巴里のアメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巴里のアメリカ人
An American In Paris
Georges Guetary and Gene Kelly.jpg
左からジョルジュ・ゲタリ、オスカー・レヴァント、ジーン・ケリー
監督 ヴィンセント・ミネリ
脚本 アラン・ジェイ・ラーナー
製作 アーサー・フリード
出演者 ジーン・ケリー
レスリー・キャロン
ジョルジュ・ゲタリ英語版
音楽 ジョージ・ガーシュウィン
撮影 アルフレッド・ギルクス英語版, A.S.C.
ジョン・アルトン英語版, A.S.C. (バレエ・シーン)
編集 エイドリアン・フェイザン英語版
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年11月11日
日本の旗 1952年5月2日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 可愛い配当英語版
次作 悪人と美女
テンプレートを表示

巴里のアメリカ人』(パリのアメリカじん、英語: An American In Paris)は、1951年アメリカ映画で、ミュージカル映画である。

概要[編集]

主演はジーン・ケリーレスリー・キャロンで、監督はヴィンセント・ミネリ、製作・配給はメトロ・ゴールドウィン・メイヤーパリを舞台として、アメリカ人の画家とフランス人の女性の恋を描く。『雨に唄えば』とともに、ジーン・ケリーが主演するミュージカル映画の傑作とされ、その後アメリカ国立フィルム登録簿に保存されている。

映画で使われる音楽はすべてジョージ・ガーシュウィンの作曲、その兄アイラ・ガーシュウィンに作詞よるもの。「アイ・ガット・リズム」「ス・ワンダフル」「わが愛はここに英語版」(以上ジェリーの歌とダンス)、「天国への階段 (ガーシュウィン)英語版」(アンリのソロ)などのナンバーが唄われる。また、アダムの夢想シーンでピアノ協奏曲ヘ調の演奏される。クライマックスには、ケリーとキャロンがガーシュウィンの楽曲『パリのアメリカ人』をバックに踊る18分間のダンスシーンが圧巻である。

なお、2005年にはバレエ版「An American in Paris」が上演された。

また、2014年12月にはパリシャトレ座の委託でミュージカル版「An American in Paris」が、クリストファー・ウィールドン英語版振付・演出で初演され、2015年3月にはブロードウェイ公演もスタートして絶賛され、トニー賞12部門候補となり5部門を受賞した。大晦日のパーティで終わる内容にふさわしく2017年元旦にクローズするが、その後はロンドンに移り、ウェストエンド公演をスタートする。

あらすじ[編集]

ジェリーはパリで画家として生計を立てようとしているアメリカ人。

ジェリーと同じアパートに住む友人のアダムはピアニストで、有名な歌手アンリの知り合いである。

金持ちのミロは若い芸術家を援助するのが趣味で、ジェリーのスポンサーになろうとするが、ジェリーは酒場で見かけたリズに恋してしまう。

ジェリーとリズは恋仲になるが、アンリはリズと結婚しようとしていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

ノミネート[編集]

日本語吹替[編集]

パブリックドメインDVD版

外部リンク[編集]