フィリピン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
A family belonging to the Principalia.JPG

フィリピン人(フィリピンじん、英:Filipinos, タガログ語:Lahing Pilipinas)とは、フィリピン共和国の国民及びフィリピン人を祖先に持つ者。フィリピン人 Filipino という語はスペインフェリペ2世の名に起源を持ち[1]、探検家ルイ・ロペス・デ・ビリャロボスフィリピン諸島を「フェリペの島々」Islas Filipinas と名づけたことに由来する[2]。2009年時点で約9,200万人のフィリピン人がフィリピンに住んでおり[3]、その他に約1,100万人が国外で生活していると推計されている[4]ホセ・リサールの時代は、「フィリピーノ」という単語は、フィリピンでうまれたスペイン系の人々を指していたが、 その後、政治などさまざまな背景により、変化した[5]

言語[編集]

オーストロネシア語族フィリピン諸語を話す。

遺伝子[編集]

フィリピン人は、オーストロネシア人を特徴づけるハプログループO1a (Y染色体)が29%、東アジアや東南アジアで広くみられるハプログループO2 (Y染色体)が39%見られる[6]。これらは出アフリカ後に北ルート(イラン→アルタイ山脈→東アジア)[7]をとったモンゴロイド系遺伝子である。一方でフィリピン人には、出アフリカ後に南ルート(イラン→インド→東南アジア)をとったオーストラロイド系遺伝子もみられ、特にネグリトアエタではY染色体ハプログループK2b1-P378が60%の高頻度でみられる[8]。(このタイプはニューギニア多いハプログループMやSと祖を同じくするものである。)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Filipino”. Online Etymology Dictionary. Douglas Harper. 2009年8月3日閲覧。 Philippine”. Online Etymology Dictionary. Douglas Harper. 2009年8月3日閲覧。
  2. ^ Sebastian Sta. Cruz Serag (1997). The remnants of the great Ilonggo nation. Rex Book Store. pp. p. 102. ISBN 978-9712321429. http://books.google.com/books?id=7BsNAEtKyzcC&pg=PA102 2009年8月3日閲覧。. 
  3. ^ 2000 Census-based Population Projection”. Population Projection Statistics. National Statistics Office (2006年12月8日). 2011年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月3日閲覧。
  4. ^ Yvette Collymore (2003年6月). “Rapid Population Growth, Crowded Cities Present Challenges in the Philippines”. Population Reference Bureau. 2009年8月3日閲覧。 “An estimated 10 percent of the country's population, or nearly 8 million people, are overseas Filipino workers distributed in 182 countries, according to POPCOM. That is in addition to the estimated 3 million migrants who work illegally abroad”
  5. ^ ヒターノ(スペインジプシー)であり、スペイン人であること ヒターノの土着性についての一考察』久野聖子『言語文化』第12巻 第1号、同志社大学言語文化学会、2009年8月25日
  6. ^ Laura Scheinfeldt, Françoise Friedlaender, Jonathan Friedlaender, Krista Latham, George Koki, Tatyana Karafet, Michael Hammer and Joseph Lorenz, "Unexpected NRY Chromosome Variation in Northern Island Melanesia," Molecular Biology and Evolution 2006 23(8):1628-1641
  7. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  8. ^ Karafet TM, Mendez FL, Sudoyo H, Lansing JS, Hammer MF (June 2014). "Improved phylogenetic resolution and rapid diversification of Y-chromosome haplogroup K-M526 in Southeast Asia". Eur J Hum Genet. 23: 369–373. doi:10.1038/ejhg.2014.106. PMC 4326703 Freely accessible. PMID 24896152.

関連資料[編集]

外部リンク[編集]