ラッセル・クロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッセル・クロウ
Russell Crowe
Russell Crowe
2012年
本名 Russell Ira Crowe
生年月日 1964年4月7日(50歳)
出生地 ニュージーランドの旗 ニュージーランドウェリントン
職業 俳優
活動期間 1972年 -
配偶者 ダニエラ・スペンサー(2003年 - )
主な作品
L.A.コンフィデンシャル
グラディエーター
ビューティフル・マインド
アメリカン・ギャングスター
レ・ミゼラブル

ラッセル・アイラ・クロウRussell Ira Crowe, 1964年4月7日 - )は、ニュージーランド出身の俳優

生い立ち[編集]

ニュージーランドウェリントン出身。ノルウェーアイルランドスコットランドウェールズの血を引く[1]。両親が映画の撮影現場のケータリング業を営んでおり[2]、4歳の時にオーストラリアに移住。6歳の時にドラマに出演するチャンスを掴み、何本かのオーストラリアのテレビに出演。

14歳の時にニュージーランドに戻り、オークランド・グラマー・スクールに進学するが、中退。ロックバンドに参加しシングルを出す。21歳の時に再びオーストラリアに移る。

キャリア[編集]

1990年に『ザ・クロッシング』で本格的に映画デビュー(映画初主演作品でもある)。1995年に『クイック&デッド』でハリウッドにも進出、以来、非常に多彩な役をこなせる俳優として注目されている。また、『逃走遊技 NO WAY BACK』では豊川悦司と共演している。

2000年公開の『グラディエーター』でアカデミー主演男優賞を受賞。翌年公開の『ビューティフル・マインド』でゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)を受賞。

オーストラリアのロックバンド「30 Odd Foot Of Grunts」のリードシンガー、ギターリストでもある。1992年より活動しているバンドは商業的に成功を収めたわけではないが、これまで三枚のアルバムを出している。ナショナル・ラグビー・リーグのサウス・シドニー・ラビッツのオーナーでもある。2001年8月に30 Odd Foot Of Gruntsはテキサス州知事リック・ペリーの娘を祝うチャリティー・コンサートを開催した。クロウとペリー知事はアルバム『バスタード・ライフ・オア・クラリティー』のレコーディングをきっかけに知り合ったという。また、同州オースティン市の市長は、8月11日を「30 Odd Foot Of Gruntsの日」にすると宣言しており、さらに、クロウをテキサス州の名誉市民にすることも宣言した[3]2010年4月12日にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームを授与。

2000年代は、『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、『アメリカン・ギャングスター』、『ワールド・オブ・ライズ』、『ロビン・フッド』と、リドリー・スコット監督作品への出演が多い。

人物・私生活[編集]

アメリカで成功した俳優の1人でありながら、私生活では短気と粗暴な振る舞いから問題が絶えないことで有名である。

映画『プルーフ・オブ・ライフ』で共演したメグ・ライアンと不倫関係になり、メグ・ライアンの元夫デニス・クエイドからは「ラッセルは俳優として尊敬できるが、人間としてはクズだ」と激しく非難されている。メグ・ライアンは2001年離婚するが、お互いに関係を解消している。

2003年に女優ダニエル・スペンサーと結婚するも、仕事によるアメリカの長期別居生活などの事情により2012年10月に離婚した[4]。二人には現在、二人の息子(チャールズ、テニソン)がいる。

2005年6月6日、滞在中のニューヨークマンハッタンのホテル(マーサー・ホテル)で、オーストラリアの家族と国際電話での連絡がつかない事から従業員と口論の末、電話機を投げつけ、暴行容疑で逮捕された[5]。彼のスポークスマンの弁によれば、電話機は壁にぶつけたもので、従業員を傷つけていないとのことである。

2006年9月に亡くなったスティーブ・アーウィンの親友であった。

2010年5月、主演した『ロビン・フッド』に関して、BBCラジオ4の番組ジャーナリスト、マーク・ローソンが、ラッセル扮するロビンフッドを評して「休暇でよくオーストラリアに行くアイルランド人のよう」と発言。そして「あなたのロビンフッドの口調には、かすかにアイルランドの訛りがありますが、どういう考えがあってのことですか?」と質問したところ、「あんたの耳は死んでるんじゃないか?あれがアイルランド訛りに聞こえたっていうなら、あんたの耳は相当おかしなことになってるよ」と訛りを強調したことから田舎者呼ばわりされたようで腹をたて一喝、その後、ローソンが慌ててフォローするも怒りは収まらず、放送禁止用語を吐きながらスタジオを出ていってしまった[6]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1990 アンボンで何が裁かれたか
Blood Oath
Lt. ジャック・コーベット
ザ・クロッシング
The Crossing
ジョニー・ライアン オーストラリア映画協会賞主演男優賞ノミネート
1991 プルーフ
Proof
アンディ オーストラリア映画協会賞助演男優賞受賞
1992 スポッツウッド・クラブ
Spotswood
キム・バレット
ハーケンクロイツ・ネオナチの刻印
Romper Stomper
ハンド オーストラリア映画協会賞主演男優賞受賞
1993 ハマーアウト
Hammers Over the Anvil
イースト・ドリスコール
伝説の白い馬
The Silver Brumby
男(イーガン)
ザ・パイロット
For the Moment
ラクラン・キュリー
1994 人生は上々だ!
The Sum of Us
ジェフ・ミッチェル
1995 クイック&デッド
The Quick and the Dead
コート
逃走遊技 NO WAY BACK
No Way Back
FBIエージェント ザック・グラント
バーチュオシティ
Virtuosity
SID 6.7
ラフマジック
Rough Magic
アレックス・ロス
1997 L.A.コンフィデンシャル
L.A. Confidential
バド・ホワイト
ヘヴンズ・バーニング
Heaven's Burning
コリン・オブライエン
ターニング・ラブ
Breaking Up
スティーヴ
1999 ミステリー、アラスカ
Mystery, Alaska
ジョン・ビービィ
インサイダー
The Insider
ジェフリー・ワイガンド アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
2000 グラディエーター
Gladiator
マキシマス・アエリウス・メリディウス アカデミー主演男優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
プルーフ・オブ・ライフ
Proof of Life
テリー・ソーン
2001 ビューティフル・マインド
A Beautiful Mind
ジョン・ナッシュ ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)受賞
英国アカデミー賞 主演男優賞受賞
アカデミー主演男優賞ノミネート
2003 マスター・アンド・コマンダー
Master and Commander: The Far Side of the World
ジャック・オーブリー艦長 ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
2005 シンデレラマン
Cinderella Man
ジェームス・J・ブラドック ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
2006 プロヴァンスの贈りもの
A Good Year
マックス・スキナー
2007 3時10分、決断のとき
3:10 to Yuma
ベン・ウェイド
アメリカン・ギャングスター
American Gangster
リッチー・ロバーツ
2008 ワールド・オブ・ライズ
Body of Lies
エド・ホフマン
チェイシング/追跡
Tenderness
2009 消されたヘッドライン
State of Play
カル・マカフリー
2010 ロビン・フッド
Robin Hood
ロビン・フッド
スリーデイズ
The Next Three Days
ジョン・ブレナン
2012 アイアン・フィスト
The Man with the Iron Fists
ジャック・ナイフ
レ・ミゼラブル
Les Misérables
ジャベール
2013 ブロークンシティ
Broken City
ニコラス・ホステラー
マン・オブ・スティール
Man of steel
ジョー=エル
2014 ノア 約束の舟
Noah
ノア
ニューヨーク冬物語
Winter's Tale
パーリー・ソームズ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]