山河ノスタルジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山河ノスタルジア
タイトル表記
簡体字 山河故人
英題 Mountains May Depart
各種情報
監督 ジャ・ジャンクー
脚本 ジャ・ジャンクー
製作 市山尚三
出演者 チャオ・タオ
チャン・イー
リャン・チントン
ドン・ズージェン
シルヴィア・チャン
音楽 半野喜弘
撮影 ユー・リクウァイ
製作会社 上海映画グループ
西河星匯(エクストリーム・ピクチャーズ)
MK Productions
配給 日本の旗 ビターズ・エンド / オフィス北野
公開 日本の旗 2016年4月23日
上映時間 125分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
日本の旗 日本
テンプレートを表示

山河ノスタルジア』(さんがのすたるじあ、原題: 山河故人)は、ジャ・ジャンクー監督による2015年中国フランス日本合作映画。

撮影は中国とオーストラリアにて行われた。第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。中国およびフランスでの公開は2015年、日本では2016年4月23日に公開された。

2016年のキネマ旬報外国映画ベストテンでは5位にランクインした。

あらすじ[編集]

1999年、山西省・汾陽(フェンヤン)。父親の家電屋で働くタオは、炭鉱で働く引っ込み思案なリャンズーと実業家で自信家のジンシェンの、二人の幼なじみから想いを寄せられていた。やがてタオはジンシェンからのプロポーズを受け、息子・ダオラー(「ドル」の意)を授かる。

2014年。タオはジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らしていた。ある日突然、タオを襲う父親の死。葬儀に出席するため、タオは離れて暮らすダオラーと再会する。タオは、彼がジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知ることになる。

2025年、オーストラリア。19歳のダオラーは長い海外生活で中国語が話せなくなっていた。父親と確執がうまれ自らのアイデンティティを見失うなか、中国語教師ミアとの出会いを機に、かすかに記憶する母親の面影を探しはじめる。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]