バックドラフト (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バックドラフト
Backdraft
監督 ロン・ハワード
脚本 グレゴリー・ワイデン
製作 ペン・デンシャム
リチャード・バートン・ルイス
ジョン・ワトソン
製作総指揮 ブライアン・グレイザー
ラファエラ・デ・ラウレンティス
出演者 カート・ラッセル
ウィリアム・ボールドウィン
スコット・グレン
ジェニファー・ジェイソン・リー
レベッカ・デモーネイ
J・T・ウォルシュ
ドナルド・サザーランド
ロバート・デ・ニーロ
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ミカエル・サロモン
編集 ダニエル・P・ハンリー
マイク・ヒル
製作会社 イマジン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年5月24日
日本の旗 1991年7月6日
上映時間 137分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $152,368,585[1]
配給収入 日本の旗 12億円[2]
次作 バックドラフト2/ファイア・チェイサー
テンプレートを表示

バックドラフト』(Backdraft)は、1991年公開のアメリカ映画。消防士の兄弟を主役に、火災現場での活躍と葛藤、謎の放火犯の正体を追うスリラー。監督はロン・ハワード、主演にカート・ラッセルウィリアム・ボールドウィン、また主要人物としてロバート・デ・ニーロドナルド・サザーランドスコット・グレンが出演する。火災現場の視覚効果をインダストリアル・ライト&マジックが務めた。

タイトルのバックドラフト(バックドラフト現象)とは火災現場において、特定条件下で爆発が起こる現象のことでストーリー上にも重要な用語として登場する。

あらすじ[編集]

1971年。幼いブライアン少年はシカゴ消防局の第17分署に務める消防士の父デニス・マカフリーの出動に同行するが、父はその目の前で部下アドコックスを庇って殉職する。

現在。ブライアンは父に憧れ一度は消防士を志すものの父の死のトラウマから炎を恐れて消防学校を中退、職を転々とした後、再び消防士を志し、ついに学校を卒業した。ブライアンの兄スティーブンもまた父に憧れて消防士の道を進み、父と同じ第17分署に隊長として務め活躍していた。スティーブンは弟を快く招くように振る舞い、自らの第17分署へ配属させるが、消防士としてエリートである兄と落ちこぼれの弟には確執があった。しかしやがてブライアンは、完璧に見える兄にも悩みがあることを知る。スティーブンはその強情な性格によって妻子と別居状態で父のオンボロ船に寝泊まりしており、また消防士としても強引なやり方が出世を妨げていた。そんな兄弟たちを、今や最年長の消防士であるアドコックスが時に助言しながら見守る。

この頃、シカゴでは爆発的に火が回るバックドラフトによって死人が出る火災が起こっていた。元消防士でベテランの火災調査官であるドナルド・リムゲイルは、これが巧妙な放火事件であると見抜く。有力市議会議員で、予算合理化の一貫として消防署や消防士の削減を進めるスウェイザクは何故か事件捜査の進捗を気にしており、慎重なリムゲイルに痺れを切らし、リムゲイルに助手を宛がおうと考える。スウェイザクの秘書のジェニファーはブライアンの元恋人であり、ブライアンの出世になればと推薦するが、ブライアンは検討もせずスウェイザクの勧誘を断る。兄のイジメにも等しいシゴキにも耐え、消防士としての日々を重ねるブライアンであったが、しかしある日の現場で兄との消防士としての決定的な差を痛感した敗北感から、消防士を辞め調査官への転属する。デニスのこともよく知るというリムゲイルは、ブライアンに厳しさを見せつつ、連続放火犯で現在は囚人の身であるロナルド・バーテルに引き合わせ、放火犯の異常な心理を教え込む。

再びバックドラフトによる死人が出た火災が発生し、リムゲイルとブライアンは現場を調査する。リムゲイルは現場検証から、これが先の放火事件と同一人物によるものだと見抜くが、しかし、通常の放火事件とは異なる不自然さを感じ取る。そんな折に今度は高層ビルでの火災が発生する。第17分署のメンバーが現場に到着するが、応援を待つべきというアドコックスの忠告を無視したスティーブンは、ブライアンと同期の新人消防隊員ティムと火災現場に突入した結果、ティムが経験不足からバックドラフトを起こして重度の火傷を負う。スティーブンは責任を感じるも、部下やブライアンからの冷たい反応に思わず反発してしまう。

高層ビルの火災も例の放火犯の仕業であり犠牲者が出ていた。リムゲイルは特定の標的を狙った事件と推測し、やがて表面的には接点が見えなかった被害者たちが、とある不動産開発会社で繋がっていること、またスウェイザクも関わっていたことを悟る。ジェニファーに頼み込み、スウェイザクのオフィスから資料を盗ませたブライアンは、リムゲイルと共にスウェイザク達が消防署の削減によって空いた土地を利用した多額の不動産利益を得る陰謀を企てていたことを知る。スウェイザク宅に急行するも犯人と鉢合わせになり、スウェイザク本人は死なせずに済むが、犯人を取り逃し、リムゲイルは入院が必要な重傷を負う。

不在のリムゲイルに代わってブライアンはバーテルに協力を求め、彼の示唆により犯人が消防士であることを知る。さらに放火に使用された薬剤から兄スティーブンが犯人であると疑う。しかしスウェイザク邸での犯人との格闘時に犯人に負わせた傷跡から、ブライアンはアドコックスが真犯人であると気づき、スティーブンも弟との会話から真相に気づく。アドコックスもまた二人に悟られたことに気がつくが、その時、化学工場の火災の通報が入る。一足遅れて現場に駆けつけたブライアンは、今にも足場が崩れそうな屋上で激しく口論するスティーブンとアドコックスを見つける。アドコックスは犯行を認めた上で、不当な利益のために現場の消防士たちが危険に晒され、殉職者が出ていることが許せなかったと言い、スティーブンに理解を求める。一方、ブライアンは消防士としてアドコックスを責め、上司として責任を取らせるようにスティーブンに迫る。

工場の崩壊が始まり3人は逃げ遅れてしまう。アドコックスは犯行を隠そうと、大規模火災に乗じて2人に襲い掛かるが、良心には逆らえずスティーブンを前に諦める。更に足場が崩壊し、スティーブンとアドコックスは転落してしまう。アドコックスは死亡し、スティーブンは重傷を負って身動きができない中、ブライアンは炎の恐怖を克服し、兄を助け出す。しかし、既に手遅れだったスティーブンは死に際に、消防士の権威を守るためアドコックスの件を秘密にするよう頼み、また、弟を勇敢な消防士として認めて息を引き取る。

後日、ブライアンは約束を守って真相が明かされることはなく、殉職したスティーブンとアドコックスの葬儀が市を挙げて盛大に行われる。そしてブライアンはリムゲイルと共にスウェイザクの不正を告発し、彼を失脚させる。ブライアンは再び消防士として復帰し、同僚たちから信頼され、また、かつてのスティーブンやアドコックスの様に初めての現場に不安を覚える新米消防士を激励するのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ テレビ朝日
スティーブン・マカフレイ / デニス・マカフレイ カート・ラッセル 石丸博也 谷口節 山路和弘
ブライアン・マカフレイ ウィリアム・ボールドウィン 関俊彦 堀内賢雄 井上和彦
ドナルド・リムゲイル ロバート・デ・ニーロ 小林清志 羽佐間道夫 小川真司
ロナルド・バーテル ドナルド・サザーランド 池田勝 富田耕生 宮部昭夫
ジェニファー・ヴァイトクス ジェニファー・ジェイソン・リー 井上喜久子 鈴鹿千春 藤井佳代子
ジョン・アドコックス スコット・グレン 納谷六朗 青野武 田中信夫
ヘレン・マカフレイ レベッカ・デモーネイ 深見梨加 高島雅羅 岡本茉利
ティム・クリズミンスキー ジェイソン・ゲドリック 高宮俊介 成田剣 宮本充
マーティン・スウェイザック J・T・ウォルシュ 宮田光 仁内建之 仲野裕
グリンドル セドリック・ヤング 亀井三郎 島香裕 秋元羊介
レイ・サントス ファン・ラミレス 牛山茂 大滝進矢 牛山茂
ナイチンゲール ケヴィン・ケイシー 稲葉実 中田和宏 田中正彦
シュミット ジャック・マクギー 安西正弘 増岡弘 嶋崎伸夫
ペンジェリー マーク・ウィーラー 大山高男 西村知道 有本欽隆
ワシントン リチャード・レキシー 梅津秀行 松本保典 後藤哲夫
病理医 クリント・ハワード 稲葉実 登場シーンカット
看護婦 イルマ・P・ホール
役不明又はその他 さとうあい
秋元千賀子
折笠愛
鈴木れい子
麻丘夏未
高乃麗
幹本雄之
喜多川拓郎
広瀬正志
小野英昭
高宮俊介
亀井芳子
沢海陽子
斎藤志郎
佐々木敏
咲野俊介
矢野陽子
加瀬康之
紗ゆり
市村浩佑
植田真介
演出 小林守夫 岡本知 壷井正
翻訳 岩佐幸子 鈴木導 平田勝茂
調整 高橋久義 飯塚秀保
効果 VOX
担当
プロデューサー 圓井一夫
制作 東北新社 グロービジョン
初回放送 1995年4月8日
ゴールデン洋画劇場
1996年5月5日
日曜洋画劇場

地上波放送履歴[編集]

回数 テレビ局 番組名 放送日 吹替版
初回 フジテレビ ゴールデン洋画劇場 1995年4月8日 フジテレビ版
2回目 テレビ朝日 日曜洋画劇場 1996年5月5日 テレビ朝日版
3回目 フジテレビ ゴールデン洋画劇場 1997年12月6日 フジテレビ版
4回目 テレビ東京 木曜洋画劇場 2001年3月29日 テレビ朝日版
5回目 午後のロードショー 2006年1月11日
6回目 2020年9月15日予定 ソフト版

逸話[編集]

  • ウィリアム・ボールドウィンはこの映画の出演が決定する前は『テルマ&ルイーズ』に出演するはずだったが、この映画の出演が急遽決定した為、降板している。『テルマ&ルイーズ』でウィリアムが演じるはずだった役柄を演じたのがブラッド・ピットである[3]
  • スウェイザクが船上のパーティーで初めて会う客に知り合いを装って挨拶しながら「あれは誰だ」と秘書のジェニファーに訊ね、ジェニファーが応えたのは「ラリー・デュウェイ」。本作のプロデューサーの名前である。

アトラクション[編集]

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのサンフランシスコ・エリアにある同作に基づいたアトラクション。1992年から2010年まではユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにも存在していた。

脚注[編集]

  1. ^ Backdraft (1991)” (英語). Box Office Mojo. 2010年12月17日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)504頁
  3. ^ 2007年8月号日経エンタテインメント!」(日経BP社)の連載「負け組ハリウッドの肖像」

関連項目[編集]

  • 料理の鉄人 - ハンス・ジマーが作曲したこの映画のスコアが、テーマ曲ほか番組中のBGMとして使用された。
  • くにまるワイド ごぜんさま〜 - 10時5分ごろからの「邦丸隊長応答せよ!」の水曜日「日本の匠」のオープニング曲として、「料理の鉄人」のオープニングに使われたものと同一の曲が使用されている。

外部リンク[編集]