ある少年の告白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ある少年の告白
Boy Erased
監督 ジョエル・エドガートン
脚本 ジョエル・エドガートン
原作 ガラルド・コンリー英語版
Boy Erased: A Memoir
製作 ジョエル・エドガートン
スティーヴ・ゴリン
ケリー・コハンスキー・ロバーツ英語版
出演者 ルーカス・ヘッジズ
ニコール・キッドマン
ラッセル・クロウ
音楽 ダニー・ベンシ
ソーンダー・ジュリアーンズ
主題歌 『Revelation』
(トロイ・シヴァン)
撮影 エドゥアルド・グラウ
編集 ジェイ・ラビノウィッツ英語版
製作会社 パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ
アノニマス・コンテント英語版
ブルータン・フィルムズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 ビターズ・エンド,パルコ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年9月1日(Telluride)
アメリカ合衆国の旗 2018年11月2日
日本の旗 2019年4月19日
上映時間 115分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 $11,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $11,862,650[2]
テンプレートを表示

ある少年の告白』(あるしょうねんのこくはく、Boy Erased)は、2018年アメリカ合衆国青春映画。監督はジョエル・エドガートン、出演はルーカス・ヘッジズニコール・キッドマンラッセル・クロウなど。 実際に存在する、同性愛者の少年少女を「矯正」させる「救済プログラム」を題材に、ゲイの少年と信心深いキリスト教徒の両親の衝突と苦悩を描いた社会派ドラマである[3]。 原作はガラルド・コンリー英語版回顧録Boy Erased: A Memoir』。

ストーリー[編集]

小さな町でバプティストとして育った19歳の青年ジャレッド・エモンズ[4]ゲイであることで両親と衝突し、家から出されてしまう。そこで、教会が支持する同性愛者の転換プログラムに参加することを余儀なくされる。ジャレッドはプログラムのセラピストと再び衝突してしまう[5]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2017年6月8日、Netflixフォーカス・フィーチャーズアンナプルナ・ピクチャーズアマゾン・スタジオの4社でガラルド・コンリー英語版の『Boy Erased: A Memoir』をジョエル・エドガートン監督・脚本で映画化した作品の配給権争奪戦が開始した[7]。同年同月21日、Netflixとの熾烈な争奪戦を制し、フォーカス・フィーチャーズが配給権を獲得した[5]。同年8月、本作のキャストの大半が発表された[8]。同年9月、ジョー・アルウィンとマデリン・クラインがキャストに加わった[9][10]

撮影[編集]

主要な撮影は、2017年9月8日からアトランタジョージアで行われた[11][12]

プレス試写でエドガートンはこのように述べた。

ガラルドの話を映画化する上で、熟練した俳優たちと一緒に作業することに興奮を覚えています。私はフォーカス・フィーチャーズがこの映画の最高のパートナーだと思っています。ガラルドが私のストーリーへの情熱を信頼してくれたことに対して感謝しますが、私は撮影をやり直すより最善の方法は考えられません。[13]

前述のエドガートンの発言通り、2018年4月に再撮影が行われた[14][15][16]

公開[編集]

本作は、2018年9月1日のテルライド映画祭で世界初上映された[17][18]。2018年9月8日のトロント国際映画祭でも公開された後[19]、本作は、2018年9月28日にアメリカで公開される予定だったが[20]、2018年11月2日に延期された[21]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。Rotten Tomatoesでは262の批評家レビューのうち81%が支持評価を下し、平均評価は10点中6.9点、批評家の一致した見解は「脚本・監督・出演のジョエル・エドガートンによってがっちりと感情移入させられる『ある少年の告白』は、複雑で、力強く演じられたドラマへの道もまた善意で切り開けることを証明している。」となっている[22]MetacriticのMetascoreは48の批評家レビューに基づいて、100点中69点となった[23]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
全米メイキャップアーティスト・ヘアスタイリスト組合賞英語版[24] メイキャップ賞(コンテンポラリー) 『ある少年の告白』 ノミネート
ゴールデングローブ賞[25] 主演男優賞(ドラマ部門) ルーカス・ヘッジス ノミネート
主題歌賞 『Revelation』 ノミネート
放送映画批評家協会賞[26] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
オーストラリア映画協会賞[27] 作品賞 『ある少年の告白』 ノミネート
監督賞 ジョエル・エドガートン ノミネート
主演男優賞 ルーカス・ヘッジス ノミネート
助演男優賞 ラッセル・クロウ ノミネート
ジョエル・エドガートン ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
脚色賞 ジョエル・エドガートン 受賞
オーストラリア映画協会賞(国際部門)[28] 助演男優賞 ジョエル・エドガートン ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
オーストラリア映画批評家協会賞[28] 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
サテライト賞[29] 主演男優賞 ルーカス・ヘッジス ノミネート
助演男優賞 ラッセル・クロウ ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
歌曲賞 『Revelation』 ノミネート
ハリウッド映画賞[28] 功労賞 ニコール・キッドマン 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[28] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞[30] 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
ノースカロライナ映画批評家協会賞[28] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
ウエスタン・ニューヨーク映画批評家協会賞[28] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
ロサンゼルス・オンライン映画批評家協会賞[28] 主題歌賞 『Revelation』 ノミネート
オンライン女性映画批評家協会賞[28] 脚色賞 ジョエル・エドガートン ノミネート
大人のための映画賞[31] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
キャメリメージ国際映画祭[32] 監督賞 ジョエル・エドガートン ノミネート
シカゴ国際映画祭[33] 観客賞 『ある少年の告白』 ノミネート
サンディエゴ国際映画祭[34] 観客賞 『ある少年の告白』 受賞
ミルバレー国際映画祭[35] 観客賞 『ある少年の告白』 2nd Place
ハートランド国際映画祭[28] 観客賞 『ある少年の告白』 受賞
ヒューマニタス賞[36] 作品賞(ドラマ部門) 『ある少年の告白』 受賞
ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワード[37] 歌曲賞 『Revelation』 ノミネート

出典[編集]

  1. ^ ある少年の告白”. 映画.com. 2018年12月24日閲覧。
  2. ^ a b Boy Erased (2018) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2021年3月6日閲覧。
  3. ^ ある少年の告白”. WOWOW. 2021年3月6日閲覧。
  4. ^ Sinha-Roy, Piya (2018年5月21日). “How Joel Edgerton's new movie Boy Erased tackles gay conversion controversy” (英語). Entertainment Weekly. http://ew.com/movies/2018/05/21/boy-erased-joel-edgerton-gay-conversion-drama-photos/ 2018年7月19日閲覧。 
  5. ^ a b Fleming Jr, Mike (2017年6月21日). “Focus Lands Joel Edgerton's 'Boy Erased'; Lucas Hedges, Russell Crowe, Nicole Kidman Star” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/06/boy-erased-focus-features-joel-edgerton-lucas-hedges-russell-crowe-nicole-kidman-1202117734/ 2018年7月19日閲覧。 
  6. ^ a b c “トロイ・シヴァン、映画『ある少年の告白』にかける想いを語る「この映画で誰かの命が救われる」”. Billboard JAPAN (朝日新聞). (2019年3月8日). https://dot.asahi.com/billboardnews/2019030800091.html?page=1 2021年3月6日閲覧。 
  7. ^ Fleming Jr, Mike (2017年6月8日). “Joel Edgerton To Direct, Lucas Hedges To Star In Gay Deprogram Drama 'Boy Erased'” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/06/joel-edgerton-boy-erased-lucas-hedges-russell-crowe-nicole-kidman-garrard-conley-1202109703/ 2018年7月19日閲覧。 
  8. ^ N'Duka, Amanda (2017年8月30日). “Cherry Jones, Michael "Flea" Balzary Join Joel Edgerton's 'Boy Erased'” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/08/cherry-jones-michael-flea-balzary-joel-edgertons-boy-erased-1202158541/ 2017年9月8日閲覧。 
  9. ^ N'Duka, Amanda (2017年9月8日). “Camille Guaty Joins 'Nappily Ever After'; 'Boy Erased' Adds Madelyn Cline; Mark O'Brien Cast In 'How It Ends'” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/09/camille-guaty-nappily-ever-after-boy-erased-madelyn-cline-mark-obrien-how-it-ends-1202163009/ 2017年9月9日閲覧。 
  10. ^ Kroll, Justin (2017年9月8日). “'Billy Lynn' Star Joe Alwyn Joins Russell Crowe in 'Boy Erased,' Oscar Isaac in 'Operation Finale' (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/joe-alwyn-boy-erased-operation-finale-1202551922/ 2017年9月9日閲覧。 
  11. ^ “Joe Alwyn Joins the Cast of Joel Edgerton's Boy Erased” (英語). ComingSoon.net. (2017年9月8日). https://www.comingsoon.net/movies/news/886255-joe-alwyn-joins-the-cast-of-joel-edgertons-boy-erased 2017年9月9日閲覧。 
  12. ^ Kilday, Gregg (2017年6月21日). “Joel Edgerton to Write, Produce Coming-Out Drama 'Boy Erased'” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/joel-edgerston-directing-boy-erased-starring-lucas-hedges-nicole-kidman-russell-crowe-1015656 2018年9月12日閲覧。 
  13. ^ McNary, Dave (2017年6月21日). “Focus Features Buys Joel Edgerton's Drama 'Boy Erased'” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/focus-features-joel-edgerton-gay-deprogram-drama-boy-erased-1202474676/ 2018年7月19日閲覧。 
  14. ^ P.King, Kevin (2018年4月24日). “CL Casting BOY ERASED RESHOOT Seeking a few boys ages 18-35 Any Ethnicity Seeking people with cars 2004 or older” (英語). The Southern Casting Call. https://thesoutherncastingcall.com/2018/04/24/cl-casting-boy-erased-reshoot-seeking-a-few-boys-ages-18-35-any-ethnicity-seeking-people-with-cars-2004-or-older/ 2018年7月2日閲覧。 
  15. ^ “Nicole Kidman's "Boy Erased" Casting Re-Shoots” (英語). 2018castingcalls.com. http://2018castingcalls.com/nicole-kidmans-boy-erased-casting-re-shoots/ 2018年7月2日閲覧。 
  16. ^ Caldwell, Mary (2018年4月25日). “Now casting: Nicole Kidman film seeking men, older cars” (英語). AJC.com. https://www.ajc.com/news/world/now-casting-nicole-kidman-film-seeking-men-older-cars/bJBhjYrHjb2J4xFLoAXB9O/ 2018年7月2日閲覧。 
  17. ^ Tapley, Kristopher (2018年8月30日). “'First Man,' 'Front Runner' and 'Roma' Among 2018 Telluride Film Festival Selections” (英語). Variety. https://variety.com/2018/film/festivals/2018-telluride-film-festival-line-up-1202918919/ 2018年8月30日閲覧。 
  18. ^ Telluride Film Festival Program Guide” (英語). Telluride Film Festival. 2018年8月30日閲覧。
  19. ^ Boy Erased” (英語). Toronto International Film Festival. 2018年8月14日閲覧。
  20. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年9月27日). “'Mary, Queen Of Scots', 'Boy Erased' & 'The Little Stranger': Focus Features Dates Trio For Next Fall” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/09/margot-robbie-mary-queen-of-scots-boy-erased-the-little-stranger-focus-features-release-dates-1202178289/ 2017年9月27日閲覧。 
  21. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年7月2日). “Focus Features Changes Dates For 'Boy Erased' & 'On The Basis Of Sex' In The Fall-Holiday Window” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/07/focus-features-changes-dates-for-boy-erased-on-the-basis-of-sex-in-the-fall-holiday-window-1202420598/ 2018年7月2日閲覧。 
  22. ^ Boy Erased (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月6日閲覧。
  23. ^ Boy Erased Reviews” (英語). Metacritic. 2021年3月6日閲覧。
  24. ^ Rahman, Abid; Carras, Christi (2019年1月4日). “Casting Society of America Artios Awards Nominations: Full List” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/2019-casting-society-awards-nominations-full-list-1172269 2021年3月6日閲覧。 
  25. ^ Nominations Announced for the 76th Golden Globes” (英語). goldenglobes.com. Hollywood Foreign Press Association (2018年12月6日). 2018年12月15日閲覧。
  26. ^ Thompson, Anne (2018年12月). “‘The Favourite’ Nabs 14 Nominations from the Critics’ Choice Awards, Followed by ‘Black Panther’” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2018/12/critics-choice-awards-film-nominations-the-favourite-1202026801/ 2018年12月15日閲覧。 
  27. ^ AACTA AWARDS WINNERS & NOMINEES” (英語). Australian Film Institute (2018年9月). 2019年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g h i Boy Erased - Awards” (英語). IMDb. 2021年3月6日閲覧。
  29. ^ 2018 Nominees”. International Press Academy (2018年11月). 2018年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。
  30. ^ Stone, Sasha (2018年12月10日). “San Diego Critics Name Leave No Trace Picture, Director” (英語). Awardsdaily. https://www.awardsdaily.com/2018/12/10/san-diego-critics-name-leave-no-trace-picture-director/ 2021年3月6日閲覧。 
  31. ^ Pedersen, Erik (2019年1月3日). “AARP Movies For Grownups Nominations: ‘Green Book’ & ‘Roma’ Lead Field” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2019/01/aarp-movies-for-grownups-nominations-green-book-roma-star-is-born-1202528369/ 2021年3月6日閲覧。 
  32. ^ Boy Erased Directors’ Debuts Competition” (英語). Camerimage International Film Festival (2018年11月). 2018年12月1日閲覧。
  33. ^ Chicago International Film Festival (2018)” (英語). IMDb. 2018年12月1日閲覧。
  34. ^ AUDIENCE CHOICE BEST STUDIO PREMIERE Boy Erased” (英語). Instagram. San Diego Intl Film Festival (2018年10月19日). 2018年12月1日閲覧。
  35. ^ MVFF41 Overall Audience Favorite” (英語). Mill Valley Film Festival (2018年10月). 2018年12月1日閲覧。
  36. ^ Xu, Linda (2018年11月27日). “'Black Panther,' 'Boy Erased' and More Announced as 2019 Humanitas Prize Finalists” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/black-panther-boy-erased-more-announced-as-2019-humanitas-prize-finalists-1164190 2018年12月1日閲覧。 
  37. ^ Complete list of 2018 HMMA Music In Visual Media Nominations” (英語). Hollywood Music in Media Awards (2018年10月). 2019年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。

外部リンク[編集]