第75回ゴールデングローブ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第75回ゴールデングローブ賞は2017年の映画とテレビ番組を対象としており、授賞式は2018年1月7日にカリフォルニア州ビバリーヒルズビバリーヒルトン・ホテル英語版で行われ、NBCが放送した。授賞式はディック・クラーク・プロダクションズ英語版ハリウッド外国人映画記者協会と共同でプロデュースする。司会はセス・マイヤーズが務めた。 ノミネーションは2017年12月11日に発表された。 セシル・B・デミル賞オプラ・ウィンフリーに授与された。

受賞・ノミネート[編集]

以下がノミネートの一覧である。太字が受賞である[1]

映画[編集]

映画作品賞
ドラマ部門 ミュージカル・コメディ部門
映画演技賞(ドラマ部門)
主演男優賞 主演女優賞
映画演技賞(ミュージカル・コメディ部門)
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
監督賞 脚本賞
作曲賞 主題歌賞
アニメ映画賞 外国語映画賞

テレビ[編集]

テレビシリーズ賞
ドラマ部門 ミュージカル・コメディ部門
テレビシリーズ演技賞(ドラマ部門)
主演男優賞 主演女優賞
テレビシリーズ演技賞(ミュージカル・コメディ部門)
主演男優賞 主演女優賞
ミニシリーズ・テレビ映画演技賞
主演男優賞 主演女優賞
助演賞
助演男優賞 助演女優賞
ミニシリーズ・テレビ映画賞

授賞式[編集]

プレショーイベント中に "Best Podcast" 賞が発表され、YouTubeでライブストリーミングされた。#MeTooTime's Up運動を支持し、ほぼ全聴衆が黒を身に付けた[2][3]。受賞スピーチの多くとオプラ・ウィンフリーのスピーチは、これまで黙殺されてきたセクハラや性差別、虐待などを原因を具体的に述べた[4]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]