本の執筆を依頼した[17]。それから間もなく、「ディズニーがハン・ソロとボバ・フェットを題材にした映画を2作企画している」という情報が流れた[18]。ディズニーCFOのジェームズ・ラズロ英語版は、この2作品を「オリジン・ストーリー英語版」と表現している[19]

2015年4月にルーカスフィルムキャスリーン・ケネディは、スピンオフ2作品の名称が「アンソロジー・シリーズ」になることを発表した[20][21]。同年7月、ルーカスフィルムは「アンソロジー・シリーズ」の題材について、「ハン・ソロがどのように密輸業を営み、オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーが出会った悪党になったのかを描く」と述べ、2018年5月25日公開を予定していることを発表した[22]。映画の時代設定について、ローレンス・カスダンは「『新たなる希望』の10年前か、それよりも少し早い時期」と述べている[23]。ケネディ、アリソン・シェアマー、サイモン・エマニュエル、ジェイソン・マクガトリンは製作として参加し、この他に脚本としてローレンス・カスダンとジョナサン・カスダン英語版、監督として『LEGO ムービー』などのフィル・ロード&クリス・ミラーが参加[8][9]。当初、監督にはジョシュ・トランクが起用されていたが、彼はルーカスフィルムとの交渉の末に降板している[24]。チューバッカも映画に登場することが発表され[25][26]、2016年5月にはローレンス・カスダンが2017年1月に撮影が開始されることを発表した[27]。2017年6月23日にロン・ハワードが新しく監督を務めることが発表され[28]、10月17日にはタイトルが「Solo: A Star Wars Story」となることが発表された[29]。音楽はジョン・パウエルが担当するが[30]、メインテーマのみジョン・ウィリアムズが参加している[31]。製作費は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超える2億5000万ドル以上だと報じられた[32]

キャスティング[編集]

2016年1月、ハン・ソロの俳優候補としてマイルズ・テラーアンセル・エルゴートデイヴ・フランコジャック・レイナースコット・イーストウッドローガン・ラーマンエモリー・コーエンブレイク・ジェンナーの名前が挙がった[33]。同年3月に候補者リストの上位にオールデン・エアエンライク、レイナー、タロン・エジャトンがいることが報告され[34]、5月にエアエンライクがハン・ソロ役に選ばれたことが確認され[35]、2か月後に開催されたスター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパIIIで発表された[36]。ミラーはエアエンライクについて、「3,000人以上の選考によって選ばれた俳優」と述べ、「キャスティングの困難さでは史上空前」の一つだったとした[37]

ヒロイン役にはテッサ・トンプソンナオミ・スコットゾーイ・クラヴィッツエミリア・クラークカーシー・クレモンス英語版ジェシカ・ヘンウィックエイドリア・アージョナ英語版が候補に挙がっており[38][39]、ランド役にはドナルド・グローヴァーが検討されていた[38]。間もなく、グローヴァーは正式にカルリジアン役に起用され[40]、ヒロイン役にはクラークが選ばれた[41][39]

2017年1月上旬、ウディ・ハレルソンがハン・ソロの師役として出演交渉中であることが報じられ[42]、間もなく出演が決まったことが確認された[43]。彼の演じる役については、レジェンズ(非正史)に登場するハン・ソロの育ての親「ギャリス・シュライク」だという憶測が流れた[44][45]。しかし、2017年3月にハレルソンは演じる役の名前が「トバイアス・ベケット」であると公表した[46]

2017年3月、フィービー・ウォーラー=ブリッジが起用されたことが判明し、役柄は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でアラン・テュディックが演じたK-2SO英語版のようなCGキャラクターになると発表された[47]。また、タンディ・ニュートンが出演交渉中であることも判明した[48]。2人の起用は2月末までに決定し、チューバッカ役にはピーター・メイヒューから役を引き継いだヨーナス・スオタモが起用された[9]。3月上旬にマイケル・ケネス・ウィリアムズが出演交渉に入り、半人半獣のクリーチャー役として出演することが決定した[49][50][51]。7月末には、ワーウィック・デイヴィスが出演することが確認された[52]

撮影[編集]

2017年1月30日、「スター・ウォーズ: レッド・カップ」の仮題が付けられた本作の撮影がパインウッド・スタジオで開始された[37][53]。ルーカスフィルムからは、2月20日から主要撮影が開始されると発表があり[9]、撮影監督としてブラッドフォード・ヤングが参加している[54]。5月からカナリア諸島で撮影が始まり、同時に編集担当がクリス・ディケンズからピエトロ・スカリアに交代した。 撮影終盤の2017年6月20日、ルーカスフィルムは「創作面での意見の相違」によりロードとミラーが監督を降板したことを発表し、後任の監督については「すぐに発表される」とコメントした。なお、2人の名は「製作総指揮」としてクレジットされる。

後任の監督にはロン・ハワードジョー・ジョンストンが候補に挙がり、他にローレンス・カスダンが監督を兼任するという憶測もあった。しかし、「同じ撮影チーム内で監督を交代することを禁止する」という規則を全米監督協会が定めているため、彼が監督に就任する可能性は低いとされた[55]。2日後には、ハワードが監督として残りの撮影を引き継ぐことが確認された。ハワードは監督を務めることについて、「スター・ウォーズ・ユニバースに私の声を加えてもらえることに感謝しています。これまでになされた素晴らしい仕事に敬意を払うとともに、期待通りのハン・ソロ映画を完成させるお手伝いができればと思います」とコメントしている[56]。ハワードは6月26日から撮影に参加する予定となっており[57]、その間にウィリアムズは『レッド・シー・ダイビング・リポート英語版』の撮影でアフリカに行ってしまい、再撮影に参加できなくなってしまう。ウィリアムズは再撮影を希望していたが、同作の撮影の都合で11月下旬までアフリカを離れることができず、本作の公開予定日に支障が出ることから役を降板した[51]。後任としてポール・ベタニーが出演することになったが、役柄は半人半獣のクリーチャーから人間に変更された[58]。ロン・ハワードはフィル・ロード&クリス・ミラーが撮影した分の85%を撮り直し(第二班分含む)[59]WSJによれば全体の70%を新たに撮影したとのこと。ハワードはオリジナル三部作の精神への回帰、フィル・ロード&クリス・ミラーは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』的新しさを目指していた模様[60]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは評論家スコアは72%で観客スコアでは63%となった[61][62]。全米興行収入は公開3日間で8330万ドルとなり、ディズニーが予測していた1億3,000万 - 1億5,000万ドルを大幅に下回る結果となった。興収の不調はウォルト・ディズニー社の米株式市場の反落に影響した[63]。不調の原因として『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開から5ヶ月しか経っていないこと、『最後のジェダイ』の作風への反発、相次ぐスター・ウォーズに対する「ブランド疲れ」などが指摘されている[64][65]。ディズニーの配給責任者を務めるデイブ・ホリスはThe Hollywood Reporterに対し、「この結果を理解するためには、やらなければいけないことがたくさんあります」とコメントした[66]

出典[編集]

  1. ^ 若き日の『ハン・ソロ』映画、2018年6月公開へ!チューバッカとの出会い描く”. cinemacafe (2017年12月4日). 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ La Sélection officielle 2018”. Festival de Cannes. 2018年4月13日閲覧。
  3. ^ Jeremy Fuster (2018年5月22日). “‘Solo’ Aims to Send Memorial Day Box Office Into Hyperspace”. TheWrap. 2018年5月22日閲覧。
  4. ^ Zach Johnson (2018年5月22日). “‘Solo: A Star Wars Story: Why Phil Lord and Christopher Miller Were Really Fired”. E! News. 2018年5月22日閲覧。
  5. ^ Solo: A Star Wars Story (2018)” (英語). Box Office Mojo. 2019年6月15日閲覧。
  6. ^ 2018年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2019年2月11日閲覧。
  7. ^ Zuckerman, Esther (2016年11月22日). “The Han Solo movie will be more of a space Western, Kathleen Kennedy says”. The A.V. Club. 2017年2月15日閲覧。
  8. ^ a b Christopher Miller and Phil Lord to helm Han Solo Anthology Film”. StarWars.com (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  9. ^ a b c d Han Solo–Smuggler. Scoundrel. Hero. A New Star Wars Story Begins”. Star Wars.com (2017年2月21日). 2017年2月21日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は夢追う青年描く「ノワール西部劇」!本編写真公開、あの惑星の登場も判明”. THE RIVER (2018年2月8日). 2018年2月8日閲覧。
  11. ^ a b c d e f “若きハン・ソロは前野智昭に決定、吹替版360度スペシャル映像も到着”. 映画ナタリー. (2018年5月8日). https://natalie.mu/eiga/news/281201 2018年5月8日閲覧。 
  12. ^ スター・ウォーズ『ハン・ソロ』に『アイアンマン』運転手ハッピー役俳優が参戦!「重要なエイリアン役」演じる”. THE RIVER (2018年2月14日). 2018年2月20日閲覧。
  13. ^ スター・ウォーズ『ハン・ソロ』にシリーズ非正史のキャラクターが登場!「タグ&ビンク」って誰?”. THE RIVER (2017年10月17日). 2018年2月1日閲覧。
  14. ^ Ramos, Dino-Ray (2017年10月14日). “'Star Wars': Ron Howard Teases Fan Favorite Characters For Han Solo Spinoff”. Deadline Hollywood. 2017年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月14日閲覧。
  15. ^ “'Solo: A Star Wars Story' Writer Reveals Why Tag and Bink Scene Was Cut” (英語). Star Wars. http://comicbook.com/starwars/2018/05/26/solo-a-star-wars-story-deleted-scene-tag-and-bink/ 2018年5月30日閲覧。 
  16. ^ a b c d e 『ハン・ソロ』日本語吹替版、市川海老蔵・及川光博ら声でカメオ出演!”. シネマトゥデイ (2018年6月6日). 2018年6月10日閲覧。
  17. ^ Disney Earnings Beat; 'Star Wars' Spinoffs Planned”. CNBC (2013年2月5日). 2013年2月5日閲覧。
  18. ^ Breznican, Anthony (2013年2月6日). “'Star Wars' spin-offs: A young Han Solo movie, and a Boba Fett film – Exclusive”. Entertainment Weekly. 2013年2月6日閲覧。
  19. ^ Graser, Marc (2013年9月12日). “'Star Wars': The 'Sky's the Limit' for Disney's Spinoff Opportunities”. Variety. 2013年9月13日閲覧。
  20. ^ Rogue One Details Revealed at Star Wars Celebration Anaheim”. Star Wars.com. (2015年4月19日). http://www.starwars.com/news/rogue-one-details-revealed-at-star-wars-celebration-anaheim?linkId=13642633 2015年4月20日閲覧。 
  21. ^ Breznican, Antonghy (2015年4月19日). “Star Wars: Rogue One and mystery stand-alone movie take center stage”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/article/2015/04/19/star-wars-rogue-one-and-mystery-stand-alone-movie-take-center-stage 2015年4月19日閲覧。 
  22. ^ Jagernauth, Kevin (2015年12月22日). “Watch: 32-Minute Talk With J.J. Abrams And Lawrence Kasdan About 'Star Wars: The Force Awakens' And More”. Indiewire. 2016年1月6日閲覧。
  23. ^ Lawrence Kasdan Reveals When HAN SOLO Film Will Take Place”. Nerdist (2016年1月6日). 2018年1月17日閲覧。
  24. ^ Kit, Borys (2015年7月7日). “'Star Wars' Han Solo Spinoff In the Works With 'Lego Movie' Directors (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2015年7月7日閲覧。
  25. ^ Chewbacca to Appear in New Han Solo Movie, Confirms Disney's Bob Iger”. TheWrap (2016年3月8日). 2017年1月30日閲覧。
  26. ^ Yee, Lawrence (2016年11月11日). “Alden Ehrenreich Teases Han Solo Spinoff, Younger Chewbacca”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  27. ^ Evry, Max (2016年5月31日). “Lawrence Kasdan Talks Han Solo Start Date, Star Wars Saga Involvement”. ComingSoon.net. 2017年1月30日閲覧。
  28. ^ ロン・ハワード、「スター・ウォーズ」ハン・ソロ映画の監督就任”. ORICON NEWS (2017年6月23日). 2017年12月23日閲覧。
  29. ^ Breznican, Anthony (2017年10月17日). “The Han Solo movie has a title — Solo”. Entertainment Weekly. 2017年10月17日閲覧。
  30. ^ John Powell to Score Untitled Han Solo Movie”. StarWars.com. Lucasfilm (2017年7月26日). 2017年7月26日閲覧。
  31. ^ スピンオフ映画『ハン・ソロ』音楽にジョン・ウィリアムズが参加 ― 『スター・ウォーズ』巨匠作曲家がテーマ曲手がける”. THE RIVER (2017年12月31日). 2017年12月31日閲覧。
  32. ^ http://variety.com/2018/film/features/solo-a-star-wars-story-directors-reshoots-ron-howard-1202817841/
  33. ^ Kroll, Justin (2016年1月11日). “Star Wars Han Solo Spinoff: Actor Shortlist Revealed (Exclusive)”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  34. ^ Kit, Borys (2016年3月15日). “Disney's Young Han Solo Search Narrows to Final Shortlist of Actors After Screen-Tests”. The Hollywood Reporter. 2017年1月30日閲覧。
  35. ^ Busch, Anita (2016年5月5日). “Alden Ehrenreich Lands The Lead In Star Wars Han Solo Film”. Deadline.com. 2016年5月5日閲覧。
  36. ^ Utichi, Joe (2016年7月17日). “Alden Ehrenreich Introduced As Han Solo Stand-Alone Pic & Episode VIII Teased At Star Wars Celebration”. Deadline.com. 2016年7月17日閲覧。
  37. ^ a b Erbland, Kate (2016年7月17日). “Star Wars Celebration: Han Solo Standalone Directors Phil Lord And Chris Miller Offer An Update (And A Brand New Star)”. IndieWire. 2017年1月30日閲覧。
  38. ^ a b Kroll, Justin (2016年10月5日). “Han Solo Film: Tessa Thompson and Zoe Kravitz Among Those Testing for Female Lead”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  39. ^ a b Kroll, Justin (2016年11月18日). “Emilia Clarke Joins ‘Star Wars’ Han Solo Spinoff”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  40. ^ Donald Glover Cast As Young Lando Calrissian In Upcoming Han Solo Star Wars Stand-Alone Film”. StarWars.com (2016年10月21日). 2017年1月30日閲覧。
  41. ^ Emilia Clarke Joins The Han Solo Stand-Alone Film”. StarWars.com (2016年11月18日). 2017年1月30日閲覧。
  42. ^ Kroll, Justin (2017年1月3日). “Woody Harrelson Eyed to Play Han Solo's Mentor in Star Wars Spinoff”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  43. ^ Woody Harrelson Signs On For Young Han Solo Film”. StarWars.com (2017年1月11日). 2017年1月30日閲覧。
  44. ^ Bradley, Laura (2017年1月23日). “Everything You Need to Know About Woody Harrelson's Star Wars Role”. Vanity Fair. 2017年2月10日閲覧。
  45. ^ Zuckerman, Esther (2017年1月23日). “Woody Harrelson is likely playing Garris Shrike in the Han Solo movie”. The A.V. Club. 2017年2月10日閲覧。
  46. ^ Khosla, Proma (2017年3月23日). “Woody Harrelson reveals his Star Wars character name”. Mashable. 2017年3月23日閲覧。
  47. ^ Kroll, Justin (2017年2月8日). “Star Wars: Fleabag Star Eyed for Key Role in 'Han Solo' Spinoff”. Variety. 2017年2月9日閲覧。
  48. ^ Kroll, Justin (2017年2月10日). “Thandie Newton In Talks for Han Solo Movie”. Variety. 2017年2月10日閲覧。
  49. ^ Galuppo, Mia (2017年3月3日). “Han Solo Spinoff Movie Casts Michael K. Williams”. The Hollywood Reporter. 2017年3月3日閲覧。
  50. ^ Michael Kennth Williams joins young Han Solo film”. StarWars.com (2017年3月6日). 2017年3月6日閲覧。
  51. ^ a b Blyth, Antonia (2017年8月22日). “Michael K. Williams' Rome Cut from 'Star Wars' Han Solo Film Amid Reshoots”. Deadline.com. 2017年8月22日閲覧。
  52. ^ Parker, Ryan (2017年7月26日). “'Star Wars': Warwick Davis Joins Han Solo Film”. The Hollywood Reporter. 2017年7月27日閲覧。
  53. ^ McMillian, Graeme (2017年1月30日). “Han Solo Spinoff Director Starts Movie With Greedo Shoutout”. The Hollywood Reporter. 2017年1月30日閲覧。
  54. ^ Raup, Jordan (2016年9月22日). “Emmanuel Lubezki Reteams With Alfonso Cuarón; Bradford Young to Shoot Han Solo Film”. The Film Stage. 2017年1月30日閲覧。
  55. ^ 『スター・ウォーズ』スピンオフ『ハン・ソロ』監督降板の真相 ─ 撮影初日から衝突か、どうなる若手監督起用計画”. Nerdist (2017年6月22日). 2018年1月17日閲覧。
  56. ^ Burlingame, Russ (2017年6月22日). “Ron Howard Comments on Taking Over The Han Solo Movie”. Comicbook.com. 2017年6月23日閲覧。
  57. ^ Masters, Kim (2017年6月26日). “'Star Wars' Firing Reveals a Disturbance in the Franchise”. The Hollywood Reporter. 2017年6月26日閲覧。
  58. ^ Hall, Jacob (2017年9月1日). “The Han Solo Spin-Off Adds Paul Bettany to Replace Michael K. Williams”. /Film. 2017年9月2日閲覧。
  59. ^ http://variety.com/2018/film/features/solo-a-star-wars-story-directors-reshoots-ron-howard-1202817841/
  60. ^ https://heroichollywood.com/star-wars-solo-ron-howard-reshoots/
  61. ^ https://www.rottentomatoes.com/m/solo_a_star_wars_story/
  62. ^ https://www.businessinsider.jp/post-167585
  63. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29HQC_Z20C18A5000000/
  64. ^ https://www.cnn.co.jp/showbiz/35119845.html
  65. ^ https://theriver.jp/solo-box-office-2/
  66. ^ https://jp.ign.com/star-wars-stand-alone-han-solo/25284/news/

外部リンク[編集]