ベター・コール・ソウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベター・コール・ソウル
Better Call Saul
ジャンル 犯罪ドラマ、ブラックコメディ
製作者 ヴィンス・ギリガン
ピーター・グールド
出演者 ボブ・オデンカーク
ジョナサン・バンクス
マイケル・マッキーン
レイ・シーホーン
パトリック・ファビアン
マイケル・マンド
テーマ曲
作者
リトル・バーリー
コンポーザー Dave Porter
アメリカ合衆国
シーズン数 3
話数 23
製作
製作総指揮 ヴィンス・ギリガン
ピーター・グールド
Mark Johnson
Melissa Bernstein
プロデューサー ボブ・オデンカーク
Nina Jack
Diane Mercer
放送時間 42-53分
製作会社 High Bridge Productions
Crystal Diner Productions
Gran Via Productions
ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン
番組販売会社 ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン
放送
放送局 AMC
放送期間 2015年2月8日 (2015-02-08) – present
関連番組 ブレイキング・バッド
外部リンク
ウェブサイト

ベター・コール・ソウル』(Better Call Saul)は、ヴィンス・ギリガンの制作によるアメリカのテレビドラマシリーズである。同じくヴィンス・ギリガンによるドラマシリーズである『ブレイキング・バッド』に登場する弁護士ソウル・グッドマンを主役としたスピンオフシリーズ。物語はソウルが『ブレイキングバッド』に登場する6年前の2002年から始まる[1]。2015年2月8日から AMCでシーズン1が、2016年2月15日からシーズン2が、2017年4月10日からシーズン3が放送されている。

日本ではシーズン1が2015年9月1日からNetflixで"Netflixオリジナル番組"として配信され、2015年12月2日にはDVDとブルーレイが発売された。シーズン2は2016年2月16日からNetflixで配信され、2016年12月21日にDVDとブルーレイが発売された。シーズン3は2017年4月11日から配信されている。

概要[編集]

ブレイキング・バッドの6年前、本名のジミー・マッギルで活動していた貧乏弁護士ソウル・グッドマンと、フィラデルフィアの警官を引退しアルバカーキに移ったマイク・エルマントラウトが主要な登場人物となる。ブレイキング・バッドに登場したトゥコやヘクターなどの人物が絡み、ジミーとマイクの背景が描かれる。

登場人物[編集]

メインキャスト[編集]

ソウル・グッドマン
演 - ボブ・オデンカーク、日本語吹替 - 安原義人
本作の主人公。本名はジミー(ジェームズ)・マッギル[2]。刑事事件の公選弁護人を主な業務とする貧乏弁護士。
マイク・エルマントラウト
演 - ジョナサン・バンクス、日本語吹替 - 有本欽隆
元フィラデルフィア警官で裁判所の駐車場管理人。ソウルと同様、『ブレイキング・バッド』に登場するキャラクターの一人。
キム・ウェクスラー
演 - レイ・シーホーン、日本語吹替 - 朴璐美
ハムリン、ハムリン&マッギル弁護士事務所(HHM)で働く弁護士。ジミーの友人。
ハワード・ハムリン
演 - パトリック・ファビアン、日本語吹替 - 井上和彦
HHMの創設者の一人である裕福でやり手の弁護士。
チャック・マッギル
演 - マイケル・マッキーン、日本語吹替 - 羽佐間道夫
ソウルの兄。HHMの創設者の一人。電磁波アレルギーにより隠遁生活を送る。
イグナチョ・"ナチョ"・バルガ
演 - マイケル・マンド英語版、日本語吹替 - 青山穣
トゥコ・サラマンカの手下。

その他のキャスト[編集]

トゥコの祖母
演 - ミリアム・コロン英語版
クレイグ・ケトルマン
演 - ジェレミー・シャモス英語版
郡の出納役
ベッツィー・ケトルマン
演 - ジュリー・アン・エメリー英語版
クレイグの妻
ステーシー・エルマントラウト
演 - ケリー・コンドン
マイクの息子の未亡人
ラースとキャル
演 - Steven Levine、Daniel Spenser Levine
双子のスケートボードの当たり屋
ミセス・グェン
演 - Eileen Fogarty
裏にジミーの部屋があるネイルサロンのオーナー
マルコ
演 - メル・ロドリゲス英語版
シセロに住む、ジミーの親友で詐欺師
クリフォード・メイン
演 - エド・ベグリー・ジュニア
デイヴィス&メイン弁護士事務所のパートナー
プライス
演 - マーク・プロクシュ英語版
麻薬ビジネスを始め、マイクをボディガードに雇う
エルネスト
演 - Brandon K. Hampton
HHMがチャックにつけた助手

ブレイキング・バッドにも登場するキャスト[編集]

トゥコ・サラマンカ
演 - レイモンド・クルス
ギャング
ヘクター・“ティオ”・サラマンカ
演 - マーク・マーゴリス
トゥコの叔父でギャングの幹部
ケン・ウィンズ
演 - カイル・ボーンハイマー
株式トレーダー
サクストン巡査
演 - Stoney Westmoreland
アルバカーキの警官
グスタボ・"ガス"・フリング
演 - ジャンカルロ・エスポジート
ロスポヨス・レストラン店長にして麻薬業者
フランチェスカ
ジミーとキムが雇った受付、後にソウルの受付
ヴィクター
ガスの手下

あらすじ[編集]

シーズン1[編集]

ブレイキング・バッドの6年前、ソウル・グッドマンは本名のジミー・マッギルを名乗る、アルバカーキの貧乏弁護士である。フラッシュバックにより、ジミーは大きな弁護士事務所HHMを経営する優秀な兄チャックの出来そこないの弟として、やっとのことで弁護士資格を取ったことがわかる。だがチャックは病気を患ってひきこもり、ジミーは必死に二人の生活を支える。フィラデルフィアの警官だったマイクは、亡き息子の妻と孫娘の住むアルバカーキに移るが…

シーズン2[編集]

ジミーはHHMに勤める恋人キムの口利きで大手の弁護士事務所に入るが、法と規則を逸脱しがちとなり馴染めないままに辞め、キムと一緒に独立する。チャックは相変わらずジミーを妨害するが、ジミーは病気の兄を気にかける。マイクはトゥコやヘクターに関わり、孫娘達を守るために次第に裏稼業に手を染め始める。

エピソード[編集]

シーズン1[編集]

話数 通算 邦題 原題 米国放送日 米国視聴者数
(百万人
1 1 駆け出し Uno 2015年2月08日 6.88[3]
ブレイキング・バッドの出来事の後、ソウル・グッドマンはネブラスカ州オマハで仮名を用い、シナボンの店長として隠れ住んでいる。ある夜、ソウルは昔弁護士として作った"ベター・コール・ソウル"のCMのビデオを見る。

2002年、ジミー・マッギル(ソウルの本名)はニューメキシコ州アルバカーキで貧乏な国選弁護士をしている。ジミーはベトナム人経営のネイルサロンの裏の汚い倉庫に住み、電磁波アレルギーだと信じ込み隠遁生活を送る兄チャックの面倒を見ている。兄の代理として、兄が創設した弁護士事務所HHMのパートナーであるハワード・ハムリンに会い、HHMの現在の価値のうち兄の取り分である1700万ドルを要求するが相手にされない。160万ドルの横領を疑われている郡の出納役クレイグ・ケトルマンと妻のベッツィーに会い、弁護士として自分を雇うよう勧めるが、夫妻は代わりにHHMを雇う。困ったジミーは双子のスケートボーダーの当たり屋と謀ってベッツィー・ケトルマンに交通事故を仕組み、恩を着せて自分を雇わせようとする。車が停まった家を尋ねたジミーはトゥコ・サラマンカに銃を突きつけられる。

2 2 トゥコ Mijo 2015年2月09日 3.42[4]
双子が間違えてトゥコの祖母の車に事故を仕組んだことがわかる。ジミーは交通事故の件で来た弁護士だとトゥコに言う。だが双子はすべてジミーの立てた計画だと白状する。トゥコは怒り、手下と共にジミーと双子を縛って砂漠に転がして追及する。ジミーは自分が弁護士であると納得させ、命を救われる。双子の足の骨を折らせる代わりに命を助け、救急病院に連れていく。トゥコの手下のナチョがジミーを訪ねて来て、ケトルマンの横領した金を盗もうと言い、手伝えと言う。ジミーは断るが、ナチョは電話番号を残して行く。
3 3 ナチョ Nacho 2015年2月16日 3.23[5]
フラッシュバックで、性犯罪者として有罪となる瀬戸際のジミーを、兄で弁護士のチャックが拘置所に訪ねる。チャックは、ジミーが全てから手を引けば助けると約束する。

2002年、ジミーは匿名でケトルマン夫妻に危険を警告するが、一家は誘拐され、近所で目撃されたナチョが逮捕される。ナチョはジミーが誰かに計画を漏らしたせいではめられたと疑い、無罪にしないと殺すと脅す。ジミーは夫妻が誘拐を偽装したと考え、立証しようとする。警察には相手にされないが、元警官で駐車場管理人のマイクは信じる。マイクの助言を聞き、ジミーは一家が近所のテントに隠れているのを見つけ、大金を持っているのを目にする。

4 4 ヒーロー Hero 2015年2月23日 2.87[6]
フラッシュバックで、シカゴ郊外のシセロにいた"滑りのジミー"は親友のマルコと偽物のローレックスの時計で詐欺を働く。

2002年、ジミーはケトルマン夫妻の弁護を申し出るが断られ、代わりに3万ドルを受ける。ケトルマン夫妻は戻り、ナチョは釈放される。ジミーがケトルマン夫妻に警告したと疑い、ナチョはジミーを脅す。ジミーはHHMそっくりの看板を立てる。ハムリンは激怒し、取り外し命令を出させる。ジミーはハムリンの横暴を訴えるため、大学の放送局に看板を取り外すところを取材させ、落下しかけた職人の救出を偽装して英雄になる。ジミーはチャックから新聞を隠すが、チャックは電磁波の苦痛に耐えながら外出して隣家の新聞を盗み、ジミーの行動を知る。

5 5 羊飼いの少年 Alpine Shepherd Boy 2015年3月02日 2.71[7]
隣家が警察を呼びチャックは逮捕され病院に収容される。チャックの電磁波アレルギーは心因性であることを医者が証明して精神病院に入れようとするが、ジミーは家で面倒を見る。有名になったジミーのもとには、妙な顧客ばかりが集まる。キムは老人専門の弁護士になってはどうかとジミーに助言し、ジミーは老人ホームで宣伝を始める。一方、マイクの家に大勢の警官がやって来る。
6 6 警官 Five-O 2015年3月09日 2.57[8]
フラッシュバックで、マイクは列車でアルバカーキ駅に着き、義理の娘のステーシーに迎えられる。マイクの息子で警官だったマティが最近殺されたことが分かる。マイクは傷を負っており、獣医に治療を受ける。

2002年、マイクは2人の警官の殺人容疑で連行され、ジミーを弁護士として呼ぶ。マイクはジミーにコーヒーを刑事にこぼさせ、その隙にノートを盗む。ノートを読んだマイクは、ステーシーが警察に通報したことを知る。マイクはステーシーを問い詰め、マティーは潔白な警官だったと言う。


フラッシュバックで、フィラデルフィアにいるマイクは外のパトカーに忍び込んだ後バーに入り、深酒の後に2人の警官ホフマンとフェンスキーに、「やっぱりお前らだったか」と言い、アルバカーキに引っ越すつもりだと言ってバーを出る。2人はパトカーにマイクを乗せ、マイクは2人がマティーを恐れて殺したのだろうと言う。2人は銃を取り上げてマイクを殺そうとするが、泥酔した振りをしていたマイクは後部座席に隠した別の銃を取り出して2人を殺す。


2002年、マイクはステーシーに、賄賂を受け取るようマティーに助言して破滅させたのは自分だと言う。仲間の警官が躊躇を見てとって、マティーを殺したのだと言う。

7 7 ビンゴ Bingo 2015年3月16日 2.67[9]
マイクとジミーは警察署に呼ばれノートを盗んだと責められるが、ジミーはノートを返して駐車場で見つけたと言う。翌日、ジミーはキムを新しく借りたオフィスに連れて行き、パートナーの地位を申し出るが断られる。HHMで、キムはケトルマン夫妻に、横領金を返し刑期を30年から16か月に短縮する司法取引を持ちかける。だが妻は拒否して夫と共にHHMを去る。ケトルマン夫妻はジミーに弁護を依頼する。ジミーはHHMに戻れと言うが、夫妻は司法取引を受けるためには、ジミーに渡した賄賂も必要になると言う。ハムリンは顧客を失ったキムを格下げにする。その夜、ジミーはマイクを雇って横領金をケトルマン宅から盗み出させ、受け取った賄賂を加える。翌日、ジミーはケトルマン夫妻を訪ねて、横領金を地方検事に届けたと話し、キムの司法取引に応じさせる。ジミーは用意していた資金を無くし、新しいオフィスをあきらめる。
8 8 RICO法 Rico 2015年3月23日 2.87[10]
フラッシュバックで、ジミーはHHMの郵便物室で働いている。キムに自分の弁護士資格試験結果を見てくれと頼み、キムは結果を見てキスをする。ジミーはチャックにも見せ、内緒でアメリカ領サモア大学の通信教育を受けたと言う。郵便物室では小さなパーティーが催されるが、ハムリンは弁護士としてはジミーを雇わないと言う。

2002年、ハムリンがケトルマンの司法取引成立の記者会見を開いている時、ジミーはサンドパイパー・クロッシング老人ホームにいる顧客を訪ねる。ジミーはサンドパイパーが顧客を搾取していることに気付き、かつて担当だったチャックに相談する。ジミーは再びサンドパイパーを訪ねるが放り出される。ジミーは深夜にサンドパイパーのゴミ捨て場をあさってシュレッダーにかけられた書類を拾い、チャックの家に持ち帰って書類を復元しようとするがはかどらずに寝てしまい、チャックが復元して搾取を証明する。ジミーはチャックの家でサンドパイパーの弁護士と会ってRICO法侵害の集団訴訟を起こすと脅し、チャックは2000万ドルを要求する。チャックは勝てそうだとジミーに言う。翌日、ジミーは書類をもってチャックの家に行くが居眠りし始める。チャックはジミーの車の書類を取りに無意識のまま外に出て、二人は驚愕する。マイクはステーシーから、孫ケイリーの子守を頼まれる。ステーシーにマティーが受け取った賄賂をどうすべきか相談され、使ってしまえばいいと言う。マイクは獣医に仕事の紹介を頼む。

9 9 ピメント Pimento 2015年3月30日 2.38[11]
チャックとジミーは公園のベンチに座り外の空気を楽しむ。ジミーは裁判所でサンドパイパーへの接近の権利を勝ち取る。チャックの家には膨大な書類がサンドパイパーから届けられ、チャックはHHMの助けが必要だとジミーを説得する。夜、チャックは外に出て電話をかける。チャックはエマージェンシーブランケットを内張りにしたスーツを着てジミーと共にHHMを訪れる。ハムリンは案件を引き受け十分な報酬を払うが、ジミーは弁護団に入れないと言う。怒ったジミーはHHMとの取引を断って立ち去る。キムはハムリンを責めるが、ハムリンに理由を説明されて沈黙する。キムはネイルサロンでジミーを待ちHHMの申し出を受けろと言い、ジミーを怒らせる。ジミーは充電したはずの携帯電話の電池が切れている理由に気づく。翌日、ジミーはチャックの家に行き、打ち合わせ前にハムリンに電話をしただろうと責める。チャックがジミーを雇わないようにハムリンに言ったこと、以前からジミーを弁護士として雇わないようにはからっていたことを知る。チャックはジミーが本物の弁護士ではないと罵倒し、怒ったジミーは一人で生きろとチャックに言って立ち去る。マイクは他の男たちと雇い主を待つ間、一人を倒し一人を追い返して、自分だけで仕事を引き受ける。マイクと雇い主はナチョと仲間たちに会い、ドラッグを売る。
10 10 マルコ Marco 2015年4月06日 2.53[12]
フラッシュバックで、ジミーはシセロで詐欺師仲間のマルコに別れを告げ、アルバカーキに引っ越すと言う。

現在、ジミーはハムリンに会って2万ドルの手数料を受け取り、チャックに食料品などを届ける引き継ぎをする。老人ホームでビンゴを主催している時にジミーは悲しみに我を失い、シセロに戻って馴染みのバーでマルコに再会する。二人はよそ者のビジネスマンにコインの詐欺を働く。次の週も二人は詐欺を続ける。ある朝、ジミーは自分が老人専門の弁護士であり、兄のいるアルバカーキに戻らなければならないと言う。マルコはもう一回だけローレックスの詐欺をしようと言うが、詐欺の最中に心臓発作で死ぬ。マルコのピンクの指輪をはめて悲嘆にくれるジミーのところに、キムから電話が来る。サンタフェの大きな弁護士事務所のD&Mが集団訴訟に加わり、ジミーをパートナーとして雇うと言う。ジミーはアルバカーキに戻るが、D&Mとは会わない。ケトルマンの大金をなぜ返したのだろうとマイクに問いかけ、そのような良心は二度と持たないと言う。ローレックス詐欺の時にマルコが歌っていた『スモーク・オン・ザ・ウォーター』を歌いながら、ジミーは車で去る。

シーズン2[編集]

話数 通算 邦題 原題 米国放送日 米国視聴者数
(百万人)
1 11 スイッチ Switch 2016年2月15日 2.57[13]
現在、ジミーはネブラスカ州オマハシナボン店長として暮らすが、誤ってショッピングモールのゴミ収集庫に閉じ込められてしまう。やっと出られた時、"SG WAS HERE"の文句が壁に彫られている。

2002年、ジミーはデイヴィス&メインの雇用の申し出を辞退し、事務所を閉鎖して自由を楽しむ。キムはジミーを責めるが、ジミーは弁護士の仕事を辞めると言い張る。ジミーはキムと共に株トレーダーを騙してバーの代金を払わせる。興奮したキムはジミーと一夜を過ごす。一方、プライスはもはやボディガードは不要だと言ってマイクを首にする。マイクの不在をいいことに、ナチョはプライスの住所を盗み見る。プライスの家は空き巣に入られ、呼ばれた警察は状況を怪しんで、ソファーの裏の隠し場所を見つける。ジミーは気を変えてD&Mに雇われ、豪華なオフィスをもらう。

2 12 クリームパイ Cobbler 2016年2月22日 2.23[14]
ハムリンはチャックを訪れてジミーがD&Mに勤めたと話す。マイクは盗まれたベースボールカードのことで警察に来たプライスに出くわす。マイクは警察が麻薬業者だと疑っているとプライスに警告し、自分がカードを見つけてやると言う。マイクはナチョを見つけ、隠れて麻薬を扱っていることをトゥコにばらすと脅す。ナチョはプライスのハマーと引き換えにカードを返す。チャックはHHMとD&Mの会議に現れてジミーを苛立たせる。マイクはジミーに電話をしてプライスへの疑いを解いてくれるよう頼み、ジミーは警察が見つけた隠し場所にはプライスの恥ずかしいビデオがあったと警察に納得させる。ジミーはプライスのビデオを実際に撮ったことをキムに話すが、キムは証拠の捏造は危険だと注意する。
3 13 テキサス Amarillo 2016年2月29日 2.20[15]
ジミーはサンドパイパー老人ホームの入所者のバスに乗りこんで説得し、集団訴訟への参加の署名を集める。チャックはジミーの手法に疑問を投げかける。D&Mに推薦した自分の評判を心配したキムは、合法的に仕事を進めるようジムに注意する。郵送による勧誘に埒があかないため、ジミーはTV CMを撮影し、勝手にCMを放送して大量の原告を集めるが、クリフは激怒する。一方、ステーシーは夜銃声らしき音を聞いたとマイクに話し、見張りをしたマイクは新聞配達の音であることを発見する。だがステーシーは弾痕をマイクに見せる。ナチョがマイクにある人物の始末を依頼してくる。
4 14 丸腰 Gloves Off 2016年3月7日 2.20[16]
ジミーはD&Mのパートナー達に無断でCMを放送した件を叱責されるが、クリフに処分を猶予される。キムはハムリンとチャックにCMの事を黙っていたことを責められて降格される。ジミーはチャックの家に行き、自分が弁護士を辞める代わりにキムを元の地位に戻すよう求めるが、チャックは自分の関わりを認めない。ナチョはトゥコに自分の秘密のビジネスがばれるのを恐れてマイクにトゥコを暗殺するよう依頼する。マイクはカルテルが疑うことを心配して引き受けず、トゥコとの乱闘を仕組み警察を呼んで逮捕させ、数年間の刑務所暮らしに陥れる。ナチョはトゥコを殺さない理由を尋ねるがマイクは答えない。
5 15 レベッカ Rebecca 2016年3月14日 1.99[17]
過去、アルバカーキに来たばかりのジミーはチャックの家を訪ねて妻のレベッカに会い、気にいられるがチャックは面白くない。

現在、ジミーは書類部屋に降格されたキムに、HHMを訴えてはと持ちかけるが取り合われない。D&Mでジミーは同僚のエリンにつきまとわれ、クリフの差し金だと疑う。キムは元の弁護士の仕事に戻ろうともがくが報われない。チャックはキムに会い、かつてジミーが父親の店の金を使い込んだ事を話し、キムを元の仕事に戻すと約束する。マイクはトゥコの叔父ヘクターに会い、トゥコの銃が自分の物だと証言して刑期を短縮してくれれば5000ドル払うと申し出られる。

6 16 バリ・ハイ Bali Hi 2016年3月21日 2.11[18]
深夜ジミーは退屈して昔のネイルサロンの裏の事務所に行き、キムの留守番電話にバリ・ハイを録音する。相変わらず同僚につきまとわれて退屈な仕事を押し付けられる。キムは元の弁護士職に戻るがハムリンに冷遇され、サンドパイパー側の弁護士事務所S&Cからヘッドハンティングの誘いを受ける。カモを見つけたキムはバーにジミーを呼び出し偽の投資話をして呑み代をおごらせる。マイクはヘクターに脅されて金を受け取り偽証を承諾する。
7 17 風船人形 Inflatable 2016年3月28日 2.03[19]
過去、幼いジミーが父親の店で働いていると、ペテン師が父親を騙そうとする。ジミーは見破って父親に警告するが、人のいい父親は騙される。父親に失望してジミーはレジスターから金を盗む。

現在、ジミーはマイクに付き添って地方検事に会い、トゥコの持っていた銃はマイクの銃だと話す。ジミーはD&Mを退職しようとするが、契約金の返還を避けるために断念する。解雇された場合は返還しなくてもよいため、派手な服を着て奇矯な行動をとり、解雇されるよう仕向ける。ジミーは二人で事務所を開こうとキムに持ちかけるが断られ、元のネイルサロン裏の事務所に戻る。一方、マイクはステーシーに家を買うと約束し、ヘクターのレストランを見張る。キムはS&Cの面接を受けた後ジミーと会い、同じビルに別々の事務所を開いて経費を節約するという妥協案を持ちかける。

8 18 フィフィ Fifi 2016年4月4日 1.93[20]
ジミーはキムの提案を受け入れ、共同で元歯科医院のオフィスを借りる。キムはHHMを辞職し、メサ・ヴェルデを最初の客にする。チャックは電気を切らずにメサ・ヴェルデを説得してHHMに引きとめるが倒れる。ジミーはチャックを見舞い、密かにメサ・ヴェルデの書類を改竄する。一方マイクはヘクターを怪しいガレージまで尾行し、車止めのスパイクを作り始める。
9 19 大成功 Nailed 2016年4月11日 2.06[21]
マイクはスパイクでヘクターのトラックを止め、現金を盗む。だがマイクの期待に反して警察は動かない。ナチョはマイクの仕業を疑う。チャックはメサ・ヴェルデのために銀行委員会に出席するが、書類の誤りのために支店の開設は6週間遅れ、チャックはジミーの仕業を疑う。キムとジミーは事務所開設の準備をする。HHMに失望したメサ・ヴェルデはキムと契約する。チャックはジミーを責めるが、キムはジミーに味方する。その夜、キムはジミーの仕業であることを知っていて、チャックと敵対するなら細心の注意を払うべきとジミーに証拠隠滅をほのめかす。ジミーはコピー店に来て店員を買収し口を封じる。ジミーが見守る中、チャックもコピー店に来るが、倒れて頭を打つ。
10 20 引き金 Klick 2016年4月18日 2.26[22]
過去、チャックが見守る中で母親が最後にジミーの名を呼びながら他界する。

現在、ジミーはコピー店に入って救急車を呼ばせる。病院でチャックは、自分が倒れた直後にジミーが来たのは店員を買収したのだろうと責めるが、エルネストは自分がジミーに連絡したと嘘をついてかばう。ジミーとキムが病院でチャックのCTスキャナー検査を待っているとジミーのCMが流れる。チャックの検査結果は良好だが、昏睡状態に陥る。翌朝チャックは目覚め、ジミーが家に連れ帰る。マイクはライフルを買ってヘクターを狙うが、ナチョが邪魔になり撃てない。クラクションを聞いたマイクが車に戻ると、「やめろ」と書いた紙がワイパーにはさまれている。翌日ジミーはハムリンから連絡を受け、急いでチャックの家に向かう。チャックは部屋を金属シートで覆い、書類の誤りを犯したので弁護士業から引退すると言う。チャックをなだめるため、ジミーは書類の偽造を認める。ジミーが去った後、チャックはテープレコーダーを取り出して録音を停止する。

シーズン3[編集]

話数 通算 邦題 原題 米国放送日 米国視聴者数
(百万人)
1 21 メイベル Mabel 2017年4月10日 1.81[23]
現在、仮名で身を潜めるジミーは万引き犯の逮捕を助けるが、弁護士を雇えと呼びかける。その後、シナボンの店長として働くジミーは突然卒倒する。

2002年、チャックは部屋から金属シートを外し、書類の偽造をした件でジミーを責める。かつてジミーに騙されてCM撮影に協力させられた軍人が訪れてCMを中止しろと脅す。マイクは車のガスキャップに仕掛けられた追跡装置を見つけて、同じ装置を入手して置き換える。元の装置の電池を消耗させたうえで待ち伏せる。夜何者かがガスキャップの交換に来て、新しい追跡装置の付いたガスキャップを持ち帰るのを確認して、マイクは追跡を始める。チャックはジミーが偽造を告白した録音をハムリンに聞かせ、偶然を装ってエルネストにも聞かせる。

2 22 目撃者 Witness 2017年4月17日 1.46[24]
マイクが追跡すると、追跡装置を渡された男が多くの場所を回ったのちにロスポヨス・レストランに追跡装置を置いて立ち去る。ジミーとキムは助手を雇う。マイクに頼まれてジミーはロスポヨスに偵察に行く。ジミーがマイクに何事もなかったと報告するところをガス・フリングが見守る。ヘクターの手下がロスポヨスに立ち寄り、追跡装置が再び動き始めてマイクが追う。マイクが道路の上でガスキャップを見つけると、その上に置かれた携帯電話が鳴る。エルネストは録音のことをキムに話し、キムはジミーに話す。チャック、ハムリンと私立探偵が待ち構える中、兄の裏切りに怒ったジミーはチャックの家に来てテープを破壊する。
3 23 乗りかかった船 Sunk Costs 2017年4月24日 1.52[25]
ガスとマイクは話し合い、ガスはマイクを追跡せず、マイクはヘクターを殺さないことを合意する。だがガスはマイクがヘクターの麻薬商売を妨害することを容認し、マイクはヘクターの仲間のバリー・グッドマン医師からコカインを入手する。マイクはヘクターのトラックにコカインを浴びせかけ、メキシコ国境で麻薬犬が嗅ぎ当ててヘクターの手下が逮捕される。ジミーは警察に逮捕され、キムの弁護を断って自分自身を弁護し、保釈される。チャックは担当検事ヘイに会う。ジミーはキムに、罪を認めれば裁判と実刑は逃れるが弁護士資格をはく奪されるだろうと言う。キムはジミーをチャックの罠から救い出すと言う。
4 24 Sabrosite 2017年5月1日
5 25 Chicanery 2017年5月8日
6 26 Off Brand 2017年5月15日
7 27 Expenses 2017年5月22日
8 28 Slip 2017年5月29日
9 29 Fall 2017年6月5日
10 30 Lantern 2017年6月12日

[編集]

カテゴリー 受賞者 結果
2015 5th Critics' Choice Television Awards[26] ドラマシリーズ部門主演男優賞 ボブ・オデンカーク 受賞
ドラマシリーズ助演男優賞 ジョナサン・バンクス 受賞
31st TCA Awards[27] 新番組賞 『ベター・コール・ソウル』 受賞
ドラマ個人特別賞 ボブ・オデンカーク ノミネート
第67回プライムタイム・エミー賞[28] ドラマシリーズ部門作品賞 『ベター・コール・ソウル』 ノミネート
ドラマシリーズ主演男優賞 ボブ・オデンカーク ノミネート
ドラマシリーズ部門助演男優賞 ジョナサン・バンクス ノミネート
ドラマシリーズ部門脚本賞 ゴードン・スミス (『警官』) ノミネート
第67回クリエイティブ・エミー賞 ドラマシリーズ部門シングルカメラ編集賞 ケリー・ディクソン (『警官』) ノミネート
ケリー・ディクソン & クリス・マッカレブ (『マルコ』) ノミネート
ドラマシリーズ部門音響ミキシング賞 フィリップ・パーマー、ラリー・ベンジャミン、ケヴィン・ヴァレンタイン (『マルコ』) ノミネート
AFIアワード 2015[29] テレビドラマ部門 『ベター・コール・ソウル』 受賞
2016 サテライト賞[30] 作品賞(ドラマシリーズ部門) 『ベター・コール・ソウル』 受賞
主演男優賞(ドラマシリーズ部門) ボブ・オデンカーク ノミネート
助演男優賞 ジョナサン・バンクス ノミネート
助演女優賞 レイ・シーホーン 受賞
全米脚本家組合賞[31] ドラマシリーズ脚本賞 『ベター・コール・ソウル』 ノミネート
新シリーズ脚本賞 『ベター・コール・ソウル』 ノミネート
エピソード脚本賞 ヴィンス・ギリガン & ピーター・グールド (『駆け出し』) 受賞
全米映画俳優組合賞 全米映画俳優組合賞男優賞 (ドラマシリーズ) ボブ・オデンカーク ノミネート
第73回ゴールデングローブ賞 男優賞(ドラマ部門) ボブ・オデンカーク ノミネート
第67回プライムタイム・エミー賞[32] ドラマシリーズ部門作品賞 『ベター・コール・ソウル』 ノミネート
ドラマシリーズ部門主演男優賞 ボブ・オデンカーク ノミネート
ドラマシリーズ部門助演男優賞 ジョナサン・バンクス ノミネート
7th Critics' Choice Television Awards[33] ドラマシリーズ部門作品賞 『ベター・コール・ソウル』 ノミネート
ドラマシリーズ部門主演男優賞 ボブ・オデンカーク 受賞
ドラマシリーズ部門助演男優賞 マイケル・マッキーン ノミネート
2017 サテライト賞 作品賞(ドラマシリーズ部門) 『ベター・コール・ソウル』 ノミネート
主演男優賞(ドラマシリーズ部門) ボブ・オデンカーク ノミネート
助演男優賞 ジョナサン・バンクス ノミネート
助演女優賞 レイ・シーホーン 受賞
第74回ゴールデングローブ賞 男優賞(ドラマ部門) ボブ・オデンカーク ノミネート

出典[編集]

  1. ^ ‘Better Call Saul': Cast, Timeline Details and New Photos”. 2014年12月28日閲覧。
  2. ^ ネットフリックスの字幕ではマッギルだがソニー・ピクチャーズのウェブサイトではマクギルと表記されている
  3. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月10日). “Sunday Cable Ratings: 'The Walking Dead' Tops Night + 'Better Call Saul', 'Talking Dead', 'The Real Housewives of Atlanta' & More”. TV by the Numbers. 2015年2月10日閲覧。
  4. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月10日). “Monday Cable Ratings: 'Better Call Saul' Tops Night + 'Love & Hip-Hop', 'Monday Night RAW', 'Black Ink Crew' & More”. TV by the Numbers. 2015年2月10日閲覧。
  5. ^ Bibel, Sara (2015年2月18日). “Monday Cable Ratings: 'Better Call Saul' Wins Night, 'Love & Hip Hop', 'Vanderpump Rules', 'The Fosters'& More”. TV by the Numbers. 2015年2月18日閲覧。
  6. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月24日). “Monday Cable Ratings: 'Monday Night RAW' Tops Night + 'Love & Hip Hop', 'Better Call Saul', 'Black Ink Crew' & More”. TV by the Numbers. 2015年2月24日閲覧。
  7. ^ Bibel, Sara (2015年3月3日). “Monday Cable Ratings: 'Love & Hip Hop' Wins Night, 'WWE Raw', 'Better Call Saul', 'Vanderpump Rules', 'The Fosters' & More”. TV by the Numbers. 2015年3月3日閲覧。
  8. ^ Kondolojy, Amanda (2015年3月10日). “Monday Cable Ratings: 'Monday Night RAW' Tops Night + 'Love & Hip-Hop', 'Better Call Saul', 'Black Ink Crew' & More”. TV by the Numbers. 2015年3月10日閲覧。
  9. ^ Bibel, Sara (2015年3月17日). “Monday Cable Ratings: 'WWE Raw' Wins Night, 'Better Call Saul', 'Bates Motel', 'Love & Hip Hop', 'The Fosters' & More”. TV by the Numbers. 2015年3月17日閲覧。
  10. ^ Kondolojy, Amanda (2015年3月24日). “Monday Cable Ratings: 'Monday Night RAW' Tops Night + 'Love & Hop-Hop', 'Better Call Saul', 'Teen Mom' & More”. TV by the Numbers. 2015年3月24日閲覧。
  11. ^ Bibel, Sara (2015年3月31日). “Monday Cable Ratings: Comedy Central Roast Wins Night, 'WWE Raw', 'Better Call Saul', 'Teen Mom', 'Bates Motel' & More”. TV by the Numbers. 2015年3月31日閲覧。
  12. ^ Kondolojy, Amanda (2015年4月7日). “Monday Cable Ratings: 'Monday Night Raw' Tops Night + 'Love & Hip Hop', 'Better Call Saul', 'Black Ink Crew' & More”. TV by the Numbers. 2015年4月7日閲覧。
  13. ^ Welch, Alex (2015年2月17日). “Monday cable ratings: ‘WWE Raw’ stays steady, ‘Better Call Saul’ premieres low”. TV by the Numbers. 2015年2月17日閲覧。
  14. ^ Welch, Alex (2016年2月23日). “Monday cable ratings: ‘WWE Raw’ reigns supreme, ‘Better Call Saul’ falls”. TV by the Numbers. 2016年2月23日閲覧。
  15. ^ Metcalf, Mitch (2016年3月1日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Monday Cable Originals & Network Finals: 2.29.2016”. ShowBuzzDaily. 2016年3月1日閲覧。
  16. ^ Welch, Alex (2016年3月8日). “Monday cable ratings: ‘WWE Raw’ wins the night”. TV by the Numbers. 2016年3月8日閲覧。
  17. ^ Welch, Alex (2016年3月15日). “Monday cable ratings: ‘Better Call Saul’ and ‘Bates Motel’ fall”. TV by the Numbers. 2016年3月15日閲覧。
  18. ^ Welch, Alex (2016年3月22日). “Monday cable ratings: ‘Love and Hip Hop’ leads, ‘WWE Raw’ falls”. TV by the Numbers. 2016年3月22日閲覧。
  19. ^ Porter, Rick (2016年3月30日). “Monday cable ratings: ‘Love & Hip Hop’ reunion and ‘WWE Raw’ stay on top”. TV by the Numbers. 2016年3月30日閲覧。
  20. ^ Welch, Alex (April 5,2016). “Monday cable ratings: NCAA Championship dominates”. TV by the Numbers. 2016年4月5日閲覧。
  21. ^ Welch, Alex (2016年4月12日). “Monday cable ratings: ‘Better Call Saul’ and ‘Teen Mom’ hold steady”. TV by the Numbers. 2016年4月12日閲覧。
  22. ^ Welch, Alex (2016年4月19日). “Monday cable ratings: ‘Better Call Saul’ finale holds steady, NBA Playoffs soar”. TV by the Numbers. 2016年4月19日閲覧。
  23. ^ Welch, Alex (2017年4月11日). “Monday cable ratings: ‘Better Call Saul’ premieres low, ‘Love & Hip Hop’ ticks up”. TV by the Numbers. 2017年4月11日閲覧。
  24. ^ Welch, Alex (2017年4月18日). “Monday cable ratings: ‘Better Call Saul’ hits series low, ‘Bates Motel’ holds steady”. TV by the Numbers. 2017年4月18日閲覧。
  25. ^ Welch, Alex (2017年4月25日). “Monday cable ratings: ‘Bates Motel’ series finale rises, ‘WWE Raw’ dips”. TV by the Numbers. 2017年4月25日閲覧。
  26. ^ Mitovich, Matt Webb (2015年5月31日). “Critics' Choice Television Awards: HBO, Better Call Saul, Taraji P. Henson and Amy Schumer Among Big Winners”. TVLine. 2015年6月1日閲覧。
  27. ^ Ausiello, Michael (2015年8月8日). “TCA Awards 2015: Empire, Jon Hamm, Amy Schumer, Americans, Fosters and John Oliver Among Winners”. TVLine. 2015年8月9日閲覧。
  28. ^ Hipes, Patrick (2015年7月16日). “Emmy Nominations 2015 – Full List”. Deadline.com. 2015年7月16日閲覧。
  29. ^ 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」がAFIアワードにランクイン”. 映画.com (2015年12月18日). 2015年12月18日閲覧。
  30. ^ Satellite Awards (2015)”. International Press Academy (2015年12月1日). 2015年12月2日閲覧。
  31. ^ Hipes, Patrick; Andreeva, Nellie (2015年12月3日). “WGA TV Nominations: 'Better Call Saul', 'Mr Robot', 'Kimmy Schmidt' Lead Cable & Streaming Domination”. Deadline.com. 2015年12月3日閲覧。
  32. ^ Prudom, Laura (2016年7月14日). “Emmy Nominations 2016: Full List of Nominees”. Variety. 2016年7月14日閲覧。
  33. ^ Lincoln, Ross A. (2016年11月14日). “Critics’ Choice TV Nominations Unveiled”. Deadline. 2016年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]