フレンチアルプスで起きたこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フレンチアルプスで起きたこと
Turist
監督 リューベン・オストルンド
脚本 リューベン・オストルンド
製作 エリク・ヘンメンドルフスウェーデン語版
マリー・シェルソンスウェーデン語版
フィリップ・ボベール
製作総指揮 ジェシカ・アスク
出演者 ヨハネス・バー・クンケスウェーデン語版
リーサ・ローヴェン・コングスリノルウェー語版
音楽 オラ・フロットゥムスウェーデン語版
撮影 フレドリック・ウェンツェルスウェーデン語版
編集 ジャコブ・セチェール・シュルシンガー
リューベン・オストルンド
製作会社 Plattform Produktion
配給 スウェーデンの旗 Triart film
日本の旗 マジックアワー
公開 スウェーデンの旗 2014年8月15日
日本の旗 2015年7月4日
上映時間 118分
製作国  スウェーデン
 デンマーク
フランスの旗 フランス
 ノルウェー
言語 スウェーデン語
英語
フランス語
ノルウェー語
テンプレートを表示

フレンチアルプスで起きたこと』(フレンチアルプスでおきたこと、Turist)は2014年スウェーデンデンマークフランスノルウェー英語版合作のコメディ映画。監督・脚本はリューベン・オストルンド。雪崩から家族より自分の身を守ることを優先した夫トマスとその妻との関係を描いている。英題の「force majeure」はフランス語で、予測できなかった災害から契約した両者が責任を逃れる「不可抗力」という点に由来する[1]

この映画は上映時から批評家たちに脚本と撮影技術を絶賛され、第50回ゴールデン・ビートル賞英語版で最優秀作品賞を勝ち取り、2014年のベストフィルムにも選ばれた[要出典]

日本では2014年10月に開催された第27回東京国際映画祭において『ツーリスト』のタイトルで上映された後、2015年7月4日から『フレンチアルプスで起きたこと』のタイトルで一般公開された。

ストーリー[編集]

ビジネスマンの父トマスと、そのノルウェー人の妻エバ、若い娘のベラ、幼児のハリーからなるスウェーデンから来た家族が、フレンチアルプスの高級ホテルに滞在する。2日目、彼らは人為的に起こされた雪崩を、昼食時、レストランのデッキで目撃する。その雪崩が起こした雪煙が、すごい勢いで雪がデッキに流れ込んでくるように見える。トマスは雪崩を撮影しながら電話をしているが、パニックになり、エバと子供たちを残して逃げる。エバと子供たちは雪煙に包まれるが、煙が収まると、誰も傷ついておらず、テーブルに戻る。

その夜、彼らは、エバの友人とその友人が連れてきたアメリカ人と夕食を共にする。エバは雪崩の話を英語で彼らにするが、トマスは絶対にテーブルから走り去っていないと強調する。そしてスウェーデン語で、スキーブーツでは走ることもできないと付け足す。彼らは2人の友人の前で言い争い、友人たちは戸惑う。エバは、彼が家族を見捨てて雪崩から逃げたことを認めない彼に怒る。トマスは彼女は思い違いをしていると彼らに話す。

エバはスキーを1人ですることを決める。前日の夜、夕食を共にした友人とエバは一緒にコーヒーを飲みながら、その友人は先日のアメリカ人男性と別れる。エバは、夫と子供がいるにも関わらず関係を持つ彼女の貞操観念に疑問を持つ。彼女の友人は、夫が自由に関係を持ってくれて構わないし、夫が最高のセックスができる相手を見つけたならそれはうれしい、と言う。エバはより執拗になり、その友人はアドバイスをし、食い下がることなく去る。

トマスの友人、マッツが若い彼女、ファンニと共に高級ホテルに来る。彼らはトマスとエバのスイートルームでの夕食に加わる。夕食と何杯ものワインの後、エバは雪崩の話を、マッツとファンニを怖がらせるために詳しく話して聞かせる。トマスとハリーは丸まってゲームをしながら、エバたちの話に聞き耳を立てる。マッツが「一家がエストニア号沈没事故ほど危険ではなかったのだろう」と言うと、エバは「トマスはそれを認めないだろう」と言う。トマスはそれを聞いて、違った見解を持っていることを伝える。するとエバは、トマスのケータイを持ってきて、その雪崩の時の動画を見せる。トマスは渋々、足跡が走り去って行ったことを認めたが、マッツが、トマスが走りさったのは、後から戻って来て家族を掘り起こすためではなかったかと言うと、トマスは黙ってしまう。ファンニとマッツが去る時、ファンニは、マッツがトマスと同じような反応をするだろうということをそれとなく言う。マッツは腹を立て、それ以降の彼らの関係も変わっていく。

トマスとマッツは喋ることもなくスキーのリフトに乗る。すべる時、マッツがトマスにがむしゃらに叫ぶことを提案する。トマスは汚い言葉をアルプスに向かって叫ぶ。その後、トマスはエバに自分のことがとても嫌いだということ、子供相手にズルしてしまうし、不誠実で卑怯だということを告白する。彼は、彼らの子供が親の喧嘩を聞きながら縮こまって泣くかのように、泣く。

滞在最終日、家族はスキーリフトに静かに乗る。エバは深い霧を気にする。トマスは最初に自分が、次に子供たちが、最後にエバが滑るよう言う。エバは深い霧の中で迷子になる。そしてトマスは子供たちを残し、彼女を助けに行く。そのあとすぐ、彼女を抱えて戻ってくる。彼は彼女をおろし、微笑む。

一家と友人らがリゾートを離れる時、山道はとても曲がりくねっていた。エバは、このドライバーの運転は危険だと判断し、バスを降りることを要求する。パニックが起こり、マッツは女性と子供が最初に降りるよう主張する。

皆がバスから降り、歩いて道を進み始める。マッツとファンニは別々に歩く。エバはベラを背負うようマッツに頼む。乗客の1人がトマスからタバコを欲しがる。トマスは一度は断るが、わたす。ハリーは彼の父親がタバコを吸うのか聞く。トマスは休暇中1度も吸っていなかった。トマスは吸うよと答える。

キャスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ フレンチアルプスで起きたこと”. 町山智浩 たまむすび. YouTube. 2018年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]