ハンドメイズ・テイル/侍女の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(The Handmaid's Tale)は1985年のマーガレット・アトウッドの小説『侍女の物語』に基づいて製作された、2017年に始まるアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズである。ストリーミングサービスHuluにより製作・配信されている。女性が"侍女"と呼ばれ性と生殖の奉仕を強制される近未来のディストピアを描く。

概要[編集]

シーズン1の最初の3話は2017年4月26日に配信開始され、残りの7話は週に1話ずつ配信された。2017年5月、シーズン2が製作されると発表され、2018年4月25日から配信された。

日本では、2018年2月28日にHuluでシーズン1が配信開始された。シーズン2は2018年8月29日から配信開始される予定である[1]

あらすじ[編集]

シーズン1のあらすじ[編集]

近未来、性感染症と環境汚染のために女性の不妊率は大幅に上昇し、出生率は異常に低下して社会の存続が危機にさらされる[2]。アメリカ合衆国では内戦が起き、全体主義的かつキリスト教再建主義的な勢力がクーデターを起こしてギレアド共和国を成立させる[3][4]。権力志向の強い指導者たちは軍国主義と身分主義に基づく社会を作りあげ、女性たちは職に就くことも財産所有も金銭授受も読書も禁じられる[4]。世界的な不妊危機に対処するため、聖書の極端な解釈により、数少ない妊娠可能な女性を強制徴募し"侍女"と呼んで専ら妊娠出産に奉仕させる[4]。侍女は、権力者の家に配属され、個人の名前を奪われ権力者の所有物としての名を付けられ、儀式的なレイプを受けて子をもうけるよう努めさせられる。 社会は身分制に縛られ、自由は制限され義務が強制される。侍女たちは赤い衣装を強制され、家事を行う"マーサ"たちは緑の衣装、"妻"たちは青の衣装を着る。"おば"は女性たちを訓練し、"目"は人々を監視し、"ハンター"は国を逃げようとする人々を狩り、"イゼベル"は娼婦である。

ジューン・オズボーンはギレアドの司令官フレッド・ウォーターフォードとその妻のセリーナ・ジョイの家に配属される。厳しい規則に縛られ日常的な精査を受け、不適切な言動は厳しい処罰を招く。ジューンは主人の名に従ってオブフレッドと呼ばれる。オブフレッドは以前、結婚して娘をもうけたが引き離され、自分の名と人格を持っていたことを覚えている。今は規則に従って生き、いつの日か自由になって夫と娘に再会することを夢見る。ウォーターフォードは、自分たちが作った社会の現実に違和感を覚えて苦闘し、オブフレッドと過ごす時に安らぎを見出す。オブフレッドは夫のルークがカナダで生きていることを知り、密かにレジスタンス運動に加わる。オブフレッドは運転手のニックと密かに寝て、妊娠する。

登場人物[編集]

  • ジューン・オズボーン/オブフレッド:エリザベス・モス:"侍女"としてウォーターフォード家に仕える主人公
  • フレッド・ウォーターフォード:ジョセフ・ファインズ:司令官。ギレアド共和国の高官。
  • セリーナ・ジョイ・ウォーターフォード:イヴォンヌ・ストラホフスキー:司令官の妻。
  • エミリー/オブグレン:アレクシス・ブレデル:オブフレッドの買い物のパートナーの"侍女"
  • ジャニーン/オブウォレン/オブダニエル:Madeline Brewer:訓練センターでのジューンの友人、罰として片目を奪われる
  • リディア:アン・ダウド:侍女の訓練担当の"おば"
  • ルーク:O. T. Fagbenle:ジューンの夫
  • ニック:マックス・ミンゲラ:司令官の運転手
  • モイラ:Samira Wiley:ジューンの学生時代からの友人、のちにイゼベル(娼婦)
  • リタ:Amanda Brugel:ウォーターフォード家で家事を担当する"マーサ"
  • アルマ:Nina Kiri:訓練センターでジューンがあった"侍女"

エピソード[編集]

シーズン1のエピソード[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督Teleplay by放送日
11"オブフレッド"
"Offred"
Reed MoranoBruce Miller2017年4月26日 (2017-04-26)

フラッシュバックで、ジューンは夫と娘と共に逃げようとするが捕まり、家族から引き離される。ジューンは侍女の訓練センターで友人のモイラに出会い、ジャニーンは罰としてリディアに片目を潰される。


現在、ジューンは司令官フレッド・ウォーターフォード家の侍女オブフレッドとなっている。オブフレッドは侍女仲間のオブグレンと一緒に歩き、絞首刑にされた男たちを見かける。現在、フレッドは妻の膝の間に横たわるオブフレッドと子作りの儀式を行う。オブグレンはかつて自分に同性の妻と息子がいたと言い、家の中のスパイである"目"に用心しろという。オブフレッドは自分の名前のジューンをオブグレンに明かす。
22"出産の日"
"Birth Day"
Reed MoranoBruce Miller2017年4月26日 (2017-04-26)

フラッシュバックで、既に出産が稀であった頃にジューンはハナを産むが、女にハナを誘拐されそうになる。


オブフレッドとオブグレンは連れ立って街を歩く。オブグレンはレジスタンス"メーデー"の一員であると明かしオブフレッドを誘う。 運転手のニックが、規則に反してフレッドが夜オブフレッドに会いたいと言う。オブフレッドと他の侍女たちはオブウォレン(ジャニーン)の出産を見守る。夜、オブフレッドはフレッドの部屋に行き、二人はスクラブルで遊ぶ。翌日、オブフレッドはオブグレンにフレッドのことを語ろうとするが、別の女が現れオブグレンと名乗る。
33"期待"
"Late"
Reed MoranoBruce Miller2017年4月26日 (2017-04-26)

フラッシュバックで、ギレアド共和国の始まりが描かれる。ジューンら女性たちは突然に解雇され、銀行口座は凍結されて財産を持つことを禁じられる。ジューンとモイラは女性の権利を奪った法律に反対するデモに参加し、銃撃と爆弾に曝される。


現在、セリーナはオブフレッドを連れてオブウォレンの子を見に行く。ウォーターフォード家に帰ると、オブフレッドは"目"と"おば"リディアにオブグレンのことで尋問され、オブグレンの同性愛を告白する。リディアはオブフレッドに電撃を与えるが、オブフレッドが妊娠していると信じるセリーナが止める。だがオブフレッドが妊娠してないことを知ったセリーナは怒り、彼女を部屋に監禁する。形式的な裁判の結果、妊娠可能であるオブグレンは割礼を強制され、恋人の"マーサ"は目の前で絞首刑に処される。
44"メッセージ"
"Nolite Te Bastardes Carborundorum"
Mike BarkerLeila Gerstein2017年5月3日 (2017-05-03)

フラッシュバックで、訓練センターで"おば"リディアが、妻の脚の間に侍女が横たわる授精の儀式を教える。ジューンとモイラは"おば"エリザベスを襲って逃げ、モイラはボストンに向かう列車に乗るがジューンは残されて鞭打ちの罰を受ける。


月に一度の授精の儀式の日、オブフレッドは診察を受ける。医師はフレッドが無精なのだろうと推測し、授精してやろうと申し出るが、オブフレッドは断る。夜、フレッドはうまく儀式をこなせないが、その後、二人はスクラブルをする。オブフレッドが前任のオブフレッドのことを尋ねると、自殺したと答えられる。フレッドがオブフレッドを監禁から解放する。
55"忠誠"
"Faithful"
Mike BarkerDorothy Fortenberry2017年5月10日 (2017-05-10)

フラッシュバックでジューンとルークの出会いが描かれる。


現在、フレッドに子種がないことを恐れたセリーナの見守る中、オブフレッドはニックと義務的なセックスをする。食料品店でオブフレッドは、オブスティーブンと改名したオブグレンに再会する。セックスの儀式の間、フレッドはオブフレッドの太ももを愛撫する。二人だけになった時、フレッドはオブグレンに医療措置を施したと言う。自分たちが作ったより良い世界が、すべての人にとって良い世界とは限らないと認める。ニックは自分がスパイの"目"であるとオブフレッドに告白する。市場でオブフレッドがオブスティーブンに"メーデー"のことを尋ねると、オブスティーブンは突然車を奪って乗り回し、警備兵を轢いたのちに捕えられて連れ去られる。オブフレッドはニックを訪ね、二人は激しいセックスをする。
66"女の領域"
"A Woman's Place"
Floria SigismondiWendy Straker Hauser2017年5月17日 (2017-05-17)

フラッシュバックで、保守活動家だったセリーナはギレアド創立に積極的に貢献する。だが革命の成功後は他の女性と同じようにその役割は軽視される。セリーナの著書も捨てられる。


メキシコの通商代表団がフレッドの家を訪れる。周囲の目の中で現在の境遇を訪ねられたオブフレッドは、幸せだと嘘をつかざるを得ない。フレッドと二人きりになり、求められてキスをする。後に、やはり出生率の低下に悩むメキシコは、ギレアドから侍女の輸入を考えていると、他の侍女にささやかれる。オブフレッドはメキシコの外交官に密かに会い、自らの苦境を訴える。他の外交官から、夫のルークは生きており、メッセージを届けてやると言われる。
77"向こう側"
"The Other Side"
Floria SigismondiLynn Renee Maxcy2017年5月24日 (2017-05-24)

フラッシュバックで、ジューンの夫ルークが妻子と逃げようとした日からの行動が描かれる。ルークは妻子と離れ離れになり、"守護者"の追手に撃たれて怪我をし、途中で逃げ出す。逃亡者のグループに拾われて傷の手当てを受ける。妻子を探しにボストンに戻ろうとするが、処刑された死骸を見て翻意しカナダに逃げる。


3年後、ルークはカナダのリトル・アメリカに住み、ジューンからの手紙を受け取る。
88"イゼベルの店"
"Jezebel's"
Kate DennisKira Snyder2017年5月31日 (2017-05-31)
フレッドはオブフレッドに化粧を施しドレスを着せ、ニックの運転でボストン市内の秘密の売春宿「イゼベルの店」に連れていく。オブフレッドはモイラに出くわし語り合う。ニックはその間に禁制品を取引する。フラッシュバックで、ニックがギレアドに加わり、スパイである"目"となった経緯が描かれる。前のオブフレッドは、フレッドの行動が原因で自殺したことがわかる。翌日、ニックはオブフレッドとの関係を終わらせる。
99"橋"
"The Bridge"
Kate DennisEric Tuchman2017年6月7日 (2017-06-07)
オブウォレン(ジャニーン)は娘をパットナムフレッドとその妻に引き渡し、別の家庭に移されて名をオブダニエルと変えられる。オブダニエルは新家庭での最初の性の儀式を途中で拒否する。マーケットでは、訓練センターで一緒だった侍女のアルマがオブフレッドに、レジスタンスのためにイゼベルの店のバーで働くレイチェルから荷物を受け取るよう依頼する。その夜、オブフレッドはウォーターフォードを誘ってイゼベルの店に連れて行くよう仕向ける。ウォーターフォードとオブフレッドがセックスをしたのち、ウォーターフレッドはオブフレッドとかつて性的関係にあったと信じるモイラを呼び入れる。オブフレッドは荷物を受け取るようモイラに頼むが、危険すぎると拒否される。翌朝、オブフレッドが橋に連れていかれると、オブダニエルが娘を連れて橋から飛び降りるとパットナム夫妻やリディアを脅している。オブダニエルはパットナムが自分のために妻を捨てると約束したと叫ぶ。オブフレッドはオブダニエルを説得して娘を受け取るが、オブダニエルは橋から飛び降りて昏睡状態となる。パットナムは連行される。セリーナがパットナム夫人を慰めると、夫人はかつてセリーナが夫を疑うようになった最初のオブフレッドのことを思い出させる。マーケットでは、肉屋がモイラから託された荷物をオブフレッドに渡す。イゼベルの店では、モイラが客を殺して服と車を奪い逃げ出す。
1010"夜"
"Night"
Kari SkoglandBruce Miller2017年6月14日 (2017-06-14)

フラッシュバックで、ジューンは捕えられて訓練センターに連れ戻され、リディアに折檻される。


オブフレッドが夫と売春宿に行ったことを知ったセリーナは、オブフレッドに妊娠テストを受けさせて陽性となる。セリーナは夫を責め、彼の子ではないと告げる。セリーナはオブフレッドに娘のハナを見せる。娘の安全を願うなら、無事に出産しろと脅す。フレッドはパットナムの裁判に出て情状酌量を求めるが、被告の妻は厳罰を望み、夫の左腕は肘から先を切断される。売春宿から送られた荷物には、ギレアド共和国により家族を失い奴隷化された女性達の手紙が入っている。リディアはオブダニエル/ジャニーンの石打ちの刑のために侍女たちを招集する。二人目のオブグレンは抗議して警備兵に殴り倒される。オブフレッドは石を投げずに捨てて、他の全ての侍女たちも続く。警備兵は侍女たちを殺そうとするが、リディアが止める。オブフレッドは黒いバンに連行されるが、その前に家のマーサのリタに手紙の隠し場所をささやく。モイラはカナダに逃げてルークと再会する。

シーズン2のエピソード[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督Teleplay by放送日
111
"June"
Mike BarkerBruce Miller2018年4月25日 (2018-04-25)
122
"Unwomen"
Mike BarkerBruce Miller2018年4月25日 (2018-04-25)
133
"Baggage"
Kari SkoglandDorothy Fortenberry2018年5月2日 (2018-05-02)
144
"Other Women"
Kari SkoglandYahlin Chang2018年5月9日 (2018-05-09)
155
"Seeds"
Mike BarkerKira Snyder2018年5月16日 (2018-05-16)
166
"First Blood"
Mike BarkerEric Tuchman2018年5月23日 (2018-05-23)
177
"After"
Kari SkoglandLynn Renee Maxcy2018年5月30日 (2018-05-30)
188
"Women's Work"
Kari SkoglandNina Fiore & John Herrera2018年6月6日 (2018-06-06)
199
"Smart Power"
Jeremy PodeswaDorothy Fortenberry2018年6月13日 (2018-06-13)
2010
"The Last Ceremony"
Jeremy PodeswaYahlin Chang2018年6月20日 (2018-06-20)
2111"Holly"Daina ReidBruce Miller & Kira Snyder2018年6月27日 (2018-06-27)
2212"Postpartum"Diana ReidEric Tuchman2018年7月4日 (2018-07-04)
2313"The Word"Mike BarkerBruce Miller2018年7月11日 (2018-07-11)

受賞[編集]

本シリーズは高く評価され、シーズン1はプライムタイム・エミー賞には13部門でノミネートされ、作品賞・主演女優賞・助演女優賞・監督賞・脚本賞の5部門で受賞した[5]。またゴールデングローブ賞では作品賞と主演女優賞を受賞した。2018年5月、シーズン3の製作が発表された[6]

出典[編集]

  1. ^ 待望の『ハンドメイズ・テイル』シーズン2、8月29日(水)よりHuluにて独占配信決定!”. 海外ドラマNAVI. 2018年6月29日閲覧。
  2. ^ Douthat, Ross (2017年5月24日). “'The Handmaid's Tale,' and Ours”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/05/24/opinion/handmaids-tale-and-ours.html 2017年7月28日閲覧. "The first situates the Gilead regime's quest to control the means of reproduction in the context of an enormous fertility collapse, caused by the combination of environmental catastrophe and rampant S.T.D.s." 
  3. ^ Douthat, Ross (2017年5月24日). “'The Handmaid's Tale,' and Ours”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/05/24/opinion/handmaids-tale-and-ours.html 2017年7月28日閲覧. "Now, in the era of the Trump administration, liberal TV watchers find a perverse sort of comfort in the horrific alternate reality of the Republic of Gilead, where a cabal of theonomist Christians have established a totalitarian state that forbids women to read, sets a secret police to watch their every move and deploys them as slave-concubines to childless elites." 
  4. ^ a b c Williams, Layton E. (2017年4月25日). “Margaret Atwood on Christianity, ‘The Handmaid’s Tale,’ and What Faithful Activism Looks Like Today”. Sojourners. 2017年6月18日閲覧。
  5. ^ Hulu’s ‘The Handmaid’s Tale’ Win Marks First Best Series Emmy For A Streaming Service”. Deadline Hollywood (2017年9月17日). 2017年9月19日閲覧。
  6. ^ Holloway, Daniel (2018年5月2日). “‘The Handmaid’s Tale’ Renewed for Season 3 at Hulu”. Variety. 2018年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]