ビューティフル・マインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビューティフル・マインド
A Beautiful Mind
監督 ロン・ハワード
脚本 アキヴァ・ゴールズマン
原作 シルヴィア・ネイサー
製作 ブライアン・グレイザー
ロン・ハワード
製作総指揮 カレン・ケーラ
トッド・ハロウェル
出演者 ラッセル・クロウ
エド・ハリス
ジェニファー・コネリー
ポール・ベタニー
アダム・ゴールドバーグ
ジャド・ハーシュ
ジョシュ・ルーカス
アンソニー・ラップ
クリストファー・プラマー
音楽 ジェームズ・ホーナー
主題歌 シャルロット・チャーチ
「オール・ラヴ・キャン・ビー 〜 奇跡の愛」
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 マイク・ヒル
ダニエル・P・ハンレイ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニヴァーサル映画/ドリームワークス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年12月21日
日本の旗 2002年3月30日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $58,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $313,542,341[1]
テンプレートを表示

ビューティフル・マインド』(A Beautiful Mind)は、2001年アメリカ合衆国伝記映画。監督はロン・ハワード、出演はラッセル・クロウジェニファー・コネリーなど。ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者ジョン・ナッシュの半生を描く物語。第74回アカデミー賞では作品賞監督賞助演女優賞脚色賞を受賞し、第59回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)脚本賞主演男優賞助演女優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

1947年ジョン・ナッシュプリンストン大学院の数学科に入学する。彼は「この世の全てを支配できる理論を見つけ出したい」という願いを果たすため、一人研究に没頭していくのだった。そんな彼の研究はついに実を結び、「ゲーム理論」という画期的な理論を発見する。 

やがて、その類いまれな頭脳を認められたジョンは、MITのウィーラー研究所と言われる軍事施設に採用され、愛する女性アリシアと結婚する。政府組織は敵国であるロシアの通信暗号解読を彼に強要し、その極秘任務の重圧に彼の精神は次第に追い詰められていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

実話との相違点[編集]

本作は高い評価を受けたが、史実と映画の間には違いがあり、これに関してはさまざまな指摘や批判がある。映画ではナッシュは大学院の頃から統合失調症の幻覚に悩まされていたように描かれているが、実際にはその数年後になるまでそうした経験はしていなかった。伝記には描写があるが、映画ではナッシュがRAND(ランド研究所)で同性愛関係を持ったことは描かれていない[2][3]。ナッシュ夫妻はともにナッシュが同性愛関係を持っていたことを認めていない[4]。ナッシュは看護師の女性との間に子どもをもうけているが、妊娠がわかった際にこの恋人を捨てており、これについても映画では描かれていない[5]。10年間にわたり入退院を繰り返す間、妻アリシアが献身的に支えることになっているが、実際は63年に離婚している。1970年に、ナッシュは最後の入院から退院すると、元妻アリシアの住居に間借人として住んだ。1990年代には元の関係を取り戻し、2001年に本人同士で再婚した[3]。なお、2015年に夫妻が乗っていたタクシーが事故を起こし、その場で2人の死亡が確認された[6]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「演技が優れている『ビューティフル・マインド』は感動的なラブストーリーであるとともに精神疾患に対する見方を啓発するものである。」であり、213件の評論のうち高評価は74%にあたる158件で、平均点は10点満点中7.2点となっている[7]Metacriticによれば、33件の評論のうち、高評価は22件、賛否混在は9件、低評価は2件で、平均点は100点満点中72点となっている[8]

受賞歴[編集]

部門 対象 結果
第74回アカデミー賞 作品賞 受賞
監督賞 ロン・ハワード
脚色賞 アキヴァ・ゴールズマン
主演男優賞 ラッセル・クロウ ノミネート
助演女優賞 ジェニファー・コネリー 受賞
作曲賞 ジェームズ・ホーナー ノミネート
メイクアップ賞 グレッグ・キャノム
コリーン・キャラハン英語版
編集賞 マイク・ヒル
ダニエル・P・ハンリー
第59回ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門) 受賞
監督賞 ロン・ハワード ノミネート
脚本賞 アキヴァ・ゴールズマン 受賞
主演男優賞 ラッセル・クロウ
助演女優賞 ジェニファー・コネリー
作曲賞 ジェームズ・ホーナー ノミネート
第55回英国アカデミー賞英語版 作品賞 ノミネート
監督賞 ロン・ハワード
脚色賞 アキヴァ・ゴールズマン
主演男優賞 ラッセル・クロウ 受賞
助演女優賞 ジェニファー・コネリー
デヴィッド・リーン監督賞 ロン・ハワード ノミネート
第8回全米映画俳優組合賞 キャスト賞 ノミネート
主演男優賞 ラッセル・クロウ 受賞
主演女優賞 ジェニファー・コネリー ノミネート

出典[編集]

  1. ^ a b A Beautiful Mind (2001)”. Box Office Mojo. 2010年10月13日閲覧。
  2. ^ A Real Number”. Slate Magazine. 2007年8月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月16日閲覧。
  3. ^ a b Nasar, Sylvia (1998). A Beautiful Mind: A Biography of John Forbes Nash, Jr.. Simon & Schuster. ISBN 0-684-81906-6 
  4. ^ “Nash: Film No Whitewash”. CBS News: 60 Minutes. (2002年3月14日). オリジナルの2007年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070807214305/http://www.cbsnews.com/stories/2002/03/14/60minutes/main503731.shtml 2007年8月16日閲覧。 
  5. ^ Goldstein, Scott (2005年4月10日). “Eleanor Stier, 84”. The Boston Globe. http://archive.boston.com/news/globe/obituaries/articles/2005/04/10/eleanor_stier_84_brookline_nurse_had_son_with_nobel_laureate_mathematician_john_f_nash_jr/ 2007年12月5日閲覧。 
  6. ^ “米数学者のジョン・ナッシュさんが交通事故死、半生映画化も”. CNN. (2015年5月25日). https://www.cnn.co.jp/usa/35064951.html 2021年4月20日閲覧。 
  7. ^ A Beautiful Mind (2001)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年4月20日閲覧。
  8. ^ A Beautiful Mind Reviews” (英語). Metacritic. 2021年4月20日閲覧。

外部リンク[編集]