オール・ザット・ジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オール・ザット・ジャズ
All That Jazz
監督 ボブ・フォッシー
脚本 ロバート・アラン・アーサー英語版
ボブ・フォッシー
製作 ロバート・アラン・アーサー
製作総指揮 ダニエル・メルニック英語版
出演者 ロイ・シャイダー
ジェシカ・ラング
音楽 ラルフ・バーンズ
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 アラン・ハイム英語版
製作会社 20世紀フォックス
コロンビア・ピクチャーズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年12月20日
日本の旗 1980年8月30日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $37,823,676[1]
テンプレートを表示

オール・ザット・ジャズ』(All That Jazz)は、1979年アメリカ合衆国ミュージカル映画ボブ・フォッシー監督の自伝的作品。出演はロイ・シャイダージェシカ・ラングなど。

晩年のボブ・フォッシーが死期が近いと宣告されて、執念をかけて完成させた作品。[要出典]

1980年5月に開催された第33回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルム・ドール」を受賞している。

ストーリー[編集]

ブロードウェイの演出家のジョー・ギデオンの生活は、ヴィヴァルディを聞きながらシャワーを浴び、目薬と飲み薬を服用し、「さぁショータイムだ!」と自分を鼓舞して始まる。 忙しく不規則な毎日がたたり、ジョーは倒れてしまう。薄れゆく意識の中で彼は自分の人生をミュージカルを見ているように思い返す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日 LD
ジョー・ギデオン ロイ・シャイダー 野沢那智 羽佐間道夫
アンジェリーク ジェシカ・ラング 武藤礼子 宗形智子
ケイト・ジャガー アン・ラインキング英語版 中島葵  田島令子
オードリー・パリス リランド・パーマー英語版 此島愛子 新橋耐子
デイビス・ニューマン クリフ・ゴーマン英語版 内海賢二 青野武
オコナー・フロッド ベン・ヴェリーン英語版 内海賢二
ミシェル・ギデオン エリザベート・フォルディ 冨永みーな 相生千恵子
ジョシュア・ペン マックス・ライト
ルーカス ジョン・リスゴー 玄田哲章
ヘクト ウィリアム・レマセナ 小林修
ポール アンソニー・ホランド 宮内幸平
ビクトリア デボラ・ジェフナー 小山茉美
テッド ロバート・ヒット 千田光男
その他声の出演 富山敬
及川ヒロオ
野島昭生
麻上洋子
藤夏子
芝田清子
嶋俊介
屋良有作
藤城裕士
郷里大輔
塚田正昭
長島亮子
安藤ありさ
日本語版制作スタッフ
演出 山田悦司 小林守夫
翻訳 宇津木道子 岩本令
調整 山田太平
効果 PAG
制作 日米通信社 東北新社
解説 淀川長治
担当 圓井一夫
福吉健
初回放送 1983年11月13日
日曜洋画劇場
品番 FY522-35MA
本編時間 約99分
  • 2019年1月9日発売のBlu-ray盤にテレビ朝日版とLD版の吹替が収録

製作[編集]

コロンビア・ピクチャーズは、主演にウォーレン・ビーティかそれ以上に評価の高い俳優を望んでいたが、ボブ・フォッシー監督はロイ・シャイダーの主演を懇願し実現させた[2]

また、当初ジョー・ギデオン役はリチャード・ドレイファスに選ばれていたが、リハーサルの段階で作品に自信が持てないという理由で降板した。後にリチャードはボブ・フォッシーとの仕事の機会を逃したことについて失敗したと語っている[2]。また、同役にはジャック・レモンポール・ニューマンの起用も予定されていたが、前者は監督にジョー役を演じるには年を取りすぎていると判断され、後者はダンサーを演じることに抵抗があったため脚本を読むこともなく辞退したという[2]

ノベライゼーション[編集]

  • オール・ザット・ジャズ H.B.ギルモア著 三木鮎郎訳 早川書房 1980.8

出典[編集]

  1. ^ All That Jazz (1979)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c All That Jazz (1979) - IMDb, http://www.imdb.com/title/tt0078754/trivia 2022年1月20日閲覧。 

外部リンク[編集]