ラブ IN ニューヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラブ IN ニューヨーク
Night Shift
監督 ロン・ハワード
脚本 ローウェル・ガンツ
ババルー・マンデル
製作 ブライアン・グレイザー
製作総指揮 ドン・クランズ
出演者 ヘンリー・ウィンクラー
マイケル・キートン
シェリー・ロング
音楽 バート・バカラック
主題歌 ロッド・スチュワート「That's What Friends Are For」
撮影 ジェームズ・スレーブ
編集 ロバート・J・カーン・ジュニア
ダニエル・P・ハンリー
マイケル・ヒル
製作会社 ザ・ラッド・カンパニー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年6月30日
日本の旗 1983年11月19日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $21,095,638[1]
前作 バニシングIN TURBO
次作 スプラッシュ
テンプレートを表示

ラブ IN ニューヨーク』(らぶ・いん・にゅーよーく、: Night Shift)は1982年コメディ映画で、ロン・ハワードの初期監督作品のうちの一つである。

本作品ではハワードが俳優時代のTV出演作「ハッピーデイズ」の共演者ヘンリー・ウィンクラーを主演に招き、マイケル・キートンシェリー・ロングが共演。(ロン・ハワード映画にいつも出演している)クリント・ハワードも顔を見せている他、ケヴィン・コスナーが「Frat Boy #1」として短いシーンに登場し、後に「ビバヒル」に主演するシャナン・ドハーティー、翌年にPV「スリラー」でマイケル・ジャクソンを共演するオーラ・レイらが登場し、そしてヴィンセント・スキャヴェリがウィンクラーの演じる登場人物にサンドイッチを配達する人物を演じている。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

音楽はバート・バカラックが作曲し、挿入歌の作詞は当時の夫人キャロル・ベイヤー・セイガーが担当したのも話題となり、サントラLP盤も注目を集めたが、未CD化。

シングル・カットされたオーニング・テーマは、デビュー曲で注目された「ミスティ・ハート」をクォーターフラッシュが担当し、スマッシュ・ヒットなった。この歌ではバンド・リーダーのマーブ・ロスが作曲に参加。この歌は、97年リリースのベスト盤に収録され初CD化。

エンディング・テーマ「That's What Friends Are For」はロッド・スチュワートがしっとりと歌いあげ、感動的に締めくくったが、特にシングル化されずファンの間で密かに親しまれていた。この曲は後にロッドのベスト盤「Encore: The Very Best of - Vol. 2」に収録された。

なおこの歌は、1985年に、ディオンヌ&フレンズディオンヌ・ワーウィックグラディス・ナイトエルトン・ジョンスティーヴィー・ワンダー)がシングル「愛のハーモニー」としてカヴァーし、86年1月にはビルボード・トップ100に4週間1位となる大ヒットを記録。87年グラミー賞年間最優秀楽曲賞を受賞した。

出典[編集]

  1. ^ Night Shift (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年8月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]