アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
I, Tonya
Logo I, Tonya.svg
監督 クレイグ・ガレスピー
脚本 スティーヴン・ロジャース英語版
製作 ブライアン・アンケレス
スティーヴン・ロジャース
マーゴット・ロビー
トム・アカーリー
製作総指揮 レン・ブラヴァトニック
アヴィヴ・ギラディ
クレイグ・ギレスピー
ヴィンス・ホールデン
トビー・ヒル
ザンヌ・ディヴァイン
ローザンヌ・コーレンバーグ
出演者 マーゴット・ロビー
セバスチャン・スタン
アリソン・ジャネイ
音楽 ピーター・ナシェル
撮影 ニコラス・カラカトサニス
編集 タティアナ・S・リーゲル英語版
製作会社 ラッキーチャップ・エンターテインメント
クラブハウス・ピクチャーズ
AIフィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ネオン英語版
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年12月8日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗 2018年1月19日(拡大公開)
日本の旗 2018年5月4日
上映時間 121分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $53,939,297[3]
アメリカ合衆国の旗 $30,014,539[3]
日本の旗 8100万円[4]
テンプレートを表示

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(アイ トーニャ しじょうさいだいのスキャンダル、I, Tonya)は、2017年アメリカ合衆国伝記映画。監督はクレイグ・ガレスピー、主演はマーゴット・ロビーが務めた。 1990年代フィギュアスケート界を揺るがしたスキャンダルナンシー・ケリガン襲撃事件」の中心人物トーニャ・ハーディングの半生を描いている。

ストーリー[編集]

1970年11月に生まれたトーニャ・ハーディングがフィギュアスケートを習い始めたのは4歳の頃。スケート教室に通ってわずか半年で大会で優勝し、12歳でトリプルルッツを飛ぶなど優れた才能を持っていた。一方、私生活では粗暴な母ラヴォナに暴言を浴びせられる毎日で、心の拠り所であった優しい父はラヴォナとの諍いを切っ掛けに家を出て行ってしまう。

15歳になったトーニャはジェフ・ギルーリーと出会うと、間もなくして恋人になる。ジェフとの関係は決して円満とは言えなかったが、ラヴォナと暮らしてきたトーニャにとっては然したる問題ではなかった。

1986年スケートアメリカに出場したトーニャはノーミスで演技を終えたが、ミスをした選手に負ける形での2位という結果に納得がいかず、トリプルアクセルに挑戦することを決める。ラヴォナは金をかけても結果を残せないトーニャに苛立ち、口論の末に投げたナイフがトーニャの腕に浅く刺さってしまう。トーニャは家を出てジェフと同棲を始め幸せな日々を送るが、ある大会での結果に納得できずジャッジに暴言を吐き、コーチも解雇してしまう。やがてジェフと結婚したトーニャだが、ラヴォナには祝福されなかった。

1991年全米フィギュアスケート選手権。トーニャはアメリカの女子選手として史上初めてトリプルアクセルを成功させ、念願の優勝を果たす。それから間もなくジェフとの関係に嫌気がさしたトーニャは家を出て行くが、続く世界フィギュアスケート選手権で2位になると、翌シーズンのスケートアメリカでも優勝する。

その後、ジェフとよりを戻し家に戻ることにしたトーニャだったが、アルベールビルオリンピックが近付くにつれ調子を崩していく。迎えたオリンピック本番、トーニャは全てのジャンプで着氷に失敗し、4位という結果に終わる。再びジェフとの関係は悪化し、2人は離婚した。

トーニャが生計を立てるためアルバイトに勤しんでいると、かつてのコーチが現れてリレハンメルオリンピックの時期が早まったことを告げられる。再び彼女と組んだトーニャは真摯にトレーニングに取り組むが、結果は芳しくない。トーニャはオリンピックで結果を残すため、ジェフと一時的に復縁する。

1993年。地区大会に出場するトーニャに脅迫状が届く。ジェフはそれが他の女子選手からの妨害工作だと思い、全米フィギュアスケート選手権を控えたナンシー・ケリガンに脅迫状を送りつけることを提案する。しかし、実はトーニャへ脅迫状を送ったのはジェフの友人ショーンであり、彼はケリガンに脅迫状を送る計画も勝手に襲撃計画へと変更していた。

1994年1月6日、警棒を持った男がケリガンを襲撃し、膝を殴打する事件が発生する。翌日行われた全米フィギュアスケート選手権にケリガンは欠場し、一方のトーニャは優勝してオリンピックへの出場を決める。襲撃事件の捜査を始めたFBIはすぐに実行犯を逮捕すると、自分の手柄のように吹聴していたショーンも逮捕し、ジェフが首謀者だとの証言を得る。FBIの捜査に焦るジェフの様子から事件への関与を確信したトーニャはFBIに協力し、間もなくジェフも逮捕される。

世間が事件に注目する中、ラヴォナがトーニャを訪ねてくる。トーニャは優しいラヴォナの態度に涙を流すが、事件についての質問を切っ掛けにテープレコーダーを発見すると、激怒してラヴォナを追い返す。

オリンピックまで3週間と迫ったある日、トーニャは会見を開いてジェフとの関係について謝罪すると同時に事件への関与を否定する。出場権を剥奪すると言ってきたアメリカオリンピック委員会には1000万ドルの訴訟で対抗した。

なんとかオリンピックに出場できたトーニャだが、本番直前にスケート靴にトラブルが起き失格寸前の時間に登場すると、演技を開始して最初のジャンプミスを切っ掛けに演技を中断、ジャッジに嘆願して演技のやり直しが認められる。しかし、結果は8位と奮わなかった。

オリンピック後、トーニャは裁判所から執行猶予3年、計16万ドルの支払い(罰金10万ドル、検事局の費用1万ドル、スペシャルオリンピックス基金への寄付5万ドル)、奉仕活動500時間、精神鑑定を受けることを命じられる。加えて全米スケート協会の登録は抹消され、協会主催の大会やイベントに参加することが生涯禁止となる。トーニャは泣いて「服役するからスケートを続けさせてほしい」と懇願するが、決定は覆らなかった。

2003年。紆余曲折の末にプロボクサーとしてデビューしたトーニャが、何人かと対戦したところで物語の幕は下りる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2016年3月21日、トーニャ・ハーディング役にマーゴット・ロビーが起用されたとの報道があった[5]。6月14日、クレイグ・ガレスピーが本作のメガホンを取ると報じられた[6]。10月21日、クラブハウス・ピクチャーズとラッキーチャップ・エンターテインメントが本作に出資すると報じられた[7]。12月12日、ミラマックスが本作の全米配給権を購入したと発表した[8]。13日、セバスチャン・スタンが本作に出演することになったという報道があった[9]。15日、アリソン・ジャネイの出演が決まった[10]。2017年1月9日、ポール・ウォルター・ハウザーが起用されたと報じられた[11]。同月中にはジュリアンヌ・ニコルソンの出演も決まった[12]。24日、ケイトリン・カーヴァー、マッケナ・グレイス、ボヤナ・ノヴァコヴィッチらが本作に出演する予定であると報じられた[13]

2017年1月下旬、本作の主要撮影がジョージア州メイコンで始まった[14]。スケートリンクでのシーンの撮影はメイコン・コロシアム英語版で行われた[15]

トーニャを演じたマーゴット・ロビーは故郷オーストラリアでホッケーをしていたことから渡米後アイスホッケーチームに所属していた[16]。本作が決まったのち、サラ・カワハラをコーチに、週5回、1日4時間のスケート訓練を4か月間行なった。スケーティングのシーンには二人のプロスケーターとCGも使用されている。

公開[編集]

2017年9月8日、本作はスペシャル・プレゼンテーション部門に出品されていた第42回トロント国際映画祭でプレミアを迎えた[17]。ミラマックスが売却した配給権をめぐって、NetflixCBSフィルムズ英語版ライオンズゲート、ネオンが激しい争奪戦を繰り広げたが、最終的にネオンが配給権を獲得した[18][19][20]

興行収入[編集]

2017年12月8日、本作は全米4館で限定公開され、公開初週末に26万4155ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場20位となった[21]。2018年1月19日には公開規模が799館にまで拡大され、公開週末に286万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング13位となった[22]

評価[編集]

本作は第42回トロント国際映画祭で観客賞次点1位を獲得するなど極めて高い評価を得ている[23]第90回アカデミー賞では主演女優賞編集賞などでノミネートを受け、アリソン・ジャネイ助演女優賞を受賞した。

映画批評家の評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには250件のレビューがあり、批評家支持率は90%、平均点は10点満点で7.8点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「マーゴット・ロビーとアリソン・ジャネイの名演のお陰で、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は悲劇的な要素への目配せを忘れることなく、実際にあった物語の中にユーモアを見出している。」となっている[24]。また、Metacriticには44件のレビューがあり、加重平均値は77/100となっている[25]

フィギュアスケート・ジャーナリストの評価[編集]

本作ではハーディングは母親と元夫の両方から虐待を受ける無垢な被害者として描かれているが、リレハンメル五輪当時から現場でハーディングを取材してきたアメリカのベテラン記者たちの間では、本作で描かれているハーディングは彼女本人を知らない第三者が創り上げた虚像だという批判的な声が圧倒的である[26]。ノンフィクションライターの田村明子は、本作で強調されているほどハーディングがジャッジから冷遇され不当な評価を受けてきたとは思えないとしつつ、ケリガン襲撃事件は世間を揺るがせた事件ではあったがハーディングはコミュニティサービスという形で償いもすませており、その意味では事実はどうあれ本作のようにハーディングに同情的な視点で作られた映画もあっても良いのではないかとしている[26]

当事者の反応[編集]

ナンシー・ケリガンは「私はあの映画を見ていませんし、何か言うこともありません。」「自分の人生を生きるのに忙しいのです。」とコメントしている[27][28]。また、ラヴォナ・ゴールデンは「トーニャの目の前で酒を飲んだことはないし、日常的に暴力を振るっていたということもない」という主旨のコメントをしている[29]。本作の成功によりトークショーなどに登場したトーニャ・ハーディングは、映画の詳細はいくらか事実と違うと主張しながらも、自分に再びスポットライトが当たったことで嬉しそうであるという[26]

出典[編集]

  1. ^ I, Tonya”. 2017年10月14日閲覧。
  2. ^ How Margot Robbie Nailed Her Landing for 'I, Tonya'”. 2018年2月4日閲覧。
  3. ^ a b I, Tonya”. 2018年11月21日閲覧。
  4. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.62
  5. ^ Margot Robbie Attached To Play Disgraced Ice Skater Tonya Harding In ‘I,Tonya’”. 2017年10月14日閲覧。
  6. ^ Craig Gillespie to Direct Tonya Harding Biopic Starring Margot Robbie (EXCLUSIVE)”. 2017年10月14日閲覧。
  7. ^ Len Blavatnik’s AI Film Boards Margot Robbie-Starrer ‘I, Tonya’”. 2017年10月14日閲覧。
  8. ^ Miramax Lands Margot Robbie As Tonya Harding Drama ‘I, Tonya’”. 2017年10月14日閲覧。
  9. ^ Sebastian Stan To Play Jeff Gillooly In ‘I, Tonya’”. 2017年10月14日閲覧。
  10. ^ Allison Janney to Play Tonya Harding’s Mother in ‘I, Tonya’ (EXCLUSIVE)”. 2017年10月14日閲覧。
  11. ^ Paul Walter Hauser Joining Margot Robbie In ‘I, Tonya’”. 2017年10月14日閲覧。
  12. ^ Margot Robbie’s ‘I, Tonya’ Adds Julianne Nicholson”. 2017年10月14日閲覧。
  13. ^ ‘I, Tonya’ Finds Its Nancy Kerrigan In Caitlin Carver; Mckenna Grace & Bojana Novakovic Also Cast”. 2017年10月14日閲覧。
  14. ^ The Tonya Harding movie starring Margot Robbie is filming in Macon, GA next week”. 2017年10月14日閲覧。
  15. ^ “I, Tonya” films in Macon, bringing ’90s vibe to Macon Coliseum”. 2017年10月14日閲覧。
  16. ^ 7 Things to Know About Margot RobbieImdb, 21 Jul 2016
  17. ^ Toronto Film Festival 2017 Unveils Strong Slate”. 2017年10月14日閲覧。
  18. ^ Toronto: Neon, 30WEST Land ‘I, Tonya’ With Margot Robbie”. 2017年10月14日閲覧。
  19. ^ Neon & 30WEST Land ‘I, Tonya’ For $5 Million – Toronto”. 2017年10月14日閲覧。
  20. ^ ‘I, Tonya’ Sells to Neon: Why Tonya Harding’s Story Is Taking Margot Robbie and Allison Janney Into Oscar Season”. 2017年10月14日閲覧。
  21. ^ December 8-10, 2017”. 2018年2月4日閲覧。
  22. ^ January 19-21, 2018”. 2018年2月4日閲覧。
  23. ^ Toronto: 'Three Billboards Outside Ebbing, Missouri' Captures Audience Award”. 2017年10月14日閲覧。
  24. ^ I, Tonya”. 2018年2月19日閲覧。
  25. ^ I, Tonya (2017)”. 2018年2月19日閲覧。
  26. ^ a b c 田村明子「真実はどこにある? 〜〈ケリガン襲撃事件〉から24年 “悲劇のヒロイン”トーニャ・ハーディングの過去と現在」『キネマ旬報』2018年5月下旬号、P96-97
  27. ^ Nancy Kerrigan Responds to 'I, Tonya' Movie”. 2018年1月18日閲覧。
  28. ^ Nancy Kerrigan has very little to say about ‘I, Tonya’”. 2018年1月18日閲覧。
  29. ^ Tonya Harding, mother give differing accounts of abuse, drinking”. 2018年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]