ラブレス (2017年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラブレス
Нелюбовь
監督 アンドレイ・ズビャギンツェフ
脚本
  • アンドレイ・ズビャギンツェフ
  • オレグ・ネギン
製作
音楽
  • エフゲニー・ガルペリン
  • サーシャ・ガルペリン
撮影 ミハイル・クリチマン英語版
編集 アンナ・マス
製作会社
配給 日本の旗 クロックワークス/アルバトロス・フィルム/STAR CHANNEL MOVIES
公開 フランスの旗 2017年5月18日 (CIFF)
ロシアの旗 2017年6月1日
日本の旗 2018年4月7日
上映時間 128分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ロシア語
興行収入 $3,300,000[1][2]
テンプレートを表示

ラブレス』(ロシア語: Нелюбовь)は、アンドレイ・ズビャギンツェフ監督による2017年のロシアの映画作品である。第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、審査員賞を獲得した。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

プロデューサーのアレクサンター・ロンダヤスキー英語版は「この映画が『ロシア人の生活、ロシア人の社会、ロシア人の苦悩』の反映を目論まれているが、ほかの国々との関係を意味している」と語った[3]。またロンダヤスキーはこの物語の発送の出発点は家族を観察するという願望であり、監督・脚本のアンドレイ・ズビャギンツェフが2015年に米国を訪れた際に物語の形成を始めたと述べた[4]。ズビャギンツェフはまた当初はイングマール・ベルイマンの1973年のミニシリーズ『ある結婚の風景英語版』のリメイクを目指していたことを明かした[5]

ズビャギンツェフは政治にはあまり関心がないと主張しているが、一方で彼の物語には「現代の警察は人々を気にしない」という彼の考えが反映されている[6]。彼はロシア人が有益な政治改革に期待した2012年10月に物語が始まり、失望した2015年に締めくくられることに決定したと語った[7]。また映画はウクライナへの軍事介入にも言及されている[6]。『ラブレス』はロシアの汚職を描いたズビャギンツェフの前作『裁かれるは善人のみ』をロシア文化省から否定されたため、同国政府からの財政支援無しで製作された[8]。代わりにロンダヤスキーはロシアの富豪のグレブ・フェティソフやフランスのホワイ・ノット・プロダクションズ英語版、ベルギーのLes Films du Fleuveといた国外企業から資金を集めた[9]

主要撮影は2016年夏に始まった[10]。ロケは全てモスクワで行われた[9]

公開[編集]

『ラブレス』は2017年5月に第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、パルム・ドールを争った[11]。その後は7月のニュージーランド国際映画祭英語版[12]、8月のサラエヴォ映画祭で上映された[13]

ロシアでは2017年6月1日に封切られた[4]。北アメリカでの配給権はソニー・ピクチャーズ・クラシックス[14]、中国では北京芸術技術が獲得した[15]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは51件のレビューで支持率は92%、平均点は8.2/10となった[16]。またMetacriticでは加重平均値は90/100となった[17]

受賞とノミネート[編集]

カンヌ国際映画祭の審査員賞は審査員賞を授与した[18]。ロシアでは政治評論家からの反発を受けたが、審査員獲得や米国での高評価を受けてロシアのオスカー委員会はアカデミー外国語映画賞のロシア代表の候補作とした[7]。9月、ロシアは正式にこの映画を第90回アカデミー賞外国語映画賞に出品した[19]

授賞式 部門 候補 結果 参考
アジア太平洋映画賞 2017年11月23日英語版 監督賞 アンドレイ・ズビャギンツェフ 受賞 [20]
カメリメージ英語版 2017年11月18日 銀蛙賞 ミハイル・クリチマン英語版 受賞 [21]
カンヌ国際映画祭 2017年5月28日 審査員賞 アンドレイ・ズビャギンツェフ 受賞 [18]
ヨーロッパ映画賞 2017年12月9日英語版 作品賞 ノミネート [22]
監督賞 ノミネート
脚本賞 オレグ・ネギン、アンドレイ・ズビャギンツェフ ノミネート
撮影賞 ミハイル・クリチマン 受賞 [23]
作曲賞 エフゲニー&サーシャ・ガルペリン 受賞
ユニバーシティ賞 アンドレイ・ズビャギンツェフ ノミネート [24]
ゴールデングローブ賞 2018年1月7日 外国語映画賞 ノミネート [25]
インディペンデント・スピリット賞 2018年3月3日 国際作品賞英語版 ノミネート [26]
ロンドン映画祭 2017年 作品賞 受賞 [27]
ロサンゼルス映画批評家協会 2017年12月3日 外国語映画賞 受賞[注釈 1] [28]
ミュンヘン国際映画祭英語版 2017年 国際作品賞 受賞 [29]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー 2017年11月28日 外国語映画トップ5 受賞 [30]
サテライト賞 2018年2月10日英語版 外国語映画賞 ノミネート [31]
ザグレブ映画祭英語版 2017 Together Again Best Film 受賞 [32]

脚注[編集]

  1. ^ BPM ビート・パー・ミニット』とタイ受賞。

参考文献[編集]

  1. ^ Loveless”. Box Office Mojo. 2017年11月10日閲覧。
  2. ^ Nelyubov”. The Numbers. 2017年11月10日閲覧。
  3. ^ Robin Pomeroy, Robin (2017年5月19日). “'Loveless', a film about people that politicians will hate, screens at Cannes”. Reuters. 2017年5月28日閲覧。
  4. ^ a b Grater, Tom (2017年8月15日). “'Loveless' director Andrey Zvyagintsev on politics and piracy”. Screen Daily. 2017年11月10日閲覧。
  5. ^ Goff, Samuel (2017年10月11日). “Zvyagintsev returns: Russia’s foremost director on his new film Loveless, critics and creativity”. The Calvert Journal. 2017年11月10日閲覧。
  6. ^ a b Zeitchik, Steven (2017年5月20日). “Russian Producer of Cannes Contender 'Loveless' on Kremlin Hostility, Patriotism, Piracy, Trump”. The Los Angeles Times. 2017年5月28日閲覧。
  7. ^ a b Tartaglione, Nancy (2017年11月24日). “'Loveless' Director Andrey Zvyagintsev On Filmmaking In Modern-Day Russia”. Deadline.com. 2017年12月2日閲覧。
  8. ^ Ritman, Alex (2017年5月18日). “Cannes: 'Loveless' Filmmakers Say They 'Didn't Need to Embarrass' Russian Authorities After 'Leviathan'”. The Hollywood Reporter. 2017年5月28日閲覧。
  9. ^ a b Barraclough, Leo (2017年5月25日). “Russian Producer of Cannes Contender 'Loveless' on Kremlin Hostility, Patriotism, Piracy, Trump”. Variety. 2017年5月28日閲覧。
  10. ^ Стало известно, когда будет готов новый фильм Андрея Звягинцева”. Sobaka.ru. 2017年1月15日閲覧。
  11. ^ 2017 Cannes Film Festival Announces Lineup: Todd Haynes, Sofia Coppola, ‘Twin Peaks’ and More”. IndieWire (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  12. ^ Gibson, Nevil (2017年6月27日). “Cannes trifecta of winners take top slots at NZ International Film Festival”. National Business Review. 2017年7月2日閲覧。
  13. ^ Warner, Sam (2017年7月25日). “Sarajevo's Kinoscope to show 'The Square', 'Loveless'”. 2017年8月4日閲覧。
  14. ^ Keslassy, Elsa (2017年5月17日). “Cannes: Sony Classics Acquires Russian-Language Drama ‘Loveless’”. Variety. 2017年5月18日閲覧。
  15. ^ Ford, Rebecca (2017年5月21日). “Cannes: China's Weying Takes Five Competition Films”. The Hollywood Reporter (The Hollywood Reporter). http://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-chinas-weying-takes-five-competition-films-1005950 2017年5月25日閲覧。 
  16. ^ LOVELESS (NELYUBOV) (2017)”. Rotten Tomatoes. 2017年12月9日閲覧。
  17. ^ Loveless”. Metacritic. 2017年5月28日閲覧。
  18. ^ a b Debruge, Peter (2017年5月28日). “2017 Cannes Film Festival Award Winners Announced”. Variety. 2017年5月28日閲覧。
  19. ^ Oscars: Russia submits Zvyagintsev’s film Loveless for Oscars”. TASS (2017年9月21日). 2017年9月21日閲覧。
  20. ^ Frater, Patrick (2017年11月23日). “'Sweet Country,' 'Newton' Share Top Honors at Asia Pacific Screen Awards”. Variety. 2017年11月30日閲覧。
  21. ^ CAMERIMAGE 2017 WINNERS!”. Camerimage. 2017年11月30日閲覧。
  22. ^ Cabeza, Elisabet (2017年11月4日). “'The Square' leads 2017 European Film Awards nominations”. Screen International. 2017年11月7日閲覧。
  23. ^ Roxborough, Scott (2017年11月14日). “Andrey Zvyagintsev's 'Loveless' Wins Two European Film Awards”. The Hollywood Reporter. 2017年11月25日閲覧。
  24. ^ FIVE FILMS NOMINATED FOR EUFA 2017”. European Film Academy. 2017年12月11日閲覧。
  25. ^ Maglio, Tony (2017年12月11日). “Golden Globes 2018: The Complete List of Nominees”. The Wrap. 2017年12月11日閲覧。
  26. ^ Lewis, Hilary (2017年11月21日). “Independent Spirit Awards: 'Call Me by Your Name' Leads With 6 Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年11月22日閲覧。
  27. ^ London Film Festival: Andrey Zvyagintsev's 'Loveless' Wins Top Prize”. The Hollywood Reporter. 2017年12月14日閲覧。
  28. ^ Tapley, Kristopher (2017年12月3日). “Los Angeles Film Critics Assn. Crowns 'Call Me by Your Name' Best Picture of 2017”. Variety. 2017年12月3日閲覧。
  29. ^ Blaney, Martin (2017年7月3日). “Munich: Zvyagintsev, Pinho and Lass among winners”. Screen Daily. 2017年7月5日閲覧。
  30. ^ 2017 Award Winners”. National Board of Review. 2017年11月30日閲覧。
  31. ^ Pond, Steve (2017年11月29日). “'Dunkirk,' 'The Shape of Water' Lead Satellite Award Nominations”. The Wrap. 2017年12月2日閲覧。
  32. ^ Grater, Tom (2017年11月20日). “'Loveless', Bosnian Oscar entry 'Men Don’t Cry' win at Zagreb Film Festival”. Screen Daily. 2017年12月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]