アンセル・エルゴート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンセル・エルゴート
Ansel Elgort
Ansel Elgort
アンセル・エルゴート (2017年)
生年月日 (1994-03-14) 1994年3月14日(23歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市
主な作品
ダイバージェント』シリーズ

アンセル・エルゴート(Ansel Elgort、1994年3月14日 - )は、アメリカ合衆国俳優DJ

経歴[編集]

アメリカ合衆国ニューヨーク市で生まれる[1]。父親アーサーはファッション誌ヴォーグ写真家、 母親グレテ・バレット・ホルビーはオペラの舞台演出家振付師ドラマトゥルクプロデューサー。父親はロシア系ユダヤ人、母親はノルウェー系、イングランド系、ドイツ系。兄に映像編集者ウォーレン、姉に写真家ソフィーがいる。 9歳の時、バレエ学校で試演、12歳の頃に演技クラスに通う。高校の演劇やオフ・ブロードウェイで演じた[2]

また、DJとしての活動もしており、Ansolo名義で2015年にも来日しULTRA JAPANでパフォーマンスを行った。

2013年に公開されたキンバリー・ピアース監督のホラー映画『キャリー』で映画役者デビュー、クロエ・グレース・モレッツジュリアン・ムーア等と共演した。

ニール・バーガー監督の2014年のSFアクション映画『ダイバージェント』にシェイリーン・ウッドリーテオ・ジェームズアシュレイ・ジャッド等とともに出演、シェイリーン・ウッドリーが演じる主人公ベアトリス・"トリス"・プライアーの兄ケイレブ・プライアーを演じた。また、ジョン・グリーンの小説『さよならを待つふたりのために』を原作とする2014年のロマンス映画『きっと、星のせいじゃない。』にシェイリーン・ウッドリーの相手役として主演した。

2017年には、エドガー・ライト監督作『ベイビー・ドライバー』にベイビー役として主演を務めた。

出演映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2013 キャリー
Carrie
トミー・ロス
2014 ダイバージェント
Divergent
ケイレブ・プライアー
きっと、星のせいじゃない。
The Fault in Our Stars
オーガスタス・ウォーターズ
ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界
Men, Women & Children
ティム・ムーニー
2015 ダイバージェントNEO
Insurgent
ケイレブ・プライアー
ペーパータウン
Paper Towns
メイソン カメオ出演
2016 ダイバージェントFINAL
The Divergent Series: Allegiant
ケイレブ・プライアー
2017 ベイビー・ドライバー
Baby Driver
ベイビー

脚注[編集]

  1. ^ Film: Ansel Elgort”. 2014年8月30日閲覧。
  2. ^ Ansel Elgort Goes from High School to Off Broadway in Regrets”. 2014年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]