ベイビー・ドライバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベイビー・ドライバー
Baby Driver
Logo Baby Driver rosa.svg
監督 エドガー・ライト
脚本 エドガー・ライト
製作 ニラ・パーク
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
製作総指揮 エドガー・ライト
レイチェル・プライアー
ジェームズ・ビドル
アダム・メリムズ
ライザ・チェイシン
ミシェル・ライト
出演者 アンセル・エルゴート
ケヴィン・スペイシー
リリー・ジェームズ
エイザ・ゴンザレス
ジョン・ハム
ジェイミー・フォックス
ジョン・バーンサル
音楽 スティーヴン・プライス
撮影 ビル・ポープ
編集 ポール・マクリス
ジョナサン・エイモス
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
ビッグ・トーク・プロダクションズ英語版
メディア・ライツ・キャピタル
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年6月28日
日本の旗 2017年8月19日
上映時間 113分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $34,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $226,945,087[3]
アメリカ合衆国の旗 $107,825,862[3]
日本の旗 3億7000万円[4]
テンプレートを表示

ベイビー・ドライバー』(原題: Baby Driver)は、2017年アメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督はエドガー・ライト、主演はアンセル・エルゴートが務めた。 ウォルター・ヒル監督(本作では裁判所の通訳の声で出演)の『ザ・ドライバー』(1978年)にリスペクトを捧げた作品である[5]

第90回アカデミー賞において3部門(音響編集賞録音賞編集賞)でノミネートされたが、受賞はならなかった。

ストーリー[編集]

ある日、青年が車内で音楽にノッている間に3人組の男女が銀行に押し入り、その青年の車で逃走する。青年は華麗なドライビングテクニックを見せ、警察は捕まえることに失敗。彼の名はベイビー。仕事中にお気に入りの音楽を聴くことで、集中力と反射神経は極限まで研ぎ澄まし、凄腕のゲッタウェイ・ドライバーに変貌するのだ。ベイビーは幼少時に遭遇した自動車事故の後遺症で酷い耳鳴りに苦しめられており、仕事以外にも音楽を聴くことで耳鳴りから逃れる暮らしをしていた。彼は過去に暗黒街の大物であったドクの車を盗み、その時に生じた損失の穴埋めのために、代償として仕事をやらされている。

銀行強盗を終え、穴埋めの仕事が終わりに近づいていた頃、ウェイトレスのデボラと運命的な出会いをする。そんな折、ドクから連絡が入り、凶暴なバッツを中心にしたメンバーでの仕事を命じられる。それを何とか成功させると、損失の穴埋めが終了したことがドクから告げられる。これを機に犯罪の世界から足を洗うべく平穏暮らしを始め、デボラとの仲を深めていたベイビーだったが、デボラと行ったレストランでドクと再会する。ベイビーを気に入っているドクは彼を手放す気はなく、デボラとジョゼフの身の危険を匂わせ、合衆国郵便局の襲撃の仕事を命じる。だが、この仕事はあらゆるものを道連れにして暴走し始める。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[6]

製作[編集]

エドガー・ライトが本作の構想を初めて公にしたのは1994年のことであった。2003年ミント・ロワイヤルの「Blue Song」のミュージック・ビデオを製作するにあたり、ライトは本作の冒頭部分の構想をそれに反映させた[7]。ビデオが予想外の人気を博したのを見て、ライトは自分のアイデアに自信を持ったのだという[8]。同ビデオは劇中でもジョーとベイビーが観賞しているテレビの映像で一瞬登場している。

2014年7月22日、『アントマン』の監督を降板したライトが『Baby Driver』という新作映画の監督を務めることになったと報じられた[9]2015年1月13日、アンセル・エルゴートの出演が決まった[10]エマ・ストーンマイケル・ダグラスにもオファーが出ていると報じられたが、この2人が本作に出演することはなかった[11]。5月7日、リリー・ジェームズが本作に出演することになったとの報道があった[12]

2015年9月8日、ジェイミー・フォックスが本作の出演交渉に入ったと報じられた[13]。10月20日、ジョン・ハムの出演が決まった[14]。11月3日、ケヴィン・スペイシーが本作に出演すると報じられた[15]。12月16日、エイザ・ゴンザレスが本作に出演するとの報道があった[16]2016年2月23日、ジョン・バーンサルの出演が決まった[17]。2017年1月8日、ライトが自身のTwitterに「メリル・ストリープが僕の新作に出演するよ」というツイートを投稿したため、本作にストリープが出演すると勘違いした人が出たが、ライトはそのツイートを削除している[18]

本作の主要撮影は2016年2月17日にジョージア州アトランタで始まり[19]、同年5月13日に終わった[20]

タイトルはサイモン&ガーファンクルの「ベイビー・ドライバー」に由来する[21][22]

サウンドトラック[編集]

2017年6月23日、30センチュリー・レコーズは本作のサウンドトラックをアメリカ合衆国で発売した[23]

スカイ・フェレイラの「Easy」、デンジャー・マウス英語版ラン・ザ・ジュエルズ英語版ビッグ・ボーイの「Chase Me」、キッド・コアラ英語版の「Was He Slow?」は本作オリジナルの楽曲である[24]

楽曲使用をめぐるトラブル[編集]

2017年8月、ロラン・フェルド[25]が「Debora」を無許可で使用されたとして、ソニー・ピクチャーズとメディア・ライツ・キャピタル、バンビーノ・フィルムズを著作権法違反で告発した[26]

公開[編集]

2015年8月、ソニー・ピクチャーズは本作の全米公開日を2017年3月17日と発表したが、後に8月11日に延期すると発表した[27]。最終的に、本作の全米公開日は2017年6月28日となった。

2017年3月11日、本作はサウス・バイ・サウスウエストでプレミア上映された[28]

興行収入[編集]

専門家は本作が公開初週末に1200万ドルから2000万ドルを稼ぎ出すと予想しているが、批評家から絶賛されていることもあって、数字が予想を上回る可能性が十分にあるとされている[2]。2017年6月28日、本作は全米3226館で封切られ、公開初週末に2055万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[29]。期待されていた数字の伸びこそ見られなかったが、この数字はエドガー・ライト監督作としては最高の数字である[30]。また、8月第2週には本作の全米興行収入が1億ドルを突破した[31]。これはライト監督にとって初めてのことであった。

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには107件のレビューがあり、批評家支持率は98%、平均点は10点満点で8.3点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「スタイリッシュで、エキサイティングな作品であり、魅力溢れるサウンドトラックが作品の出来をさらに向上させている。『ベイビー・ドライバー』は映画史に颯爽と現れて駆け抜けていった作品―スリルを犠牲にしなくとも、テンポの早いアクション映画を知的に仕上げることは可能だと証明した作品―である。」となっている[32]。また、Metacriticには44件のレビューがあり、加重平均値は85/100となっている[33]

第90回アカデミー賞において3部門(音響編集賞録音賞編集賞)でノミネートされたが、受賞はならなかった。

出典[編集]

  1. ^ BABY DRIVER (2017)”. 2017年6月28日閲覧。
  2. ^ a b ‘Despicable Me 3’ To Own Crowded Independence Day Weekend – Box Office Preview”. 2017年6月28日閲覧。
  3. ^ a b Baby Driver”. 2017年11月10日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.32
  5. ^ ベイビー・ドライバー”. WOWOW. 2018年4月30日閲覧。
  6. ^ ベイビー・ドライバー 4K ULTRA HD & ブルーレイセット”. 2017年11月10日閲覧。
  7. ^ Video Archives: Blue Song ~ Mint Royale – dir. Edgar Wright (2003)”. 2017年6月28日閲覧。
  8. ^ Edgar Wright Makes a Triumphant Return at SXSW with Baby Driver”. 2017年6月28日閲覧。
  9. ^ Comic-Con: Off ‘Ant-Man’ Hill, Edgar Wright Sets Sights On ‘Baby Driver’”. 2017年6月28日閲覧。
  10. ^ Edgar Wright’s ‘Baby Driver’ Eyes Ansel Elgort; Sony to Release (EXCLUSIVE)”. 2017年6月28日閲覧。
  11. ^ Ansel Elgort Boards Edgar Wright’s Next Film, “Baby Driver””. 2017年6月28日閲覧。
  12. ^ Lily James to Co-Star in Edgar Wright’s ‘Baby Driver’”. 2017年6月28日閲覧。
  13. ^ Jamie Foxx In Talks To Board Edgar Wright’s ‘Baby Driver’”. 2017年6月28日閲覧。
  14. ^ Jon Hamm Joins Edgar Wright's 'Baby Driver'”. 2017年6月28日閲覧。
  15. ^ Kevin Spacey Joining ‘Baby Driver’ & ‘Billionaire Boys Club’”. 2017年6月28日閲覧。
  16. ^ Eiza Gonzalez Joins Ansel Elgort in Edgar Wright’s ‘Baby Driver’”. 2017年6月28日閲覧。
  17. ^ Jon Bernthal Joins Edgar Wright’s ‘Baby Driver’ Ensemble”. 2017年6月28日閲覧。
  18. ^ Wait, Meryl Streep Is In Edgar Wright’s Baby Driver?!”. 2017年6月28日閲覧。
  19. ^ Edgar Wright’s ‘Baby Driver’ Off and Running”. 2017年6月28日閲覧。
  20. ^ Edgar Wright’s ‘Baby Driver’ Wraps Filming”. 2017年6月28日閲覧。
  21. ^ Stahler, Kelsea. “'Baby Driver' Isn't Based On The Simon & Garfunkel Song — It's So Much More Ambitious Than That”. Bustle. 2017年8月8日閲覧。
  22. ^ Edgar Wright and The Rock present: The Simon And Garfunkel Song Title Cinematic Universe
  23. ^ Soundtrack to Baby Driver spans 30 tracks and multiple decades”. 2017年6月28日閲覧。
  24. ^ Queen, Blur, The Beach Boys and more join ‘Baby Driver’ soundtrack”. 2017年6月28日閲覧。
  25. ^ マーク・ボラン(ロックバンドT・レックスのボーカル)の息子
  26. ^ Sony Sued for Lacking License to Use T.Rex Song in 'Baby Driver'”. 2017年8月17日閲覧。
  27. ^ Baby Driver release date moves up to June”. 2017年6月28日閲覧。
  28. ^ SXSW 2017 Lineup: ‘Baby Driver’, ‘Free Fire’, ‘Muppet Guys Talking’ & Docus That Matter In Trump Era”. 2017年6月28日閲覧。
  29. ^ June 30-July 2, 2017”. 2017年8月19日閲覧。
  30. ^ Independence Day Weekend -11% From 2016 As ‘Despicable Me 3’ Pushes $99M & ‘Baby Driver’ Boosts Original Fare”. 2017年8月19日閲覧。
  31. ^ Weekend”. 2017年8月19日閲覧。
  32. ^ Baby Driver”. 2017年6月28日閲覧。
  33. ^ Baby Driver (2017)”. 2017年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]