ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
Solo: A Star Wars Story
Solo-a-star-wars-story-tall-A.png
公式ロゴ
監督
脚本 ジョナサン・カスダン英語版
ローレンス・カスダン
原作 キャラクター創造
ジョージ・ルーカス
製作
製作総指揮
出演者
音楽 ジョン・パウエル
ジョン・ウィリアムズ
撮影 ブラッドフォード・ヤング
編集 ピエトロ・スカリア
製作会社 ルーカスフィルム
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年5月25日
日本の旗 2018年6月29日[1]
上映時間 135分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $250,000,000[3][4]
テンプレートを表示

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(原題:Solo: A Star Wars Story)は、2018年公開のアメリカ映画。監督はロン・ハワードが務め、主要キャストとしてオールデン・エアエンライクウディ・ハレルソンエミリア・クラークドナルド・グローヴァータンディ・ニュートンが出演している。

スター・ウォーズシリーズ』のスピンオフ作品「アンソロジー・シリーズ」の第2作で、時系列では『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の13~10年前となる。映画のテーマはスペース・ウェスタンであり[5]、過去のシリーズでハリソン・フォードが演じたアウトローな密輸業者ハン・ソロの若かりし頃が明らかになり、彼の愛機ミレニアム・ファルコンとその所有者ランド・カルリジアン、相棒チューバッカとの初めての出会いが描かれる[6][7]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

製作[編集]

企画[編集]

2013年2月、ウォルト・ディズニー・カンパニーCEOのロバート・A・アイガーは2本の『スター・ウォーズシリーズ』外伝映画の製作を確認し、それぞれローレンス・カスダンサイモン・キンバーグに脚本の執筆を依頼した[15]。それから間もなく、「ディズニーがハン・ソロとボバ・フェットを題材にした映画を2作企画している」という情報が流れた[16]。ディズニーCFOのジェームズ・ラズロ英語版は、この2作品を「オリジン・ストーリー英語版」と表現している[17]

2015年4月にルーカスフィルムキャスリーン・ケネディは、スピンオフ2作品の名称が「アンソロジー・シリーズ」になることを発表した[18][19]。同年7月、ルーカスフィルムは「アンソロジー・シリーズ」の題材について、「ハン・ソロがどのように密輸業を営み、オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーが出会った悪党になったのかを描く」と述べ、2018年5月25日公開を予定していることを発表した[20]。映画の時代設定について、ローレンス・カスダンは「『新たなる希望』の10年前か、それよりも少し早い時期」と述べている[21]。ケネディ、アリソン・シェアマー、サイモン・エマニュエル、ジェイソン・マクガトリンは製作として参加し、この他に脚本としてローレンス・カスダンとジョナサン・カスダン英語版、監督として『LEGO ムービー』などのフィル・ロード&クリス・ミラーが参加[6][7]。当初、監督にはジョシュ・トランクが起用されていたが、彼はルーカスフィルムとの交渉の末に降板している[22]。チューバッカも映画に登場することが発表され[23][24]、2016年5月にはローレンス・カスダンが2017年1月に撮影が開始されることを発表した[25]。2017年6月23日にロン・ハワードが新しく監督を務めることが発表され[26]、10月17日にはタイトルが「Solo: A Star Wars Story」となることが発表された[27]。音楽はジョン・パウエルが担当する[28]が、メインテーマとみられる1曲のみジョン・ウィリアムズが担当する[29]。製作費は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超える2億5000万ドル以上だと報じられた[30]

キャスティング[編集]

2016年1月、ハン・ソロの俳優候補としてマイルズ・テラーアンセル・エルゴートデイヴ・フランコジャック・レイナースコット・イーストウッドローガン・ラーマンエモリー・コーエンブレイク・ジェンナーの名前が挙がった[31]。同年3月に候補者リストの上位にオールデン・エアエンライク、レイナー、タロン・エガートンがいることが報告され[32]、5月にエアエンライクがハン・ソロ役に選ばれたことが確認され[33]、2か月後に開催されたスター・ウォーズ セレブレーション ヨーロッパIII英語版で発表された[34]。ミラーはエアエンライクについて、「3,000人以上の選考によって選ばれた俳優」と述べ、「キャスティングの困難さでは史上空前」の一つだったとした[35]

ヒロイン役にはテッサ・トンプソンナオミ・スコット英語版ゾーイ・クラヴィッツエミリア・クラークカーシー・クレモンス英語版ジェシカ・ヘンウィック英語版エイドリア・アージョナ英語版が候補に挙がっており[36][37]、ランド役にはドナルド・グローヴァーが検討されていた[36]。間もなく、グローヴァーは正式にカルリジアン役に起用され[38]、ヒロイン役にはクラークが選ばれた[39][37]

2017年1月上旬、ウディ・ハレルソンがハン・ソロの師役として出演交渉中であることが報じられ[40]、間もなく出演が決まったことが確認された[41]。彼の演じる役については、レジェンズ(非正史)に登場するハン・ソロの育ての親「ギャリス・シュライク」だという憶測が流れた[42][43]。しかし、2017年3月にハレルソンは演じる役の名前が「トバイアス・ベケット」であると公表した[44]

2017年3月、フィービー・ウォーラー=ブリッジ英語版が起用されたことが判明し、役柄は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でアラン・テュディックが演じたK-2SO英語版のようなCGキャラクターになると発表された[45]。また、タンディ・ニュートンが出演交渉中であることも判明した[46]。2人の起用は2月末までに決定し、チューバッカ役にはピーター・メイヒューから役を引き継いだヨーナス・スオタモが起用された[7]。3月上旬にマイケル・ケネス・ウィリアムズが出演交渉に入り、半人半獣のクリーチャー役として出演することが決定した[47][48][49]。7月末には、ワーウィック・デイヴィスが出演することが確認された[50]

撮影[編集]

2017年1月30日、「スター・ウォーズ: レッド・カップ」の仮題が付けられた本作の撮影がパインウッド・スタジオで開始された[35][51]。ルーカスフィルムからは、2月20日から主要撮影が開始されると発表があり[7]、撮影監督としてブラッドフォード・ヤングが参加している[52]。5月からカナリア諸島で撮影が始まり、同時に編集担当がクリス・ディケンズからピエトロ・スカリアに交代した。 撮影終盤の2017年6月20日、ルーカスフィルムは「創作面での意見の相違」によりロードとミラーが監督を降板したことを発表し、後任の監督については「すぐに発表される」とコメントした。なお、2人の名は「製作総指揮」としてクレジットされる。

後任の監督にはロン・ハワードジョー・ジョンストンが候補に挙がり、他にローレンス・カスダンが監督を兼任するという憶測もあった。しかし、「同じ撮影チーム内で監督を交代することを禁止する」という規則を全米監督協会が定めているため、彼が監督に就任する可能性は低いとされた[53]。2日後には、ハワードが監督として残りの撮影を引き継ぐことが確認された。ハワードは監督を務めることについて、「スター・ウォーズ・ユニバースに私の声を加えてもらえることに感謝しています。これまでになされた素晴らしい仕事に敬意を払うとともに、期待通りのハン・ソロ映画を完成させるお手伝いができればと思います」とコメントしている[54]。ハワードは6月26日から撮影に参加する予定となっており[55]、その間にウィリアムズは『レッド・シー・ダイビング・リポート英語版』の撮影でアフリカに行ってしまい、再撮影に参加できなくなってしまう。ウィリアムズは再撮影を希望していたが、同作の撮影の都合で11月下旬までアフリカを離れることができず、本作の公開予定日に支障が出ることから役を降板した[49]。後任としてポール・ベタニーが出演することになったが、役柄は半人半獣のクリーチャーから人間に変更された[56]。ロン・ハワードはフィル・ロード&クリス・ミラーが撮影した分の85%を撮り直し(第二班分含む)[57]WSJによれば全体の70%を新たに撮影したとのこと。ハワードはオリジナル三部作の精神への回帰、フィル・ロード&クリス・ミラーは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』的新しさを目指していた模様[58]

評価[編集]

初のお披露目となったカンヌ映画祭プレミアでの反応は上々で、「本物の『スター・ウォーズ』映画だ」といった声が上がっている。 Rotten Tomatoesでは評論家スコアは72%で観客スコアでは63%となった。[59][60]。 全米興行収入は公開3日間で8330万ドルとなり、ディズニーが予測していた1億3,000万~1億5,000万ドルを大幅に下回る結果となった。興収の不調はウォルト・ディズニー社の米株式市場の反落に影響した [61] [62]。 不調の原因として『最後のジェダイ』公開から5カ月しかたっていないこと、『最後のジェダイ』の作風への反発、相次ぐスター・ウォーズに対する「ブランド疲れ」などが指摘されている[63][64]。 ディズニーの配給責任者を務めるデイブ・ホリスはThe Hollywood Reporterに対し、「この結果を理解するためには、やらなければいけないことがたくさんあります」とコメントした[65]

中国では『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が不調だった影響を受け、本作のタイトルを『レンジャー・ソロ』に改題した[66]

出典[編集]

  1. ^ 若き日の『ハン・ソロ』映画、2018年6月公開へ!チューバッカとの出会い描く”. cinemacafe (2017年12月4日). 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ La Sélection officielle 2018”. Festival de Cannes. 2018年4月13日閲覧。
  3. ^ Jeremy Fuster (2018年5月22日). “‘Solo’ Aims to Send Memorial Day Box Office Into Hyperspace”. TheWrap. 2018年5月22日閲覧。
  4. ^ Zach Johnson (2018年5月22日). “‘Solo: A Star Wars Story: Why Phil Lord and Christopher Miller Were Really Fired”. E! News. 2018年5月22日閲覧。
  5. ^ Zuckerman, Esther (2016年11月22日). “The Han Solo movie will be more of a space Western, Kathleen Kennedy says”. The A.V. Club. 2017年2月15日閲覧。
  6. ^ a b Christopher Miller and Phil Lord to helm Han Solo Anthology Film”. StarWars.com (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  7. ^ a b c d Han Solo–Smuggler. Scoundrel. Hero. A New Star Wars Story Begins”. Star Wars.com (2017年2月21日). 2017年2月21日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は夢追う青年描く「ノワール西部劇」!本編写真公開、あの惑星の登場も判明”. THE RIVER (2018年2月8日). 2018年2月8日閲覧。
  9. ^ a b c d e f “若きハン・ソロは前野智昭に決定、吹替版360度スペシャル映像も到着”. 映画ナタリー. (2018年5月8日). https://natalie.mu/eiga/news/281201 2018年5月8日閲覧。 
  10. ^ スター・ウォーズ『ハン・ソロ』に『アイアンマン』運転手ハッピー役俳優が参戦!「重要なエイリアン役」演じる”. THE RIVER (2018年2月14日). 2018年2月20日閲覧。
  11. ^ スター・ウォーズ『ハン・ソロ』にシリーズ非正史のキャラクターが登場!「タグ&ビンク」って誰?”. THE RIVER (2017年10月17日). 2018年2月1日閲覧。
  12. ^ Ramos, Dino-Ray (2017年10月14日). “'Star Wars': Ron Howard Teases Fan Favorite Characters For Han Solo Spinoff”. Deadline Hollywood. 2017年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月14日閲覧。
  13. ^ “'Solo: A Star Wars Story' Writer Reveals Why Tag and Bink Scene Was Cut” (英語). Star Wars. http://comicbook.com/starwars/2018/05/26/solo-a-star-wars-story-deleted-scene-tag-and-bink/ 2018年5月30日閲覧。 
  14. ^ a b c d e 『ハン・ソロ』日本語吹替版、市川海老蔵・及川光博ら声でカメオ出演!”. シネマトゥデイ (2018年6月6日). 2018年6月10日閲覧。
  15. ^ Disney Earnings Beat; 'Star Wars' Spinoffs Planned”. CNBC (2013年2月5日). 2013年2月5日閲覧。
  16. ^ Breznican, Anthony (2013年2月6日). “'Star Wars' spin-offs: A young Han Solo movie, and a Boba Fett film – Exclusive”. Entertainment Weekly. 2013年2月6日閲覧。
  17. ^ Graser, Marc (2013年9月12日). “'Star Wars': The 'Sky's the Limit' for Disney's Spinoff Opportunities”. Variety. 2013年9月13日閲覧。
  18. ^ Rogue One Details Revealed at Star Wars Celebration Anaheim”. Star Wars.com. (2015年4月19日). http://www.starwars.com/news/rogue-one-details-revealed-at-star-wars-celebration-anaheim?linkId=13642633 2015年4月20日閲覧。 
  19. ^ Breznican, Antonghy (2015年4月19日). “Star Wars: Rogue One and mystery stand-alone movie take center stage”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/article/2015/04/19/star-wars-rogue-one-and-mystery-stand-alone-movie-take-center-stage 2015年4月19日閲覧。 
  20. ^ Jagernauth, Kevin (2015年12月22日). “Watch: 32-Minute Talk With J.J. Abrams And Lawrence Kasdan About 'Star Wars: The Force Awakens' And More”. Indiewire. 2016年1月6日閲覧。
  21. ^ Lawrence Kasdan Reveals When HAN SOLO Film Will Take Place”. Nerdist (2016年1月6日). 2018年1月17日閲覧。
  22. ^ Kit, Borys (2015年7月7日). “'Star Wars' Han Solo Spinoff In the Works With 'Lego Movie' Directors (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2015年7月7日閲覧。
  23. ^ Chewbacca to Appear in New Han Solo Movie, Confirms Disney's Bob Iger”. TheWrap (2016年3月8日). 2017年1月30日閲覧。
  24. ^ Yee, Lawrence (2016年11月11日). “Alden Ehrenreich Teases Han Solo Spinoff, Younger Chewbacca”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  25. ^ Evry, Max (2016年5月31日). “Lawrence Kasdan Talks Han Solo Start Date, Star Wars Saga Involvement”. ComingSoon.net. 2017年1月30日閲覧。
  26. ^ ロン・ハワード、「スター・ウォーズ」ハン・ソロ映画の監督就任”. ORICON NEWS (2017年6月23日). 2017年12月23日閲覧。
  27. ^ Breznican, Anthony (2017年10月17日). “The Han Solo movie has a title — Solo”. Entertainment Weekly. 2017年10月17日閲覧。
  28. ^ John Powell to Score Untitled Han Solo Movie”. StarWars.com. Lucasfilm (2017年7月26日). 2017年7月26日閲覧。
  29. ^ スピンオフ映画『ハン・ソロ』音楽にジョン・ウィリアムズが参加 ― 『スター・ウォーズ』巨匠作曲家がテーマ曲手がける”. THE RIVER (2017年12月31日). 2017年12月31日閲覧。
  30. ^ http://variety.com/2018/film/features/solo-a-star-wars-story-directors-reshoots-ron-howard-1202817841/
  31. ^ Kroll, Justin (2016年1月11日). “Star Wars Han Solo Spinoff: Actor Shortlist Revealed (Exclusive)”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  32. ^ Kit, Borys (2016年3月15日). “Disney's Young Han Solo Search Narrows to Final Shortlist of Actors After Screen-Tests”. The Hollywood Reporter. 2017年1月30日閲覧。
  33. ^ Busch, Anita (2016年5月5日). “Alden Ehrenreich Lands The Lead In Star Wars Han Solo Film”. Deadline.com. 2016年5月5日閲覧。
  34. ^ Utichi, Joe (2016年7月17日). “Alden Ehrenreich Introduced As Han Solo Stand-Alone Pic & Episode VIII Teased At Star Wars Celebration”. Deadline.com. 2016年7月17日閲覧。
  35. ^ a b Erbland, Kate (2016年7月17日). “Star Wars Celebration: Han Solo Standalone Directors Phil Lord And Chris Miller Offer An Update (And A Brand New Star)”. IndieWire. 2017年1月30日閲覧。
  36. ^ a b Kroll, Justin (2016年10月5日). “Han Solo Film: Tessa Thompson and Zoe Kravitz Among Those Testing for Female Lead”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  37. ^ a b Kroll, Justin (2016年11月18日). “Emilia Clarke Joins ‘Star Wars’ Han Solo Spinoff”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  38. ^ Donald Glover Cast As Young Lando Calrissian In Upcoming Han Solo Star Wars Stand-Alone Film”. StarWars.com (2016年10月21日). 2017年1月30日閲覧。
  39. ^ Emilia Clarke Joins The Han Solo Stand-Alone Film”. StarWars.com (2016年11月18日). 2017年1月30日閲覧。
  40. ^ Kroll, Justin (2017年1月3日). “Woody Harrelson Eyed to Play Han Solo's Mentor in Star Wars Spinoff”. Variety. 2017年1月30日閲覧。
  41. ^ Woody Harrelson Signs On For Young Han Solo Film”. StarWars.com (2017年1月11日). 2017年1月30日閲覧。
  42. ^ Bradley, Laura (2017年1月23日). “Everything You Need to Know About Woody Harrelson's Star Wars Role”. Vanity Fair. 2017年2月10日閲覧。
  43. ^ Zuckerman, Esther (2017年1月23日). “Woody Harrelson is likely playing Garris Shrike in the Han Solo movie”. The A.V. Club. 2017年2月10日閲覧。
  44. ^ Khosla, Proma (2017年3月23日). “Woody Harrelson reveals his Star Wars character name”. Mashable. 2017年3月23日閲覧。
  45. ^ Kroll, Justin (2017年2月8日). “Star Wars: Fleabag Star Eyed for Key Role in 'Han Solo' Spinoff”. Variety. 2017年2月9日閲覧。
  46. ^ Kroll, Justin (2017年2月10日). “Thandie Newton In Talks for Han Solo Movie”. Variety. 2017年2月10日閲覧。
  47. ^ Galuppo, Mia (2017年3月3日). “Han Solo Spinoff Movie Casts Michael K. Williams”. The Hollywood Reporter. 2017年3月3日閲覧。
  48. ^ Michael Kennth Williams joins young Han Solo film”. StarWars.com (2017年3月6日). 2017年3月6日閲覧。
  49. ^ a b Blyth, Antonia (2017年8月22日). “Michael K. Williams' Rome Cut from 'Star Wars' Han Solo Film Amid Reshoots”. Deadline.com. 2017年8月22日閲覧。
  50. ^ Parker, Ryan (2017年7月26日). “'Star Wars': Warwick Davis Joins Han Solo Film”. The Hollywood Reporter. 2017年7月27日閲覧。
  51. ^ McMillian, Graeme (2017年1月30日). “Han Solo Spinoff Director Starts Movie With Greedo Shoutout”. The Hollywood Reporter. 2017年1月30日閲覧。
  52. ^ Raup, Jordan (2016年9月22日). “Emmanuel Lubezki Reteams With Alfonso Cuarón; Bradford Young to Shoot Han Solo Film”. The Film Stage. 2017年1月30日閲覧。
  53. ^ 『スター・ウォーズ』スピンオフ『ハン・ソロ』監督降板の真相 ─ 撮影初日から衝突か、どうなる若手監督起用計画”. Nerdist (2017年6月22日). 2018年1月17日閲覧。
  54. ^ Burlingame, Russ (2017年6月22日). “Ron Howard Comments on Taking Over The Han Solo Movie”. Comicbook.com. 2017年6月23日閲覧。
  55. ^ Masters, Kim (2017年6月26日). “'Star Wars' Firing Reveals a Disturbance in the Franchise”. The Hollywood Reporter. 2017年6月26日閲覧。
  56. ^ Hall, Jacob (2017年9月1日). “The Han Solo Spin-Off Adds Paul Bettany to Replace Michael K. Williams”. /Film. 2017年9月2日閲覧。
  57. ^ http://variety.com/2018/film/features/solo-a-star-wars-story-directors-reshoots-ron-howard-1202817841/
  58. ^ https://heroichollywood.com/star-wars-solo-ron-howard-reshoots/
  59. ^ https://www.rottentomatoes.com/m/solo_a_star_wars_story/
  60. ^ https://www.businessinsider.jp/post-167585
  61. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000001-rorock-musi
  62. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29HQC_Z20C18A5000000/
  63. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-35119845-cnn-int
  64. ^ https://theriver.jp/solo-box-office-2/
  65. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000004-ignjapan-movi
  66. ^ https://theriver.jp/solo-china-title/

外部リンク[編集]