ダレン・クリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダレン・クリス
Darren Criss
Darren Criss
2010年11月
本名 ダレン・エヴェレット・クリス
Darren Everett Criss
生年月日 (1987-02-05) 1987年2月5日(31歳)
出生地 カリフォルニア州サンフランシスコ
職業 俳優歌手
活動期間 1997年 -
主な作品
glee/グリー

ダレン・エヴェレット・クリス (Darren Everett Criss 1987年2月5日 - )[1]は、アメリカ合衆国のテレビジョン俳優ミュージシャン作曲家、インターネット・パーソナリティである。またプロダクション団体Team StarKidのメンバーの一人で、ミュージカル『A Very Potter Musical』と『A Very Potter Sequel』のハリー・ポッター役と、『glee/グリー』の同性愛者の生徒ブレイン・アンダーソン役の描写でよく知られている[2]


来歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコにて誕生した。母親はフィリピン人出身で、フィリピン、中国、スペインの血を引いている。父親は投資銀行家で、芸術の後援者である[3]。88年から92年まで父の仕事の関係でハワイ州のホノルルに住んでいた[4][3]。父親はイングランド、ドイツ、アイルランド系である。

エンターテインメントの世界に興味があり、5歳からヴァイオリンを習い始め大学までクラシック音楽の勉強を続けた[5][6]。ギター、ピアノ、チェロ、マンドリン、ハーモニカ、ドラム全ての演奏が出来る[7][8]。その後、ミシガン大学に進学し、舞台演劇を学んだ[9]

初舞台は1997年の10歳の時ミュージカル『ファニー』で、その後も大学生活を通し数多くの舞台をこなした。2012年にダニエル・ラドクリフの代役として『努力しないで出世する方法』でブロードウェイの初舞台を踏んだ[10]

2010年、『glee/グリー』のシーズン2にゲストで登場して人気を獲得したため、シーズン3からはレギュラー出演者になった[11] [12]

2011年にユニクロのキャンペーンモデルになった[13]

私生活[編集]

ダレンは異性愛者だが『glee/グリー』の出演をきっかけに積極的にLGBTの権利をサポートしている。 LGBTQの人々の自殺を防止するために作られた組織トレヴァー・プロジェクト英語版等での活動の功績が認められ、ダレンはバラエティが主催する『パワー・オブ・ユース・フィランソロピー』を受賞した[14][15][16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Feb 10, 2011 02:14AM (2011年2月10日). “Darren Criss from 'Glee,' Starkid launch Chicago home with 'Starship' - Chicago Sun-Times”. Suntimes.com. 2011年3月1日閲覧。
  2. ^ Is Darren Criss Kurt’s New BF on Glee?”. Advocate.com (2010年9月27日). 2011年11月26日閲覧。
  3. ^ a b Philharmonia Baroque Orchestra : C. William Criss, Chair, Development Committee Cornerstone Campaign Committee”. Teddywing.com. 2011年9月27日閲覧。
  4. ^ Aileen. “Glee star Darren Criss visits his mom’s homeland, the Philippines!”. Zeibiz.com. 2012年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月22日閲覧。
  5. ^ Kloepfer, Sara (2010年12月12日). “Darren Criss, former Stuart Hall for Boys student, finds role on 'Glee'”. The Broadview. 2011年10月15日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ Darren Criss, "The Morning Show" Interview”. Global News/The Morning Show. 2013年6月13日閲覧。
  7. ^ Darren Criss bio”. 2012年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月1日閲覧。
  8. ^ DARREN CRISS Interview part 1”. 2011年9月27日閲覧。
  9. ^ Halley, Rhiannon (2009年4月8日). “How self-produced productions thrive on campus”. 2011年10月24日閲覧。
  10. ^ Glee Star Darren Criss Begins Run in 'How To Succeed in Business Without Really Trying'”. Broadway.com. 2012年1月22日閲覧。
  11. ^ Derschowitz, Jessica (2010年9月27日). “Darren Criss Joins "Glee" Cast”. CBSnews.com. http://www.cbsnews.com/8301-31749_162-20017760-10391698.html 2010年10月4日閲覧。 
  12. ^ Reiter, Amy (2011年9月21日). 'Glee' recap: Back to school (and basics) in the Season 3 premiere”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/showtracker/2011/09/glee-recap-back-to-school-and-basics-in-the-season-3-premiere.html 2011年9月21日閲覧。 
  13. ^ Voices Of New York”. UNIQLO. 2011年10月18日閲覧。
  14. ^ Theater Jones (2011年2月6日). “Glee's Darren Criss on reaching LGBT Youth”. YouTube. 2011年9月27日閲覧。
  15. ^ Vary, Adam B. (2011年1月20日). “This week's cover: How 'Glee' is leading TV's gay-teen revolution | PopWatch | EW.com”. Entertainment Weekly. 2011年9月27日閲覧。
  16. ^ “Hollywood youth honored just 'cause”. Variety Magazine. (2011年10月6日). http://www.variety.com/article/VR1118044016 2011年10月15日閲覧。 

外部リンク[編集]