ザ・スクエア 思いやりの聖域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・スクエア 思いやりの聖域
The Square
監督 リューベン・オストルンド
脚本 リューベン・オストルンド
製作 エリク・ヘンメンドルフスウェーデン語版
フィリップ・ボベール
製作総指揮 トマス・エスキルソン
アグネタ・ペルマン
ダン・フリードキン
ブラッドリー・トーマス
出演者
撮影 フレドリック・ウェンツェルスウェーデン語版
編集 リューベン・オストルンド
ヤコプ・セカー・シュールシンガー
製作会社 Plattform Produktion
Film i Väst
Essential Films
Parisienne
Coproduction Office
Sveriges Television
Imperative Entertainment
ARTE France Cinéma
ZDF
配給 スウェーデンの旗 TriArt Film
日本の旗 トランスフォーマー
公開 フランスの旗 2017年5月20日 (CIFF)
スウェーデンの旗 2017年8月25日
日本の旗 2018年4月28日
上映時間 151分[1]
製作国  スウェーデン
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
 デンマーク[2]
言語 スウェーデン語
英語
デンマーク語
製作費 $5,500,000[3]
興行収入 $7,200,000[4][5]
テンプレートを表示

ザ・スクエア 思いやりの聖域』(ザスクエア おもいやりのせいいき、The Square)は、リューベン・オストルンド監督・脚本による2017年スウェーデン風刺ドラマ映画である。

第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞であるパルム・ドールを獲得した。

プロット[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

ストーリーは監督のリューベン・オストルンドとプロデューサーのカッレ・ボーマン英語版が2014年にヴェルナモ英語版のバンダルロム美術館を訪れた際に考案された[7]。彼らは「『ザ・スクエアとは信頼と思いやりの聖域。その中には我々は皆平等な権利と義務を共有している」と表明した[7]。脚本執筆中、オストルンドは数多くのアートギャラリーを訪れた[8]

ある場面ではトゥレット障害持ちの男性が記者に叫ぶ。オストルンドはスウェーデンの劇場で起こった実際の事件に触発され、無感覚を恐ることなく描いたと述べており、彼は全ての人々が作品で風刺されていると語った[9]。映画の冒頭はヨーテボリでオストルンドが遭遇した実際の事件に触発されている。そこでオストルンドは男に殺されると言って逃げる女と会い、そして別の男が到着して叫ぶ。それはオストルンドの携帯電話を盗むための権謀であったのだ[10]

製作費は約550万ドルである[11]スウェーデン映画協会英語版から1100万SEK[12]デンマーク映画協会英語版から100万DKKの財政支援を受けた[13]

キャスティング[編集]

デンマーク人俳優のクレス・バング英語版は同じくデンマーク出身のキャスティングディレクターであるタンジャ・グランウォルドデンマーク語版からプロジェクトを耳にし、多くの即興を含む3つのオーディションに参加した[14]北欧諸国のオーディションでキャストの大部分を組み立てた後、英語の映画を製作することを望んでいたウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメントに気を利かせたオストルンドはロンドン英国映画テレビ芸術アカデミーに連絡した。これによりエリザベス・モスドミニク・ウェストがキャストに加わった[8]。モスは自身の役割を確保するために2時間の即興演技を行った[15]。オストルンドはモスとウェストがスウェーデン語の演出に適応するのは難しいと述べたが、最終的に調整した[9]

米国人俳優のテリー・ノタリー英語版は『『猿の惑星』シリーズでの猿の演技に基づいてキャスティングされた。オストルンドは「猿を模倣する俳優」をGoogleで検索し、ノタリーの演技にたどり着いた[8]。ノタリーの場面のため、300人のエキストラが雇われた[16]

撮影[編集]

映画のギャラリーはスウェーデンのストックホルム宮殿に基づいている。

撮影は2016年6月から10月にかけてヨーテボリ、ストックホルムベルリンで行われた[17][18]。映画のギャラリーはスウェーデンのストックホルム宮殿に基づいている[7]。登場する芸術品の多くは映画用に作られたものであり、ロバート・スミッソンの影響を受けたインスタレーション、本物のガリー・ウィノグランド英語版の写真、オストルンドとカッレ・ボーマンによる作品が含まれる[3]

公開[編集]

2017年7月末、第70回カンヌ国際映画祭での上映が追加で発表された[19]。これが国際的な初上映となった[20]。その後6月にシドニー映画祭英語版[21]、7月にニュージーランド国際映画祭英語版で上映された[22]。さらに9月には第42回トロント国際映画祭で上映された[23]。アメリカ合衆国では9月にテキサス州オースティンで開催されたファンタスティック・フェスト英語版で初上映された[24]

スウェーデンでは2017年8月25日にトライアート・フィルム配給で一般公開された[25][26]。カンヌでの上映前にイギリス、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国へ配給権が売却されていた[11]。アメリカ合衆国での配給編は以前にオストルンドの『フレンチアルプスで起きたこと』(2014年)を配給したマグノリア・ピクチャーズが獲得した[19][27]。予告編は7月に公開された[28]。イギリスでは8月25日封切りが予定されていたが、オストルンドが再編集をするために延期された [26]

一般公開に向けてオストルンドはカンヌでの上映版の最後の4分の1から2分43秒を削った[29][30]

受賞とノミネート[編集]

授賞式 部門 候補 結果 参照
ボストン映画批評家協会 2017年12月10日 外国語映画賞 リューベン・オストルンド 受賞 [31]
英国インディペンデント映画賞 2017年12月10日英語版 外国インディペンデント映画賞 ノミネート [32]
カンヌ国際映画祭 2017年5月28日 パルム・ドール 受賞 [33]
バルカン賞 Josefin Åsberg 受賞 [34]
シカゴ映画批評家協会 2017年12月12日 外国語映画 リューベン・オストルンド 受賞 [35]
放送映画批評家協会賞 2018年1月11日 外国語映画賞 未決定 [36]
ダラス・フォートワース映画批評家協会 2017年12月13日英語版 外国語映画賞 受賞 [37]
ヨーロッパ映画賞 2017年12月9日英語版 作品賞 受賞 [38]
コメディ賞 受賞
監督賞 受賞
脚本賞 受賞
男優賞 クレス・バング英語版 受賞
プロダクションデザイナー賞 Josefin Åsberg 受賞 [39]
ファンタスティック・フェスト英語版 2017年9月 コメディ作品賞 リューベン・オストルンド 受賞 [40]
ゴールデングローブ賞 2018年1月7日 外国語映画賞 ノミネート [41]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー 2017年11月28日 外国語映画トップ5 受賞 [42]
オンライン映画批評家協会 2017年12月28日英語版 外国語映画賞 受賞 [43]
サンディエゴ映画批評家協会 2017年12月11日英語版 外国語映画賞 ノミネート [44]
サテライト賞 2018年2月10日英語版 外国語映画賞 未決定 [45]
トロント映画批評家協会 2017年12月10日英語版 外国語映画賞 受賞 [46]
バンクーバー映画批評家協会英語版 2017年12月18日英語版 外国語映画賞 ノミネート [47]
ワシントンD.C.映画批評家協会 2017年12月8日英語版 外国語映画賞 ノミネート [48]
女性イメージ・ネットワーク賞英語版 2018年2月6日 外国語映画賞 未決定 [49]

参考文献[編集]

  1. ^ THE SQUARE”. British Board of Film Classification. 2017年12月15日閲覧。
  2. ^ Mitchell, Wendy (2017年5月18日). “Ostlund's 'The Square' continues to rack up deals”. Screen Daily. 2017年6月1日閲覧。
  3. ^ a b Roxborough, Scott (2017年5月31日). “Cannes: Palme d'Or Winner Ruben Ostlund on 'The Square' and Breaking Art House Conventions”. The Hollywood Reporter. 2017年6月1日閲覧。
  4. ^ The Square”. Box Office Mojo. 2017年9月22日閲覧。
  5. ^ The Square”. The Numbers. 2017年9月22日閲覧。
  6. ^ The Square. Status: Production”. Movie Insider. 2016年10月13日閲覧。
  7. ^ a b c Page, Thomas (2017年5月24日). “Cannes 2017: 'The Square' skewers the dark side of the art world”. CNN. 2017年5月28日閲覧。
  8. ^ a b c Utichi, Joe (2017年5月29日). “Meet Ruben Östlund, Director Of The Newly-Crowned Palme D’Or Winner, 'The Square' – Cannes”. Deadline.com. 2017年5月29日閲覧。
  9. ^ a b Keslassy, Elsa (2017年2月5日). “Goteborg: ‘Force Majeure’ Director Ruben Ostlund on ‘The Square’ (EXCLUSIVE)”. Variety. 2017年5月28日閲覧。
  10. ^ Asp, Jon (2017年1月27日). “Ruben Ostlund Talks About His New Film, 'The Square' (EXCLUSIVE)”. Variety. 2017年5月28日閲覧。
  11. ^ a b Mitchell, Wendy (2017年5月19日). “'The Square' set visit and Ruben Ostlund interview”. Screen Daily. 2017年5月28日閲覧。
  12. ^ Langseth, Östlund, bilmekaniker och badminton”. Swedish Film Institute (2016年6月27日). 2017年6月1日閲覧。
  13. ^ Fiil-Jensen, Lars (2016年5月25日). “DANSK KOPRODUCERET RUBEN ÖSTLUND-FILM”. Danish Film Institute. 2017年6月1日閲覧。
  14. ^ Bang, Claes (2017年6月6日). “CLAES BANG IN THE SQUARE”. Danish Film Institute. 2017年7月4日閲覧。
  15. ^ Wise, Damon (2017年9月16日). “Ruben Östlund Explains Why His Cannes Palme D'Or Winner 'The Square' Is 'A Humanistic Traffic Sign' – Toronto Studio”. Deadline.com. 2017年9月17日閲覧。
  16. ^ Fear, David (2017年10月28日). “'The Square': Why This Award-Winning Art-World Satire Will Make You Squirm”. Rolling Stone. 2017年10月29日閲覧。
  17. ^ Ruben Östlund avslöjar rollistan i nya filmen The Square” (Swedish). Film Väst (2016年5月16日). 2016年10月13日閲覧。
  18. ^ Rehlin, Gunnar (2016年7月6日). “Ruben Östlund siktar på en guldpalm” (Swedish). Dagens Nyheter. 2016年10月13日閲覧。
  19. ^ a b Chang, Justin (2017年5月28日). “Cannes 2017: Ruben Östlund's 'The Square' wins the Palme d'Or”. The Los Angeles Times. 2017年5月28日閲覧。
  20. ^ Ritman, Alex (2017年5月20日). “Cannes: Elisabeth Moss, 'The Square' Filmmakers Discuss a (Very) Random Monkey Addition”. The Hollywood Reporter. 2017年5月28日閲覧。
  21. ^ The Square”. Sydney Film Festival (2017年6月). 2017年7月2日閲覧。
  22. ^ Gibson, Nevil (2017年6月27日). “Cannes trifecta of winners take top slots at NZ International Film Festival”. National Business Review. 2017年7月2日閲覧。
  23. ^ Howell, Peter (2017年7月25日). “TIFF announces first batch of this year’s movies — including two Matt Damon films”. The Toronto Star. 2017年7月28日閲覧。
  24. ^ Yamato, Jen (2017年8月8日). “Fantastic Fest to debut Stephen King's 'Gerald's Game,' Martin McDonagh's 'Three Billboards Outside Ebbing, Missouri'”. The Los Angeles Times. 2017年10月26日閲覧。
  25. ^ Swede wins Palme d'Or in Cannes”. Sveriges Radio (2017年5月29日). 2017年5月29日閲覧。
  26. ^ a b Grater, Tom (2017年6月29日). “'The Square' UK release date delayed”. Screen Daily. 2017年7月4日閲覧。
  27. ^ McNary, Dave (2016年9月9日). “Elisabeth Moss' Drama 'The Square' Bought by Magnolia”. Variety. 2017年6月1日閲覧。
  28. ^ The Square Trailer: Sex, Intrigue, and a Monkey”. Vulture (2017年7月10日). 2017年7月28日閲覧。
  29. ^ ‘The Square’: Ruben Ostlund Talks Wanting To Win At Cannes, Contemporary Art, More [Interview]”. The Playlist. 2017年11月6日閲覧。
  30. ^ ‘The Square’ Director Ruben Östlund Wants to Push Cultural Boundaries, But Won’t Read Any Scripts With Killing”. IndieWire. 2017年11月6日閲覧。
  31. ^ Lewis, Hilary (2017年12月10日). “'Phantom Thread' Named Best Film by Boston Society of Film Critics”. The Hollywood Reporter. 2017年12月23日閲覧。
  32. ^ Nominations 2017”. British Independent Film Awards. 2017年11月4日閲覧。
  33. ^ Debruge, Peter (2017年5月28日). “2017 Cannes Film Festival Award Winners Announced”. Variety. 2017年5月28日閲覧。
  34. ^ Josefin Åsberg”. Cannes Film Festival. 2017年5月29日閲覧。
  35. ^ Nordine, Michael (2017年12月13日). “Chicago Film Critics Association Awards 2017: ‘Lady Bird’ Wins Big, but ‘Call Me by Your Name’ Has Strong Showing as Well”. IndieWire. 2017年12月23日閲覧。
  36. ^ Kilday, Gregg (2017年12月6日). “Critics' Choice Awards: 'The Shape of Water' Leads With 14 Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年12月7日閲覧。
  37. ^ Jones, Arnold Wayne (2017年12月13日). “DFW Film Critics name ‘Shape of Water’ the best picture of the year”. Dallas Voice. 2017年12月23日閲覧。
  38. ^ Roxborough, Scott (2017年12月9日). “European Film Awards 2017: 'The Square' Takes Top Honors – Full List”. Deadline.com. 2017年12月9日閲覧。
  39. ^ Roxborough, Scott (2017年11月14日). “Andrey Zvyagintsev's 'Loveless' Wins Two European Film Awards”. The Hollywood Reporter. 2017年11月25日閲覧。
  40. ^ Announcing The Fantastic Fest 2017 Awards Recipients!”. Fantastic Fest (2017年9月28日). 2017年10月26日閲覧。
  41. ^ Maglio, Tony (2017年12月11日). “Golden Globes 2018: The Complete List of Nominees”. The Wrap. 2017年12月11日閲覧。
  42. ^ 2017 Award Winners”. National Board of Review. 2017年11月30日閲覧。
  43. ^ Online Film Critics Society Reveals Nominees”. Den of Geek (2017年12月20日). 2017年12月23日閲覧。
  44. ^ 2017 San Diego Film Critics Society’s Award Nominations”. San Diego Film Critics Society (2017年12月9日). 2017年12月23日閲覧。
  45. ^ Pond, Steve (2017年11月29日). “'Dunkirk,' 'The Shape of Water' Lead Satellite Award Nominations”. The Wrap. 2017年12月2日閲覧。
  46. ^ Vlessing, Etan (2017年12月10日). “'The Florida Project' Named Best Film by Toronto Film Critics”. The Hollywood Reporter. 2017年12月23日閲覧。
  47. ^ 2018 Nominees Announced”. Vancouver Film Critics Circle (2017年12月15日). 2017年12月23日閲覧。
  48. ^ 'Get Out' Is In with D.C. Film Critics”. Washington DC Area Film Critics Association (2017年12月8日). 2017年12月23日閲覧。
  49. ^ Women's Image Network announces its 19th Women's Image Awards Film and Television Nominees”. Women's Image Network (2017年11月10日). 2017年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]