Time's Up

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Time's Up
Times up small.png
設立年 2018年1月1日(7か月前) (2018-01-01
目的 セクシャルハラスメントの撲滅[1]
ウェブサイト 公式ウェブサイト

Time's Up(タイムズ・アップ。「時間切れ」「もう終わりにしよう」の意[2])は、アメリカ合衆国で開始したセクシャルハラスメントに対する運動。ワインスタイン効果英語版#MeToo運動に関連してハリウッドの著名人らによって2018年1月1日に発表され、支援基金が発足した[3]

概要[編集]

「Time's Up」には、セクシャルハラスメントがまかり通っていた時代や、被害者がセクシャルハラスメントを黙殺していた時代は終わったという意味が込められている[4]

2018年2月現在、支援基金(TIME'S UP Legal Defense Fund)には2000万ドルが調達され、200人以上のボランティア弁護士が参加している[5]

この運動における連帯の象徴として、第75回ゴールデングローブ賞では多くの女優・俳優が黒い服を着用して出席した[2][4]

歴史[編集]

2017年11月、Alianza Nacional de Campesinas(アメリカの農業労働者の女性組織)は、ハーヴェイ・ワインスタインの性的虐待を告発するハリウッドの女性たちに連名の手紙を執筆した。雑誌「TIME」に掲載された手紙には、女性の農場労働者の間での暴行やハラスメントの体験が綴られていた。手紙はアメリカの約70万人の女性農場労働者のために書かれたとも述べられていた[6]

それに応じて、2018年1月1日ニューヨーク・タイムズで当運動が発表された。同時に、先述の団体からの支援の手紙と、ハラスメントについて話す場所や資金の足りない女性・男性・非白人LGBTのコミュニティを支援したいという思いが掲載された[1]。発足に際して、以下の取り組みが発表された。

2018年1月初旬、マーク・ウォールバーグと彼のエージェンシーウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメントは、映画『ゲティ家の身代金』の共演者ミシェル・ウィリアムズの名義でTime's Upに200万ドル以上を寄付した。これは、ケヴィン・スペイシーが性的スキャンダルで降板した同映画の再撮影の際、同じエージェンシー所属のミシェル・ウィリアムズの報酬が10日間で800ドルだったのに対し、マーク・ウォールバーグが同じ10日間で150万ドルだったと判明したことに起因する[7]

さらに、SNS上でナタリー・ポートマンマドンナマライア・キャリージャスティン・ティンバーレイクエマ・ワトソンリース・ウィザースプーンマーク・ラファロブレイク・ライヴリーハル・ベリーら女優・俳優・歌手が続々とTime's Upに関する投稿を行い、ムーブメントを周知させた[4]

第60回グラミー賞では、レディー・ガガラナ・デル・レイケシャシンディ・ローパーなどの出席者が、白いバラや全身黒の服を着用してTime's Upへの賛同を表明している[8]。歌手のロードは、自身のドレスの背中に縫い付けた白いカードに、自身が最も偉大な人物とする美術家ジェニー・ホルツァーの「喜べ! 私たちの時代は耐えがたい。勇気を持て、最悪は最高への兆しだ。悲惨な状況だけが圧制の崩壊を引き起こせる。勝利の前に、古いものや腐ったものは捨てられていく。反発も生まれてくるだろう。しかし、そういった騒乱も演出となり終結へと加速していく。そして、アポカリプスは花開くだろう」という文章を白いバラとして引用して書き込んだ[8][9]

ジョアンナ・ラムレイが主催する第71回英国アカデミー賞では、出席者は黒い服とTime's Upのピンを着用した[10]

第90回アカデミー賞では授賞式の途中、ハーヴェイ・ワインスタインを告発したサルマ・ハエックアシュレイ・ジャッドアナベラ・シオラが登壇し、Time's Upを含む多様性を特集した映像を上映した[11]

署名者[編集]

ウェブサイトには、セクシャルハラスメントや暴行への取り組みを支持する世界中の女性への公開状が掲載されている。この手紙には、エンターテイメント業界や化粧品会社などの、主に英国・米国の女性約400人の署名がある[12]メリル・ストリープジェニファー・ローレンスケイト・ブランシェットナタリー・ポートマンら多くの著名女優をはじめ[2]、テレビプロデューサーのションダ・ライムズや彼女が製作を務めるテレビドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』『スキャンダル 託された秘密』の出演女優らも署名を連ねている。その出演女優の一人ジェシカ・キャプショーや、その母親のケイト・キャプショーも署名しており、ケイト・キャプショーは夫のスティーヴン・スピルバーグとともに「緊急課題として取り組む必要のある国家的かつ国際的な問題」と述べている[13]

主な署名者一覧[編集]

名前はアルファベット順[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b Buckley, Cara (2018年1月1日). “Powerful Hollywood Women Unveil Anti-Harassment Action Plan”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/01/01/movies/times-up-hollywood-women-sexual-harassment.html 2017年1月2日閲覧。 
  2. ^ a b c セクハラ時代は「もう終わり」 ゴールデン・グローブ賞授賞式 - 朝日新聞デジタル&w”. 朝日新聞デジタル&w (2018年1月9日). 2018年1月11日閲覧。
  3. ^ “Reese Witherspoon, Taylor Swift, Jennifer Aniston: See Who's Given $500k, More to Fight Harassment”. People Magazine. (January 2, 2018). http://people.com/movies/reese-witherspoon-taylor-swift-jennifer-aniston-see-whos-given-500k-more-to-fight-harassment/ 2018年1月22日閲覧。. 
  4. ^ a b c 「#MeToo」に続くセクハラ糾弾運動「Time's Up」とは? マドンナやハル・ベリーらがSNSで反応 (2018/01/11) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)”. rockinon.com (2018年1月11日). 2018年3月31日閲覧。
  5. ^ Lockett, Dee. “Time’s Up Has Already Raised $20 Million, Helped Over 1,000 People” (英語). Vulture. http://www.vulture.com/2018/02/times-up-has-raised-usd20-million-helped-over-1-000-people.html?wpisrc=nl_lily&wpmm=1 2018年2月12日閲覧。 
  6. ^ “700,000 Female Farmworkers Say They Stand with Hollywood Actors against Sexual Assault”. Time. (November 10, 2017). http://time.com/5018813/farmworkers-solidarity-hollywood-sexual-assault/ 2018年1月2日閲覧。. 
  7. ^ “Mark Wahlberg and Agency Will Donate $2 Million to Time’s Up After Outcry Over Pay” (英語). https://www.nytimes.com/2018/01/13/arts/mark-wahlberg-michelle-williams.html?referer= 2018年1月26日閲覧。 
  8. ^ a b Lesley McKenzie. “Jenny Holzer, the feminist artist behind Lorde's Grammys gown message, isn't a stranger to the fashion world”. Latimes.com. 2018年1月31日閲覧。
  9. ^ fosco lucarelli (2016年4月28日). “‘Rejoice! Our times are Intolerable’. Jenny Holzer and her ’15 Inflammatory Essays’ 1979-82 – SOCKS”. Socks-studio.com. 2018年1月31日閲覧。
  10. ^ “How Hollywood, Awards Shows Helped Expand Time's Up Into a Worldwide Cause” (英語). https://variety.com/2018/biz/news/times-up-metoo-hollywood-oscars-1202713699/= 2018年3月1日閲覧。 
  11. ^ アカデミー賞「多様性」を象徴 ハリウッドは変われるか? - シネマトゥデイ”. シネマトゥデイ (2018年3月29日). 2018年3月31日閲覧。
  12. ^ a b Original signers of the letter”. Time's Up Now (2018年1月1日). 2018年1月12日閲覧。
  13. ^ Steven Spielberg speaks out on Weinstein scandal and Catherine Deneuve slamming the #MeToo movement”. NME Magazine (2018年1月12日). 2018年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]