第76回ゴールデングローブ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第76回ゴールデングローブ賞は2018年の映画とテレビ番組を対象としており、ノミネーションは2018年12月6日に発表され、授賞式は2019年1月6日にカリフォルニア州ビバリーヒルズビバリーヒルトン・ホテル英語版で行われ、NBCが放送された[1]。授賞式はディック・クラーク・プロダクションズ英語版ハリウッド外国人映画記者協会と共同でプロデュースする。司会はサンドラ・オーアンディ・サムバーグが務める[2]

受賞とノミネート[編集]

映画[編集]

映画作品賞
ドラマ部門 ミュージカル・コメディ部門
映画演技賞(ドラマ部門)
主演男優賞 主演女優賞
映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門)
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
監督賞 脚本賞
作曲賞 主題歌賞
アニメ映画賞 外国語映画賞

テレビドラマ[編集]

テレビドラマ作品賞
ドラマ部門 ミュージカル・コメディ部門
テレビドラマ演技賞(ドラマ部門)
主演男優賞 主演女優賞
テレビドラマ演技賞(ミュージカル・コメディ部門)
主演男優賞 主演女優賞
テレビドラマ演技賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)
主演男優賞 主演女優賞
助演賞
助演男優賞 助演女優賞
ミニシリーズ・テレビ映画作品賞

複数の部門でのノミネート[編集]

映画[編集]

ノミネート数 映画
6 バイス
5 女王陛下のお気に入り
グリーンブック
アリー/ スター誕生
4 ブラック・クランズマン
メリー・ポピンズ リターンズ
3 ブラックパンサー
ビール・ストリートの恋人たち
ROMA/ローマ
2 ボヘミアン・ラプソディ
ある少年の告白
ある女流作家の罪と罰
クレイジー・リッチ!
ファースト・マン
犬ヶ島
プライベート・ウォー

テレビドラマ[編集]

ノミネート数 テレビドラマ
4 アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺
3 ジ・アメリカンズ
バリー
Homecoming
コミンスキー・メソッド
マーベラス・ミセス・メイゼル
KIZU -傷-
英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件
2 エイリアニスト
ボディガード -守るべきもの-
Escape at Dannemora
グッド・プレイス
ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
Kidding
キリング・イヴ/Killing Eve
POSE

出典[編集]

外部リンク[編集]