黒い砂漠 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒い砂漠
Il Caso Mattei
監督 フランチェスコ・ロージ
脚本 トニオ・グラエ英語版
フランチェスコ・ロージ
原案 トニオ・グラエ
製作 フランコ・クリスタルディ
出演者 ジャン・マリア・ヴォロンテ
ルイジ・スカルツィーナ
ジャンフランコ・オンブエン
音楽 ピエロ・ピッチオーニ
撮影 パスクァリーノ・デ・サンティス
編集 ルッジェロ・マストロヤンニ
配給 日本の旗 ヘラルド
公開 フランスの旗 1972年5月CIFF
イタリアの旗 1972年1月26日
日本の旗 1974年2月16日
上映時間 116分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

黒い砂漠』(Il Caso Mattei)は、フランチェスコ・ロージ監督による1972年のイタリアの映画である。謎の死を遂げたイタリアの実業家のエンリコ・マッテイの生涯をなぞりつつ、国際石油資本の実態を描く。

第25回カンヌ国際映画祭では『労働者階級は天国に入る』と同時にパルム・ドールを受賞した[1]。なお、どちらもジャン・マリア・ヴォロンテが主演である。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: The Mattei Affair”. festival-cannes.com. 2009年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]