トスカーナの贋作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トスカーナの贋作
Copie conforme
監督 アッバス・キアロスタミ
脚本 アッバス・キアロスタミ
マスメ・ラヒジ(脚色)
製作 マラン・カルミッツ
ナタナエル・カルミッツ
シャルル・ジリベール
アンジェロ・バルバガッロ
製作総指揮 ガエタノ・ダニエレ
撮影 ルカ・ビガッツィ
編集 バフマン・キアロスタミ
製作会社 MK2
配給 日本の旗 ユーロスペース
公開 フランスの旗 2010年5月18日CIFF
フランスの旗 2010年5月19日
イタリアの旗 2010年5月21日
日本の旗 2011年2月19日
上映時間 106分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
英語
イタリア語
興行収入 $3,388,314[1]
テンプレートを表示

トスカーナの贋作』(トスカーナのがんさく、原題: Copie conforme)は、アッバス・キアロスタミ監督、脚本による2010年に公開されたフランスイタリアの合作映画である。

ストーリー[編集]

トスカーナの小さな村で、『贋作 本物より美しき贋作を』という本を発表したジェームズ(ウィリアム・シメル)の講演が行われる。それを1人の女(ジュリエット・ビノシュ)が息子を連れて聞きに来ていた。公演の後、女が経営するギャラリーをジェームズが訪れ、再会。「面白い場所へ連れ行ってあげる」という女の誘いに「9時までに戻らないと列車に遅れる」という条件で付きあう。「トスカーナのモナリザ」という贋作を見せるが、「モナリザだってジョコンダ夫人の贋作にすぎない」とつれない。2人はカフェで夫婦と間違われたことをきっかけに、ゲームのように長年連れ添った夫婦を演じ始める。初めは順調に進んでいったが、彫像をきっかけに、2人の間に微妙なずれが生じてゆく。互いに苛立ちを感じ始めた頃、老夫婦と出会い、2人を夫婦と誤解した老夫婦の夫の方がジェームズにアドバイスを送る。「君の奥さんが求めているのは、そっと肩を抱かれて歩くことだ」。レストランで微妙なずれを埋めるため、魅力的な“妻”になろうと化粧直しをする女。しかし、会話が噛みあわなくなり、苛立ちが最高潮に達したジェームズは店を出ていってしまう。女は後を追い、1人で教会へ歩いていく。教会から出てきた女に、ジェームズは本当の妻を労わるように静かに謝る。穏やかに夫婦の関係を築き直そうと、2人はお互いを許し、寄り添う。すると突然、女は「15年前の結婚式の夜に泊まった」と言って、近くの安ホテルを訪れる。「15年前に泊まった部屋」に通された女はすでに“夫婦”の関係をゲームに留められなくなっていた。ジェームズは自分が幻想を求めているのかどうかを見定めるように、洗面台の鏡に映った“夫”を演じる自分を見つめる。「言ったはずだ。9時までに戻ると」。教会の鐘が響き、夕暮れを告げていた…。

キャスト[編集]

評価[編集]

第63回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、ジュリエット・ビノシュ女優賞を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ Certified Copy (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]